6448COFFEE+ESSENCE

六曜社珈琲店-セカンドライン-

タグ:思考

Fotor_15994546635031


夜更けの早さに気づきだし

朝の訪れの穏やかさに一日が短く感じるようになる

そんな秋の始まり

人は皆少し寂しさや黄昏といった不安に似た感情を抱いたりしないでしょうか?

そんな時

上着を羽織って包まれる暖かさだけで何か優しさに包まれたような…

電車やバスに本屋や飲食店と生活の道のりで足を止めてみる場所の温かさだけで気持ちが和むような…


そんなこの時期の喫茶店には一人のお客様も多い


社会や生活は今何処に向かっているのでしょうか?
きっと今も尚コロナ禍において目指す矛先は様々なことでしょう

回復や進歩を目指して前に進んでいる人

維持や後退しないことを目論み我慢をしている人

静観といったような様子を伺っている人などなど

人々の見解においても行動においても千差万別
だけどその軸に今あるのは“従来”といったところでしょうか?


こんなはずじゃなかった… 本当なら…

きっと今年は様々な人がいろんなモノコトを奪われたはず

そして無情(無常)や非情(非常)といった局面に立ち
その行く末が思うようにいったり思いもよらぬ方に向かったりとその結末や途中経過も様々

以前までは当たり前だったことがそうじゃなくなり
新たな価値観が芽生えていたり生まれていたり…

だけど今は本来あるべき姿ではないんだと訴えてみたりもがいてみたり…

ここから顧みる(省みる)ことって何なんでしょうね?


また主権はすぐ代わるんだろうけど
政治は今は菅さんでいろんな意味で無難かもしれないし
少しは国民の声が届いたりはする人なのかな?

でも今は様々な角度で見ても荒れ動く時じゃないし
着々と進むべき段階というか一歩一歩階段を上る時期だと思うと丁度良い


政治だけじゃなく自分達が生きていく道のりを考えるすべを立ち止まるべきなのは今に始まったことじゃない

僕がつとめる喫茶の話しの観点からすればいかにも…


いつからか経済が崩れ(バブルが弾け)社会はシャープさやコンパクトさといった利便性を求めた

それでも逆風にさらされ時間に追われる世の中の“食”も早い安い旨いが主導を握り向き合う時間の使い方が変わった

というより大事にすべき時間を省きだした

資本で溢れたチェーンやフランチャイズが数を増やし
誰でも何処でも同じものを身近に共有することの無個性が当たり前になった

外資も蔓延りカフェで言えばスタバが日本に来てまだ30年も経ちやしないのにそのコーヒーを取り巻く環境は発展と共に介す時間の意味が以前とはき違われ自由の意味が激変した

便利な世の中…か…

食券で物事を動かせばセルフでお客様に委ねる
テイクアウトでさようなら


そんな「商品」や「お金」といった文字が見え隠れする形態に“人肌”や“人間味”は奪われた気がする

「真心」や「丹精」を込めた時間をかけるものに皆は意味を問わなくなり“無感情”になってきたようにも思う

そんなお店の『いらっしゃいませ』や『ありがとうございます』の間の時間には何が生まれているかといえばほとんどが消化といった使い方ではないでしょうか?
もっと言えばそのいらっしゃいませやありがとうございますの声を感じますか?

決してそれが悪いわけではない
肯定はしていないけど否定もしない
僕だって日常の中で正直お世話になっている

だけどそれが当たり前になり時間の使い方や過ごす意味に
忘れてはいけないことがあるというのが本音


先日長く続いている個人店を題材に卒論を書いている大学生が六曜社のことを何も知らず来店し尋ねてくれました

その中の質問の一つ
『大きなチェーン店やファミレスなどの大塔で個人店が傾いていったと思うのですが、そこに憤りなどはありませんか?』

答え
『僕は正直その傾き始めた時間にいた訳ではないですが、傾いた後の中心の時間にはいると思います。そこで思うのは個性がなかなか尊重されなくなったこと。ある意味今は生活のタメの仕事をしている人、または仕事選びをしている人が多いと思うけど、昔は人生かけて生きるために仕事をしている人が多かったし、その賭けをする人も多かった。その分だからどれだけ長続きするかも重要だったように思います。』
補足して
『だけどそれは続けていく側の実力でもあるし、きっと最後まで完全燃焼と悔いを残している人は少ないんではないでしょうか?また、本当にそれは社会や経済に生活を含め時代によって様々だと思うので受け止めながら生き延びていくかも考えないといけない。だから僕は続けないといけないと思っているんじゃなくて、続けたいと思って守っているし、それは自発的で堅苦しいわけじゃないし、後継者問題も取りだたされてはいるけど、その店の主は自分の時間は全うしてはいるけれど、その後も続いてくれと思っているかと言えば、少なからず僕はそれは自分の背中を見て感じる人の志が全てであって、決して続かなくてはいけないと思ってる人は少ないと思うし、僕も続けろ!と言われたことはないですよ。』
と応じました。


