京都国際漫画賞2018に参加をお考えの方へ
京まふ漫画賞?

2018年度は、マッグガーデンと提携しました!

今年(2018年)も京都産業観光局から広報・依頼の資料が届きました。開催4年目を迎える京都国際漫画賞は、元々は『京まふ漫画賞』として開催されていましたが、昨年度から日本部門をスタート、日本全国に在住の方であれば、マンガ作品の投稿ができます。

kyoutokokusai2018
私たちの講座内(京都・四条烏丸のマンガ教室)でも京都国際漫画賞2018のパンフレットが配られてきました。この漫画賞は、日本全国から出版社の編集部が集まってくるので、マンガの投稿をしたい方なら、一度は参加してみてはと思います。京都産業観光局は積極的にマンガ文化の振興を考えているようで、私たち学園とも良いお付き合いをさせて頂いておりますので、いろいろな情報が入ってきます。ぜひ、講座にお越しの際は声をおかけくださいね。



●京都国際漫画賞2018の特徴 ;京まふ漫画賞を改め‥

ちょっとお得な情報を!
前年度より日本部門もでき、日本全国からマンガ投稿ができるようになりました。日本在住の方で、まだ世に出ていない作品であれば、マンガ投稿することができます。

特に、投稿されたマンガ作品は、さまざまな出版社の方々の目に入りますので、ジャンルを問わず、どこかの出版社のテイストにあっているならば、声が掛かる可能性を秘めています。(地方からでも投稿できる!)

さらに今年から、大賞賞金も出ることになりました。
  • 大賞 賞金50万円、マッグガーデン刊行の月刊誌「コミックガーデン」に即掲載
  • 特別賞(日本部門京都賞) 京都国際ミュージアム 年間パスポート
  • 特別賞(関西学生賞) 賞金20万円
PS.締切;2018年06月30日 (土) 


●京まふって何? ;京まふ漫画賞を改め‥

関西在住の方でなければ知らないかもしれませんが、京都のマンガイベントとしては、とても人気があります。正式名称は『京都国際マンガ・アニメフェア』と呼ばれています。会場は、京都の『みやこめっせ』と『京都国際マンガミュージアム』で開催されるマンガの祭典です。

〇開催期間;
 2018年9月15日(土) ~ 9月16日(日) 
 ※最終入場はいずれも終了の30分前まで

 みやこめっせ(メイン会場)09:00~17:00(16日は16:00まで)

 京都国際マンガミュージアム(第2会場)10:00~20:00(通常より延長)

〇開催趣旨;
国内外から注目される京都の文化力を最大限に活用し、キャラクター版権を持つ企業とそれを活用したい企業とを結ぶビジネス機会の創出、関西で優秀な若手クリエイターが育つための機会づくり、国内外のマンガ・アニメファンを含めた観光客の新たな層の掘り起こし、日本の文化「アニメ」「マンガ」を海外に発信することを目的としています。

関連;
自治体のマンガ投稿に関する記事
新潟にもあるコミケ”ガタケット”の特集