11月26日夜、レジ袋を廃止する地域のTVを拝見しました。

市の取り組みでの事でしたが、その中で福助工業さんが、

海水分解素のレジ袋の開発をしていて、

群馬大学で検証してもらい、ごく小さなかけらが少しずつ分解されているという事でした。

2020年7月にレジ袋として製品化を目指していて、凄い開発がされていると思いました。

プラスチック製品から紙製品への切り替えや自然にもどるレジ袋…

環境問題の事を考え、日々生活しようと思います。

うたえ