“本来”いや“従来”を

このコロナ禍が起きなくても考えさせられることが多かったこの喫茶という存在価値

それは同時に今のカフェと呼ばれる場所でもこの先に問われるものは多いと思います

だけど僕が身を置く喫茶なら
昔は未成年で煙草を吸っても怒られず注意はされれど社会勉強としての暗黙の了解みたいなものがあった

マスターやお客さんにウエイトレスとお客さんといった店側と客側の立ち位置がしっかりとした交流があり

知った人や見知らぬ人との論争で持論を構築させていく強さを持てた

店は生き様と個性を光らせ
オリジナルなカラーを放つこともお客様を出迎える上で重要な選択肢にもなっていたし
そこには何よりマナーがあった


今はルールに縛られそれを外れれば叩く人も多い
誹謗中傷など誰も知らない人に何も知らない言葉を文字で浴びせられる

規制みたいなものは必要だと思う
だけど緩和を交えることが何よりも人間らしく保っていける理性じゃないんでしょうか?
真似事だけじゃない独自性にも向き合いたい

何より“めりはり”や“強弱”があっていいと思う


人間は働かなくていい何もしなくていいとラクを覚えることが少しばかり尊重されてきています
テクノロジーの進化に人間が人間らしくならずロボットに支配されていいのかと思います

少なからず苦楽や喜怒哀楽
様々な感情や経験を持つことの人間らしさに価値を置きたい
強く生きていたい

ネットワークというツールではなく
見えない糸や心と心のコミュニケーションといった少々キザなもので繫がっていたい


今の六曜社の店内は
勿論この店だけではないと思うけど

おそらく人と人とが直に向き合うことの重要性
混じり合うことの必要性を感じさせるそんな時間が続いている

少し前
本当に一日にご来店いただくお客様が少なかった時間にも感じたお客様とのある意味密な時間も今は尊い

本当なら六曜社らしい相席文化だってすぐにでも戻したい
あの会話で溢れお客様の横顔で満ちた独特の空気感

新聞をめくる音や食器が重なりあう音
そしてトースターのチンッという音やふぅと息つくため息にでさえ音を感じ全てが奏合う最高のBGMにまた埋もれてみたい…

今後もどうなるかは分からない
生活様式や営業形態にさえ変化は生まれるのか?

だけど
僕もそれなりに六曜社という場所に身を委ね
それと共に過ごしたお客様の時間も増えた

前田珈琲や喫茶feカフェっさから続くお客様も居て下さる

そんなお客様がフラッとまた
「お久しぶりです」や「久々京都に来ました」
とトキを交えることもある

さらに言えばこの空間を求めに
「学生時代はなぁ」とか「何十年ぶりに」
と懐かしくタイムスリップしに来る方もいる


その人の人生の中で考えれば本当にほんの一瞬かもしれないコーヒーを介す時間をやはりこれからも預かったつもりで
そして時にはかけがえのない思い出にもなれるよう
一杯のコーヒーでいっぱいのお客様に微笑みを提供したい…


今は息苦しい世の中も
時代はまわる
明けない夜もない

辛抱…辛抱…
地道の積み重ね
何でもなかったことを抱きしめて離さないように
こんなことが起きた世界を噛み締めるように

僕は喫茶文化をこれこらもこよなく愛したい

20200710_064121


作られた時間の中で、図られたような日々と、そして取り戻すかのように追いかけるように過ごす月日に、未だ先も見えず不安と向き合いながらの今日。

前に進まねばと行動に移す人もいれば、まだ立ち止まらねばと静観を貫く人もいる。

日本にコロナウィルスというものが目立ち始めてから早半年という月日が経ち、向き合い始めた月日を受け止めながらも、こんなことが起きていなければという日常もやはり想像してしまいたいほどの望みが2020年の日本にはあったことも忘れられない。

人権や愛国心もろもろ、そして発展や進化などに対してもう一度顧みないといけないことがあるんじゃないかと改める人が増えたことには不幸中の幸いなんじゃないかという感覚があるのは、僕みたいな何とか何事もなく耐えられている現状がある人間の浅はかさなのだろうか…。

今一番僕の目の前にあることは、社会という経済再生に向けて取り分け喫茶店に身を置く者としての飲食店の今後と、娯楽という観点から生み出される経済の活性化について人々の楽しみというのは何処にあるべきなのかということである。

売り上げとか利益とか商売人の話しをするのはあまり好きではないけれど、お客様が来てくれなければどうにもならないんだと痛感した現実と、そんなことは別として安心安全と共に人々の安らぎは何処にあるべきかと自問自答しながら大事にしたお客様との時間と空間の意味への大切さ。

お金では買えない価値、お金では解決出来ない価値観がそこにはあることもまた実感した緊急事態宣言最中だったと思えます。


自粛期間中、行き場を失ったり、帰る場所に戻るだけの生活では事足りない人達と、それは不要不急ではないんだと想い願いながら過ごしたのも懐かしいくらいに感じる今日この頃と、第二波への懸念はあれど、欲や心を少しばかりでも満たしたく、六曜社を選び目指してくれる人達が集まる場所が今は繰り広げられているのが現状で、それはまだ1階の相席文化としては制限をしていることもあり、また地下が終日禁煙になったことも日は浅いので、どこか今までとは少し違う雰囲気の中、“らしさ”を取り戻していってるのかな?というレールは見えてきています。

