25日に亡くなった父の13回忌の法要をします。丁度、長男の高校受験の年だったので、大変忙しい思いをしたのを覚えています。父が前年の10月の祭りの時期に脳梗塞でたおれ、入院することになり、母が毎日 看病に通い、たまに私もお見舞いに行ったりして、まさか亡くなるなんて、誰も家族の皆は思ってもいませんでした。うちの子供たちも いっぱい可愛がってもらったので、12年たったいまでも、よく父の話をしてくれます。生きていたら 母のように 曾孫の稜央君も抱けたのにね〜とか よく思い出してくれます。私も稜央君に「優しいおばあちゃんやったね」っと懐かしんでもらえるおばあちゃんになりたいな〜と思います。 
亀ちゃんでした