日本政府の森林偽装

国立公園、国定公園での森林整備を禁止。沢周辺、急斜面での森林整備(林業)を控えることで、日本の生物多様性が守られ、土砂災害を90%減災できます。
国土破壊を続ける国営林業廃止を訴えています。
      「土砂災害から命だけは守れます。ご相談ください。090-2082-6618へ。」

ハナカズラが咲き始めました。2021年

平野虎丸です。ご訪問ありがとうございます。
ハナカズラ1ハナカズラ蕾9月21日、杉山を間伐したところのハナカズラを見に行ったところ、2本が咲いていました。きょうは5輪づつほど咲いていました。台風は1回でしたが、長雨と高温のせいか、枯れたものもありました。10月中旬までは楽しめます。
タンナトリカブトらしきものは10日ほど前は元気にしていたのですが、突然弱り始め、枯れてしまいました。蕾はきていたのですが、残念でした。
実ツチアケビ実ツルニンジン山を見ていると、いよいよ、今年も終わりに近づいてきたことを感じます。実や種、草紅葉が増えてきました。これから、リンドウやヤマラッキョウ、ナギナタコウジュが咲きます。

台風14号通過中 霧の中の「日本一花の森」と焼畑のソバ

平野虎丸です。ご訪問ありがとうございます。
先ほど福岡県に台風14号が上陸したそうですが、「日本一花の森」も大雨と強風の中にあります。挿し木のスギ山は強風に弱いので土砂崩れに要注意です。
霧の中のガゼボハガクレツリフネところで、相変わらず日本一花の森では雨が降り続いています。昨日は熊本で35℃ぐらいの晴天だったそうですが、花の森の気温は20℃でした。1日じゅう霧に包まれ、視界は50mか100mです。車も近づかないと灯がついていても見えません。駐車場から向かい側のガゼボは霧の中で全く見えませんでした。ミルクロードあたりからずっと霧が深かったそうです。花見に来られた方が言われていました。熊本市内がお天気だったので出かけて来られたようです。半袖では寒い日でした。
霧の中のソバ畑ソバ畑に行って見ましたが、ソバの白いガクと白い空と白い霧でまっ白な景色でした。花はまだ満開ではありませんでした。たくさんの実が穫れそうです。今のところ、10月10日にソバの収穫を予定しています。

サラシナショウマ バアソブ オオバショウマ ツリフネソウ3種も咲いています

平野虎丸です。ご訪問ありがとうございます。
花の森看板9月実-ベニバナ1先週の土曜日から雨が続いている花の森ですが、雨の日でも連日花見のお客様があります。お天気が悪くても今の時期にしか見られない野草を楽しんでおられます。
「楽しかった」、と喜んで帰られますから、うれしい限りです。

サラシナショウマアキノノゲシ秋の野草、サラシナショウマ、オオバショウマ、ツルニンジンに似ているバアソブも咲いています。ハナシノブやヒゴタイもまだ咲いています。ヒメジソやミズタマソウなど小さな花も数えると70種類は見られるようです。秋は豪華な花はありませんが、それぞれいっしょうけん命に自分を咲かせている秋の野草たちにぜひ、会いにお出かけください。今が一番花の種類が多い季節です。

レイジンソウ ツルニンジン咲き始めました

平野虎丸です。ご訪問ありがとうございます。
レイジンソウツルニンジン先日ソバの花を載せましたが、ソバは日本の山野にはなく中国原産です。白い花に見えますが、花弁はなくガクなのだそうです。現在、ソバ畑はまっ白になっています。
ところで、レイジンソウとツルニンジンが咲き始めました。
昨年より少し早いようです。ハナカズラとタンナトリカブトも蕾はきていますが、まだ、2週間はかかりそうです。



ゲンノショウコシオン現在山じゅうにゲンノショウコが咲き誇っています。
シオンの花はもう終わりです。

ソバの開花 1週間で竹が再び成長

平野虎丸です。ご訪問ありがとうございます。
ソバの花ソバ畑と竹ソバの花が咲き始めました。一分咲きぐらいでしょうか。先日1日大雨が降ったせいか、竹も再び成長してきたので本日、5名で竹伐りをしました。竹が成長するとソバに影を打って実りに影響するということで竹は徹底的に伐らなければならないとのことです。私は、もういいか、と思っていたのですが椎葉師匠のアドバイスです。本人も宮崎から出て来られました。
ツリフネソウ写真はツリフネソウですが、先輩としてソバたちを見守っているかのようです。

焼畑 ソバと竹の闘いに一段落

平野虎丸です。ご訪問ありがとうございます。
実-ツチアケビ昨日、ボランティアの皆さんと7名で一斉に焼畑の竹伐りを行い、一応ソバと竹の闘いに一区切りがつきました。しばらくは大丈夫らしいので一安心しています。
最近お天気が続いて花の森でも日の当たる場所は27℃まで上がって夏のようです。木のある山を歩くと秋のように涼しい風が吹いていますが。

マイズルテンナンショウ実ベニバナヤマシャクヤク実1秋になり、色々な野草の実も見られるようになりました。左写真はマイヅルテンナンショウ。右がベニバナヤマシャクヤクです。
上の写真はツチアケビ。
秋の野草の花は次々に咲き始め60種類以上が咲いています。雨は降りませんが皆元気です。