ただ冒頭のように、本当は流れてなんかいない時間の中で、僕たちは共通認識のタメに時を刻み物差しなどを計っている訳なのに、それでも事態は見えず、先行きも不透明なこの日本や世の中になってしまっていることには、やはりどうにもこうにも明るい未来だけを想像することは出来ないし、その両極端を様々なモノコトに抱かないといけない現状はやはり望みとは言い難いのかもしれません…。


今、仕事とは別に県を跨ぎ楽しみを求める人もいます。
今、不自由な生活に少しの自由を求め欲を満たす人もいます。
今、もはや楽をすることに慣れてしまった人も…。

“旅行”や“娯楽”は少し前まで本当に何気ないモノコトだった。
“業務”や“努力”をすることは目標に向かうタメだった。

はずの「普通」や「特別」な事に今、価値観が混合し、ねじれ、叩く事が常態化しかけている批判的な思考に、やはり今一度気持ちだけでも状態を戻していきませんか?

勿論見逃してはいけないことも沢山あるのだけれど、忘れてはいけないことも山ほどあるわけで…。
そこら辺のバランスを崩さず、今は一喜一憂してもいいかもしれないし、また何の疑いもなく一喜一憂出来るような日が来るように団結していくべきではないんでしょうか?

皆が平等に同じ矛先を持てるように気持ちを補うための我慢もあるんじゃないでしょうか?

楽しむことさえ、笑うことさえ何だか後ろめたくなってしまっているけど、その人を知らない限り全ては分からないし、その人の笑顔の理由なんて計り知れません。
笑顔で溢れることはむしろ良いことのはずです。

全ては一人一人、そして自分自身の認識だと思います。

冬に向かって、そして場合によっては目の前に、第二波というものは迫って来ているのだと思います。
その拡大が少しでも少なく、そして狭い範囲で収まっていけるよう、ワクチンが確保出来るまではやはり向き合っていかないといけない、さらには寄り添うつもりでいないといけない日々なのかと思います。

私個人的意見としましては、賛否両論出ると思いますが、住めば都のそれぞれの生活圏で今は何とか居心地を求めていく日々を模索していければいいんじゃないかと思いますし、どうか東京に住む人は特に、今は、今だけはもう少しその都に留まって周りを見渡してほしいと願ってしまいます…。


大気もおかしく、梅雨らしいだけで収まらない大変な地域も出てしまいました…。

もうこんなに心の雨も降らせ続けないでほしいです。

Fotor_158900216421825


私はね

「優しさ」が一番大切で強く逞しいものだと思う

そして

「感謝」が大事なことで配慮や謙虚さも生むと思う

それを

ずっと維持出来なかったとしても

忘れないモノコトの受け止め方や進め方が必要なんだと思っている

後は

相手がいる時はその人の立場や気持ちになって顧みることが出来たら尚のこと良いのかも…

Fotor_158793678062893


自分で命を絶つこと

そして他人の命を奪うこと


それさえしなければ極論、本当に極論の話しで、もしかしたらそれ以外は何でもありなのがこのセカイなのかなと思う自分がいます。

その中で起きる事態や現実は“生”ある以上その先に続き、当事者の中で解釈や理解を巡らせ、自分の人生を歩んでいく糧に出来るかが重要になってくるんだと思うし、その経験でその人の“幸せ”の価値観や生きた心地が様々に変化し芽生え“喜怒哀楽”“感覚感情”全てが生きることの意味なんだと感じれるんじゃないかというのが僕の考えだったりするわけです。

もし「死んだら楽になるかも」と自分の命を絶つことを考えたりそこに答えを出そうとしている人がいるならば、それは絶対違うし、死んだらその楽という気持ちも芽生えず、やはり喜怒哀楽全ての感情とこれから生きていたらもしかしたら変わるかもしれない人生さえ見つけられない無のまた無になり全てが絶たれることも想像してほしいし、それが起きた時に残された周りの人や友達、特に家族や親族、その両者がもし居ない人でも産んでくれた人がいることを想像すれば「人間は生を受けたら必ずいつかは死ぬ」ってことだけは儚くも決まっていて、その楽になるかもしれない思いはいつか必ず叶ってしまうんだから、それまでを生きてみてはどうだろう…?苦しいことも生きている自分の価値なんじゃないだろうか…?と気付いてほしいと思ってしまうし、人の命を奪おうとする人がもしいるならばそれは言語道断、それでも犯罪に手を染めようとする人がいるならば、前者と同じで近くに居てくれる人や、家族や親族に産まれてきたことの価値に身を置いて、周りに迷惑をかけるかもしれない現実と理性を保ってほしいと願うばかりでしかない想いです。

そしてそれが人生で、その一人一人の行き方や生き様が交差する世の中に僕たちは約77億分の1という価値ある者として毎日を歩んでいるんだと思うし、今もこうやって歴史を残していってるんだと思います。


今起こってしまっているコロナウィルスの現実は、いろんな角度やいろんな視野があり、その中で最前線で動いてくれている人、そして後を追うよにその中で働き生活している人達の思考や実情が入り混じって様々な混雑や困惑を生んでいます…。

