6448COFFEE+ESSENCE

六曜社珈琲店-セカンドライン-

カテゴリ: 報告

1630451819748


台湾での専用サイトとなりますが、今年の5月からお世話になっている『OKiNi 器.物.書』さんでの「マイルドブレンド」の販売ですが、大変ご好評頂いているようで、順次追加で販売を継続しております。

なんとドリップパックになっていて、当店のコンセプトでは行わないスタイルですが、台湾の方の生活に寄り添えているのなら光栄でございます。

なかなかこのブログからでは思いは届けれないかもしれませんが、ご購入頂き誠にありがとうございます。

・専用サイト
https://okinishop.easy.co/

・Facebookページ
https://www.facebook.com/okiniselectshop/


当店は喫茶店(コーヒー屋)としての毎日を全うに日々を積み重ねることを念頭に置いています。
故にオリジナルとしてのブランド商品は今の所「コーヒー豆」のみに重きを置いているのですが、こうやってコンタクトを頂いたり、繋がりを経て“共感”や思いを“共有”出来た方々とは、その方達のお力を借りてこのように様々な展開に結びつけて頂いているのも事実でございます。

雑貨や文具に書籍など、最近はこのご時世もあり挑戦を続けているわけですが、何よりも制作側が想いを持って皆様に別のカタチで「六曜社」を紹介して頂けていることに何よりも感謝しております。

アナログを大事にしている当店ではございますが、そのスタイルでもネットワークを広げていけてることが何よりも喜びと希望を与えてくれています。

タイアップやコラボをして下さっている方々には、この場をお借りして恐縮ではごさいますが、本当にお世話になりありがとうございます。

そして今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

先日の土日に開催された『京都手書道具市』

閉幕後、forme.さんより「完売しましたよ~♪」
とご報告頂けました。

いやいや何よりです♬

イベント自体もコロナ禍で入場制限はあれど、各日の入場チケットが予約完売の盛況だったみたいで、手書き道具に関するあらゆるモノが集まった魅力的で楽しいイベントだったようです。

そんな中のコーヒー豆ではございますが(笑)
手に取って頂いた方には感謝の気持ちでいっぱいです。

便利な世の中になってはおりますが、どうぞ“手書き”で綴ることの出来る質感や温度感が、これからも重宝されていく世の中が続けばと思います。

そんな時間を過ごす空間に、コーヒーの香りが思いを馳せるあなたに寄り添えたら嬉しい限りでごさいます。

1628630465107

7月に入り、いつもとは少し違った6月の六曜社の雰囲気から、また通常には戻っておりまして、個人的には余裕が生まれ(笑)スキルアップした気分でまた日常を過ごしておりますが、いやはや蒸し暑いですね…。

COFFEE HOLICにて6件達成された方に配布されているコーヒーチケットは、各店舗それぞれ対応のお飲み物は異なりますが、7/31までドリンクチケットとしてご使用可能ですので、お好きな店舗や気になるあの店舗にてご活用下さいませ♪

本日は最終の焙煎豆の納品となり、飲み比べセットはこれにて完了でございます。

12日頃発送予定となり、これで皆様の元に11人が表現した
“タンザニア コンゴニ農園”の豆が行き渡る事となります。

トータル137件という中で完走者(達成者)が58名もおられたことには正直、第一回目としては非常に注目度が高かったのではないかと感じると共に、コーヒーに興味を持ち、一つ踏み込んだセカイに入り込みたい方々も非常に多いんだなと思いました。

これからもたくさんの方々の日常に寄り添うコーヒー屋であることには変わりありませんが、コーヒー好きな方にも更なる興味を示してもらえる特別感も生んでいけれたらと思います。

なかなかコロナの影響もあり、主催企画は実現に至っていませんが、しっかり安心安全な頃合いを見て、また皆様にご報告出来たらと思いますので、今後ともどうぞ宜しくお願いします。

1625952427465

揃いました♪

1624943906376


そして昨日、一足お先に六曜社は「COFFEE HOLIC」の期間を終了いたしました。

完走目指して今回コーヒー中毒になられた方がおられましたら、これからもその液体は世界の農園から海を渡り運ばれ日本に届き、それら一粒一粒が焙煎士のもと表現され、淹れる人に演出されることによってやっとカップ一杯におさめられると共に、ようやく皆様と繫がることが出来て結ばれる素晴らし出会いになっていることも忘れないで頂けたらと思います。

そして味わうヒトトキがたくさんの方の微笑みの時間に導かれることを願って…。

東急ハンズ梅田店期間限定イベント「レトロ雑貨店」

louleさん・forme.さん・川辺さん(coffee time with Vaughan)

そして六曜社からの焙煎豆。

どうやらコラボアイテム含め全種類が集結してるみたいです!