阿蘇の焼畑 ソバと竹の闘い 食料生産の難しさ

平野虎丸です。ご訪問ありがとうございます。
ソバと竹最近は雨の日ばかりでなく、晴れたり曇ったり、雨が降ったりのお天気で、仕事が進んでいます。
が、焼畑の現場は、ソバの芽が出て喜んでいたものの、雨が続いたために雨後の竹の子状態となり、思いもかけない困難な状況に立ち向かうことになりました。
焼畑準備の段階では、草刈機が使えましたが、ソバの芽が出たところではソバの芽を踏まないように竹の子を1本1本伐って行かなければなりません。食料となるソバを踏むことはできません。
電柵張り1電柵張り2ソバの種を撒いた後にはイノシシとシカ避けの電柵を張って、これで動物たちからソバを守れると思っていましたが、予想外の敵が潜んでいました。
雨が降ればソバにも竹にも恵みの雨です。このままほおっておけば竹林に戻ってしまうので、ソバを踏まないように竹を切り続けなければならないので腰が痛くなります。長時間は出来ない作業です。毎日コツコツと竹伐り作業を行っています。
サワヒヨドリ2キセワタ花の森の野草たちには恵みの雨となり、今は30種類以上咲いています。

阿蘇・秋の野草 大雨の中でも次々に咲く

平野虎丸です。ご訪問ありがとうございます。
ガゼボとナデシコ毎日激しい雨が続き仕事になりませんが、今日の夕方、少しだけ太陽を見ることが出来ました。昨日は雨の中夕焼けをしていました。最近の夕焼けはおかしなことばかりです。雨が続く前は、山全体がピンク色に夕焼けしていたこともありました。
ところで、宮崎県椎葉村の焼畑に参加する予定ですが、なかなか予定が立ちません。お天気が2日続いて当日晴天という3日天気がつづくときに実施される予定です。
もうすぐかと思います。




ツクシフウロシデシャジン1大雨の最中でも花の森では、20~30種類の野草が咲いていますが、先日からツクシフウロが電柵の中で咲き始めました。昨年はシカにたくさん食べられたので今年は電柵の中で増やそうと思っています。
右写真のシデシャジンは8月初めから咲いていますが、大雨の中でイノシシに荒らされてしまいました。ベニバナヤマシャクヤクもイノシシにひっくり返されました。
クサアジサイ1シラヤマギクイノシシにとってひと気のない大雨の毎日は楽しい日々だったようです。花の森はあちこち滅茶苦茶ですが。
8月は秋の野草が咲き始め、夏の野草と一緒になって数が増えてきます。


キツネノカミソリフシグロセンノウ1大雨の中ではなかなか花を見る機会は少ないかと思いますが、花の森ではたくさんの野草が花を咲かせて皆さんのおこしを待っています。
(毎日大雨の為、一部昨年撮影したものを使用しています)







阿蘇での焼畑 炎の祭典 写真で紹介

平野虎丸です。ご訪問ありがとうございます。
九州では連日の大雨で、すでに各地で災害が発生していますが、今後も18日まで大雨が降り続くとの予報が出ています。改めて、皆さんのご協力のおかげで焼畑を実施できたことに感謝しています。
供物参加者2ところで、平家の落人たちの焼畑は、追われて山奥に逃げ込んだため、そこで食べて生きていくために森を焼いて畑を作っていたものです。


参加者火入れ2我が家は16人家族で、近所の方がたの手伝いもあって一度に3000坪ほど焼いていました。





火入れ1火入れ4子供のころから焼畑に親しんできた私は、今でも普段に竹林を伐って焼いて花畑をつくるために利用しています。
火入れには慣れてはいますが、いつでも山火事の危険と隣り合わせで緊張します。

炎火入れ3今回は神事を行い、参加者や見学者のご協力によって、山火事を起こさずに成功させることが出来ました。
焼畑は軽い気持ちではできません。準備にひと月以上かかりました。

種まき1記念写真火が落ち着いたところで、水をまき、平家だいこんとソバの種を撒きました。
遠く福岡県からまで見学に来られていましたが、種まきと電柵張りが終了したのは午後3時を過ぎていたので記念撮影は最後まで残られた方々のみで行いました。
朝7時から花の森に来ていただいた作業班のみなさんありがとうございました。ご参加いただいたみなさんありがとうございました。
今回の写真は福岡県の高山慶太郎さんが撮影されたものを使わせて頂きました。

奇跡の焼畑 無事終了 天地・参加者の皆さんに感謝です

平野虎丸です。ご訪問ありがとうございます。
焼畑1 日本一花の森お天気の都合で急遽焼畑実施日を前倒しで行いましたが、写真のように晴天で、夕立ちもなく晴天のうちに種まき、電柵張りまで行うことが出来、大成功でした。
参加者は予定よりも半分ほどの40名でしたが、急な変更で普通の日にもかかわらず、ご参加くださいました皆さんに感謝でいっぱいです。
実施日の前日には夕立がありました。実施日翌日の朝は小雨が降りました。
7日はまあまあのお天気でしたが、予定日の8日は午後から激しい雨が降りました。5日を選んで正解でした。
8日(日)の参加を楽しみにされていた皆さんには申し訳けないことになりましたが、9日も激しい雨が降り、10日の午後にやっとお天気になりました。明日、11日からまた1週間ほど雨の予報です。
焼畑後、翌日から現場のようすを見に行っていますが、8日の午前中にはソバの芽が出ていました。
次回、写真で紹介いたします。

「日本政府の森林偽装」  平野虎丸著    発売中






Profile

rokuten1

過去の記事
月別アーカイブ
ブログ案内です
ありがとうございます
  • ライブドアブログ