新パッチを控え、復帰勢も徐々に増えているFF14。
倦怠期中にもFF14をやり続けたのりりんも予約枠を取るほど新パッチに期待しているようだ。

その期待度は3.3直後の追い込み作業という枠名を付け
新パッチの終わりまで見据えていることからお分かりいただけるだろう。
既にパッチ3.3の終盤を想定している帝王に油断はないのだ。

201606041
追い込みとは:終盤に力をいれること


油断も隙もない精神性で追い込みをかけるのりりん。
まさしくゲームでなく作業を行っている帝王に、
チョコボ鯖トップクラスの問題児ぱるねこから連絡が入った。

201606042

伝説になりませんか?
という少年なら心躍る文句でフィーストLSに勧誘されたのだ。


「もうすでに伝説みたいなもんだけどな」

とさらっと自分を爆上げしつつ入会したのりりん。
LS内に流れるぱるねこの演説を聞きつつIDに入るが、そこで仰天の発言をする。

「吉田には申し訳ないけど(フィーストに)行く気もさらっさらないな」


ぱるねこ主催のフィーストLSに入った直後の発言である。
既にフィーストのモチベーションが0の雰囲気は、
新人の帝王のために記念フィーストを企画してくれたぱるねこへさすがに同情をしてしまう。


ところで放送前半にリスナーから
「アレキ零式1層ガチ余裕クリアからのガチ2-4層さくっとクリアからのケツドラムはありますか?」
というコメントがあったことをご存じだろうか。この王への期待を感じずにはいられないコメントに、

「あります。今日断言します。」と力強い返答をしてくれたのりりん。
迷いなく言い切るその姿から、今日こそはという意気込みを感じることができる。

もちろん放送中一度もアレキへ行くことはなく、
ひたすらクリタワへ行きつつ3.3への予定表を建て
放送を終えたのだった。
201606043
王の予定表。果たして何割実行に移すことができるのだろうか