先般のシルバーウィークには、各地で観光客の数に戻りがあったとされ、宿泊施設などではやっと少し胸を撫で下ろすとされた中、自然が豊かな観光地では、ゴミ問題も加速しています。

バーベキューの木炭や網はモチロン、紙皿や箸などの細かいゴミの上、コンロ自体や大型ゴムボートなども捨ておく輩が増加しているそうです。

私も8月末に串本へシュノーケルに行きましたが、家内と協力し、自分たちのゴミ+他人が捨てていったゴミもしくは海中のゴミを回収して帰りました。

近年問題になっている事ですが、所詮他人事と捉える人間が多いようです。
それも若い世代ばかりとも言えません。

世界に誇るとされる日本人でもあります。
自然のありがたみを次世代に繋ぐ意思を持っていきたいものです。