6448COFFEE+ESSENCE

六曜社珈琲店-セカンドライン-

マスターという境地に終わりはありませんが、このコロナ禍という現実を目の当たりにして、顧みれた数々のモノコトはある意味私の中で今後更なる確信を生んでいきそうな尊い経験になる事は間違いないのだと思います。

立場を求める訳ではありませんが、ドシッと構える足場は自分自身で作り出していかなければなりません。

最近は様々な方々とお話しする機会もあり、また価値観を共有し切磋琢磨する場があったりと充実した日々を過ごせているのは確かです。

何が出来る人間かは分かりませんが、何かしようと思う事は出来ます。
それらにどう足を踏み入れ、そして踏み込むその一歩一歩が積み重なって見える景色は何ものにも代え難い財産になるのだと思います。

最強とか最高とかそんな位を求めるんじゃなく、自分らしく生きるという“らしさ”を追い求められたらなと思う今日この頃なのでした。

1635886005334

1636759062707


10月の下旬、京都は一足早く飲食店や様々な施設・会場への制限や要請を解除し、緩和へと向かいました。
11月に入れば全国的にも動向は緩み始め、人々は不自由から自由を取り戻したかのように、警戒は必要あれど、鳥籠から解き放たれ自由を空へと羽ばたかせるように、自らの足で思い思いの感情の中、何処かへと向かう喜びを感じているように思いました。

振り返れば約二年、私達は本当にコロナウィルスに振り回されてきたのだと思います。
そして、今回は少しばかり変化のある波の傾向に、まだまだ気は緩めきれずも、小さな感染状況の数値には安堵している方々も多い事でしょう。
そして、この二年間で抱いた顧みるという足跡を経験という財産にして次への時代、月日へと結び付けていくのだと思います。

また財産と言えど、経済の影響や資本力といった財政面では、区切りを付けた経営陣も少なくないのが事実。
そして、意欲や活力という姿勢を行動に移せずその道のりを絶たれてしまった人達も存在するのが今の現状です。

給付金や補助金等、対策や政策における実行がスムーズに成されていればという観点も無くはないですが、それでも振り返ってみれば、予期せぬ事態に様々な援助を、国や地方自治体は掲げてくれていたのかもしれません。
こんな事が起きなければと悔やみ切れない現実も、起きなかった今はもう戻りません。
それならば、こんな事が起きたからこその今を取り返していくしかないのです。

計り知れないほどの影響を受けたこの喫茶飲食のセカイ、これから続く未来は何処に向かうのか?なんて思いつつも、先日京都の夜の街を歩いてみるだけで、希望を抱いたのも事実です。
様々な価値観が生まれ、また変化したこの二年間でも、何よりも人々はまだ以前や従来といった日常を求めているんだな、と。

それでも世間の足並みは携わる場所や過ごす価値観によって未だ揃っている訳ではありません。
我慢を解消する人、まだ我慢をする人、ワクチン接種への行動や抵抗。
街を歩くたくさんの人を眺めて見ても、その人混みの中の一人一人に目を向けて見れば、この光景への感情はそれぞれ様々な事でしょう。

だけど森を見て木を見ず、木を見て森を見ずではありませんが、森の景色は変わってきているのだと思います。

晴れだした世の中に、兆しが見えた光に向かうごとく、老若男女様々な人々の笑顔が未だマスク越しの表情から笑顔を覗かせます。
そして何より国民性におけるこのマスク着用や、手洗いうがいといった生活習慣こそが、医療機関の奮闘やワクチン接種の動向と共に今の日本のコロナウィルス感染拡大防止の大きな歯止めを作り上げているのではないでしょうか。

12月、京都はさらに活気を取り戻しているように感じます。
それと同時に皆様の瞳の奥の輝きも変わってきているように見受けます。

しかしながら国や地方自治体、そして医療関係の方々はそれを野放しにしている訳ではありません。
社会や経済といった止め続けてはいけないモノコトを動かしながら、見守りながら、第6波は来るものと想定して、準備や体制を整えているそうです。
今はそれぞれ国民の気持ちに寄り添い、閉ざされた壁があった扉を開け、通りたい人が通れる道を作り出してもらっているのだと思います。
何よりも重要なのはこの局面に置いても収束や終息へ向かうことなのだと思います。

もう一昔前と感じるような明けない夜はない毎日の繰り返しに、また朝が来た、今日も悲しい苦しい一日が始まるのかという感情を抱いた飲食店の皆様も多いと思います。
それでも広がる空席の店内に一組やお一人のお客様が来店して頂いてるだけで、私達の価値を見出し、この先の未来へ向かい続けた人がほとんどだと思います。

来年に向けて、これがコロナウィルスと向き合う最終局面になってほしい。
そして現状の2類からインフルエンザのような5類感染症と位置付く認識に分類されるよう願いたい。

今まで閉ざされていた夜への扉も開きだしました。
これで全ての時間がまた動き出したのだと思います。

繰り返していたのではなく積み重ねていた今までの我慢や辛抱、そしてそれぞれの理解や努力の痕跡が今日に結び付いているのならば、これからも今を大事にして、さらに将来を大切にしていける未来を皆様と共に作り上げていきたいものです。

まずは国民の中で、国内の中で、それぞれの地方の町や街に人の波が向かえばと強く思いますし、この二年間があったからこそ感じる日常という中で拾い集める事の出来る身近な幸せの数々を噛み締め握りしめていける明日へと繋いでいけたらなと思います。

