1636504008494


先日行われた『KARASUMA大茶会』

時短営業も緩和され、さらにはそれでも感染の波の変化も下り坂のまま、トキは人々を外へと連れ出して行くかのように過ごしやすい季節や気候にも恵まれていき、開催の日を迎える事が出来ました。

私は10/30(土)のみの出店となりましたが、久々足を運ぶイベントだった事、そして久々の再会の出店者仲間や、コーヒーやイベント好きな方々との触れ合いに、やはり心躍るヒトトキへの感情が嬉しさや楽しさを抱かせくれました。

まだまだ警戒は必要です。
まだまだ日常が戻った訳ではありません。

だけど、皆「こんな日が続けばな」「また楽しんでいっていいのかな」と思わせるような会場の雰囲気や、晴天の空の下、都会の屋上にて広がる光景は何よりも、感染対策の壁はあれど、日常を取り戻したかのような和やかな時間が過ぎていたように思います。

まだまだ冬に向かえばコロナの状況が何処へ向かうかは分かりませんが、少しでも波を小さくしていく意識は継続しつつも“今楽しめる事には向き合っていいのかな”といった僕達を含めこれまでの皆さんの我慢や辛抱の時間も感じれた一日となりました。

どうかこのまま、何とかこのまま、いろんな人達の素顔から見える笑顔を覗けるように月日が回復に向かう事を願っております。

IMG_4948