少年漫画向きのペン先;Gペンの使い方・コツ
漫画家ペン先:Gペン 

Gペン初心者でも使いやすい万能のペン先です。

Gペンのペン先は柔軟性に富んでいて、インクも下りやすく、強弱を付けやすいという特徴をもっている。一方、丸ペンは初心者だとインクが出ないこともあり、描き方が難しいペン先です。

まずは、Gペンで“つけペン”の使い方・コツ(漫画家のペン先)に慣れましょう。
zebra
描き方は簡単、Gペンならいきなりでも大丈夫!Gペンで、自分の好きなキャラクターを線に強弱を付けながら描く所からはじめましょう。とにかく・・・つけペンというものは、日常では使わない筆記用具ですが、Gペンなら初心者でも、いきなりでもある程度は描きやすいです!

●ペン先って、イラスト1枚で終わり? ;ペン先_Gペンの使い方・コツ
Gペンを使い始めた初心者の方Gペンってどの位使えるのかわからずに、ずいぶんと長く使ってしまうケースが多いようです。
背景の多いイラスト(B4)の場合、1枚で消耗するケースもあります。
Gペンは消耗品だと考えましょう。

●Gペンにも種類があるけども・・・ ;ペン先_Gペンの使い方・コツ
ゼブラ社から出ているものをオススメします。理由はどこにでも売っているからです。一番普及しているので、最初にGペンを購入する場合には、ゼブラ社のものがコスト的にも良いかと思います。私の場合はずっとゼブラのGペンを使っています。

==ペン先は、なぜGペンからなの?
ペン先をどれにしようか?インクは何がいいのかな?最初の取っ掛かりには、悩んでしまうことも多い。そこでお勧めするのが、当たり前だけども癖が少なく、描き方にこだわらず、コツをつかみやすいGペンなのです。

理由は、丸ペンは硬めで繊細すぎるのでコツが必要で、インクを出すのが難しく、スクールペンやサジペンだと、ペン先が広がらないので、強弱をつける感覚が身につかない。でも、Gペンなら初めて使っても、インクが下りやすいし、強弱の感覚も描いているだけで掴めてくる。そんな訳で、リアル漫画教室(京都神戸)では、最初に使う方にはGペンを勧めています。
 
PS.Gペンは「付けペン」 の代表です。簡単に使えることから、ぜひ手軽に購入して、Gペン(付けペン)の感触を味わってみて下さい。自分で使い、自分で書き味を確かめるのが、Gペン(付けペン)の使い方、描き方を身に付ける最大のポイントだと思います。