TATUKIの部屋

初めての人もそうでない人も見てもらえるようにしました。霊に関すること、人生相談を受けます。

メールを通して質問や依頼することがあれば、下記のアドレスでお願いします。
氏名、住所、生年月日、家族などが含まれる場合は記入して下さい。

    submalin5@yahoo.co.jp

 今、人気の大河ドラマで人気の{真田丸」である。真田信繁(幸村)は昌幸の次男である。大阪の陣で有名になったのだが、実績があったのは兄の信之だった。戦国時代で大切なことは『お家を残す』ことであった。父信繁は上田の合戦で7000人の徳川軍に対し、2000人の軍でおとりの兵を出して徳川軍を誘い込み、身動きが取れなくなったところで鉄砲を浴びせ、少ない犠牲者で勝利を治めた天才軍人であった。徳川が恐れて家臣として招かれた。その昌幸に豊臣側の石田三成から相談を持ち掛けられた。その相談が豊臣に付くようにとのことだった。そこで昌幸は兄の信之を徳川側に、次男の信繁を豊臣側に付かせたといわれてます。それが『犬伏の別れ』といわれる逸話です。徳川との対決で有名にしたのは大阪の陣だった。冬の陣の時、大阪の南東側に「真田丸」という半楕円の砦を築いた。7万という徳川の大軍に対し、4千という少ない兵で鉄砲や武者落としなどの戦術で徳川軍を破り、有名になった。その後大阪城は堀を埋め立てられ、大阪城は丸裸同然であった。大阪夏の陣で豊臣秀頼が家臣を集めて戦い抜くことで勢いを上げたが、徳川は勝利し、幸村のを御首として手柄を上げ、凱旋して駿河に戻ろうとした。だが、幸村の御首は偽物で真田軍は少数の軍で帰国途中の家康を襲った。追い詰められた家康は最後まで迫った幸村によって首を斬られたといわれている。家康身代わりの首地蔵という謎の遺物がある。家康は実は夏の陣で死に後の家康は替え玉だといわれている。東照宮で祀られている家康は双子の替え玉で本当の遺体は静岡のある小さな墓に祀られているといわれている。ちなみに秀頼は大阪城で定殿と一緒に自害したのではなく、真田軍の佐助によって秘密の抜け穴で救い出し、トンネルで堺に逃げ、鹿児島へ逃げたといわれている。密かに伝えられた伝説は島原の乱を起こした天草時貞四郎は秀頼の落とし種といわれている。こうした「幸村伝説」は実は徳川によって処刑されたのではなく、秀頼とも鹿児島へ逃げ延びたともいわれている。歴史ファンの人は一つ探ってみませんか?

 4月15日午後9時26分ごろ、熊本県益城町を中心に地震が起こった。震度7の地震は2011年3月11日の東日本大震災以来で4回目になる。当時の地震は布田川断層地帯、日奈久断層帯の上に起こった。家屋敷は146世帯に被害が及び、25日時点で死者48名、ケガ人1396名避難者6万人の大惨事となった。衝撃なのは国指定文化祭の熊本城と阿蘇山神社の破壊であった。まず修復は半年くらい掛かるだろう。今のところ阿蘇山の火山帯の繋がりは指摘されてない。だが、この地震には疑問がある震源地が浅いという指摘がある。断層の上に白い光が数回発行したとの目的情報がある。その白い光はプラズマだろう。地震は電気的な衝撃で起こると何かで読んだことがある。かってオウム真理教はセルビアの科学者テスラという科学者が理論した人工地震発生装置である仮定の説がある。テスラという科学者はかって発明王エジソンと電気に関する発明を争ったとされている。その一つが交流発電による発電所製造である。電球を発明したのはエジソンだが、発電機を製造したのはテスラである。テスラという名は今でも電気の単位として使われている。その地震装置を作ったはアメリカ軍だといわれている。だが、なぜ、地震を熊本で発生させたのか謎である。ただ、被害がこれ以上広がらないことを祈るしかない。

