どこに向かっていくのだろうか

物理学専攻(予定)の学部生の日常をつづった日記です。弓を引いています。

カテゴリ:

お久しぶりです。ロカイです。
弓術部の強化練と合宿が終わり、昨日東京に帰ってきました。今日はその総括と今日の日記を書こうと思います。

強化練: 5日間、育徳堂で毎日弓を引きました。的中率は平均して55~60%くらい。勝手(右手。弦を持つ方の手)の形を大分変えた結果、法政のような射形になりました。引き尺をごく小さくして押手(左手。弓を持つ方の手)肩を固め、勝手肘の動きを無視すると割と矢所が集まるかなといった印象です。
普段そこまで話さない学年間交流ができてよかったです。特に壱年生の新たな面が見れて良かった。毎日引いていたせいで押手手の内がめちゃくちゃ痛い中引き続けていたので辛いところもありましたが、射の改善もできたので良しということで。
最終日の矢道コンパでは盛大に弐年内でのキャラクタが壱年生にもばれましたが…まあいいよね?良くも悪くも人気者ということで (・ε・)そういうことにしといてください。

合宿: 6日間、白馬で弓を引きました。的中率は平均して60%くらい(?)。強化練で会得した射を向上させようとしましたが、練習では当たるものの立練では緊張して外すことがわかったのでもう一度力の線を取り直し。最終的には押手肩と勝手手の内で力の線をとることにしました。リーグにはこれで突っ込みます。
壱年生の時は本当に辛い思いしかなかった合宿でしたが、弐年生になると大分楽に感じました。そもそも壱年生の時に比べると的に矢が当たるので精神的に病むことがないですし(去年の僕の的中率は2~3割)、的掛けは壱年生の仕事なので30分くらい多く寝れます。増えた仕事は的運びと的貼り位で、これも正直思ったよりきつくはありませんでした。
反省するのは立練ですね。やっぱり本立に入って選手としての緊張を考えた瞬間に外しまくります。場数を踏むしかないですが、ここで試合経験の無さが露呈しますね。それもあって七大戦メンバーからは漏れましたし、そこは非常に悔しいので今後の糧にします。
壱年生は本当に良く成長してくれました。僕が上から目線で言えることではないですが、事実として射技の向上がびっくりするくらい著しいです。正練がその一部でも役に立ったなら本当にうれしいです。

他では、万が一これからの下級生が読んでいるとまずいので詳細は省きますが、合宿での悪しき伝統は廃止または改変すべきだと思います。去年は心に余裕が有るはずもなく柄にもなく一人ガチギレしていましたが、今年は明らかに実害が出ているし人間同士の信頼関係が揺らぐのでかなりまずかったかなと思います。拙い文章で申し訳ありませんが記録としてここに残します。

部員間のつながりも強くなったところで、再来週からリーグです。一年で一番大きい試合なので、気合をいれて頑張っていこうと思います。
□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
さて。合宿中に進振りの結果が発表され、理学部物理学科に進学先が内定しました!!
まず落ちることはないなと思っていましたが、発表されると安心するものです。これから2年間と少し、とりあえずは物理に身を捧げようと思います。
今日の日記は長くなったので次の記事に。


運命という言葉が好きだ。「あなたは○○するだろう」とか、「いつかは○○になるだろう」とか。自分ではどうしようもないことが暗示される言葉が好きだ。その言葉通りの未来を見て絶望する物語は、たとえそれが悲劇であっても僕は大好きだ。
一貫性を持ち、それに従う人や物。自分には理解できないけれど、その価値観に従って一切の矛盾無く判断や行動を行う者。それこそが僕の好きなものだし、美しいとさえ思う。いつかその根底に有るものを理解したくて、それに向かってじたばたするのは意味が有ると思う。
その根底に何かがあることを信じなければ始まらない。何かがあるかはわからない。僕には説明できないし少し宗教チックだけれど、僕がそこに美しさを感じるならそれに見合う何かを見つけられるはずだと思っている。本質というものが存在しなくても、マクロに見たら現象は必ずそこにあるわけだから。
これは努力を否定したり思索を否定しているわけではない。ただその全ては法則に従っているという事実だけ。大きな目で見て意味を解釈するのは自分自身。
運命という言葉が好きな理由は感覚的なもので、そこまで理論的に説明できる訳ではないけれど、関連するものを上げると上のようになる。把握と制御というものが僕の目指す道なのだけど、そこに至るところに運命というものは存在しているように見える。
まとまらない文章でごめんなさい。もともとそこまでまとまった思考を今は持ち合わせていないので感覚的な話になってしまったけれど、今考えていることが少しでも表現できていたらと思います。

これ後で読み返したらめっちゃ恥ずかしくなるやつだな…
東大生ブログランキング

8月11日。金曜日。

今日は審査の日。でも僕は受けなかったので夏休み最後のゆっくりできる日でした。
明日から強化練と合宿が始まるので2週間は弓漬けの日々が待っています。そこ、今までも弓漬けだったとか言わない!!

