ロッコー日誌 【食品包装資材は、スマイルコミュニケーション 南大阪のロッコーへ】

株式会社ロッコー 〒595-0032 大阪府泉大津市穴田206
TEL 0725-33-0236 FAX 0725-33-0567 ホームページ:http://kkrokko.com/

2009年06月

所長

 3年前面接に来て、初めて所長を見たときの第一印象は、優しいそうでした。ロッコーの社員の人は怖い怖いと言いますが、僕も怖いと思う時はありますが、そこまで怖くないと僕は思います。優しい人だと思います。入社した当初、僕はミスは毎日するは、挙句の果てにはお客さんを怒らしてしまい出入り禁止になるは、自分で言うのもあれですが、最悪な社員でした。入社して3年、クビにもならず、まだしかってくれます。普通の会社なら僕はとっくの昔にクビになっています。所長のお陰で今仕事もできていますし、勉強もさしてもらえています。おかん、親父にも言われたんですが、あんたが今仕事もあって、嫁ももらえて、子供も出来て生活ができてんのは所長のお陰やから感謝しいやと言われます。
 これからもばしばし指導お願いします。

だいち

〜所長〜

私は所長と出会ってもう9年〜になります(^^)
職安でロッコーの求人票を見て、同じ西村〜という名字だったのでイケるか…(ーー;)
みたいなカンジで面接に臨んだんですが…(+_+)
当時のウチの事務所は今よりもデンワが鳴りっぱなしで、全員バタバタと忙しく殺伐としており、所長は常に電話中で…なかなか面接が進まなかったのを覚えています(*_*)
デンワを次から次へ取り、社員にテキパキと指示を出し、面接に来ただけの私から見ても短い時間で圧倒される程、達者な方だと思いました(~~)
…働きだして少しずつ、判ってきた事がありました。

『…この人は怖い…』

私に雷が落ちるまでは2〜3ヶ月の間があったように思いますが、社員と会話する時もさる事ながら、注意や怒った時のオーラは恐ろしく重く、その剣幕たるや…子供の時は楽しみにしていた台風…そんなイメージは消え、台風は本当に恐いモノだと再認識するような…周りがフリーズして世界が変わってしまったかのようでした(*_*)
ところが暴風雨も去ってしまえば、晴天になるように、凄まじいギャップで優しく、次の事しか考えていないので、ダメージは大きいものの進むしか無く、何とかやって参りました(+_+)
ただ…いつも思うのは”自分が悪いこと”です。
いつも正しく的確で、お客さんや私達の為に、あんなに真剣に怒る人って…殆どいないと思います。
自分にそこまで言ってくれたのは、親か…数人の先生、片手で足りるくらいです(^^)
先週の金曜も久しぶりに社員一同が暴風雷雨に見まわられましたが、今日はまた晴れているようでした(+_+)
日々、一生懸命育ててくれていて、自身も止まる事をしない、偉大な人です。こないだの『尊敬する人』からはワザと外しました(ーー;)
少しずつでも親孝行に励みたい所存でございますm(__)m

〜蝮の三姉弟〜


「所長」

所長と出会ってかれこれ15年程経ちました。
入社当時の印象はとても優しく、時には厳しく、ハキハキとしたキャリアウーマンな印象を受けました。
実際わかくして女性所長なので、仕事もすごいできる人だろうなぁと思ったのですが、今になって思うと想像していた100倍仕事できる人(する人)でした。
今でも怒鳴られたりもたまにしますが、確かに昔程感情を向き出しにして怒ることは少なくなったかも知れませんが、僕にとっては今でも十分脅威です。
実際お怒りになっている時は空気ですぐに解ります。
それでも汗かき君が言ってたとおり、怒っても数十分後には笑顔です。(多少怒り具合に左右されますが)
何歳になっても向上心に溢れていて、日々勉強し、飛び回っていてとても若々しく感じます。実際実年齢よりも10歳は若く見えると思います。
そんな所長ですが、両親と同じ、もしくはそれ以上の感謝をしています。
何とか期待に答えたい(期待していないかも知れませんが)と思っていますが、
なかなか期待にも答えられず、歯がゆい思いもしてらっしゃると思います。
ボロカスに言いたいやろなとも思います。それでも我慢して見守ってくれてると思います。
もう僕ら社員もいい歳なので、心から期待に添えれるような人間になりたいと思います。

              ぷーさん




少し話させてもらっていいですか(*^_^*)

