顔を小作りに描きたい・・でも何をどうしたらいいのか、コツがわからない!
小顔描き方


顔を小さく見せるコツは、いつも通りじゃ絶対ダメ!

マンガを描き始めの初心者が良くやりがちなのは、小顔を描きたいので、顔全体を小さくするケース。これをすると全体に顔だけポツンとあって、ただ小さい顔があるだけで、小顔じゃないし・・。

しかも、アンバランスになるし・・ 

小顔とアゴ
萌え系のキャラにみる小顔の描き方。顔全体は大きいけど、小顔に見えるのはなぜなんだろう?これには、顔を構成するパーツの位置関係に秘密がある。顔を構成するパーツの内、鼻と口の位置に着目してほしい。この2人の女子に共通しているのは・・?


●小顔とアゴの関係性 ;小顔の描き方・コツ

顔を小さくするのではなくって、鼻と口を少し上に描く!
 
小顔にしたいとき、鼻と口を少し上に描くと、顎の部分が上がりますので、面長にならず小顔が表現できるのです。このパーツ配置テクニックを研究してみて下さい。いろいろなキャラの個性を出すこともできるんですよ。


●小顔と間違った認識  ;小顔の描き方・コツ

顔を小さく描いても小顔にならない・・。
顎を削って小さくしようとしても顔のバランスが崩れて小顔にならない・・。

初心者 ⇒顔を小さく描いても、小顔にならない。
プロ ⇒小顔は、顔を構成するパーツの配置を変えることで成り立つ。

注意
顎を削って小さくすると、頭の部分だけが大きくなるのでアンバランスになる。あくまでも顔全体における鼻と口の位置関係が大切なポイントだ。



アゴ以外にも、顔のパーツを配置換えすることで、さまざまな感情を表現できる漫画の描き方テクニックは興味深く、芸術の領域ともいえます。

ぜひ、皆さんも小顔だけではなく、自分のキャラを年齢別性別個性別職業別性格別という具合に、顔のみで表現する技術を身に付けていきましょう。


夏休み!子供マンガ☆イラスト2014の講座申込みがスタートしました!

《情報》横浜☆マンガ教室と、千葉☆マンガ教室が4月から開講~☆彡

 
How to drae face 完