1622848772352


これは個人的にもちょっと見てみたい光景…♪

ありがたいです。



ちなみに東急ハンズ京都店への焙煎豆も近々納品予定でございます。

皆様どうぞコロナには充分お気を付けて少しでも楽しみを見つけて下さい。

いよいよと迫って参りました『COFFEE HOLIC』

それでも緊急事態宣言は延長の最中、そして一日イベントは中止の方向と現実としては理想通りとは言えませんが、それでも今、喫茶やカフェに出来るモノコトに対して、最良の策と共に、少しでも多くの人に楽しみをもたらすことが出来るのであれば幸いでございます。

1622178776812


一ヶ月と期間は続き、お店ごとのこだわりと、各々の繋がりを感じ取ってもらえると同時に、そのコーヒーに対する表現を体感してもらえるのだと思います。

当店では毎日19時~閉店までと予定していました提供を↓
時短営業中は16時~閉店(地下店では17時~閉店)まで。

と変更して提供させていただきます。

僕が焙煎した珈琲豆がオリジナルブレンド以外に店内で液体として提供されるのは“初”の試みでもあります。
「6448 COFFEE + ESSENCE」の特別感を、六曜社の店内にて存分に楽しんで頂けたらそれほど嬉しいことはありません。

どうぞご興味ある方は、期間&時間限定ではありますがご来店を心よりお待ちしております。

そして京都の街中が一つのcafeとなる時間をどうぞお楽しみ下さい。

https://coffeeholic.jp/
1621477830073

2/17より展開していた、玉屋珈琲さんとのコラボレーション企画『繫がり』も残す所わずかな4/17までとなって参りました。

販売開始から反響を頂き、玉屋珈琲さんと共に喜びを感じつつ、また分かち合いつつ、今日まで継続的に皆様からのご注文を頂けた事、誠に感謝しております。

今回の企画を前に焙煎士の岩田さんともお話しする機会があり、焙煎についてやコーヒーに対していろいろ価値観を共有したり見出せた時間があったことも繋がりを深める良い時間となりましたし、また玉屋珈琲さんだけではなく、お客様ともさらに繋がりを深めていけるような展開を広げていく場も時には必要だなと改めて実感しました。

何処かでコーヒーを飲むという時間以外にも、ご自宅やご家庭でコーヒーを楽しむ時間の価値も高まってきているのだと思います。

さらに今後は、農園や販売店といった何処のコーヒー豆を使用しているかに限らず、誰が焙煎している珈琲豆かまで追求される時期が来るのではないかと感じています。

そういった時にも、自分の腕がしっかりとお客様の求める味わいとして届くよう、これからも自身の技術を磨くと共に、玉屋さんやお客様といった“繋がり”に関しても大事に日々を積み重ねていきたいなと感じた意味のある期間となりました。

引き続き最後までどうぞ宜しくお願いします。

https://tamaya-coffee.stores.jp/

1611640648595

先日の18日(木)19日(金)の二日間、河原町御池に新たに改装された京都信用金庫さんの「QUESTION」という施設にて、京丹後の若者たち(チャレンジャー)が“社会問題”について考えた活動を紹介するブースが開放されていました。

そこにこの春、京丹後市の網野町の三津という地域にプライベートビーチと共に日本海が一望でき、小さな灯台が印象的なスポットを活性化させようとカフェをオープンされる方がいらっしゃって、地域の皆様の活動を拝見すると共に、お話しもしてきました。

と言うのも、これからオープンされるそのカフェに私が焙煎したコーヒー豆を使用したいというご依頼があったからです。

海の町における問題や課題と向き合い、また魅力を伝えるべく地域のこれからを真剣に考えた澤さんの新たなるカタチ。

そんな澤さんや日本海の印象に、地域の方や観光の方が融合出来るような繋ぎ合わせを担えるような、皆様に親しみのもてるオリジナルのブレンドを只今オープンに向けて共に考案中です。

近々正式なお知らせも出来ると思いますので、どうぞご期待下さいませ。

1616648457828

ご好評を頂いております

「夢ミル 京都喫茶巡り Vol.1」

の製造販売元についてご報告があります。

(株)HIRAIWAさんから発足した雑貨事業部の独立展開により、今後こちらの商品に関しましては『forme.』さんの事業展開となります。

YxB0mXGw_200x200


販売先については多方面に広がっておりますが、商品のお取り扱いなど販売に関してのお問い合わせはforme.さんにご連絡下さいませ。


☆問い合わせ先

contact@forme-zakka.com

★コンセプト

わたしのための(for me)ザッカ
おもいをかたち(forme)にするザッカ

『forme.』

Instagram/Twitter

@forme_zakka

以上となります。

どうぞ宜しくお願いいたします。

1614257107744

1609480128713


謹賀新年

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願いします。


ひとまずは変わらぬ事態において“継続”という冷静さを持ちながら、それでも“挑戦”という意欲は忘れず、区切りとなった今日からの一日一日を少しでも笑顔で溢れる1年にしていけたらと思っています。

皆様におかれましても、ご自愛頂きながらお互いに充実した日々を過ごせるよう理解と尊敬心を深めていけたら幸いです。

どうぞ宜しくお願いします。


六曜社/6448 COFFEE+ESSENCE 奥野薫平

2020年が過ぎ去ろうとしています。

今年は本当にお客様への感謝を改めて実感する1年となりました。

そして僕達に出来ることもいつもと変わらないはずなんだけどそれも再確認出来た時間と月日。

いろんな現実も蔓延り、まだまだ油断出来ない状況は何か大きな荷物を背負っているようで歩きにくいですが、その重みの感覚は実は普段から顧みる必要がある“さが”なのかもしれません。

もう2021年が目の前に訪れようとしていますが、期待と希望はまだ胸にしまい、足元や足跡をしっかり見つめる日々は続くのだと思います。
それでも世の中が晴れ晴れしく光が差していくその暁が来るならば、それに向けての野望はしっかり抱いてその先への飛躍を図れるように準備と心待ちをしたいと思います。