少し前に壱年生への体系的な指導「正練」が終了したとのことを書きましたが、今日はそれを祝っての打ち上げ。
前々に計画していたのですが、メンバーの一人が風邪を引いてしまったので軽くご飯を食べることに。お昼を食べながら来年度への引継ぎについて話して分担を決め、本格的な打ち上げは夕食にすることにして一旦帰宅。

帰宅してからは放置していた自己推薦のアウトラインを書き上げ、ゆっくりしてから新宿へ。

色々お店を目移りして、当初予定していたお店ではないオムライスのお店に。正練のことを振り返ったり強化練最後の日に予定されている芸出しのことを話したり。このメンツだと話題には事欠かないなあとつくづく思いながらも、そろそろ時間だし移動しようとしたところで思わぬサプライズが!!

何と正練委員の皆からプレゼントをもらいました(*゚▽゚*)

全く予想していなかったのでめちゃくちゃ嬉しかったです!! 本当に。半年間色々ありましたがこれだけでも頑張ったかいがあったというものです。というか正練委員で頑張ってきたのですけどね。素直に嬉しかったです。ありがとう!

中身は黒道着。普段の東大は白道着に黒袴なので、練習で着用すれば黒ずくめの格好いい人になります。早速明日から着てみようと思います。これで上手くならなかったら嘘ですね。頑張ります!!

その後は都庁に行って夜景を見ました。遠くの方で花火が上がっていて景色もきれいで、最高の気分で新宿を後に。こうして文章を書いている今ももう何か満ち足りた気分です。


少し、今まで考えてきたことを考え直してもいいかなと思いはじめました。あくまでも思いはじめただけですが。

8月8日。火曜日。

今日はまた仕事練立練。あんまり当たりませんでした。このところ普通に下手になってる気がする…

午後は弐年生になる直前に辞めてしまった部活同期の家で夕食。
色々話ができてよかったのだけどその場の雰囲気でちょっとやっちまったので反省。普段言えないことも言えるようになってしまうんですね。まあ色々本音が聞けたということで。その日のことはきちんと覚えていますが、大体言っていたことは正しいです。

終始ニコニコできたので楽しかったです。明日は大掃除。早く寝て体力を回復させないと。

8月9日。水曜日。

6時半きっかりに起床。昨日の疲れが残ってるかと思いきや、普通に早く起きられました。
今日は駒場の大掃除。安土や道場周辺をきれいにします。

僕の担当は弓倉庫。全部の弓の強さを測りなおす仕事です。意外とめんどくさいけど何とかやりきりました。
昨日粗相をしてしまった子には今度おごる口約束をしたんだけど全く具体的に決めなかったからどうしようってなってます…僕から全部決めたほうがよいのだろうか('A`)

巻藁小屋からたくさんゴキブリが出たのはもう仕方ない('A`|||)壱女の子が意外と耐性あったのに驚きました。見た目によらず結構図太いのだろうか… ?

8月10日。木曜日。

今日は仕事練立練最終日。
昨日の大掃除も効いて皆疲れていてミスが出ていましたが、壱年生のミスを監督するのも弐年生の仕事。ちょっとしょうがないかなということろもありましたが切り替えて注意します。向いてないのは百も承知ですがそういうお仕事なので。

今ターム2週間の平均的中率が出ました。0.595
そんなに高くないかなと見えますが、実は僕の中では歴代2位の記録。二年目にしてようやく大三の形が決まりつつあります。頑張ろう。

正練委員の打ち上げ計画が決まりました。明日午前中はゆっくりしてこようと思います。
明日午後は英訳を進めるぞ!!

また、今日の10時に成績発表がありました。評点平均は83.95。理物には間違いさえなければまず行けるでしょう。寝て待つことにします。

あと、これは今日ではないのですが8/23からの核物理学会(?)の講演会へのRegistrationが通ったので聞いてきます。ちょっと空気を楽しんでこれればいいなと思います。 東大生ブログランキング

8月7日。月曜日。

今日は月曜日らしいですが、全く実感が沸きません。もう夏休みで曜日感覚が麻痺してきたようです。
今日からは仕事練立練で、主に壱年生に弓道の試合の形式に慣れてもらうための試合形式練習でした。
最近は当たっていて、弐之立の落を引かせてもらったので勇んで望んだのは良かったのですが結果は散々でした。

↓今日の的中

2017_8_7

前のと比べてみれば一目瞭然ですが、真ん中に当たりません。狙っている方向から飛んでいる方向がかなりずれていて気持ち悪いです。左手手の内の形と射の最初の方で手首が折れてしまっているのが一番気になるので、明日はとりあえず手首の折れを改善したいなあと思います。引分け最中に左腕上腕後ろ側に力が溜まるのも直さないとなあ…

さて。実はここ半年くらい壱年生に弓の初歩を教える通称「正式練習」の責任者をやっていたわけなんですが、とうとう壱年生が全員射場で引ける技量を身につけたと認められたので、ようやくその役が終了しました。達成感もひとしおです。次は自分の射技をきちんと磨く番ですね。頑張ります。

夕食は同期とサシで鍋。色々面白い話をしました。今思い返してみるとそこまで突っ込んだ話はしてないかもしれない…。少し昔の思い出話や最近の話。価値観についての話はしてないかな。

単純な物理学に限界が存在するから統計物理の意味があるのかな。この夏休みである程度自分の進みたい道を模索してみよう。


東大生ブログランキング

↑このページのトップヘ