6448COFFEE+ESSENCE

六曜社珈琲店-セカンドライン-

★開催期間:2021.10.27wed ー11.2tue
メインイベント:10.30sat・31sun

☆大丸京都店・四条烏丸周辺店舗
※各店舗・会場の開催日時は、それぞれの項目でご確認くださ
い。

大茶会一般用素材1


★お茶時間に色どりを添えて

大丸京都店をメイン会場に近隣のお店も加わって、今年も恒例のお茶の祭典を開催!
今回はお茶と組み合わせることでさらに豊かな時間をもたらしてくれる、 お花や美味しいお茶請け、テーブルウエアなどの“色どり”にスポットをあて、お茶の味や香りだけでなく、 その時間も空間もまるごと楽しむKARASUMA大茶会流のお茶時間をご提案します。


☆今回当店は10/30(土)のみの参加となりますが『6448 COFFEE + ESSENCE』として私 奥野 薫平が六曜社を飛び出し1日限定でこの日だけの特別なコーヒーを淹れに行かせて頂くと共に、珈琲豆の販売も行わせて頂きます。

とても面白い味わいの豆を見つけましたので、ご興味ある方は是非足を運んで下さると嬉しく思います。

また同日1階フロアでは、六曜社とのコラボレーション商品を製作販売して頂いてる『COFFEE TIME WITH VAUGHAN』の商品も並び、さらにはヴォーン氏もコーヒーの提供に駆けつけるという、これまたひそかなダブルコラボレーションをしております(笑)

少しずつ不自由から開放されつつ世の中に、これまた少しの楽しみを提供出来れば幸いです。

どうぞ宜しくお願いいたします。

詳細↓
https://www.daimaru.co.jp/kyoto/contents/daichakai_vol5/

10月に入り、朝晩は涼しく、そしてまた日の出日の入りの時間も変わり始め、日中は夏のような暑さと季節の移り変わりなのかなんなのかよ~分からん時期を過ごしている今日この頃です。

とにもかくにも世の中や、そして日本はコロナウィルスからなる制限の緩和に向けての視野に比重が傾いてきました。

1633671335854


通勤途中に自転車を走らせ、焙煎に向かう町並みには修学旅行生だろう学生達がマスク越しの笑顔を覗かせ楽しい表情を見せています。
そして帰宅途中の街並み、いや鴨川には路上飲みを楽しむ若者の姿。
加えて高揚した気分と身を持ち帰りながら家路を辿る人達の姿も伺えます。

社会人は別として、そんな若い世代の人達の姿をみると「確かにそりゃそうなるよな」という共感というか同情に似た感情は抱かないでもないですが、そこら辺にはやはり若い世代の人達の配慮も今後さらに必要とされ、それが無いと理解しあえる世代構想は生まれないのかもしれません。

しかしながら、学生という諸君に、または時間に焦点を当てれば、やり直しがきく事の多い社会生活と違い、学生生活というのは期限というか限りがあり、やり直す期間、取り戻す時間というのも限られているのが現実で、そこで過ごす日常には奪われてはいけないものもあるように感じます。

この二年間で、修学旅行や入学や卒業式、そして季節に欠かせない思い出となる催しや式典が削られた学生や新社会人の方々に目を向ければ、感情移入せずにはいられないし、今後の緩和に向けても、将来のタメに特に学生達への経験の配慮は施してほしいと個人的には強く思っています。

その他にも、やはり奪われるべきでないモノコトはたくさん存在するとは思いますし、それらを含めバランスを取っていくのは非常に難しい事態だとは思いますので、今回はそういったモノコトに向けるワクチンパスポートや感染に関する検査証明などの政策や対策などへの持論はひとまず置いといて(というかそんな立場でもない…)世間の風景を眺めながら感じたモノコトを記せたらと思います。


現状コロナウィルスの勢力が弱まり始め感染力を失ってきているのか、第六波への懸念が今も拭えないのかは時が過ぎていかないと分かりません。
季節的なものもあるだろうし、ワクチン接種の広がりもまた同時に判断材料になっていくのは確かだと思いますが、変異種にも視野を向けないといけないし、私達飲食店には未だ取り返せなくても、取り戻せぬ状況が続いています。

学生のように限られた時間ではなく、今後この非常事態において、どのようにこれまでや今までを取り戻していけるのかという無期限な将来構想ではありますが、本来の姿ではないこの状況に憤りを感じながら我慢をして、今を懸命に進んでいる人がほとんどなのだと思います。

守るべきものを守り歩んでいる人、また試行錯誤して発展を遂げながら進んでいる人も様々な飲食店。

さらには見切りや区切りを付けた人…など選択肢は様々ですが、一生懸命な方々がほとんどなのだと思います。

そして本来や将来像を保つには「こんなことではなかった」「こんなはずではなかった」という予想も付かない現実を目の当たりにして、光を見出す事に必死な人達は生活においても計り知れない数なのでしょう。

商いとして社会に属している以上、今後は資本主義なる“資金”について安泰という重きはより変わっていくのでしょう。
でも国民として民主主義における一人の人間の“価値”とは相反してきて、貧困の差に加えて、今後は価値観の差がより明白になり、国民一人一人の生活スタイルもがらりと認識の違いや格差や差別が生まれそうで怖いです…。