皆様へは

本年も本当にお世話になりました。

良いお年をお迎え下さい。

そして来年もどうぞ宜しくお願いします。


六曜社/6448 COFFEE+ESSENCE 奥野薫平

1609338605791

『特別企画』

六曜社70年記念 -珈琲と歌の共演-

2020年12月16日(水)15:00~京都新聞本社サロンルーム

師走と平日のお忙しい中にも関わらず定員数の方にもお集まりいただき無事終えることが出来ました。

参加者の皆様、そして関係者の方々にはこの場をお借りして改めて感謝申し上げます。

「有難うございました。お世話になりました。」

1608261161344


以外な演出もあり、僕のコーヒーと修さんの音楽が互いに入り混じる空間と時間が生まれ、そして聞き手がいる中での初の対談もまた実りあるものというか、お互いの価値観を再認識させてもらえたように思います。

内容はプレミアムな企画でしたので、参加者の方々の胸に残っていれば幸いでございますが、企画を終えた帰り道何だか頭の中で“フッ”と浮かんできた抱負みたいなものがありまして…


これからも続いていくだろう六曜社という時間や月日の中で

今は親子の芸術的美学と経営的哲学が混合し

それが来て下さる方に刺激を与え

人々に何か訴えかけれたり共感出来るものが広がれば良いなと強く思っていました…


恋とか愛に心、時間に音や匂いといった、文字や言葉で表現出来ても実際にはカタチとして存在しないものたちを探ったり捜したり、はたまた掴んだり掴み取ろうとしたりと彷徨う人生の数々。

それにはきっと算数や数学みたいな答えや方程式は存在せず、無数の選択肢が広がり繫がっていくセカイの中で、その人の中で大事なモノコトを主軸に積み重ねていけば“幸せ”という価値が生まれるのでしょう。

そして敬意や感謝を忘れないことも“尊重”に繫がる。

後は、僕ならばコーヒーを介して、そして喫茶店という場所を通して、触れることで感じる“質感”というものの重要性をもっともっとこんな時代だからこそ大切にしたいと強く抱いていたのでした。

Suzugamaさんとのコラボ企画にて「Makuake」を介したクラウドファンディングの応援購入をしていただいた皆様。

先日私の手元から最終の焙煎豆をお送りしましたので、後はSuzugamaさんの“Soupir”と共に手元に届くだけとなっております。

コロナ禍の状況は少しずつ改善というか、理解も含め状況は緩和され、皆様の行動範囲も広がりを見せているのではないでしょうか?

それでも、この不自由に感じた月日や、世間に力足らないなと不甲斐なく思った少しの期間で、Suzugamaさんと共に素早くこのようなご提案が出来たことに今は喜びを感じています。

声を掛けて下さったSuzugama様
そして応援して下さったお客様

本当にこの度はありがとうございました。

まだまだ生活様式は社会も含めガイドラインに基づいての息苦しいような時間ですが、この商品が届く方に限らず、コーヒーライフというものが皆様の心躍るヒトトキに変わることを、今までもこれからも願っております。

Fotor_160135621738684

Fotor_160040201175537


先日の水曜日に、やっとこさの訪問をしてきました(笑)

「キッシュとコーヒー noco」

昨今事情流行りのテイクアウトでTO GOしたんですけど、その日のキッシュはリンゴとサツマイモだったので、ん?それってタルトケーキちゃうん!?って思いつつ帰宅して食べてみると、しっかりのキッシュ生地に玉葱も入って、上にメインとなる材料がぎっしりのっかっていました♪

素材の個性と甘味と塩気のバランスがおもしろい!って感じる美味しさで、家族で楽しくいただきました♬

コーヒーも勿論帰り道に飲みながら頂きましたが、こちらはまぁ自分焙煎でもあるので自分で評価するのも何なんですけど…。

はじめ温かいうちは香味が広がってコーヒーらしさがしっかり出てたのですが、冷めてくるとほのかな酸味が主張して華やかさのある味わいに変化していってくれていたので、甘味も感じれたし、彼女の理想の味わいに近づけれたかな?と思えました。

やはり、自分で淹れて試飲した時よりも、本人がどのように淹れて提供しているかが一番大事なので、そのコーヒーを楽しむことが出来て良かったです。

残す所10月までの後二回の水曜日のみとなって参りました。


期間限定オープンではありますが、丁寧に、そして大切に過ごした時間が、彼女にもお客様にも良き思い出の1ページとなって時を刻めているといいなぁと思いました。

Fotor_160040212509372

a410bede3203b487f1b14f4342b5dcf40c447638-thumb-842x595-168897


「6448 COFFEE+ESSENCE」ブランドの焙煎豆の常設で、日頃お世話になっております東急ハンズ様での販売ですが、何件か直接のお問い合わせをいただいております。

現在、今年の4月に改訂となりました食品表示の内容に関して修正が必要となり、その手続きを行っております。

東急ハンズ様は大手企業でもありますので、その点あらゆるお客様への配慮と共に徹底した管理も行われていますので、販売が滞ってる現状をご理解いただけると幸いです。

また、販売数や納品ペースに関しましても、東急ハンズ様のご発注に沿ってご用意しておりますので、常設ではございますが、販売状況(在庫や販売予定)は直接東急ハンズ様へお問い合わせいただくとご回答頂けると思います。

TEL:(075)254-3109

次回は現状9月納品に向け、その後滞りなく定期的なご提供が出来るよう進めて参ります。

度々ご迷惑おかけしているお客様もおられると存じます。

大変申し訳ありませんがご理解ご了承の上、どうぞ今後とも宜しくお願いいたします。



また、その他お問い合わせやご依頼につきましては、普段私は焙煎の後、基本15時~閉店まで六曜社1階に立たせてもらっていますのでお気軽にお電話いただければと思います。

TEL:(075)221-2989

どうぞ宜しくお願いします。

2020年6月9日(火)から始まった「Suzugama」さんとのクラウドファンディングでの企画も期限が迫り残す所あとわずかの8月9日(日)18時までとなりました。

