アジアの人々から選考されるデジタル・イラスト・アニメーションの授賞式です。
ASIAGRAPH 2016年度


こどもCGコンテスト部門での入賞、おめでとうございます!

今回は、中学生のUさんが入賞しました。おめでとう!プロ・アマ問わずアジアの方々が参加できる比較的若い方のデジタル作品コンテストです。参加者は、日本人は意外と知らないで、アジアの方々の方が多いのかな?でも、入賞すると、経歴に残るのでいいですね。

 
ASIAGRAPH2016
ASIAGRAPHは、アジアグラフは、アジア独自の多様な文化と、科学と芸術の融合が生み出すアジア独自の優れたデジタルコンテンツを更に発展させるために、世界の第一線で活躍するアジアの研究者とクリエイターが集い、先端技術の発表や作品の展示を行う、学術・芸術・展示が一体となった総合イベントです。イラストレーターの方もぜひ、参加アレ!


●イラストレーターになる人へ ;ASIAGRAPH

2004年から開催誰ているASIAGRAPHは、最先端の流行の絵柄であれば良い感じです。(懐かしい系とかではなく・・そのお国柄を表すような技法を使っているとかではなく・・)、ちょっとコミカルであったり、尖がったデザインであったりすることが大切ですね。

受賞している作品はどれを見ても、その国の独特の何かがある訳ではない。ある意味、日本基準で審査が行われているのかもしれませんね。
 
ほとんどがデジタル画なので、データを送る程度でいいので、ぜひ参加してみてください。

日本人とかは、コンテスト系に参加しない方がいるけど、世界のクリエイターはフツーに参加しています。賞状がもらえると嬉しいし、励みになるし、良い経歴になります。
 

●ASIAGRAPH 2016 in Tokyo 概要 ;ASIAGRAPH

今回は会場が東京ということで、多くの日本の方も参加して頂いたそうです。でも、やっぱりCGイラスト、最近は中国の方が多く受賞していますね。

  • 名称
    ASIAGRAPH 2016 in Tokyo アジアグラフ2016東京

  • 期間
    2016年10月27日(木)~30日(日)
  • 会場
    日本科学未来館

  • 主催
    ASIAGRAPH2016は、経済産業省と財団法人デジタルコンテンツ協会が主催する「デジタルコンテンツEXPO2016」の一環 として開催されます。

  • 料金
    入場無料
    ※一部プログラムでは教材費が必要です。
    ※日本科学未来館の展示施設への入場は有料となります。

  • 部門
    ---
    第一部門 CGアート作品公募部門 「CGアートギャラリー」
    第二部門 動画(アニメーション)作品公募部門 「CGアニメーションシアター」
    第三部門 学生(25歳以下)アニメーション作品公募部門
    第四部門 こどもCGコンテスト部門
    特別公募部門 REALLUSION AWARD 2016
    特別公募部門 パソコン甲子園高校生国際部門
    ---

 PS.高崎市でマンガ講座が来年度より、開講の準備中です!近くの方はぜひどうぞ!