視点を僕の目線から話させてもらうと、やはり国や府や市の救済策はいろんな意味で生き延びることには事足りない…。
僕の店が資金力に乏しいのも実力が無い上の話しではありますが、それでも70年細々と地道に重ねてきた時間や残した足跡は今日まで続いている証だし、そこには支え続けて下さるお客様や関わってくれた人達がいるからこその話しで、時代で考えれば一瞬一瞬かもしれない数々の思い出がたくさん詰まった場所を僕は失わせたくないと強く思って今もお店に立っています。

要は非常事態宣言、自粛や休業又は時短要請のある中で営業を続けています。

改めて最前線で働きかけている方、医療現場やその関係の人、そして感染された方や恐れている方から見れば御法度かもしれないし、理解を得れない判断というか決断レベルかもしれません…。

本当に申し訳ない気持ちです。
すみません。

冒頭の命の話しにも照らし合わせれば、後者にも成りかねない状況です…。

しかし要請レベルでとどめてしまうこと、そして僕が生活している京都や地域の状況に視野と把握を特に広めながらの現実の中で、やはり府や市は、さらに日本のトップはこの業種に関しては守ることに関して比重は軽いし、そもそもこんなことが起きるなんて想像もしてなかっただろうし、そしてそれは僕もそうだし、国も京都も誰も責めることなんか出来ないことなのであれば、僕たちの納めている税金や財源の使い道はどうであれ、店や自分、そして近くの人達を守っていくのは自分達なんだと思ってしまいます。

そう、誰も頼りにしてはいられないのかも…ということです。

となると、冒頭の前者がこれから増え続けてしまうかもしれない近い将来を想像すると、僕や店が出来ることというのは人の命よりも、命ある中で生じる生活に重きを置き、それを大事にしてみることなんじゃないかと今考えています。

もう以前のような京都は戻ってこないでしょう。
人々の価値観や意識が世界レベルで変わる事態が起こっている訳なんですから、国の経済も社会も生活も幸せの価値観や様々な比重のバランスがきっと変わるんだと思うし、戻るとしても数年後や数十年後かもしれない話しで、いろんなことが進化したり、進み過ぎてるモノコトに、もしかしたら前に進めるべきバランスと位置付けを見直す時間になるかもしれません。

僕は今、店の存続にある意味大袈裟かもしれないけど命懸けです。

それは自分だけのことじゃなく、家族や雇用者、そして何よりお客様の求める時間がお店にあるのであれば、今の状況で感染に関して無意識な人は居ないと思うし、お店もお客さんも、そしてそれぞれが、皆が対策や対応に意識を図っていれば防げる率も高いはずと信じたいですし、でも周りの状況を見ればこれも浅はかな認識なのだと重々承知だし…。

けど、こと店の存続を賭け、今お店に足を運んで下さる方の行為は喫茶店の位置付けとして不要不急でない生活の一部になるのであれば、不安や不満しかない今の生活の中に、中には家に閉じこもり過ぎて生きた心地もしないという声に耳を傾けれる“場”になる必要もあるんじゃないかと迷いながら日々を送っています。

僕はいち喫茶店のマスターにしか過ぎません。
だけどそれと同時に経営者です。
会社という括りでいえば最高責任者ではありますが、僕は人の上に立とうとは思っていません。
肩書きとして立場はあれど、店を守っていく者としては僕は立ち位置は皆と一緒だと思うし、どれだけ先頭に立てるかが重要とされるだけで、この考えが店の中でも紆余曲折するのであれば柔軟でいたいと思っています。
さらにはお店は僕の「物」ですが、お店事態はお客様や働き手の「場」です。
それが著しく傾き、僕のエゴでしか感じれなくなった時も早急に適切な対応を取らせてもらいます。

近くの店も、そして知った店も本当に数多くが苦境に立たされ、その判断を仰がれ、そしてもう次々と閉店(廃業)の選択に追い込まれている所もあります…。

そうなりたくはない、そしてそうさせたくはないという想いが自分目線でもお客様目線でも、そして保身と言われても現時点最良の手であると信じるしかないですし、命に矛先を向けた時にも、ある意味店が無くなっても自分の命は守られますが、それでも比重は様々なモノコトを積み重ねてきたこの場所の『六曜社』を守り続けていくことに重きが向きます…。

後は本当にお客様のことを考えた時に、命があるからこその一人一人の生活の一部の場として喫茶店があるべきなのか、命に替えられるものはないと、起こることも分からない最悪の事態を想像した時に、個々としても店としても感染予防をする中でも営業することのリスクが布石と受け止めた時は、要請など様々な発令に対応していきたいと思います。


さぁ明日から5月です…。

時間や月日の区切りとして切り替えれる時に、延長確実な宣言も一つの目安まで後1週間。
そしてまた時間や月日の進み方が今までと何も変わらないはずなのにゆるやかに感じてしまう日々にさらなる先を見据えないといけない時間も間近かと…。
ふと我に返ってみて、不安やナーバスに押し潰されそうになり、目の前の様々なモノコトの大事さや、明日や先があることの大切さに視野を向け忘れている人はいませんか?