たくさんの反応をいただき、ありがたい限りで、喜びと充実に満ち溢れています♪

日に日に増えていく皆様の応援と共に、寄せられる言葉にはやはり今回“自宅(自身)でコーヒーを淹れてもらうこと”への役割や楽しみへ繋げることへの意味を再確認出来た期間にもなりました。

今後「六曜社」としてはお電話だけでなく、気軽にネット販売としても焙煎豆をお届け出来るよう只今準備中ですので、ご興味ある方はもうしばらくお待ち下さいませ。

丁寧なお仕事をされるSuzugamaさんにより、お人柄溢れるレポートやコメントでのやりとりにも感謝しつつ、最後は僕自身の言葉もレポートにと案内いただきましたので、『Makuake』ページ同様、私のページでも感謝の気持ちを反映させていただきます。

https://www.makuake.com/
png



suzugamaさんとご一緒した今回のMakuakeでの企画も残す所あとわずかと期限が迫ってまいりました。

些細なきっかけから繋がり、そこから意気投合し、そして皆様にお届け出来るまでの“モノコト”が生じただけで喜ばしい限りでしたが、こうやって皆様の反応があり多くの方が手を伸ばして下さったことを心から感謝いたします。

誰も予想不可能だったコロナウィルス感染症拡大という事態が起き、その状況下の中顧みることもあり、今までお店に足を運んでもらうことに価値を見出していた僕に、ご自宅(自身)でコーヒーを楽しんでもらうことにも大きな意義を感じ出したタイミングでこのようなご提供が出来たことも幸いです。

今回の僕自身のスピールでのご提案は、ある人には発見になり、ある人にはもしかしたら「うぉっ 」(笑)と顔をしかめるかもしれない濃密で豊潤な味わいです。
勿論お好みの淹れ方で気軽に飲んでいただくものですが、その一口からホッと息つくため息や表情を想像すると心躍ります♪

お店をやっているのと変わらないことは、そのコーヒーを介して過ごしてもらう“時間”がそこにはあり、それと結びつけるコーヒーが僕の焙煎豆であるかどうかということで、そのひとときとその後の時間を左右するかもしれない責任を想うと、コーヒー豆の一粒一粒が、皆様一人一人遠方でも大きすぎる空の下ひとつ一緒なんだと結びつけてくれることにコーヒーの可能性をさらに強く感じる次第でございます。
だってSuzugamaさんと出会えたのも珈琲豆がきっかけなんですよ!

Makuakeを通し、そしてSuzugamaさんを介して繋がったこのご縁を、応援購入していただく方に限らず、ご紹介していただいた各社様にもこの場で恐縮ですがお礼を申し上げます。

「ありがとうございました。」

レポートやコメントも読ませてもらい感慨深く感じています。
届くことの喜び、そして届いた後にも意味があることを忘れず焙煎豆を用意させてもらいます。
期間も限られて参りましたので、このタイミングでお気持ちを伝えさせてもらいました。
引き続き最後まで宜しくお願いします。
そしていつか『六曜社』でお会い出来る日が来ることを願っております。

六曜社珈琲店
奥野薫平



・「Suzugama」さん公式ホームページ↓
https://www.suzugama.com/

・情報サイト「CAFICT」さん記事↓
https://cafict.com/tools/soupir/
・同レビュー
https://cafict.com/make-coffee/coffee-tools/soupir/

・ライフスタイルサイト「キナリノ」さん記事↓
https://kinarino.jp/cat2/40064

・北海道札幌市からのカフェ・ロースター情報サイト
「COFFEE OTAKU(コーヒーヲタク)」さんレビュー↓
https://coffee-otaku.com/archives/16010

・京都市観光協会さん「京都つながるNavi」掲載↓
https://tsunagaru.kyoto.travel/

・京都のおでかけ情報サイトキョ「Kyotopi」さん記事↓
https://kyotopi.jp/articles/wboF5

Fotor_159166529426725


『Suzugama×六曜社珈琲店』-Makuake Project-
★バズれ~↓
https://youtu.be/pDFz2vYCieQ

『あんなつぁ』-浪漫革命 MV-
★バズってる~↓
https://youtu.be/lMYSptBzSFE

『それぞれの…』-恵文社cottage 2016.11.16主催企画-
★バズらんな~(サムネは変えない意地 笑)↓
https://youtu.be/lpXCu83cSuc


私は自身が世の中に知られることは嫌ではないタイプ。

IMG_20200511_194727


山口県下関市の「喫茶 むぎまめ舎」さんでは、昨今の事情によりテイクアウトを中心に営業されています。

そこで普段の“むぎまめ舎オリジナルブレンド”とは別に、僕のおすすめの焙煎豆もお送りして販売されています。

広島県十日市の「喫茶 めくる」さんもテイクアウト中心で、“めくるオリジナルブレンド”を毎月限定販売から常時販売していただけるよう豆をお送りするようにしました。

また滋賀県大津市の「aswell」さんでは
通常通り月替わりのコーヒーをご提供中で、豆の販売もされています。

京都の「東急ハンズ」さんは感染拡大防止の観点から当面の間休業中。

私が自ら立っております「六曜社」1階は勿論のこと、オリジナルブレンド豆も通常通り販売中と、地下店の豆(奥野 修 焙煎豆)も含めて地方発送も承るようにしております。