京都の商いにまた「おこしやす」から「おおきに」に繋げる“おもてなし”が広がる事を願って。

そして皆さんの素顔から伺える笑顔に出会える日に向かって。

10月27(水)~11月2日(火)の1週間、大丸京都店1階にて『COFFEE TIME WITH VAUGHAN』のイベントブースが設営されていました♪

さらには10月30日(土)のみ、ヴォーン氏がコーヒーを振る舞いに訪問され、同日は私も屋上にてコーヒーを振る舞いに出店していたので、階は違えど同じ会場でのコラボレーションで、ハンカチや雑貨と同様に皆様をお出迎えする事も出来ました。

1636688281533


「KOFFEE MAMEYA」さんと「六曜社」のラインナップで始動した“COFFEE TIME WITH VAUGHAN”
今年の春前から順次全国へとブースを廻られ、この展開を支えて下さった『川辺株式会社』さん。
タイミング的にもコロナで地方を跨ぐことも厳しくなった皆様には、雑貨類を通してお店とお客様を繋げて頂いたようにも思います。

そんな1年が過ぎていく今日この頃、世の中には少し兆しが見え始め、一筋の光が世間を晴れやかに照らしてきてくれているようにも感じます。

これからも継続のラインナップも、来期は新展開へとバリエーションを増やし、これからさらにコーヒーや喫茶にカフェの文化をより身近にグッと引き寄せて頂けると共に、それら場とも結び付けてくれるヴォーン氏の発想は、私達にとっても感謝と魅力でいっぱいの活動であり、何よりも日常に寄り添うヒトコマで活躍するアイテムが、コーヒーやそれを介する場所と共通している事も何よりも魅力です!

まだまだ警戒は必要ですが、来年さらに人々の足がいろんな場所へと向き出せるならば、“COFFEE TIME WITH VAUGHAN”のアイテムを片手にウチへの時間に飛び込んで来て頂くほど嬉しいことはありません。

そして今回はヴォーン氏との久々の再会と共に、これからそんな光景が広がっていくならば私達にとってはまさにキュンな瞬間なのです。

1636688474695


★COFFEE TIME WITH VAUGHAN ホームページ↓
https://www.coffee-twv.com/

★COFFEETIMEWITHVAUGHAN情報Instagram↓
https://www.instagram.com/coffee_twv/?hl=ja

1637549266006

勝ち負けを競ってきた訳ではありませんが、11月21日(日)に今月もお店を少し離れ、梅田の“阪神百貨店 食彩テラス”にて催されていた『純喫茶ハンシン』のスペシャルイベントとなるトークショーに参加して参りました。

多くの喫茶店ファンから愛され、また多くの喫茶店主も信頼を持って数々のお店を紹介して下さっている「難波 里奈」さんの企画として、難波さん進行のもと“アラビアコーヒー 高坂さん”と“喫茶サンシャイン橋崎さん”と私との4名で、このコロナ禍を生き抜いた価値観と共に、これまでとこれからについてを中心に対談を行って参りました。

恵まれた環境や、自らの開拓を持って、今まで京都のコーヒー屋さんとの横の繋がりはあり、いろいろな意見交換や価値観を共有してきたつもりではありますが、このように地方を跨いで、ある意味環境の違う方々との喫茶店同士の対話はもしかしたら初めてだったかもしれないので、とても貴重な時間と経験を持たせて頂けました。

それぞれの文化や特色、置かれた場所により違う時間軸やお客様の人間模様の中、それでも喫茶店同士通ずるものがあるというモノコトは共感も多く、それでも背景が違う事で視点も違うなという印象でした。

Fotor_163754938969974


11月17日(水)から5日間開催された会場も、関西中心の純喫茶が一堂に会し、その会場に広がるお客様の笑顔や時間は一つの特別な喫茶店になっていたのではないかと感じるほど素敵なイベントでした。

歩みを止めてはいけない訳ではないけれど、歩みを止めることの出来ない年月を重ねた喫茶店の存在意義や価値をこれからも追い求め、お客様の時間に寄り添う1ページ1ページをこれからもめくり続け、記録じゃない記憶に残る思い出を記していきたいなと思った時間でした。

この場をお借りしまして、会場にお越し頂きましたお客様方、そして阪神百貨店様、そしてご一緒しました3名に厚くお礼を申し上げます。

本当にありがとうございました。

1637549511917


★阪神百貨店 食彩テラス
・Instagram
https://instagram.com/hanshin_1ffoodevent/
・トークイベントアーカイブ
https://www.instagram.com/tv/CWhucK6FFWu/?utm_source=ig_web_copy_link

★純喫茶コレクション(難波里奈さん)
・Twitter
https://mobile.twitter.com/retrokissa?lang=ja
・Instagram
https://www.instagram.com/retrokissa2017/
☆純喫茶ジャーニーHP
https://junkissa-journey.com/

ドーナツフェスインスタ用


11月12日(金)より新宿武蔵野館にて上映スタートの『Donut King』
全国ロードショーも決まっており、京都では昨日11月19日(金)より京都シネマにて公開となっております。

そんな盛り上がりを見せている『Donut King』では、武蔵野館限定で“Donut Festival”が開催されております。

先週の土日と今週(本日から)土日の各2日間、セレクトされたドーナツ店の名物ドーナツと、様々なグッズやアイテムが揃い、この公開に合わせてオリジナルにブレンドした「6448 COFFEE + ESSENSE」の焙煎豆もラインナップで並んでいるのです!

fixドーナツフェスPOP


コーヒー豆に関しては、上映期間中の販売を予定しております。
大変ご好評も頂いてるようで、是非この機会にドーナツキングな気分と共に持ち帰ってもらえたら嬉しく思います♪

★株式会社ツインTwitter(詳細)↓
https://mobile.twitter.com/movietwin2

★株式会社ツインInstagram(詳細)↓
https://www.instagram.com/twinmovie2/?hl=ja

image001

このページのトップヘ