かしましハナちゃんです。
今日は、どうしても・・・みなさんに伝えたい事があり、ブログさせて頂きました。
昨日、(株)N の専務とお食事させて頂く機会を所長につくって頂きました。
上本町のおいしい焼肉屋さん(お得意先様です。)に連れていって頂きました。

社員一同でしか食事会をした事がなく、いつも冗談ばかりの食事会だったのですが、(株)N の専務のお話に、私はとても感動しました。

35歳で私よりも年下の方ですが、仕事についての考え方、人との付き合い方、向上心の強さ、そして、従業員さんへの思い・・・会社を存続させて行く為の努力。
話の魅力に圧倒され・・・本当に自分の甘さを痛感させられました。
なので・・・昨日は、興奮のあまり1時間ぐらいしか寝れませんでした。

『オーラ』ってよく言いますが、やっぱり前向きに頑張っている人には素晴らしいオーラがあるんだとツクヅク感じました。

他の会社の為に本当にお忙しい中、時間を作って頂けた事にも、とても感謝しています。

ロッコーの社員一同、本当に恵まれた環境にあると思います。
恵まれた中で、何もできていない私たちは、個々にいろんな課題を頂けたと思います。
本当に有難う御座いました。



今回のテーマ

ずばり「所長」。所長の要望があり「テーマは私」と電話があり急遽変更になりました。うちの所長といえば皆さんご存知だとは思いますが、女性であり、しかしながら年間の車の走行距離は軽く僕らの倍ほど走るというくらい飛び回っています。いつも明るく元気で怒る時は男より男らしく怒り、褒められる時は凄い優しく笑顔で褒めてくれます。実際は褒められる事はあんまりないんですが・・・。僕が所長の事を凄いなあって思う所は怒った後にすぐ普段どおりに戻る所です。前の会社では仕事でミスをするとネチネチ長々と怒られ、別の事で怒られていてもその話また持ち出しおんなじ話を何回もってパターンでした。しかしうちの所長はそういった事はまったくなくて済んだ事は気にしいなって感じです。これからロッコーで働いている間まだまだ所長に怒られたりするとおもいますがその時はよろしくお願いします。


汗かきでした

尊敬する人

尊敬している筆頭はやはり両親です。
二人とも70を越えましたが、まだまだ元気で居てくれるので、同じ大阪に居ながら会うのは年に数回と言う有様で親孝行をしなければ・・・と言う観点からはとても申し訳ない状態です。
でも、いつも会えても会わなくても気持ちに変わりはありません。「ウチの親の言う通り」「親の言う事に間違いはない」と思っていたころと同じように頼りに思い、大切に思っています。
親元を離れ、結婚して別の家庭を築き、子育てをしながら、ますます「大変な思いをしてくれていたんだなあ」とつくづく実感。感謝と尊敬ですね。
息子たちが成長していつか思い返して「尊敬している人は両親です」と言ってもらえるような自分でないことにへこみつつ、でも私自身が両親に近づくべく頑張ろうと思います。
尊敬するひと=自分に出来ない事をできる人、困難に負けず乗り越えていく人、そんな風になりたいと目指す目標にしている人。
身近にいる尊敬できる人をたくさん見つけて、まねしていこうと思うオカンでした。

尊敬する人

私の尊敬する人は 両親です。父は 13年前に亡くなったので、今日は 母の事を書きたいと思います。十代の時に 田舎の和歌山県新宮市の山奥から出てきて、来月で満77歳の誕生日を迎えます。腰は二つ折れになってしまいましたが、身体はとても元気なので、父が亡くなってからは 姉の家族と一緒に住んで、毎日 ご飯の用意や、洗濯や、掃除や、畑仕事など色々 家事全般をこなしています。今年も 玉ねぎを300本も収穫したようで、息子のお嫁ちゃんや娘家族にお裾分けを貰ったりしました。「玉ねぎ おいしかったね〜」って言われると とても嬉しいらしく 「また違う野菜ももらってね〜」とアピ−ルしたりしてました。夕飯の献立は テレビの料理番組を参考にしたり、姉がネットでみつけた料理などの 新作の料理にチャレンジしたり、家族が喜んでくれるように 創意工夫してるようです。栄養面にも気を使ってろし、毎日 「おさんどん」してたら ボケなくていいかもね、なんて 姉妹で話をしています。そして、まだまだ 母には長生きしてほしいので ひ孫のリオ君の鋭気をもらって いつまでも元気でいてほしいです。                亀ちゃんでした