どこかに出てリフレッシュしていきましょう!とは到底言えませんが、笑顔を忘れないこと、笑顔までは言わぬとも微笑みを探すことや体を動かすことを家の中でも忘れないでほしいなと勝手ながらに思ってしまいます。

僕自身このような場を使って、こんなことを語っている時点で同情を売ったり、弱音や弱気を見せているにしか過ぎませんが、少なからずどうか、どうかこの先の未来が少しでも早く明るくなる日が来ることを願っております。

そしてどんなカタチであれ、僕としては『喫茶&カフェ魂』で同業者がそれぞれでも、お客様にこんな時だからこその力を発揮していけることを信じて努めていきたいと思います。


※いろんな情報も頭に入れて、この投稿をしても正直コロナウィルスがつきまとう限りは葛藤の中にいると思います。
共感も有難くは思いますが、様々な角度からもしご意見が在られる方はコメント宜しくお願いします。
返答は差し支えるかもしれませんが、必ず参考にさせてもらい判断していきたいと思います。

どうぞ宜しくお願いします。

あぁ

あの時あぁしていればこうなっていればと思ってしまう気持ちや後悔の時間は戻ってくることはないんだから
思い通りにいったはずの時間さえ想像しても仕方ない

それなら

そうならない選択をしていくか
あの時あんなことがあったからこんなことが起きたからと思える心と経験を募らせて取り返していくことしかできない

むしろ何かが起こってしまうっていう時もある


だから

昨日も今日も明日も大事にして
今ある一瞬一瞬と向き合って大切なものを拾い集めるだけ

そして

そうやって足跡ができる未来を受け止めること

Fotor_158689766876243

Fotor_158304377114961


昨日は四年に一度の閏年、午後からは雨とともに僕は15時からお店に立った。
世間の話題はコロナウィルスへと移り変わり、モーニングの時間は閑散としていたと伝え聞く。
それでも打って変わってティータイムと言える時間からは本日老若男女が入り混じり、一つのハコの中でトキを共にし、それぞれのテーブルの時間、そしてその人一人一人の人生が交差するひとときが見事に交錯し相俟って、僕たち働き手と共にいろんな会話や表情と全ての音が本当に一つの空間として広がりナガレていると感じるセカイへと繋がった。

それを僕は“喫茶的オーケストラ”と呼び、時には“喫茶ロック”と化す姿もある。

そしてそんな光景や風景をカウンターの中からの視点や肌で感じれた時に、僕はこの仕事の醍醐味を痛感し、鳥肌と共に少しの涙をこぼしそうになる時がある。

「これを待っていた!」

いつ訪れるか分からないその感覚や感性の中で想いふけりながら、やりがいと幸せを感じれる時があり、その感情がいつまで続くかは分からない。
そしてそれは薄いガラスで守られいるかのように繊細で、何か一つ少しでも何らかのズレが生じてしまえば脆くもヒビが入り、瞬く間に現実へと突き戻されてしまう。

そして今度は「いつ会えるかな」

と次の一瞬一瞬へと我に返るのである…。



名前の知らないお客様の注文を聞き、それを提供し見守るひとときを経て、お客様を送り出すだけのこと。

そんな連続に、「毎度!」と声をかける人が出来れば、一言二言言葉を交わす間柄を築き上げる人もいる。
何年ぶり、いや何十年ぶりに訪れたという方の思い出を共にすることもあれば、今日だけになるお客様とだって時間を共にすることを積み重ねていく毎日。

それが“一期∞会”と繋がってほしいと願う日々。

いつからか時代背景と共に“早い安い旨い”が求められ時間を消化する感覚に奪われてきて、経済の在り方と共に資本力のある店や外資系も増え、食券やセルフ式が増えたと思えば“ほったらかし”を自由と感じるようになってしまった飲食の時間。
そして今はお客さん自体がどう感じるかが全てになってしまっているのがほとんどで人任せ。

更には簡素化が生み出された社会。

でも本来は空腹を和らげることに、外で時間を過ごすことに、何らかを満たす“豊かさ”を求めていたはずであって、そこにはそこで過ごす時間でさえも充実が図られるはずだったと思う。
そして作り手にも手間があり、愛情や想いを込めるような個性が放たれ、いろんな意味で時間をかけることにも抵抗がなかったようにも思う。

これもまた便利や利便性を求めすぎて出来た価値観の違いなんだろう…。

だから何も悪いわけじゃない、相手がそれが良い、それでいいと思っているのであれば尚更。
だけど期待を裏切ってはいけないよなと思う今日この頃。

僕が本当に良いと感じる場所には“機微”という絶妙の距離感でその時間を一緒に過ごせる感覚があるし、その時間がほったらかしではなく見守られているようで心地良いし、それがお客さんという立場でもある意味マナーを問われる背筋が伸びるものにもなる。

