久しぶりに、タイトルに相応しく、初心者の方向けの記事です。
(へぇー、「相応しく」って書いて「ふさわしく」って読むんですね、変換してみて知りました。(^_^;))

例えば、ワードで、文書を作成して、メニューバーの「ファイル」から「名前を付けて保存」をクリックして、ファイル名を入力して、「OK」をクリックしますね。

その時、Enterキーを押した瞬間に画面が消えてしまったことないですか?
そう、名前入力途中で保存されてしまったんですね。
教室でもよくあります。

これは、文字入力の際の「日本語入力システム」がからんでいるんですね。

日本語入力システムを整理してみましょう。

【日本語入力オン】
言語バーで「ひらがな」を選択して「あ」になってる時
キーボードの「半角/全角」キーを押して、「あ」になってる時
   ↓
文字を入力すると、アンダーラインが付きます
   ↓
Enterキー押すと、文字が確定し、アンダーラインが消えます


【日本語入力オフ】
言語バーで「直接入力」を選択して「A」になってる時
キーボードの「半角/全角」キーを押して、「A」になってる時
   ↓
文字を入力しても、アンダーラインが付きません
   ↓
この時は、確定する必要がありません

「名前を付けて保存」の画面で、
ファイル名入力時に、既にアンダーラインが消えているのに(確定されているのに)Enterキーを押してしまうと、「OK」をクリックしたのと同じ意味になって、そのファイル名で保存されてしまうんですね。

なんか文章で書くとややこしいですね。

要は、
●文字入力時に、アンダーラインがついていたら、確定の意味のEnterキーが必要

●文字入力時に、アンダーラインが消えていたら、確定の意味のEnterキーいらない

ということですね。

Enterキー押さなあかんか、押さんでもいいのか、迷ったときは、文字の下のアンダーラインを見て決めましょう。


この記事いかがでしたか?
人気ブログランキングをクリックしていただくと、次の記事を書く意欲が湧きます。
よろしくお願いいたします。