漫画における目の書き方で、初心者が覚えておくと上手くいくポイント


それは、目の大きさと角度です。

例えば、正面を向いている時は、左右の目は、同じ大きさ・デザインにします。
しかし、顔が斜めを向いている時は、左右のデザインは同じままでも、大きさと角度が変わってきます。
従って、目の大きさと幅を変えて、角度をつけなければなりません。

また、初心者の書いた漫画で、「なぜか人物の表情を見ると、しっくりこないな!」という、よくある目の書き方の失敗パターンがあります。それは・・・
 
漫画の人物の顔が球体なのに対して、眼だけが平面になっているという点です。
 
漫画の人物の顔が球体なので、目は球体に埋め込まれている(もしくは、貼りついている)という考えで、書き方に変化をつけなければ、プロの書いた目に近づけないかもしれません。

ほんのちょっとした書き方のコツですが、初心者の多くが、「目の書き方 」で見逃してしまう部分ですね。


==目の大きさと年齢の表現手法

目の大きさ

>>詳しい記事;お母さんキャラにおける目の大きさと年齢
>>萌え絵にみる目の大きさのQ&A


漫画で、目を書くときは是非、注意してみて下さいね。


>> 漫画教室☆神戸・三宮「漫画を描きたい!」の詳細はこちら!
>> 漫画教室★京都deアートの詳細はこちらをご覧ください!