2019年02月08日

私に出来ること

C1D338C9-1401-4852-9890-978646CB24D5












親鸞聖人

































ようこそおたずねくださいました。



おおきに



あなた様はお元気ですか?



先日は、1日  原稿書き
でした。
肩もガチガチになって
います。



夕方から鍼灸へ行き
全身をほぐして
いただきました。




帰り道  改めて
私の仕事って何に
ついて話していました。



私は特別なことはして
いません。



ただ、日替わり法話を
通じて、悩みに向き合うと
いうことだけは
続けさせていただいています。


老若男女と幅広いです。




 子どもだからといって、
悩みがないわけでは
ありません。



大人だからといって、
悩みの解決方法がわかっている 
わけでもありません。 

むしろ経験が邪魔をして
悩みは深くなります。



 
時代を超えて
みんな悩みを抱えて
生きているはずです。



 なぜ悩むのか


 

自己中心の心から離れられ
ないからです。



自分に限っては間違いない。


相手に変わってほしい。




そういった勝手な判断をし
てしまうのです。 



そのことが
「迷い」とは気がつくことなく。



 

だからこそ、今、本当の生き方に
出会ってほしいのです。





 自己中心の心(煩悩)を
しっかり
気がつかせていただき、
真実に目覚めていく教えが、 
本当の仏教です。


流れを見ていけるのか。






私が親鸞さんの教えに
しっくりくるのは、
私を変えろと
おっしゃらないところなんです。




これが自分なんだと
認めたらいいよと。



そこから、
 
自己中心の心を抱えたまま
仏(真実に目覚めた者)の教えに
導かれながら生きていく 
道があるということを
教えてくださったのが親鸞聖人
なのです。


 
流行りで仏教があるのでは
ありません





日々  悩む私たちに
今こそ目覚めよと
投げかけてくださるのです。






あなたもぼちぼちと
おきばりやす






















。 



rococo8787 at 11:42