あなたは警察と言うと何を思い浮かべるだろうか。
正義のヒーロー、西武の保安官、マフィアとの繋がり、汚職など様々なイメージあるだろう。
アメリカやイギリスでは以前から警察個人の人種差別的思想をもって不当に黒人を逮捕、発砲していることが強く問題になっているが、依然この問題が是正される雰囲気はない。
また、反抗的な犯人を即座に射殺するアメリカの警察に対する賛否両論の議論も熱い。

この映像はイギリスでキッチンナイフを持った男を警察が取り押さえるというものだ。
彼らがいかに犯人の人権を尊重し、彼を救いたいという一心で場を収めているか分かるだろう。




この映像に対するいくつかのコメントを紹介しよう。

「イギリスの警察がこの状況を収めた方法はすごく好きだ。
アメリカなら既にこの犯人は死んでいるだろう。」

「ここアメリカならこの場所に空爆を要請するんだがな」

「この警察は勲章に値するよ」

「よくやったな!すごいよ。ロシアより」

「アメリカよ。学んでくれ。アメリカよ。」