平野虎丸です。ご訪問ありがとうございます。

広島の土砂災害では8月23日、死者42名・行方不明者43名とされていますが、和歌山・奈良の災害と同じぐらいの大きな災害になってしまいました。
山間部と違って住宅密集地であったことが災いしています。

土砂災害現場には土曜日、多くのボランティアが参集しているというニュースを見ましたが、土石流災害が起こって、多くの住宅が全半壊したり、人の命が奪われた後では、遅過ぎるのではないでしょうか。

私はこの30年間土砂災害を予見するがゆえに、自然の大切さや植林の危険性を行政にも、マスコミにも、ブログで一般の方がたにも訴えてきました。

マスコミは、誰かのせいにすることを控えるためか、自然災害で終わらせようとしますが、これでは、今後助かる命も助かりません。
私は、一人でも多くの皆さんを助けたいと思っています。
いくら早めの避難をしても、大切な家が全半壊してはおしまいです。

家と自分の命を自分で守るために、早めに自分が住んでいる場所の土砂災害の危険性を知ることは大切です。
役所が渓流危険地域に指定していなくても、危ない場所もありますから、ご心配な方はぜひ、ご相談ください。

新聞では、「全国的に土砂災害の危険」があると書いています。

私もそう思っていますが、災害から免れる方法は必ずあります。

私は熊本県の山奥で育ち、20代では原生林伐採の仕事を行い、近年は補助金で行われる植林・下刈り事業も体験しました。
山とは70年の付き合いです。

いまどき、わたしのように山と林業の変遷を詳しく知る人間は滅多にいないと自負しています。
土砂災害の専門家と言われる人たちは林業のことを知らず、植物のことも知らず、昔の原生林のことも知らないようです。
山のことを詳しく知らない人たちに自分の大切な命を家を預けることは危険です。
命と同じように家も大切です。

詳しいことは電話でお尋ねください。
090−2082−6618です。