6448COFFEE+ESSENCE

六曜社珈琲店-セカンドライン-

2022年01月

明日、京都の南会館でも上映が決定している『The Donut King』

全国にて順次上映も続き反響のある映画となっているようです。

今回南会館の上映時には、新宿武蔵野館でも限定販売していた“オリジナルブレンド”が店頭に並びます。

販売は1/25(月)以降開始になると思いますので、ご興味ある方は情報のチェック宜しくお願いします。

☆京都南会館
HP→https://kyoto-minamikaikan.jp/
TEL→075-661-3993

20220121_071928

年末から今年に入っても雪の日が多い季節となっていますが、やはり降るのが珍しい京都では、舞い降りる雪にテンションは上がり、積もる雪には童心に返ってしまうものです♪

20220115_063238


今年の冬はそんな日が何だか多く訪れつつも、イコールやっぱ寒すぎる…。

実は昨年にいろいろ予定されていたモノコトが、コロナ禍の緊急事態宣言等で延期となったりで、この1月にまさかの『奥野薫平 2WEAKS』な感じで重なって実現してしまいました(笑)

Fotor_164116469857748


★α.STATION/FM KYOTO89.4(ラジオ)
・ナガオカケンメイ LONG LIFE DESIGN RADIO
(毎週日曜日18:00~19:00/ON AIR )
☆1月16日&23日の回にて放送。
※収録延期になっていたものが12月に実現出来公開です。

・D&DEPARTMENTホームページより↓
https://www.d-department.com/item/LONGLIFEDESIGNRADIO.html

1641528913006


★NHK総合(テレビ)
・京コトはじめ
(毎週金曜日14:05~14:50全国放送)
☆1月28日/京都のカフェ・喫茶文化の回にて放送。
※12月17日に生放送予定のものが国会中継により収録として延期になっていました。

・NHKホームページより↓
https://www-nhk-jp.cdn.ampproject.org/v/s/www.nhk.jp/p/ts/4776M3X5N5/?amp_js_v=a6&_gsa=1&usqp=mq331AQKKAFQArABIIACAw%3D%3D#aoh=16415298880584&referrer=https%3A%2F%2Fwww.google.com&_tf=%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B9%3A%20%251%24s&share=https%3A%2F%2Fwww.nhk.jp%2Fp%2Fts%2F4776M3X5N5%2F

image_50421249


また、京コトはじめ内で、客層(若者の街へ)の変化により対応した事の質問に対して、どうしても伝えたかった内容を抜かしてしまっていまして…。
このブログで何とかの限定的にお伝えしたいと思います。

~補足~

「地域に根ざすという意味ではどなたでも歓迎……」
コメント後↓

『喫茶店には店主の定めた信念や規律があって、時流に迎合するアンテナは張るべきでも、質を変えることはしたくないというのが受け継いだ視点』

という内容をお伝えするつもりだったのですが、完全に飛んでしまっていました…。
情けなくも、さらにまた精進精進です。

※また発言内の中国の満州という表現は“中国大陸”を示す意味である事も補足させてもらいます。

以上、お恥ずかしながらではございますがご興味ある方は是非ご覧下さいませ。

20220105_082655


年越しを待つあの特別感。
年を明けて感じるこの壮快感。

初日の出でを迎えて陽が差す事で更に何かを洗い流されたかのようにスッキリと気持ちが晴れやかになる感覚。

正月の朝は何だか清々しく、今年1年に向けての活力が湧いてくるようで不思議です。

また、去年の出来事を忘れるわけでは無いけれど、しっかりと整理し、この先を歩んでいく切り替えが出来るように感じるのも元旦の醍醐味のように感じます。

毎日の繰り返しのような日々は同じではなく、もっと言えば本当は時間さえ流れていない作られた月日の中で物差しを図る私達にとって“切り替え”や“リセット”といった作業が必要なんだなとこんな時に感じるのです。

それでもあくまで積み重ね。

忘れてはいけないモノコトがあり、背負ったり抱えていくものを増やしていくから“経験”や“責任”が生まれる。

そんな事を再確認しながら、毎日を日々新たに、そして改めて認識しながら月日を過ごす事が出来れば、それほどに充実していく時間は無いんじゃないかなぁといつも思います。

1日1日を大事にしていくこと。
一瞬一瞬を大切に想えること。

それらを思い詰めるのではなく、忘れないように過ごしていく距離感が何よりも重要なのかなぁとやはり思うのです…。

謹んで新春をお祝い申し上げます。

本年も何卒宜しくお願いします。

新年のご挨拶から早々無礼者な発言ですが、年末からを含めオミクロン…オミクロン…の不安がつきまとっています…。

それでも、この事態や状況と向き合ってきた皆様や日本はこの行く末に兆しを作っていくことでしょう。
後は海外の人達の動向次第かと…。
というより何よりもコロナウィルスさん自体かと…。

とにもかくにも晴れやかに、そして元気に、しっかりと受け止めながら今年も日々歩んで行きたいものです。

皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げると共に、変わらぬご指導ご鞭撻の程宜しくお願いします。

六曜社/6448 COFFEE + ESSENCE
奥野 薫平

Fotor_164064284373762

このページのトップヘ