それがお客様と働き手の尊敬心で、それらが双方の求める信頼関係の構築になるはずではないだろうかと強く思う。

確かに時代や社会は時間に追われるような、様々な現実問題として余裕のない日常と化してしまっているのかもしれない。
けど、本来喫茶店やカフェという場所の時間は止まり木のようなリセットやリフレッシュといった何かを蓄える場所で、ただ消化するものではない。
その人の人生の中で考えればほんの一瞬かもしれないコーヒーを傍らにする時間を預かったつもりで外に出るまでの時間に結びつけないといけないし、外に出てからの充実に繫げれる場所でありたいと僕は思う。

それはもしかしたら一緒に時間を共にする働き手にだって目を向ける必要があるかもしれない。

腰を掛け、コーヒーにホッとひといき息つくため息が何かを吐き出し小さな幸せを再度吸い込む空間でいたい。
そしてそんな一人一人のお客様の時間が満足となり一つ一つの積み重ねとして、その人にもお店にも次に繋がっていけばいいのだと思うし、そういったモノコトの本質を説いていく連続にもアンテナを張っていきたいと思う。

喫茶店やカフェとは何ぞや?と問われても今も答えは出ないし、答えのない正解を追い求める日々を過ごして何かしらに行き着くことが大事なんだと思うけど、あなたにとってコーヒーという存在は何?と問われれば迷いなく僕は“飲む音楽”と答え続けていくと思う。

こんにちの世間や世論の真っ只中で、お店としても、お客様が外に出ることにさえもお互いが注意をはらわないといけない中で、それでも今お客様がお店を目指してくれること、今ならそれは予定も崩れて行き場を失ったり時間を持て余してる人だっているかもしれない。
そんな時でさえ、どんな時でさえ、この喫茶店やカフェという場所は人々にこれからも飲食として満たすだけでなく、時間も心も満たしていける空間としても日常に寄り添う身近だけど特別な矛盾を一環出来る居場所や異空間として在り続けたい。

2020年が始まり早1ヶ月が過ぎようとしています。

令和になって初めての新年、そして干支も子(ねずみ)と始まりの年で、何かと新たな気持ちになると同時に、加えて激動の1年になりそうな気配を感じます。

新年早々、海外ではアメリカとイランの政治的な問題や、オーストラリアの自然災害、イギリス王室やEU離脱の動向に、社会的な事件といえばゴーン氏などなど重要な話題が後を絶ちません。
ここに来てウイルスや地震までも…。

目の前の日本に目を向ければ、芸能界や政治の部分の話題も多く、もうお腹いっぱいな2020年のスタートです。

それでもまだまだ続きます…。

京都はもうすぐ市長選、4月からは近年話題となっている受動喫煙の問題も一気に条例として取り締まりが強化されます。

そしてオリンピックのビッグイベント!

これに向けてはHACCPやJGAPなどの食品管理や工程、ハラールやビーガンなどの宗教的なことも含めた食に対する認識、さらにはアレルギーなども含めた食品表示に関しても一気に理解や対策が必要となってきました。

そしてその先にはさぁ次の日本、安倍さんや政権はどうなるの?に続いていくのがもう分かっていて、デジタルやテクノロジーだけではなく時代がもう次へ次へと進みそうで着いていけるか分かりません…。

オリンピック以降に日本はどこまで止まることなく発展を遂げようとするのか、それとも落ち着こうとするのか、はたまた衰退していくのか、大阪万博もまだ先にあるし予想がつきません!

日本も世界に向けて、いろんなモノコトが国際基準、世界視野になっていくし、そうやって京都はあれよあれよと観光公害が問題になってくる始末。
主要都市はそうなのかな?
オランダも観光公害がひどくて、Holland表記を無くす?みたいなNetherlandsとして国をアピールするみたいなことを摸索してるとかしないとか…。

消費税が上がれば、雇用に関しても最低賃金は上がるし、原材料や資源の原価が上がれば、京都は土地や物価の高騰で訳分からないし(笑)
そういったお金のことも含め、様々な税やそれを使う政策に対してもありふれた問題にだけ視野を向けるのではなく、それをすることによってという負担する側にも細やかな視点を持って幅広く、そして問題になる前に対応してもらいたいです。

ほんと一人一人に目を向けてほしい。
そういった感じ。

もうホンマに資本主義社会で、大企業しか生き残っていけない世の中になるんでしょうか…?
中小企業や個人経営に一個人に対しても、ある部分に目を向ければどうやって生きる幸せを見つけたらいいのでしょうか?っていうくらい貧困問題も加速しそうだし、政治や社会、何より経済に対して目を向ける所を間違ってほしくないっていうのが、僕みたいな知識レベルの人間でも不安や心配になる今日この頃。

市民とは何かみたいな?

