顔を描くときに、最も大切な部分、それは・・・比率(バランス)


漫画を描き始めたばかりの人が、よく失敗するパターンがあります。

少女漫画を描こうとする人が失敗するパターン
瞳に気を取られすぎてしまい、顔全体のバランスを崩してしまう事。
顔の表情が硬くなってしまうケースが多いようです。

少年漫画を描こうとする人が失敗するパターン 
少年らしい表情を大切にするあまり、そこに意識が集中して、顔のパーツの描き方が雑になってしまう事。
勢いがある線、と、ザックリとした雑な線?!は、別物かもしれません。

総括して、顔を描くときには、まず、顔のパーツのバランスを考えてから、次に表情や強調すべき特徴という順で、顔を描いてみてください。少しでも、しっくりとこないな・・と思えば、それはバランス(比率)が崩れている証拠です。コツから押さえて安心★顔のバランスに関する、基礎講座も個別カリキュラムで実施していますので、必要な方はいつでもお問い合わせくださいね。

>>漫画目の描き方はこちら体の描き方はこちらをご覧下さい。 
 

PS.漫画を一日でも早く、上手に描きたい方へ
*漫画は技法(コツ)ですので、本を読んで独学するのは難しい分野かもしれません。
*現在の作画レベルをみてもらう事で、気づかなかった技術の不足箇所がわかります。またコツと習得方法を教えてもらうことで、効率よく上達できます。漫画教室の体験入門コースからお入りください。


>> 漫画教室神戸deアートの詳細はこちらです!
>> 漫画教室京都deアートの詳細はこちらです!