アナログ描きでペン入れが上手くいかないとき、練習の前に、ぜひ考えてほしいこと。
ペン入れ入門【アナログ編】

ペン入れと下書きの関係性を知る!

マンガの作画におけるペン入れとは、鉛筆で描いた下書きに、インクの付いたペンで書く!本番描きのことです。ちなみに、マンガを描く方の初心者の多くが、ペン入れで躓いてしまいます。そこで、どうすれば上手くいくのか、講座の中で上達した方々の意見を聞きながら、整理してみました(^_-)-☆


rensyu
これはペン入れの練習用教材です。自分で描いた下書きは、線がたくさんあったりするので、最初に下書き用の教材で、インクの付いたペンを入れる練習を行っていきます。なぜでしょうか?それは、ペン入れが上手くできない方は、ペン入れの練習だけではなく、下書きの練習が不足しているということが多いからです。


●ペンの選び方 ;ペン入れの練習(アナログ編)

最近はペンタブから、アナログへの回帰が起こっていますね。やっぱり、他の人の前で、さらサラッとペン先を動かして、イメージ通りにマンガを描けるスキルって、格好いいもんです。

さて、マンガの作画で使うといえば、Gペン丸ペンカブラペン等を連想するのが当たり前ですが、ちょっと待ってくださいませ。

あまり道具から入ったり、力みすぎると、逆に道具慣れしていないので、上手くいかないという事も起るようですので、ココは少し踏ん張って、ふつうの事務用ペンでも、大丈夫なんだ!と思うべし。

ペン先が強弱に付けれる事務用ペンで、練習をすれば大丈夫!

どうしてもGペンのような感じが良いな、と思う方には、以下をオススメ!
  • タチカワ スクール
     万年筆のようなタイプのペン。
     強弱が若干付けれるので、つけペンの線が描ける。

  • タチカワ スクールG  
     タチカワ スクールよりも、さらに強弱が付けれる。


●ペン入れと下書きの関係性 ;ペン入れの練習(アナログ編)

いよいよペン入れですがその前に・・アナログでマンガを描く場合、最初に、鉛筆で下書きを描きます。でも・・、下書きの線って、何本か描いているのが普通です。ココに一つ目の問題が出て来るんです。


01

02

ペン入れするときに、下書きなので、線が何本か、描かれている。これは当たり前!でもペン入れするときには、どの線にペンを入れるのが正しいのか?を判断するスキルが、必要。

初心者の場合、焦って、間違った線にペン入れしてしまう事態が起こる。その後、消しゴミで、鉛筆の線を全部消しますと・・、最初のイメージとは違った絵になるので、『こんなんじゃない~( ;∀;)』と、ショックを受けることになります。(引用;ペン入れ入門~心理からひも解く~

 アナログ練習① =線の選び間違い!

そうなると、人間って、より失敗しない方法があるのでは?と探し続けます。

そして、探している間は、ペン入れが少し怖いので、下書きになんとなくペン入れするけど、そのまま消しゴムで消さなかったり、それ以上、自分で工夫して追求しなくなるので、ペン入れが上達しない現象が起こります。いわゆる練習不足が起こってしまうんですね・・((+_+))

 アナログ練習② =練習不足!

苦手なのではなくって、単なる練習不足という可能性がありますよ。

では、どうすればよいの(・ω・)?


●ペン入れの練習、その前に ;ペン入れの練習(アナログ編)

冷静に、初心に、戻る必要があります。そもそも、ペン入れが上手くできないのではなく、実は、下書きが未完成のままペン入れをしているから、ペン入れが上手くできないという可能性!

下書きが未完成のまま、いくらペン入れの練習を繰り返しても、下書きイメージがガッチリ固まっていなければ、イメージ通りにはならない。そうすると、下書きの練習は?という話になってくる・・

下書きの練習って何?

下書きとは、絵を描く力。いわゆる画力。この画力は、プロの作家さんや本当に画力のある人に、「画力を上げる方法はどうすればいいですか?」と聞くと、同回答が得られます。

とにかく、量を描け!、と!

逆に、少し厳し目にいえば・・、安易な書籍や、1週間で、とか、コツさえ掴めれば誰でも・・的な広告をしているケースがありますけど、プロの作家さんは、そんな風に言っている人を見かけたことがありません。まだ実績がなかったり、お商売でマンガの商材を売りたいのかな?という感じの、実は漫画家さんでもない方の、売らんがな的なビジネスだったりします。株の投資だったら、コレを買えば絶対もうかるって・・んなわけないヤロ~・・方便はダメダメ('◇')ゞ笑

 アナログ練習③ =量を描いて画力をUP!

ちなみに、マンガ画力を上げるには、何を練習すればいいのかというと、デッサン模写の2つです。
  • デッサン
  • 模写
模写の場合は、好きなマンガ作家さんの作品で良いと思います。勿論、同じマンガばかり真似すると上手くならないよ、という方もいますが、初心者の方であれば、量を描き、かつ続けようと思える練習内容でなければなりませんので、描きたいモノを描くことが大切なんだ!と、最初に考えよう。

この繰り返しの反復をしながら、画力を高めることを毎日、練習をやり続けると、1年もすれば随分と上手くなります。

下書きでイメージ通り、描けるようになると、いよいよペン入れ!

ここで、思い出して!!何本か、線があるから、線を間違えるとイメージ通りにならないということを・・。

で、ペン入れで大切なことは、まず全体を見てからイメージを確かめる、鳥瞰を行うこと。全体を眺める!その後、細部を見ながら、丁寧にペン入れを行う。

 アナログ練習④ =冷静に鳥瞰、心掛けは丁寧! 

焦って、いきなり線を見て、グワッと描いて上手くいくのは、超☆熟練しているプロ作家さんや、レベルの高いアシスタント級だけ。多くの方々は、本業でもないレベルなので仕方がない!!冷静に、全体を眺めてから、慎重に、丁寧に、ペン入れをしていくのが常套手段なんですね。


もし、関東か、関西にお住まいで、マンガを習うなら、こちらへどうぞ!

 
PS.MCG京都烏丸に設立当初からの方、東京転勤でMCG東京に移籍しました。皆で応援してます。ぜひ、お仕事にも精を出してくださいね!