良いこともあれば悪いこともある。
正解や答えのない問題はあるけれど、それならば尚更多くの人が納得のいく理解できる、支持のできる国になってほしいものです。

やはり選挙は大事なんですね…。

加速するだけでなく、何かを競ってるわけではないはずだから、何とか立ち止まって時代背景や文化と共に発展するだけが全てではなく足並みを揃えていくことも一人一人の笑顔や幸せが広がる選択肢なんじゃないかな?って思ってしまいます。


『さぁそんなこんなで今年で六曜社は70年の節目の年を迎えます』


何だか偉そうな発言から始まり熱を帯びて僕が加速してしまいましたが、僕は知識人でもなければ常識人でもないと思うし、学力も低い方だと思います(笑)
そう、何も知らない、全てを知らない中での発言なので薄っぺらさ爆発です(苦笑)

とはいえ、自分の仕事には真摯に向き合ってるとは思うし、何より感性で生きてきた人間ではあるので、そうやってここまでの道のりを歩き、今ここまで来れたことには少なからず自信には繋がってきています。

そんな専門分野から言えば、喫茶店と呼べるお店は全国で4
万件を下回ったとか…。
全盛期から比べると3分の1になってきたようです。

それでも昔はお酒も飲める場所だったカフェと呼べた場所が時代背景と共に今はコーヒーを飲む場所として確立され、根ざし、そのブームと勢いは今だ加速しているので、コーヒー業界としては生活の中の飲み物として、その存在意義や価値、そして生活の一部に加わる必需品になってきてるようには思えます。

問題なのはその業態。

ジャンルはあくまでジャンルにしか過ぎないのですが、喫茶店と呼べた、脱サラをして人生を賭けたような、一個人が個性を放ち、人も店もメニューもオリジナルなカラーを発揮しようとしてきたセンス的な部分、何より生きるために仕事をし、家族を守るというパッション的な部分から言えば、今はこの仕事はファッションでしかなく、この仕事に限らず働き方は生活のための一部分にしか過ぎず生き様ではありません。

だから続いていく店も人も少ないんだと思います。

それは僕も偉そうなことを言える立場ではないしどうなるかも分からないし、今生きてる時代があるのですから逆らう必要もなければそこに良さはあるけれど、物や知識も情報も簡単に画面を通して手に入れることが出来るようになり、何でも揃っていて何でもあることが幸せなような世の中で、けど何かを欠いてきてるような…。

そう感情の部分。

便利や利便性を求めていろんなことが簡素化されていることも問題じゃないのかな?とも思います。

豊かさの認識が少しズレてきていて、人生感で言えば、何かを手に入れてるようでも、実は自分の足跡を振り返ってみた時に何も残っていなかった?みたいな、本当の意味で自分が強くたくましく生きていける支えてくれる苦境とか挫折とか、喜怒哀楽全てを含め自分が自分であるルーツに、先を見る夢や目標といった希望にさえ出会える豊かさが狭まってきて、安心安全であることに守られすぎていることも増え過ぎたような、いや縛られ過ぎてきているようにも思ってしまうのは僕だけでしょうか?

本当の意味で今の時代は有り溢れてはいるけど、ありふれていて何もないのかもしれません。

生きるって何?人生って何?くらいのレベルの話しなのかも…。

だけどそんな世の中だからこそ、今そこに疑問を持ってる人が多ければこれからの未来も明るいかもしれません。

時代はまわる。

後戻りすることも出来なければ、無情でも非情でも、今を生きて「あぁあんなこともあったな、こんなこともあったな」と笑える自分や時代になる、努力をする、ことでしか報われません。

栄光に近道なしと言うように、遠回りすることも大事だったりすること、その遠回りから自分の歩きたい道に戻れた時の喜びが大切だったりすることもあると思います。

そうなることが全てではないし、人生色々かと思いますが、後悔を後に立たない選択をその時その時選んで、今と先を見据えながら自分なりの満足や充実を求めていく連続なんだと思います。
それは自分の中の責任感が重要です。

仕方がないこともたくさんあるとは思うけど、どうしていきたいか、どうなりたいかの土台作りや視野はやはり大事なんだと思います。

話しがあちらこちらに飛んでややこしくなってきてますが(笑)

Fotor_157867454419946


京都の喫茶店は進々堂の百万遍のカフェが一番古く、次にスマートコーヒー、そしてフランソワやソワレに築地に静香、大きい所はイノダコーヒーとそこら辺の順番はちょっと把握していませんが、その歴史あるお店と共に『六曜社』も同じく身を置いています。

オシャレで心地良いけど、オリジナリティとは違うような最近のカフェとは違って、勿論良い店もたくさんあると思っていますが、喫茶店と呼べる場所にはおおよそ個性と居心地がついてくると思っています。

何より自分たちが営んでいる地域や人に、生活や商いを共にするかもしない拠点を大事にしているからこそ、外からと言える人が来た時に、その場所・空間のトキとを感じれることが醍醐味にもなっているのではないでしょうか?

