ロッコー日誌 【食品包装資材は、スマイルコミュニケーション 南大阪のロッコーへ】

株式会社ロッコー 〒595-0032 大阪府泉大津市穴田206
TEL 0725-33-0236 FAX 0725-33-0567 ホームページ:http://kkrokko.com/

2009年08月

社会人と学生の違い

 自分の思う社会人と学生の違いは人間関係の深さ、広さとだと思います。学生の時はそこまで考えていませんでしたし、深く関わる事もありませんでした。今は仕事が配送兼営業という事もあり、幅広い年代の方達と人間関係を築いています。正直しんどい事もあります。学生の時みたいに嫌な人だったら交友を絶てばいいという訳にもいきません。そこが違いかなとおもいます。後は我責任感だと思います。学生の時バイトをしていたのですが、やっぱり今と一番違うのは責任感です。学生の時は気に入らない事があればすぐきれて、自分の気持ちを抑える事はできませんでした。なぜかというと、なにかあれば辞めたらしまいだったからです。でも今は自分にもお客さんがいますし、上司もいます。一番でかいのは家庭があることです。僕がはたらかな、嫁も子供もいきていけません。最近本当にそれを考えれるようになりました。学生の時とは全く違う自分になったと思います。

だいち

今回のテーマは

来週の9月1日からロッコーになんとインターンシップと言って大学生が2週間研修にきてくれる事もあり「社会人と学生の違い」になりました。はじめこのお題をいただいたときすぐに「学生は学ぶ事が仕事」、「社会人は働く事のは当然の事」と思ったんですがよーく考えてみると社会人になってからの方が自分は学生時代よりも学ぶ事が多く生きている内は常に学ぶって事なんかな?と思いました。年をとるにつれて
これからどんどん自分の脳細胞は壊れていくんですがそれをできる限り頭を使って考え自分の細胞をまもっていきたいです。来週インターンにきてもらう大学生に僕たちの仕事を見てもらって少しでも勉強になるように頑張ります。また大学生からも学べる事は学んでいきたいです。人生生きてるうちは常に勉強かなあと思います。

汗かきでした

突然ブログ!!!

今日は、順番ではないのですが・・・ブログさせて頂きます。
昨日ロッコーの社長が、大阪まで足を運んでくれ、お食事会を開いてくれました
場所は、お得意先様 泉大津で御そばのコースを食べさせて頂きました。
とてもお店の雰囲気も良く、おいしいコースでした。前菜から始まり、お造り、
お豆腐、お魚の炭焼き物、しらすサラダ、天ぷら、御そばと・・・どれも新鮮かつお味が良くて、ロッコー社員一同大満足で頂きました。本当に有難う御座います。
 2時間ぐらいの会で、社長とは、あまり話もできず・・・

最後に、一番皆さんに聞いて頂きたい事が・・・(*^_^*)
帰り道、駐車場に向かう途中に転倒(転び)両足と両手をけがしてしまいました
普通ならば、みんなに『大丈夫』と言って欲しかった。
痛みをかみ締め車に行き、経緯を説明すると・・・みんなで大爆笑!!!
で、今日も朝から、みんなで大爆笑!!!どう思います。
まぁ、キャラ的には、爆笑されて嬉しかったのですが(^^)v
みなさん、足元には気をつけて歩行しましょう。 かしましハナちゃんでした。

「お盆」のはずなんですが・・・

すみませんが、じゃりん子さんは昨日から風邪の為静養中です。
なので今日のココの分は、彼女が全快して戻ってきてから書き込んでもらいます。
とりあえず、ご報告までm(__)m  代筆はオカンでした。

お盆

実家は父が次男坊だったのでお仏壇が無く、お盆と言えばお墓掃除に行って、おばあちゃん家でお仏壇に手を合わせる日でした。
嫁いできてからこちらの家のやり方を知り、覚えなくちゃと毎年観察しております。
が、今のところ私がした事があるのは、前日頃にお寺さんにお参りして塔婆をもらい、お墓掃除をすること、お住職さんが来てくれはる時には、一緒に座ってお経をあげてもらう事くらい。
お迎え火も焚くし毎日お供えするお膳もお菓子もいろいろ違うらしいのですが、お仕事もあるし〜って言い訳しつつ未だ何にも覚えていません。ぜーんぶお義母さんがやってくれてはります。ダメ嫁で申し訳ないです。
でも子ども達が小さい頃にはキュウリやナスで馬とか牛とかのお供えを作った事もあります。馬に乗って少しでも早く家に帰ってこれるように、牛に乗って少しでもゆっくりあの世に帰るようにって話して聞かせた事、彼らは覚えているでしょうか。覚えたい気持ちはあるけど、いつも挫折してしまうオカンでした。

