1612558642212


昨年新型コロナウィルスの流行が伺えた時期から約1年が経ち、現在当初の予定ならば二度目の緊急事態宣言解除目前の日。
日本は先日宣言期間延長と判断を下されました。

いろいろな問題を指摘されるトップではありますが、いろんな意見を真摯に受け止めながら、改良と共に改善も目論んで、首相後任や交代という変化の状況から何とか国民への理解を深めようとしている政治を、このコロナ対策においては僕個人としては発言力や発信方法には疑問は唱えつつも、何とか良くしようという姿勢は見えているのではないかと感じ、反発というよりかは、僕たちも気持ちを一つにしていかないといけないという最終局面を迎え、収束に向けて意識を高めないとだめなのだなと実感しております。

飲食店として閉店時間には協力をし、20時以降家路を急ぐ人達の波、そしてそれを過ぎた街並みの閑散とした光景は、普段お店の中から眺めている景色とは違い、普段行き来しない時間に外に出ることでしか感じることの出来ない風景で何だか新鮮だったりもするのです。
そしてそんな外から主役のいない店内を見て、明日への希望を少しでも膨らませていく日常に店内というハコの中を尊く思う日々も続いています。

そして僕個人としてはやりがいという部分は欠けている中で、自分や家族との時間が増え、これもまた良い生活だなと心のゆとりを得ていることは確かで、不自由や不安が多い日々に変わりはありませんが、視線を変えればやはりこの状況下でも現状良いこともあるのだと感じていますし、後は先行きが不透明なこの毎日の中で、未来や希望に向かう準備をしっかり整えていくこともまたこの時間を有効活用する手段ではないのでしょうか。

いつまた以前の日常が戻ってくるのかは分かりません。
でもまたこの経験を経ても気兼ねなく過ごせる日々が戻ってくるような気もしています。
だから当たり前と感じる時には気づけなかった普段通りという価値を再認識し、その遠のくことで感じたそれぞれの幸せを再確認して、またそんな日々の毎日の繰り返しを過ごせるように、ここからの早期解決に向けては正念場の今を国民が少しでも一つとなって、ズルズルとまた長引いたり繰り返したりしないよう、何とか後一ヶ月の本来ではない生活や社会を受け止めていけたら終息にも向かうのだと信じたいです。

1612562695745