詳細は各店舗にご確認いただきつつ、ご興味ある方は是非この機会に、ご自宅など自分で淹れるコーヒーを楽しんでいただけたらと思います。

さらには豆の販売の通販も、これからの視点に向けて展開を考え中です。

また、実は私個人的にかかげている今年のスローガンは“Activity”だったんですが(どーでもいい 笑)打ち出す前に只今いろんな企画が延期中でして…、だけど近々、これも本当にきっかけは些細な事から繋がったご縁で結ばれた方と、このコロナ事情で代わるだろう生活や価値観に向けたプロジェクトに微力ながら参加させていただく予定なので、やっと今年一発目のイベント告知が出来そうです♪

自分のお店を守ることも今はとても大事ですが、それと同時に一緒に前を向いて、目の前の人や周りの人の生活や心の部分を少しでも、厚かましくても豊かに出来るのであれば、行動は控えつつも、気持ちはアクティブにいきたいものです。

どうぞ皆様宜しくお願いします。

この春は、そしてこの4月は、いくつかのモノコトが前に進む予定ではありました。

「六曜社珈琲店」としては

改めて受動喫煙対策の条例に基づき検討をした結果、完全分煙の運びとさせていただきながら、細々としたことも修正して新たな気持ちでより多くのお客様に足を運んでいただく土台を作った所でした。

そしてセカンドライン「6448COFFEE+ESSENCE」としては

新たな動きとしてイベントの打ち出しをしていく企画を進めたり、その他依頼も含めてお話しが進んでいく段取りがいくつかあったのですが、今は少し立ち止まり、そして延期を含めタイミングを摸索する状況になっております。

Fotor_158631340677062

街や町の景色に、そして流れる風景に“ゆるやか”を感じる時間。

普段何も気を止めることもない通りすがりの人や、通り向こうの人がいるだけでその人の胸の内や心情を探りたくなり、なぜあの人は今ここを歩いているのかな?自転車を走らせているのかな?とまで思ってしまう人々の光景。

不安や心配が多くナーバスにもなってしまいそうなそんな時間の中で、そのトキのナガレがどこか自分を我に返らせてくれてもいます。

“前向きを探さねば”…と。

現実を突き付けられてはいますがそんな時プー太郎をしていた時のことを思い出してみると、時間を持て余して外に出て近所を散歩してみると「あれ?こんな所あったっけ?」「あそこの家あんな屋根の色だったかな?」とか、些細な発見をするだけで何かを見つけることが出来たと嬉しく思えたこと。
状況は違いますが、カフェっさを始めた時、なかなか思うように行かず、一人や一組のお客さんが訪れてくれるだけで心の底から「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」と思えたこと、言えたこと。

美しいはずのモノコトに、素晴らしはずの日常に、僕たちはなぜか“当たり前”を感じ、その連続が幸せを遠のかせていて“普通”と感じているのかもしれません。

近くても離れて改めて気付くように、小さくても幸せだと感じれることは向かってくるだけじゃなく、遠のくことがあっても自分で拾い集めることも出来るんだとやはりこうやって立ち止まり、いろんなことや自分のことを見直した時に初めて、いや改めて思い知らされる感情があります。

近くに起きてることや近くにいる人の状況によっても今は、そして今回ばかりは知識や認識に対応や対策が様々に変化して、目まぐるしく動いている事態でもあります。
置かれている状況も様々で一概には言えませんが、それでも共通して言えることは、「我慢」と「辛抱」が大きいのかと思います。
止まることを知らない未知数な未来の中に、この状況が止まらないことはないと、終わらないことはないと、その部分に目を向けて今何が出来るのか、何をしなければならないのか、そして何を守り何を残そうとしていくのか、さらには新たに始めるのかを見極め行動しないといけない転機なのだとも思えます。
立ち止まらないといけなくなってしまった世の中に、自分の立ってる場所や位置から足跡も振り返ってみながら将来に向けての光を自分で探っていかないといけないのでしょう。

一人一人がどこか何処を見つめていいか分からない視線を少しでも前に向いていく気持ちがきっと大事だと思う今日この頃、自分の大切なものにも目を向けて一人一人が行動を選んでいけたら事態も将来も良い方向に進むのかもしれません。

つかみかけたものは離したくない性格。
少し先に延びても、皆様に影ながらでも微力でも心躍るひとときのご報告が出来たらと思っています。

踏ん張りますので、どうぞ今後とも宜しくお願いします。

2020年2月8日(土)

滋賀県は大津市の『ASWELL』さんにて“珈琲とプティガトー”
と題したイベントに行って参りました♪

おかげさまで各回の定員も埋まり、普段はスモールカフェとして地域の方を中心に日常がナガれているスペースが、この日ばかりは貸し切りのテーブル(カウンター)と化し、良質のデザートと共に僕のアレンジコーヒードリンクもセットにご提供する時間に。

デセールのお菓子は、ヘーゼルナッツやチョコレートを贅沢に使用したムースや生地が層となり、濃厚で上質な味わいが広がるケーキに、フランボワーズクリームのエクレアは莓も盛られながら手でパクッと頬張るスタイルでジューシーかつ広がるフレッシュ感が爽やかさを演出された一皿となっていました♬