お盆

主人が亡くなって 4回目のお盆を迎えました。あっと言う間の4年やったかな〜と思います。まだお墓はたててあげれてないので、仏壇に参っただけなんですけどね!!仏壇に参りながら あの世で主人は何をしてるんかな?下界の私たちを見て どう思ってるのかな?孫の稜央くんにも会って、抱っこしたかったやろうな〜とか、久しぶりに主人の事を思い出して 仏壇の位牌に向かって 話しかけてしまっていました。やっぱり元気で長生きしてほしっかたな〜とつくずく思ったし、子供たちや新しい家族も増えて賑やかにはなったけど、やっぱり一人身は寂しいかも?なんて おセンチになったお盆でした。再来年が7回忌になるので、来年のお盆くらいまでには お墓も建てて ちゃんとおまつりしてあげたいと思っています。 今から家族みんなで試行錯誤して、来年の3月には また一人 可愛い家族が増える予定なので ますます頑張らねばと思ったお盆でした。                              亀ちゃんでした

お盆

我が家には仏壇がないので、お盆らしい事と言えば「お墓参り」に行くくらいです。
先日、関東に住んでいる友人と墓参りの話をしたら「なんでお盆に墓参りに行くの?ご先祖様の霊はお墓にいないのでは?」と言われました。
初めて聞いた話でしたので「大阪では盆になると墓参り行くし、道路は渋滞になるくらい」(実際、めちゃ混んでいました)と反論したのですが。
これは関東と関西の習慣の違いなのでしょうか?知識のない私が知らないだけでしょうか?ご存知の方、いらっしゃいます?
友人の家では「迎え火・送り火」を焚いてご先祖様の送り迎えをするそうです。
聞いた事のある話でもあるのですが。
皆様のお宅ではどうされているのでしょう?

話は変わりますが、高校生の時に保護者抜き(我が家はいつも保護者が付いていました)で狭山遊園のプール(今はなき)へ行こうと盛り上がったのですが、一人が「お盆のプールと海はぞ先祖様に足を引っ張られるから危ないからお父さんが絶対行ったらアカンって言うねん〜」と言い出しました。「え〜っ!何カタイ事言うねん?!」と子供心に思ったのですが。結局、彼女は見学ならOKというお許しが出たので参加し、お父さんには内緒で水着を持ってきて泳いでいました。
かれこれ20年以上も前の話ですが、お盆になるとふと思い出します。

初投稿の らくしゅみでした。

お盆

お盆は 毎年、お寺にお参りに行き、姉の家で宴をします。
姉妹家族が 揃うのは、お正月・お盆・祭りの時だけになりました。
子供も大きくなり 普段は なかなか全員揃わなくなりましたが、
一年に3回だけは 全員集合します。
これからは どんどんと家族が増えても 全員集合するのか!?と思うと 
想像するだけで 面白いです。
うちの母も にぎやかなことが好きだったんで お盆にあの世から帰ってきても
きっと喜んでいるでしょうね。

お盆・お正月は必ず 仏様に手を合わせに行くんですが、
たまに忘れて 先にビールを飲んでいることが…
『あッ!』と思い出し、姉に怒られてしまいます。

これからは 忘れませんm(__)m

うたえねぇちゃんでした。。。。。

お盆

今年のお盆は、友達とバーベキューを一日中していました。
白浜に行く予定でしたが、混雑が今年は凄いと言ううわさを聞きキャンセルしました。
我が家では、うん十年前に亡くなった父と、去年なくなったおじさんをお墓に向かえに行き、送っていきました。
うちの子供たちは、お盆の間、じーちゃんとおっちゃん家に帰ってきてるからと、お菓子や果物をいっぱいお供えし、三度のご飯をあげていました。
話の中で、『2人は、今仏壇の前で何喋ってるんやろう』など想像していたみたいです。
きゅうりは、来る時に乗ってきて、帰る時は、なすびに乗って帰るんですよね。
だから、お供え物に『きゅうりとなすび』があるらしいです。
うたえねえちゃんに教えてもらいました。
この歳まで知らなかった事がお恥ずかしいです。
夏ももうすぐ、終わりますが・・・気を引き締めて頑張ります。
                  かしましハナちゃんでした。

今回のテーマお盆との事ですが。
お盆といえば、思い出すのは子供の頃の事
の方が強く思い出します。
おじいちゃんおばあちゃんとも奈良が実家
なので、よく夏のお盆のころは帰りました。
子供の頃はお墓参りに行くと言うより
親戚の子たちとひさしぶりに会って遊べるの
で遊びに行くのが楽しみでした。
お墓参りは裏山の奥のほうにあり、
お墓にいくまでの道が長く暗く子供の頃は恐かったです。
あとは川に泳ぎにいきカブトを捕り
にいきビニールハウスのトマトを
まるかぶりしたり夜はみんなで
ごちそうをいただきほんとに楽しかった
家族との思い出になっています。
あの頃から何十年も経ちましたが、
今こうやって僕がこの世にいてるのは
両親もそうですがご先祖のおかげと
ほんとにありがとうとおもいます。
          三郎
           




月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