1629062947060


ここ数日の大雨は、やはりこの所の風災や水災など、京都も“怖さ”を感じる季節が毎年のように訪れているなぁと実感と体感を得ました。

鰻の寝床と表現される京都は建物も低く、何だか風災には特に安全なのかなぁと生まれ育って感じていた事ですが、ここ数年の環境の変化は災害に対しても様々に影響しているなぁ…と。

大きく被害の出ている地域には毎回心配することしか出来ないのですが、住みゆく中で、自分達にももしもの事ががあった時の“そなえ”は本当に準備しておかないといけなさそうですね…。

1629005825031