先日は河原町繁栄会という組合の総会に出席してきました。

コロナ禍もあり、順延して、そして感染防止対策もほどこしての9月の開催。

場所は「THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC」

そう、元立誠小学校跡に出来たホテル&商業施設です。


繁栄会の皆様はほとんどが元立誠小生。

この地で育ち、この街の変化をずっと見守ってきた人。

思い出の地が姿を変えてお目見えし、足を踏み入れ内覧させて頂いた時の会話や反応を見て感慨深く感じました。

新たな場所は、過去へのリスペクトや跡形としてのカタチも残してくれていたのです。

当時は3階ほどの高さの校舎。
そして小学生という背の高さの視野と視界。

月日が経ち8階の高さへと背伸びした元小学校は、歳を重ね大人の身長へと背を伸ばした組合員の皆様と共に成長を遂げ、河原町という街のど真ん中で東山の景色を一望出来る場所へと変貌も遂げられました。

皆様同様視界を広げ、見渡すセカイを変えて下さったこの施設の想いに“かわらずかわる”の意味を改めて強く根付かせてもらえた気がします。

Fotor_15996907513187


TRAVELING COFFEEや立誠図書館も復活すれば、BLUEBOTTLE COFFEEなどの新たな店舗も加わり、さらなる進化を遂げた元立誠小学校。

これからもここは文化を残し、また新たに作り続けていってくれる場所なんだと実感しました。