2019年01月01日

新年のご挨拶

9BC4F9A1-F802-43D6-AFEF-FABB1B898F23































門司ケ関人形  の上村誠  先生の作品です。






















ようこそおたずねくださいました。



おおきに


あなた様はどのような新年を迎えましたか❓




西蓮寺の除夜の鐘では
多くのお参りを
いただきました。
住職も皆さんに法話で
「私の人生を生きる」
を確認し合いました。







こうして、今年もあなた様と
つながっていることに、
歓喜の気持ちであります。




日替わり法話読者様から
「いつも更新してくれ、
ありがとうございます」と
メールをいただき
感激しています。😊




仏教では、このお正月を
「修正会(しゅうしょうえ)」
という仏事でお参りします。




お参りというと「今年こそは
良い年でありますように」と
願うところではありますが、
親鸞さんが私たちに伝えて
くれたのは、
何があっても、
どうかご縁のまま生きて欲し
いとおっしゃています。





人間は縁次第で
どうにでも変わるのです。



お経の言葉です。


 
牛が水を飲むと乳になる

 
蛇が水を飲むと毒になる

 



同じ水を飲んでも、
牛と蛇では生み出す
ものが違います。


これは、私達の心のありようと
同じで、出会いによって
変わってくるのです。



自分ではしっかりして
いるつもりでも、
悪い縁に遭遇すると
自分でもコントロール
できなくなるのです。



流れを変えたいと
神社まいり、 占いに頼っても
必ず「不安」がついてきます。



不安に「フタ」をするための
お参りだと、同じことの
繰り返しです。




その不安を見つめてみませんか?




その不安を対峙して行かれた
のが、お釈迦様から
教えをいただいた、歴代の
僧侶です。





私も、この時代に受け継ぎ
皆様にお伝えできたらと
思っています。



今年も
あなたにとって
ぼちぼちと
歩める年で
ありますように。


本年もよろしくお願いします




2019年  1月1日   川村妙慶





🔴京都新聞で
日本人の忘れ物  と
題し原稿書いています。


京都新聞  別号で
井村屋さんとの対談も
出ています



是非  読んでくださいね😊




















rococo8787 at 00:08