尊敬する人

私の尊敬する人は、以前は 歴史上の人物だったり、学校で習った人だったり、色々いました。
でも、結婚して子どもを育てるようになってからは両親を尊敬するようになりました。
子どもを育てるのは とても大変で 色々な事に直面したときに、両親がしてくれた事、話してくれた事等を思い出すと 本当に頭がさがります。
幼いころ身体が弱かったので、その為に環境のいい所に引越しをしてくれたり、寝ずの看病なんてざらにあったらしいです。
大きくなってからも クラブの朝練等 朝早くから起きて弁当を作ってくれたり、帰りが どんなに遅く遅くても寝ずに待っててくれたり・・・
その時はうっとうしく思う事もあったのですが、今思うと本当に有難いと思っています。
私が今子ども達に同じ事をしてあげれているかというと、恥ずかしいですが半分も出来ていないと思います。
少しでも両親に近づける様に頑張らなくてはと思っています。
            byじゃりんこ

尊敬する人

今回は尊敬する人との事ですが、よ〜く考えるとたくさん居てるなと思います。
蝮君や三郎兄さんのようにプーサンはあまり本を読まないので歴史上の人物とかは名前くらいしかわからないのですが、最近で言うと我が家は毎年この時期になると自宅の屋根のトユの中にムクドリの巣を作られて、トユにワラが詰まり、その下は糞だらけととても残念な事になります。一昨年業者に頼み小細工をしてもらったのですが、最近またワラが落ちてるので、見てみると今年も作られていました。情け無い事に僕は高所恐怖症で、しがも我が家は梯子の立てる場所が限られ、梯子がほぼ垂直になり安定感が悪くとても危ないので、屋根の上で仕事をしていた経験のある友人のK君に手伝ってほしいとメールを送ると、その週の日曜日に連絡くれて、「今日の午前中空いてるから取ったるで!」と最近その友人も忙しく2ヶ月くらい会ってないのに、わざわざ連絡くれて梯子で屋根に登り巣を除去してくれました。御礼をとってくれと言っても、「いらんから缶コーヒーおごってくれ!」と言うだけで、なんと素晴らしい奴だと思い、思わず尊敬してしまいました。そういう気前のよさももちろん尊敬するし、高いとこもスイスイ登りそんなとこも尊敬します。
誰かが困った時には利権を考えずに直ぐに手助けできる人間になりたいと思います。
なんか題名とズレテるような気がしてきましたので、率直に言うとやはり自分に無い部分を持っている人が尊敬できるような気がします。
その中でも一番尊敬できるのは絵が上手な人です。僕は絵がとても下手で自分が描いた人物画を見ながら笑い転げる程です。( ´∀`)つ


            りあるぷーさん

〜尊敬する人〜

私が尊敬する人…を考えた時、沢山の人物が思い浮かびました(**)
と言うのは、人を褒める時『尊敬するわ〜』と言ったり、思ったりするのは過大に持ち上げる為かな〜と思いました(^^)
『敬い』だけなら、私の場合は殆どの人に値します。
自分の持っていない部分があったり、ある部分が自分より秀でていたり、色んな事を敬い認めて、自分も負けじ…と(ーー)。
親姉弟、友人、仕事をして出会う方々、社員も皆に対して思います。
中卒のツレが年収1200万あったり…社長になったり…老舗の料理長を目指して包丁を奮っていたり…同僚のリアルぷ〜さんが志を持って所長に意見して、返り討ちに遭い『そらぷ〜さんが悪い(**)』と思いながらも、その勇気も買うべく思います(^^)
『尊ぶ』程になれば…足を向けて眠れないくらい、雲の上であり、爪の垢を煎じて呑み、肖り兼ねるほど…そんな人を指すのかな…と考えました。
歴史上の人物で言えば、少し前にテレビで観た「日本人が好む歴史上の人物」の一位を飾った『坂本 竜馬』、次いで二位の『真田 源次郎信繁』、に私もそのまま賛しており、ご存知の通りの生い立ちから、偉業、智略、人望、先見…その最期…に至るまで切りがなく三日三晩喋ってしまいそうです(**)
かといって知り合いでも、当然血筋でも無いので…拝み倒す程は尊敬できておりませんが…(;;)。
〜万人万色以上の尊敬があれば、少しでも肖り、精進して…それを思われる側の人間になっていきたいと思います(^^)

〜蝮の三姉弟〜
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