 今回は用事で田園調布へ行ってみた。武蔵野の台地に多摩川はゆるやかにうねる丘陵になっていて住宅街が多い町だ。用事が終わって帰りに多摩川台公園へ行ってみた。公演は川に沿って伸びる丘陵地に約750mにわたって展開している。自然の林、古墳、展望台、水生植物園、あじさい園、四季の野草園と見所は豊富にある。中でも特記すべきなのは田園調布古墳群である。多摩川下流左岸には50基から成る古墳群がある。この公園には亀甲山古墳と宝莱山古墳、小古墳群が残っている。亀甲山古墳は東京都を代表する古墳で墳丘長107.25m、前方部幅49.5m、後円部径66m、前方部高7.63m、後方部径66m、後円部高11.75mであり、国指定文化財の前方後円墳である。発掘調査は行われてないが、4世紀後半に作られたと考えられる。この墓は首長墓といわれる。宝莱山古墳は都指定の古墳で墳丘長97.5m、前方部幅37m、前方部高8m、後円部径52m、後円部高11mで多摩川地域の最古の前方後円墳でこの地域の最初の首長と考えられる。この円墳は発掘され、中から被葬者を納めた木棺があり、中に四獣鏡、鉄剣、勾玉、藍色の石製品、直刀が見つかった。この古墳の記録は残念ながら全く記録されてなく、誰であったかは謎である。二つの古墳の間に7基の円墳がある。この古墳は小さく、高いところでもおよそ3mしかない。直径は14m~20mくらい。この横穴式石室から直刀、鉄製の武器類、耳飾り、装身具、馬具の鐙、須恵器、埴輪等が発見されている。この公園には「古墳展示室」があり、出土品をみることができる。首長の棺のレプリカがあり、古代の姿を見ることができる。当時、人々は顔に入れ墨をつけ、魔よけのまじないに使われたといわれている。公演の通り道に緩やかな坂道がある。そこで葬儀の時に棺を運ぶ列を霊視した。前の人は刀剣を両手で捧げる感じでもち、後ろは棺を担ぐ人の前後に兵士が護衛として歩き、その後ろに親族と思われる人の姿が見えた。古墳の上ったとき、監視する指導者が土を運ぶ列の後ろに立ち、工事をする人は白装衣をつけ、土を被せたり、土を固めたりする様子が感じ取れた。だがパワースポットとしては田園調布駅の多摩川に近い場所にある浅間神社の方が神気が高い。私の見解は水源豊かな多摩川を一望できる景勝の地を領地にした大和政権の首長の一族であろうとみている。私にとっては優意気な旅であった。

 私たちが住んでる地球はおよそ1億5千年前くらいで宇宙上で誕生した。かっては太陽を中心に渦を巻いていた。そこはガス雲状態で星さえ存在しなかった。だが、突然、星の原型ができ、1つ1つの星が固まった。12惑星の誕生である。宇宙物理学でいうビックバン現象となる。地球もでき初めは海も陸もない星だった。やがては火山ができ、大気が作られた。雲ができ、長い年月をかけて、海と陸ができた。生命の誕生は雲から発生した雷により海の中に生命がつくられた。最初の生物はバクテリアのような小さな生物だった。後に魚や海草に進化し、魚は陸に上がるほど進化した。地上にも生命が誕生し、植物が作られた。数千年後には人類が誕生した。当時は大気は済んだ状態でオゾン層も存在した。人間は誕生以降およそ3千年くらいほどで機械を発明し、産業を発展させた。そこで問題が発生した。煤煙による大地汚染、廃水による水質汚染、人類が出すゴミ問題が発生した。そこで科学者や工業関係者、政府が知恵を絞り、公害を出さないようにした。だが、中には山焼きの作業などで一酸化炭素を発生するのもある。2000年以降宇宙から撮った写真でオーゾン層に穴が開いているのが判った。それに対して1997年に京都市で開かれた第三回気候変動粋組み条約国会議で気候温暖防止のため先進国は温室効果ガスを90年比52%削減することを京都議定書として採択しただが、アメリカ、中国などは決議を認めず汚染は大地に広がっている。紫外線は皮膚細胞を通して浸透し、人体の生体組織を破壊する。皮膚だけではない。眼などの感覚器も破壊する。転移したがん細胞はあらゆる臓器にも及ぶ。そうならないように衣類、化粧品、飲水などで紫外線をできるだけ防ぐようにしたい。だが、ここ数年は少しずつ地軸が傾いている。最近はイギリスの方に向かって傾いているらしい。巨大化した太陽は地球に向かって大量の太陽光を向けている。そこでどうなるか?電子レンジのような状態で人体が燃える現象が起こるらしい。その時期は今年の夏だという情報がある。フォーンベルト現象と呼ばれる。ある科学者はその状態を防ぐため研究、実用化に向けて宇宙に何かを飛ばすらしい。