※残念ながらご提供のお写真は撮れていませんので、ご興味ある方はaswellさんのInstagramなどをご参照下さい。

http://as-well.net/

僕はというと、久々に「喫茶feカフェっさ」で使用していたカップを使い、これまた相棒だった名門チンバリー社のエスプレッソマシンを使ったシグネチャードリンクを♬

内容はというと、濃厚なチョコレートケーキとお伺いしていたので、まずはコロンビアとエチオピアをブレンドした浅煎りの豆で酸味もあるフルーティーな味わいのエスプレッソにして、ミルクを60~65℃を目指して自然な甘みを強調したカフェラテに。
その上にはほのかな甘みのメレンゲと塩を加えた生クリームをホイップさせ召し上がられる直前に混ぜ合わせてフワフワな食感というか口当たりを演出し、全体の味わいをまとめるハチミツを少々かけて、ケーキと共に召し上がられる際のアクセントとお口直しの意味も加えたペッパーの粉末と見た目や彩りの可愛いさも加えるピンクペッパーも少々。
気分や気持ちも爽やかになってもらいたかったので、カップの縁にはレモンシロップと少しの果汁をコーティングして口にふくんだ時の香りと、全体を通して複雑かつそのいろんな味わいや口当たりに食感が調和されるような、あくまでドリンクではあるけれど、そのカップの中だけでも満足いただけるような一杯を目指してみました。

題して“ソルト&ペッパーのスノーカフェラテ”

あくまで説明は意図であり、実際飲んでいただいたお客様がどのような印象を持たれたかは分かりませんが、「美味しい」のお声や「不思議」「おもしろい」といった感想を伝えて下さり、テーブル上でいろんな感覚を肌で感じてもらえたことが何より嬉しいことでした♪

実演でもあったので独特の空気感につつまれながら、ご提供後には会話も弾み、帰られる際には皆さん笑顔も持ち帰ってもらえていたように思います。
何より特別と特別のマリアージュでしたので、いろんな意味も含め最後にはお腹いっぱいになって帰ってもらっていたのなら、これほど喜ばしいことはありません!

この度は足を運んでいただき本当にありがとうございました。

そしてaswellの飴田ご夫婦、お手伝いのなっちゃんさん、この日一日はaswellスタッフとして過ごせて、僕にも刺激的で楽しい一日となりました。

本当にお世話になりました。
この場をお借りして恐縮ですが、どうぞ今後とも宜しくお願いします。

Fotor_158137097905116

Fotor_157788640413651


平安神宮に初詣に行き、散歩をしながらちょっと買い食いをして帰りました♪


皆様

新年明けましておめでとうございます

今年もどうぞ宜しくお願いします


「六曜社珈琲店」は明日2日から営業スタート
2日(木)3日(金)は12時~21時半までのオープン
※地下は18時~22時でのオープン

そして4日(土)より通常営業となります。


こちらの「6448COFFEE+ESSENCE」では今年はイベントなどの企画も進めております。
心躍る一時の特別な時間もご提供出来たらと思いますので、また随時ご報告させて下さい。

この個人活動のリンクページも完成していまして、六曜社のホームページからも繋がっております。

ご興味ある方はご確認と、お友達や周りの方に「こんなんあるで~」って宣伝してもらえると嬉しいです(笑)

http://6448.rokuyosha-coffee.com/


というわけで度々ではございますが、本年もどうぞ宜しくお願いします。

六曜社/6448COFFEE+ESSENCE 奥野薫平

今年の春から色々と体制が整いだし、こうやってまた六曜社のセカンドラインとして自分で焙煎したコーヒーを皆様にお届け出来るようになったことは本当に喜ばしいことでした。

そこにはいろんな方の支えや協力があってたどり着いたものでもありますので、この喜びが自分だけではなく、これからしっかり皆さんの喜びにも繋げられるように挑戦していきたいと思っています。

「六曜社」の1階オリジナルブレンドは、守るべき味わいとして、喫茶店の良さ、醍醐味を感じてもらえる味わいを続けていきたいですし、この「6448COFFEE+ESSENCE」では、美味しいコーヒーをお届けすることを大前提に、いろんな展開を広げていけたらと考えておりますので、まずは少しでも私の活動に興味を持ってもらえたらなと思います。

それでは来年も皆様にとって良い年になることを願って、今年最後のご挨拶とさせていただきます。

良いお年をお迎え下さい。
そして来年もどうぞ宜しくお願いします。

六曜社/6448COFFEE+ESSENCE 奥野薫平

Fotor_157742249196113

Fotor_157629385448459


2019年12月13日(金)14日(土)は京都市勧業館「みやこめっせ」にて京料理展示大会が開催されていました。

京料理展示・京料理教室・生間流式包丁・細工寿司展示・舞妓による京の舞・特設食堂など様々なブースが用意され、毎年盛大に開催されている催しです。

喫茶組合からもコーヒーの提供を行っていて参加してまいりました。

伝統や技に感化されるすごく魅力的な催しだと思います。

皆様も是非一度足を運んでみてはいかがでしょう?

来年になっちゃいますが…(笑)

Fotor_157629397271964

Fotor_157585698897177


いつもお世話になっております東急ハンズ京都店さんでの豆販売ですが、またまた手続きの都合上一時提供が止まっております。

すでにニカラグアは完売しておりまして、只今6448の焙煎豆は陳列されていませんが、やはりたくさんのお店さんのお豆が並んでいて、コーヒー好きの方々にはなかなかのラインナップですので、是非足を運んでいろんなお豆をご自宅で楽しんでみては?と思う次第でございます。
私の焙煎豆を楽しみにしていただいてるお客様がおられましたら、恐れ入りますが今しばらくお待ち下さい。

なかなか大手さんとの取り引きには食品表示など細々(コマゴマ)しっかりとした決まりがございまして、私みたいな細々(ホソボソ)とした活動の身分には勉強になりますし、対応していかないと…っといった感じの今日この頃です。

おそらく来年からの再開となりますので、どうぞ2020年も宜しくお願いいたします。

あぁ、もう今年も終盤…は、早い…。

さらに追加発注いただきまして、期間ごとに変更する東急ハンズでの焙煎豆販売、ニカラグアは今回の納品で終了♪

次回からは豆の内容が変わりますので、お気に入りだった方もこれからの方もお早めに!でございます♪

Fotor_157281702956816

吉川さんの(Hi Fi Cafe)横でした!


