平野虎丸です。ご訪問ありがとうござます。

カナダの自然保護団体が税務当局と手を組み、寂しい独り者のヘラジカたちを救おうという運動を進めている、というニュース記事がでています。
「野生動物たちが行き来できる野生の回廊をつくろう」という計画です。

カナダには生態系の多様性や環境保護を目的とした「エコロジカル・ギフトプログラム(Ecological Gifts Program」という制度があり、これに適合する土地の贈与は減税対象となるということですが、私たちも似たようなことをずっと考えてきました。

それは、スギやヒノキを植林しないで雑木山(植えない森)を保全している山主さんには山林の固定資産税を0にする、というものです。

今は、植林すると補助金がもらえるけれども、何もしなければ税金を取られるだけ、という状態ですから、「植えない森」は消えるばかりです。

そういうわけで、野生動物たちが棲む山もなくなる一方なのです。
国有林も植林、民有林も植林では、イノシシもサルも、シカも家なし状態で、植林地と農地をさまよい、農林業者に嫌われるばかりというわけです。

国が本当に野生動物保護を考えるのであれば、植林しない山主さんは無税どころか、維持費を出すようにしていけば、山主さんも潤い、動物たちも助かります。
高齢や山主が女性で林業も出来ないのに、植林を迫られて森林組合に仕事を頼んでも、山主さんには何のメリットもありません。
山主にお金は入らず、森林組合に入るだけです。

植林推進は、森林組合の仕事確保のためにあるようなものなのです。
水源涵養保安林や、熊本市が行っている「水源涵養林造成事業」もそうです。
公共事業予算獲得保証になっているだけで、本当に、水源涵養をしたいわけではないのです。

山に人が入れば汚します。
道がつくられます。
自然は破壊されます。
植林そのものも自然破壊です。

山村に暮らす高齢者たちの生活に潤いをもたらすためには、植林や林業推進ではなく、「植えない森推進補助事業」のほうがよほど役に立ちます。

何もしないことに税金を使えない、と役所はいうかも知れませんが、
生態系の多様性や環境保護を目的とした「エコロジカル・ギフトプログラム(Ecological Gifts Program」という制度を真似して、豊かな「植えない森推進」に協力する人たちには、補助金を出す、という制度をつくればいいでしょう。


高齢者に急傾斜地での林業を奨めることは、酷というものです。
現在の植林は、中山間地域に税金を落とすことが目的ですから、自然や山を壊す林業よりも、自然や山を壊さないで山村生活者がゆっくりと暮らせる「植えない森推進プロジェクト」のほうが、ずっと喜ばれるはずです。

私も高齢者ですから、それを希望します。
林業をせよ、と言われても体力的に出来ません。
山を植えない森にして野生動物たちの棲みかとし、山村の人々の生活も潤うならば、いいことばかりではないでしょうか。
農山村支援政策を変えていきましょう。


              .。o○o。.★.。o○o。.☆

ヘラジカ救って節税も、一石二鳥の取り組み カナダ

20140312 10:44 発信地:オタワ/カナダ  

312 AFP】カナダの自然保護団体が税務当局と手を組み、寂しい独り者のヘラジカたちを救おうという運動を進めている。

環境保護団体ネイチャー・コンサーバンシー・カナダ(Nature Conservancy of Canada)はカナダ東部のノバスコシア(Nova Scotia)州とニューブランズウィック(New Brunswick)州の州境沿いに、野生動物たちが行き来できる、いわば野生の回廊を作ろうと計画している。ニューブランズウィックのヘラジカが、個体数の激減が危惧されるノバスコシアのヘラジカたちと出会って繁殖する機会を作るのが狙いだ。

「ニューブランズウィックのヘラジカがノバスコシアに行けば遺伝子プールが増えノバスコシアでもヘラジカが存続できる」と、ネイチャー・コンサーバンシー・カナダのアンドルー・ホランド(Andrew Holland)氏はAFPに語った。

ニューブランズウィックに生息する健康なヘラジカは29000頭を超えるが、ノバスコシアのヘラジカは、寄生虫感染症の流行で約1000頭にまで減った。そこで2013年、その名も「ヘラジカ・セックス・プロジェクト」が立ち上げられた。
もっとも、オオヤマネコ、ボブキャット、カモ、クマ、シカなどの野生動物も計画中の「ヘラジカ回廊」を往来することになりそうだ。


これまでにネイチャー・コンサーバンシーは、寄贈や買い上げなどでシグネクト地狭(Chignecto Isthmus)の2060エーカー(約8.3平方キロメートル)以上の土地を確保した。ここに
は沼地や湖、湿原が含まれている
。回廊の完成を目指して同団体は、さらに
1730エーカー(約7平方キロ)の土地の確保を目指している。

カナダには生態系の多様性や環境保護を目的とした「エコロジカル・ギフトプログラム(Ecological Gifts Program」という制度があり、これに適合する土地の贈与は減税対象となる。

この制度の下、これまでにカナダ各地で計1054件、63500万カナダドル(約590億円)相当の土地寄贈があり、野生動物の生息地15万ヘクタールの保護につながった。(c)AFP