 第2次世界大戦後、アメリカは日本を占領し、独立した後、日本を占領している。それについて気付くようになったのは田中角栄元首相の生涯だった。当時、小学生低学年だった私は田中角栄が総理大臣でロッキード事件で賄賂を受け取って有罪を犯した犯罪者としか認識してなかった。後、歴史番組で田中角栄は天才政治家でロッキード事件はアメリカが仕組んだ罠であることを知った。田中角栄は新潟県の貧しい農家生まれで建設会社を務めた。政治家に転じたのは会社の上司の一言だった。「建設屋で終わるのはもったいない。お前の行動力は政治家向きだ。政治家になったらどうだ」といわれた。実際、建設大臣だった当時は東京タワー建設や道路拡大に奔走した。首相になってから「日本列島改造論」に基づき、新幹線路線設置や郵政省時代に100近くある放送局を49局に縮小したりした。今まで多くの政治家や官僚がやり遂げなかったことを彼はやってのけた。アメリカの罠は田中角栄が台湾維持に傾いた議員の反対を振り切って中国に渡り、日中和平条約を結んだあと、アメリカは日本に対して石油輸入を禁止し、中国などの共産主義国と手を斬るよう当時、キャンジャー国務長官に忠告されたが田中角栄はアラブ諸国の石油輸入に切り替えたことがアメリカの怒りを買った。地方検察によってロッキード事件として起請され、有罪判決になったのは歴史通りである。その時、彼は「アメリカにしてやられた」と悔しがった。数年後の2015年、TPPによる締結条約を結んだ。アメリカ政府は関税を撤廃させ、農産物ところが、医療保険まで踏み切るないようだった。最近の国会でTPP法案審議で外務省は黒塗りの回覧書を民進党に提出させて激怒させた。アメリカが仕組んだのは安保条約の基地移設だけではない。貿易においてもアメリカの罠にはまった。戦後に仕組んだ罠は今も継続され、今も独立はアメリカ政府の傘下にある。気づいたら国民が反対しても遅いである。

  私はある用事で川崎に出掛けた。京急線に乗ったとき、大勢の外人客が乗っていた。なんだろうと思って川崎駅に降りたとき、ほとんどがある場所の連絡列車に乗り込んで行くことに気付いた。なんと、川崎大師に行くのではないか?そう思ってホームに流れていくことを横目にして用件の方を優先した。用件を終わえたとき、気になったのは川崎大師に向かった外人客であった。アメリカ人、ヨーロッパ人、アラビア人などがいた。今週は花祭り、釈迦様の誕生日を祝う週間であった。川崎大師駅を向いてみると非常に長い行列を作った。ほとんどが外人の参拝客である。寺院に出向いてみると僧侶の姿を撮る者、寺院の天井絵を撮る者、五重塔を撮る者がほとんどであった。広場に行くと長い行列が見えた。出店の方に向いてみるとほとんどが飴細工を買っている。一通り、寺院巡りを終わえて飴をカメラに向けた外人さんがいた。形をみると性器を型とった飴細工であった。賢明な読者はどんなものかは察知できるだろう。川崎大師の隣には性神を祀る神社がある。それを面白そうに買うのがわかる気がする。欧米のほとんどはキリスト教国である。最近、外人のキリスト教離れが浸透していると聞く。霊的に見ればキリスト教徒にはふさわしくない。それを捨てて、多神教国である日本にやってきている。キリスト教国の信仰地図が変わっていくのを見る思いがした。京都、浅草などの寺院にも外人参拝客が訪れるのはその現れだろう。

  心霊マニアは今までの雑誌やインターネットの情報に頼って探索しているのが実情である。だが、中には情報誌すら載ってない霊現象がある。私はある用事で日暮里に出掛けた。入ったのはある公民館であった。入ってしばらくすると違和感を覚えた。人がいないにもかかわらず、異様な感じがした。公民館は一般の人がサークルや学習会で出入りしている。すぐ、近くに教会があったが、霊道すらない。
 目を瞑ってイメージしたのは黒い影だった。それも複数だった。後で調べてみると昭和20年3月4日に谷中・千駄木地区はB29の意襲撃を受け、死者約500人全焼家屋200戸の被害をこうむったということが判った。ご高齢の方には戦争体験者が多い。その状態にも関わらず、わたしは講習を受けた。霊臭では火で焼いた炭の焦げたにおいがした。霊感のある方は心霊スポットでないところにも霊現象に出くわすことがある。
  普通の人には実感が沸かない。あとで調べるとわかる場合がある。霊現象は戦場、事故現場、死者を弔った場所、処刑地などがある。町の中には仏像や石碑すら建てられてない場所がある。それがあることを覚えてほしい。

