先日の5/27(金)、書面総会が続いていた昨今の3年ぶりとなる会場での第56期喫茶飲食生活衛生同業組合通常総会が開催され出席をして参りました。

総会は滞りなく進み、様々な物事が可決・承認され閉幕。

無事に懇親会にコマを進め、賛助商社会様やコーヒー商工組合様など様々な企業様との再会や親睦もまた飲食業界の一致団結を思わせるような素晴らしい会になったように感じています。

理事長も、久々の開催に組合の存続に対する想いや次世代に託していく熱い気持ちを述べられ、私自身も背筋が伸びる思いでしたし、喫茶マドラグの山崎氏や、cafeさらさの尾崎氏の理事加入は、企業様や組合員様、そして今後加入されるかもしれない京都の喫茶や飲食店さんに対するメリットを感じて頂けていると思いますし、何より苦境に立たされた喫茶飲食が益々一丸となって京都や全国を盛り上げる先駆者として、この組合が位置付いていけるような期待感さえ抱きました。

これからこの「喫茶組合」は本当に皆様のタメに、そして面白い存在になっていく事を予感した魅力的な会になったと存じています。

どうぞこれからも動向に注目して頂き、我こそは一緒にという店舗様がいらっしゃいましたら、是非手を挙げて頂ければ嬉しく思っております。

この場をお借りしまして、今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

20220531_141007