その他“6448COFFEE+ESSENCE”としての販売は現在、滋賀県大津市にあるASWELLさんで月替わりの焙煎豆を提供しているものを含め2店舗となります。

http://as-well.net/

六曜社珈琲店(1階)も現在私が焙煎、販売もしておりますが、こちらは守り続ける六曜社としての味わいのみ♪

何で違うのって思われる方もいはると思いますが、そこらへんは僕の思いや考えがあるちょっとしたエゴです(笑)

ご足労かけますが、どうぞお立ち寄り下さいませ。

Fotor_157227428430966


https://youtu.be/lMYSptBzSFE

学生時代に来てくれていたメンバーもいる

“浪漫革命”

時代とか流行にはナガされそうにない自分達のセカイ感や音楽がそこにはあって心地良いです♪

こんなに素敵な歌や音の集まりを奏でていたんですねぇ~!

ご協力出来て光栄です。
選んでくれてありがとう。

本日新たに焙煎した豆を納品させてもらいました♪

Fotor_157197841864269



お買い求めいただき本当にありがとうございます。
感謝です。

引き続き「ニカラグア サンタアナ農園 SHG」をお楽しみいただけたらと思います。

どうぞ宜しくお願いします。

a410bede3203b487f1b14f4342b5dcf40c447638-thumb-842x595-168897


東急ハンズ京都店さん3F「COFFEE HOUR」にて販売予定の私の豆ですが、手続きの都合上、まだ販売は開始されていません。

再開が嬉しく情報解禁を先走ってしまったことお許し下さい。

毎月お届けしました時には、こちらのブログにて焙煎豆の内容もお伝えしますので、どうぞご確認下さい。

又、豆販売の数に限りがあることもご理解ご了承下さいませ。

どうぞ今後とも宜しくお願いします。

Fotor_156146441915143


昨年5月より、京都府喫茶飲食生活衛生同業組合の理事に加入させていただくようになり、本日は京都で24年ぶり6回目の催しとなりました『第64回全喫飲連全国大会京都大会』をANAクラウンプラザホテル京都さんにて開催し、参加させていただくことができました。

行政の方を交え、賛助商社会様、京都珈琲商工組合様など日頃お世話になる多くの業者様を含め、この京都の喫茶店文化を守り支えるべく活動に微力ながら携わることができている事は身の引き締まる思いでもあります。

また本日の全国大会におきましても、各都道府県から多くの組合員様に足を運んでいただきまして、大会内の若手経営陣によるパネルディスカッションでは『喫茶文化の将来への展望』と題して、華道「未生流笹岡」家元の笹岡隆甫氏と、東京から「iki ESPRESSO」代表の原瀬輝久氏をゲストにお迎えし、レストラン菊水・奥村さん司会の元、月ヶ瀬・平栗さんとスマートコーヒー・元木さんと私とで担当させてもらい大変貴重な時間と経験をさせていただけたことに感謝しております。

これから喫茶組合の理事としての役割を果たせるよう邁進するとともに、自分のお店をしっかり守り続け伝えていくことの意味を改めて感じさせていただきました。

たくさんの良いお店か長く続けられる環境作りが出来ることを組合としては願っていくばかりでございます。

本日は本当に多くの皆様にお世話になりました。
有難うございました。

Fotor_156146415524270

IMG_20190619_163841


本日は京都信用金庫京都本店さん発案の顧客様向けコーヒー講座(和菓子に合う珈琲)を行ってきました。

ご依頼をいただいた時は意外でビックリしましたが、京信さんの繋がりや関わりを大事にされる部分を感じました。

集まっていただいたお客様、そして京都信用金庫の担当者様、貴重なお時間をいただき有難うございました。


なんとなくな気になってなのですが(笑)
日頃弊社がお世話になっておりますのは、京都中央信用金庫様でございます。

どちらの銀行様もどうぞ今後とも宜しくお願いします…。

久々の再開や、新たな出会い。

そして特別な時間。

お越し下さったお客様にも、関係者各位の方々にも、改めてありがとうございました。

今後とも宜しくお願いします。

59449076_2033449696753319_3293927354082000896_n

59285921_2033449693419986_4203088062818811904_n

[ご挨拶とご案内]

2019年5月1日。

そう、平成が変わり令和へのスタートの日。

ちょうど区切りよく「6448COFFEE+ESSENCE」も今日この日から正式にスタートとというカタチをとりたいと思います。

IMG_20190418_202709


新たな時代、コーヒーをとりまくカフェや喫茶にもニューウエーブやらなんやらがひしめいていて、その発展は止まりません。

そんな中出来た南禅寺の門へと続く道、ブルーボトルのその裏ちょっと先に、創業70年近い店のウチの焙煎所があることなんて誰も知らないんだろうなぁ~と思いつつ、おそらく焙煎の香りはそこまで漂っているはず、かなり道行く人の購買意欲というか、ブルーボトルに足を止まらせる役割を担っていると勝手に思っているのです(笑)

変わっていくこと、新しくなること、いろんなことにアンテナをはって、私自身もそれを感じて、取り入れるものは取り入れていこうと思いますが、やはり足跡というのも僕は大事にしたいと思っています。