 45年ぶりに「仮面ライダー1号」が映画公開となった。特に本郷猛役の藤岡弘、さんには特別な思い出がある。仮面ライダーは1971年大阪で「日本万国博覧会」が開催された翌年に仮面ライダーはTV放送された。当時、小学生低学年だった私にとってはヒーローだった。藤岡さんの演じる本郷猛は悪の秘密結社ショッカーと戦う悲しみと孤独の改造人間だった。仮面ライダー終了後は海外に赴任して海外の悪の組織と戦うために旅立つ設定で終わっている。今回の映画では悪の組織ショッカーともう一つの悪の組織ノバショッカーとの対立におやじさんごと立花藤兵衛の孫娘立花麻由を守るため日本に帰り、仮面ライダーに変身して悪の組織ショッカーに他の新仮面ライダーたちと戦うー。そういう物語だ。この映画のテーマは「生命」である。本郷猛は長い戦いで身体がむしばれていた。そして一度は命を絶ったが、不死鳥のように蘇る。それは{生命」にも通じる。藤岡さんのもう一人の顔は武道家であり、世界各地を支援するボランティアとして活躍されている。時代劇にも出演している藤岡さんは演技を通して武士というものを演じている。武士というのは戦いのために命を懸ける。話は変わるが、藤岡さんの出演作品のひとつに84年の米映画「SFソードキル」いう映画がある。藤岡さんの役はタイムストリップで戦国時代から来たサムライであった。だが、台本として脚本されたサムライはモンスターとして描かれた。当時の米国人にはサムライが理解されなかった。来日したラリー・キャロルに真剣による試し切りをみせて度肝を抜かせ、サムライという認識を変えさせた。サムライはむやみやたらに人を斬るものではない。武器を用いるのは自己を守るために使うものというものを解らせた。葉隠に「武士とは死ぬこととみつけたり」という言葉がある。生死の境を生きるのが武士の使命である。実際に私は社会人となって数年前にある協会のクリスマス余興で藤岡さんの剣の試し斬りの演武をみたことがある。試し斬りの藁束を人体にみせかけて斬るという演武だ。斬られるとどうなるなるかは言うまでもない。
 武道と俳優業の45年の流れはスクリーンに「生命」というメッセージとして伝わっている。「仮面ライダー1号」は東映公開中である。興味がある人は見に来てほしい。
image:321
image:321

今回は千葉県の成田に出掛けた。成田は大本山成田山新勝寺という古刹である。建立450年以上の歴史がある。本堂には不動明王が祀られているが、他に薬師如来、釈迦如来、愛染明王が祀られている。最近は建立450年記念のために平和大塔が設置された。近年東日本大震災の為、特別祈願が執り行われている。この寺は世界遺産にも登録され、ミッテラン2015の3つ星にも選出された。観光客に外国人が参拝、観光に訪れる姿が目立った。ある意味ではパワースポットだといえる。平安太平のために祈らずにはいられない。
image:9460

 3月9日に大津地裁は高浜原発3‐4号機の運転を禁止する仮処分決定を出した。その理由は関電の新規制基準の安全性が確保されないとした。関電は地盤調査で算出された施設の耐震性に耐えられるとしたが、100キロ圏内にある住民たちが福島第一など全国4原発が基準地震動を超す地震に襲われると危険性を訴えた。関電は25~29日に核燃料を入れ、次月に再稼働を目指す予定だった。
 それに噛みついてのは政府だった。菅官房長官は「新規性基準に達した原発の再稼働を進めるには変わりない」とした。過去、高浜原発の再稼働を認める仮処分決定の取り消しの判決を下し、現在、再稼働している。
  福島第一原発の炉心溶解(メルトダウン)の原因究明がされてないのに実行するのは疑問である。
  政府は安倍首相自ら「原発をベース電源にする」という姿勢を変えてない。なぜなら「発電コストを安く安定できる」としている。現実的には核燃料から出る「核のゴミ」であるプルトニウムの処理の拠出金に託送料金として上乗せされ、国民の税金として支払われる。自然発電である波動発電、風力発電、太陽光発電、水力発電は施設が少ない。政府はなぜ、見向きしないのか、疑問が残る。原発の放射能が漏れたら、我々はどこに避難するのか?
  国民の安全より原発の利権を優先するのか?これこそが日本が抱える闇である。

このページのトップヘ