August 15, 2013

先日は、カイロプラクティックの治療の後、『好転反応』が起きる場合がある事を書きました。


好転反応って、漢方やアーユルベーダというような、一般に『自然療法』と言われるものに多くでるように思います。そのせいか、西洋医学では「そんな事はあり得ない」と、ばっさり否定されているようです。




漢方などで、療法を始めた後で、「吹き出物がいっぱい出て来た」なんて言うのを聞いた事がありますが、これも体内の毒素が出て来た証拠だそうですね。毒素が出てしまえば、皮膚は元に戻ります。かえって、前よりすべすべになってたりして。




私の経験で一番多いのは、『体のだるさ』ですね。その次は『筋肉痛のような痛み』でしょうか。

『下痢』や『多尿』も多い方です。これこそ毒素がいっぱい出て来た証拠ですね。皆さん、「出てしまった後は、すっきりして気持ちよかった」と異口同音におっしゃいます。



このような好転反応は、治療の翌日に起こりその日だけで終わることが多いですが、まれに2〜3日かけてゆっくりおさまる、という例もあります。とにかく、好転反応が起きたら水分を普段より多めに取り、できるだけ体を安めるようにしてください。


ここで、今までで特に印象に残っている例を紹介しておきますね。



例1)A子さん。30代。小学校教諭。

整形外科で腰椎椎間板ヘルニアの診断。腰から足の先まで強い痛みと痺れがあり、歩くのもようやっと。痛み止めも効かないし仕事も休める状況ではなく、何とかならないかと、友人(私の患者さん)の紹介でやって来ました。もちろんカイロプラクティックは初めて。効果があるのかないのか半信半疑。とにかくやってみるしかないという気持ちだったと思います。

その日は通常の初診の患者さん通りに、問診、検査、治療をしました。やはり結構重症で、症状の軽減には少し時間がかかるかも知れないとお話しし、2日後の再診の予約を入れて頂きお帰りになりました。

脚を引きずるようにしてお返りになったAさんですが、2日後の予約にはお見えになりませんでした。

そのまま数日が過ぎ、私も正直な所、Aさんの事が心配でした。いくら私が常に最善をつくすように努力をしているとしても、『まさか?。。。。』なんて事も100%否定できる訳でもありません。

患者さんによては、カイロプラクティックに過度な期待をし過ぎて、なんでも「一発(一回)で治る」と思ってこられる方も時としていらっしゃいます。そんな時は、せめてあと数回継続したいただけたらな、と思うのですが。。。

そんなこんなで私もAさんのことが気になっていました。その内に、Aさんを紹介してくれた患者さんが来院されたので、「Aさん、どうされてますか?」と聞いてみると、思いもかけず「ピンピンしてる!」との事。

どうやら、翌日40度近い熱が出てびっくり。でも翌日にはすっきり下がり、それと同時にあれほど
酷かった痛みや痺れがなくなったという事らしいです。好転反応の事は帰る前にお話してあったので、「これがそうなのか?」と思ったようですが、あまりの高熱と、その回復の早さ、きつねにつままれたように症状が取れてしまったことにただただ驚き、少し怖くなってしまったようです。

それから数日後、閉院時間頃になってヒョコリAさんがやって来て、「お陰様ですっかり良くなりました。40度近い熱が出た時は大変なことになったと思いましたが、先生のおっしゃったように翌日にはうそのように下がって、痛みも痺れもなくなって本当にびっくりしました。こんな事ってあるんですね〜。」っと、未だに自分の身に起きた事ながら、腑に落ちないという表情でおっしゃいました。


でも、あれほど酷かった症状ですから、どの程度ましになったのかなと思い「本当にびっくりされたでしょうね。でも良くなって何よりです。ところで、最初に診せていただいたときから何%位良くなりましたか?」と聞くと、「100%です。もう全然痛くありません!」とおっしゃいます。

思わず「エーッ、ほんとですか?!!」と言ってしまいましたよ。



「小学校の先生は激務だし、椎間板ヘルニアもあるので、症状があってもなくても、1〜2ヶ月に一回位は背骨のチェックに来て下さいね。」とお話しましたが、残念ながらそれ以来Aさんにはお会いしていません。でも、お友達の患者さん曰く、毎日元気にエネルギーのありあっまた小学生相手に頑張っていらっしゃるようです。



これって、いかにも私の作り話のみたいですよね。

でも、ほんとうにあった事なんですよ(何だか真夏の夜の怪談みたいですが)。



思い出すたびに、


やっぱりカイロプラクティックってすごいな!!

人間の体ってなんて不思議で素晴らしい力をもっているんだろー!!!

って、感心していまうのです。




今日もまた酷暑が続くようですね。

水分を充分取って、涼しい所ですごしましょう。


















トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字