近日、ホームページを開設し、今までの僕の足跡を記すと共にオリジナリティー溢れる展開が開けたらなぁと思っています。

「6448COFFEE+ESSENCE」

それは日々の僕のコーヒーの集大成であり、日々精進するものであり、「六曜社」を守り続けていく中で、その場所を僕自身がより楽しんでいく時間への架け橋なのです。

どうぞ宜しくお願いします。



『足跡』

ご興味あれば↓

前田珈琲時代
http://blog.livedoor.jp/maedacoffee1/archives/cat_50034125.html

喫茶feカフェっさ-僕とあなたとその間-
[いつかしまるみせ-concept-]
http://blog.livedoor.jp/kissafecafessa/

それから…-喫茶feカフェっさ-
http://www.kissafecafessa.com/enter.html

IMG_20190419_040734


ホームページ
http://rokuyosha-coffee.com/

[日々日常を過ごす自店の歴史]

現在地の隣のビルの2階にて「コニーアイランド」として数年営業後、1950年に「六曜社」として地下の場所で創業。

その後1階店舗の空きが出たため1965年に現内装へと改装と共に、1階店(喫茶)・地下店(BAR)として営業を継続。

1974年/
父・修が家業に入る。
1985年/
修が自家焙煎専門とし、日中の地下店の喫茶を開始。

2007年/
祖父・實が他界。長男・隆が経営者に。(次男・肇が退く)

2013年/夏
息子・薫平が1階に入る。

2017年/春
祖母・八重子が現役引退。

2018年/春
自店の将来の行く末を見据え法人化・薫平が代表取締役就任。

2019年/春
1階店のオリジナルブレンドも薫平が自家焙煎として開始。
(六曜社は1階店・地下店ともに完全自家焙煎となる)

そして現在に至ります。



「コーヒーを介して過ごす場所」

私は高校卒業後から何気なくこの喫茶というコーヒーを扱う仕事に就き、早17年が過ぎました。

そしておそらく私が産まれた頃あたりから日本に“カフェ”と呼ばれるものがジャンルを成し、根付き始め『ドトール』が形態を増やし、私が小学生の時に『スターバックス』の1号店が日本に上陸してからはその“カフェ”というものの足は止まることなく、むしろ発展を遂げ、今でもさらなる広がりと共に“カルチャー”を生み“エンターテイメント”と融合もしてきています。

その間、個人経営を含め店のカラーは幅を広げましたが“喫茶”と呼ばれるものは走り続けていた足が疲れ始めたかのようにペースを緩くし、歩き始め、さらには歩くことを辞める店がむしろ増えてしまいました。

私は仕事柄、よく喫茶店とカフェの違いについて問われることがあります。
いろんな人の意見に耳を傾けたり、いろんなことを自分で考えたり、さらにはお店に行って感じたり、携わったりしましたが、どうもこれってたどりつくものが自分の中で無かったのですが、ここ最近ふと「そうかも!」って明確に思えたことがあります。

それは言ってしまえば簡単なことなのですが、その店の主が、またはその店が感銘を受け、営業を続けるにあたって大事にしたかったモノコト、大切にしているモノコトが、“昭和の時代”という日本的な背景に矛先があるのか、“海外の文化”という世界的な要素に影響を与えられたかの単純なようで複雑なものというか、そういうニュアンスでしかないなぁとしっくりきました。

それは説明するには難しいんだけど、同じようでちょっと違う、同じなんだけど文字や言葉で表すと違ったものに感じる『文化とカルチャー』とか『野球とベースボール』とか『セ.リーグとパ.リーグ』みたいな…、めっちゃ野球…(笑)

同じ意味を成しても、そこに行き着く歴史とか過程が違って、喫茶やカフェで言うと心意気みたいな“思考”なんだと思う。

だからこれから昭和が遠のくといくことは“喫茶店”というのは確実に…(汗)

だけど、伝統芸能や伝統工芸などの日本の宝じゃないけど、茶の湯のセカイや茶道ほど日本の歴史としては根付いているものではないかもしれないけど、“喫茶”とか“珈琲道”というものが日本の文化として、もしかしたら日本人として、残っていくべき背景なんじゃないかと僕は今でも強く思っています。

平成も終わり、令和へと改元される今日このごろ。
イコール昭和が遠のくこんにち…、新時代。

あかん、とにかく頑張ろう。
時代には負けてられないし、流されてもいけない。

「それから…」という個人活動を終えることを決め

「六曜社」という場所に身を固めた月日


重ねてもう5年半も過ぎたその日々に残ったこと気づいたこと

そして無くしたもの失ったもの

いろんなモノコト様々なモノコトを抱え直し

新たに積み重ねてきたここまでの時間


これからまた

僕のコーヒーと共に歩む日常をお知らせ出来ることになりました



以下

ここから始まる

「6448COFFEE+ESSENCE」

それまで僕の焙煎したコーヒーで過ごしてもらえた

これまでの1ページ1ページの記録です


『2016/11/16/恵文社コテージ/それぞれの…』
01-4-3

↓アンコール風景
https://youtu.be/lpXCu83cSuc


『2017/6/17→6/30/ハンズとホホホ/飲む音楽(焙煎豆)販売』
6cc6b6c89d5303033e53b5b72327fe3c061d6503-thumb-560x560-180693-2



『2018/1/15→1/22/ENJOY COFFEE TIME(vol.5)/1/17出店』
チラシ表



『2018/5/2/小麦小店/一日喫茶』
30076779_233582347385008_77452876120588288_n


改めまして大変お世話になりました。

そして皆様どうぞこれからも宜しくお願いします。

このページのトップヘ