入り乱れたり、混合していきそうなこれからの世の中で、一人一人の価値や価値観が共有や共存していくタメには今後本当にどのように一人一人が“今”や“先”に希望を持つかが大切だと思うし、時事的に言えばワクチン論争含め、政治の在り方や有り様についても、今まさに選挙によるターニングポイントとなる投票さえ重要でもあります。

何よりも業種問わず様々な枠組みで若い世代の方々が真剣に何を志すかが求められる世の中になっているし、その若い世代に向けて、後世を残す世代もまた何をしていくかが非常に大事な局面なのだと感じています。

私個人的には今の状況に置かれて『財産』というものにはやはり資金力という価値がある事は拭えないけど、稼ぐ事以上の人生という価値が存在するなと強く思ったし、その天秤をかけられた時にやはり“経験”というものはかけがえのない、何ものにも代え難いプライスレスな価値観として、目指したいものに向かい諦めず続ける中で出していく選択肢を、その人にしか得る事の出来ない素晴らしい資本なんだと思うし、はたまた体が資本の中それを培う月日や時間が一番重みがあり、それらで傾ける力を養っていく世の中が広がれば嬉しいなぁなんて思うのでした。

攻撃の対象の話しではなく、何に矢の先を向け狙いを定める事が出来るのか、何の矢に射止められ胸を熱くする事が出来るのか、そういった橋渡しにしっかりと矛先を向けていろんな人が理解しあい、幸せを分かち合うことの出来る時代に向かっていってほしいです。

a410bede3203b487f1b14f4342b5dcf40c447638-thumb-842x595-168897


東急ハンズ京都店さん3F「COFFEE HOUR」での“6448COFFEE+ESSENCE”焙煎豆の販売情報です。

緊急事態宣言も解除され、まだ完全な緩和ではありませんが、大型施設や商業施設も普段のカタチを取り戻しつつあるようです。

東京ハンズさんからも久々のご注文を頂きまして、またCOFFEE HOURコーナーにコーヒーのいろんなモノコトが集まるようで嬉しく思います。

★今回の焙煎豆(今週中には納品予定)

「キマンジャロ ルカニ アラビカ」(深煎り)

☆印象
重厚感のある味わいと共にキレのある苦味は印象的でいてスッキリとした余韻を楽しめます

営業状況含め、コーヒー豆にも数に限りがございます。
詳細や在庫状況など気になる方は直接東急ハンズさんにてお問い合わせ下さい。

HP:https://kyoto.tokyu-hands.co.jp/
TEL:(075)254-3109

どうぞ宜しくお願いします。

ハタチ(20歳)の記念からずっとお世話になっている「MORIKAGE SHIRT」さん。

この秋に久しぶりのイベントを開催されます。

2021_coffee6a-600x600


★モリカゲシャツの飲めないカフェの日

☆モリカゲシャツ東京レセプション(13:00~18:00)
・ 第1回2021年10/8日(金)~10日(日)・15日(金)~17日(日)

☆モリカゲシャツ京都本店(11:00~18:00)
・2021年10/8(金)~随時案内

当店からは↓
・六曜社珈琲店オリジナルブレンド
・6448 COFFEE + ESSENCE 期間限定焙煎豆
を予定しております。

その他、たくさんの喫茶やカフェのコーヒー豆が集います。
詳細はモリカゲシャツさんのホームページなどごを確認頂き、ご興味ある方は是非足を運んでみて下さい♪

http://mrkgs.com/

僕達には馴染みの呼び方として拭えない“ジャスコ”

現 イオン東山二条店が本日閉店(休業)します。
AEONグループ最古の場所として53年の歴史に一旦幕を閉じるみたいです。

1632961916592


実家や今の自分の住まいにも近いこのスーパーは、食品を中心に必需品をずっと買いに行っていた生活の一部。

子供の頃は上のマンションにも友達がたくさん住んでいて遊びに行く家もあったりと思い出の多い場所でした。

なんと言っても『志な乃』は同級生の友達のおっちゃんおばちゃん(ご両親)がずっと営んでいるおそば屋さん。
ここには高校生とか大人になっても、小中と同じチームで野球をやっていた友達のお店だったので、時々ではありながら近況報告とか顔を出しにとずっと通っていました。

そしてやっぱり優しさや美味しさが詰まっているんです♪

幸い近くの場所に移転も決まっていて安堵していたけど、やっぱりジャスコを含め“あの場所”の時間や空間はもう戻ってこないので、昨日足を運んでみて思い出が蘇り、何やかんやで思いふけってしまいました。

老朽化として取り壊される建物やAEON自体も、2024年には再度商業施設として戻ってくるみたいなので、ここら辺の地域は再開発も成功していると思うので、今から待ち遠しく楽しみにしたいと思います。

1632962108782


とは言っても、妻も「何処買い物行こ~」と嘆いていますし、スーパー難民は増えそうですが、何やかんやでずっとジャスコでサラダ油と小麦粉を大量に買い続けていた(ドーナツの材料)あのおばさんはいったい何者だったのかと噂されていただろう母親の行く末が一番気になるものです(笑)

このページのトップヘ