だから長く続いていれば、続いているだけの思い出やエピソードがお店という箱の中一つに詰まっている。

それが目に見えないカラーであり、僕たち人間が心揺さぶられる感情を刺激するものだと思うし、その感情や感動というのはやはり、直接的でも間接的にでも“ぬくもり”があることのように思います。

喫茶店は特別ではありません、イタリアンやフレンチに会席や本格中華のような高級品でもありません。
勿論誰かにとっては特別な思い出はあると思いますが…。

実家に帰ったような、母校にタイムスリップしたような、旨くても不味くても家のご飯を食べてるような(笑)いつでもどこにでもある小さな幸せを拾い集めたような、それぞれの思い出と共にトキを刻める第二の家、いや、泊まれないから第二の部屋みたいな存在価値があるとも思っています。

そしてそこにはお店自体なのか、店主なのか、はたまた従業員なのか、そのテーブル一つ一つを見守り見届け、お客さんの時間の使い方に寄り添うニーズがあるからこそ、これからも残り続けてほしい文化の一つなのです。

だからこれからも喫茶店としての意義を問い、コーヒーの可能性も求め・広げ、時代にナガされるのではなく、それでも時代と共に残し、守り続け、文化を築き上げる場所と時間を繰り広げていきたいと強く思っています。

Fotor_157353981278482


ちょっと音楽やりたいなって思って

触ったくらいで終わって

なんだかんだ生きてるけど

夢みたこともあって

いろんなものこと考えるようにもなって

結局僕は

何かを記す感じじゃなくて

何かを伝えていきたいなっていう思いは

コーヒー屋さんをしながらも持っている気がする…

Fotor_157362763831349


金木犀がどこからか薫って夏の終わりを知らされて

肌寒くなってきて秋が始まることに身構えて

何だかその陽気に想いふけって

まちなみの景色に

人の歩く姿に

誰かの横顔に

人生はドラマなんだなって思わされる

いろんなモノコトがスマートに

そしてシャープになっていく世の中に

安心安全になっていく時代に

悪いなんて思わないけど

省いてはけないものもあるんだって

遠回りする必要があることだってあるんだって…

ひとりひとりが足並みを揃えても交差するノスタルジア

Fotor_156685010745544


もし

真っ暗闇に迷い込んだとしても

光が放たれている場所を探し求めること

それを諦めないこと

怖くても

辛くても

その人なりに光が差す場所は必ずあるはず

それを信じて

ゆっくりでも気をつけて

少しずつでも確実に

何処かへ向かおうとすることが

その人が一番早く輝くことの鍵になると僕は思う

自分が希望の光になることだって出来るんだ

そこで初めてセカイは広がる

IMG_20190607_034941


「昭和の時代は良かった」

と言いたくなるのは喫茶店を営んでいるからなんでしょうか…。

古くさい価値観になってしまってるのでしょうか…。

平成も過ぎ、令和になったからと言うわけではありませんが、時代が進むというか進歩していくことが止まらない昨今に僕は何だか戸惑いを感じてしまいます。

特に便利や利便性を求め、モノゴトに簡素化が図られることがあまり好ましいとは思えない性格。

勿論技術の進化というのは助かることがいっぱいあって、ありがたいことも多いのは確かなのですが、“技能”みたいなものが奪われ、“会話”を省かれ、何より“人”という存在が必要なく、システム化やグローバル化が進み、アナログではなくデジタルな部分を大半が必要としているこの世の中と繋がり方にある意味怖さを感じています。

小さな話しかもしれませんが始まりはきっと、
固定電話やフィルムカメラに手紙etc…。

イコール、
スマートフォン、デジカメ、パソコンetc…。

そんな感じ。

不手際でもたどり着くことに意味があって、そこには失敗や成功という結果よりも、それぞれのゴールがあって、そこまでに行き着く過程で様々なことを学び感じれて、何より相手がいることに対して距離では測れない繋がりを感じ、もっと大事に思えたことがたくさんあったと思う。

完璧を求めることは素晴らしいけど、でもそうでなくても素敵なことはいっぱいあって、正しいことだけや、正解ばかりを求めない、もう少し大雑把で良くて、愛嬌や無礼講みたいなことで許された“人間味”みたいなもので溢れてたように感じる。

決して否定ばかりではありませんが、IT関係の社会が広がり始め、ツールみたいなものがコンピューターに支配され始めてから、いつの日か“人間はもう頑張らなくていいんだ”という思考が増えてきたと思う。
そしてスマートに、結果的に迷わないルールを作りすぎてはいないだろうか?と疑問に思う。
勿論そこにも答えや正解はないから、全てに間違いなんてものも存在しないと思うけど、でもいつも思うのは、何かが削ぎ落とされていて、何かが奪われていて、人間が人間じゃなくなっていくような時代が来てしまいそうで不安だということ…。
それを作り出していってるのが人間かもしれないなら尚更…。

ダイアモンドの原石は初めから綺麗ではなくて、何かにぶつかり磨かれ、時を経て光を放ち、そして形を成して輝くように、綺麗という言葉では語れない、泥臭くても美しいと思える世界観や道のりがそこにはあって、矛盾を一環出来る色の放ち方があって、形を整えることが全てではない人間性や個性がもっと大切だったようにたかが珈琲屋の僕は思うんです。

感情のないぬいぐるみにさえ愛着を抱き、システムやマニュアルで作られたロボットにさえ情を抱ける僕たちの、まだ今の時代は進み過ぎてはいけない、止めないといけない「何か」があるように思うし、進歩に対して問い、その技術の使い道を選択し、人の技能を守っていく、感性を残していく、人間の生き方までを考えるターニングポイントに立ってはいないだろうかと真剣に考えてしまう自分がいます。

生身である事というか、源というか、レコードやカセットもそうだし、ラジオだってそう、今も根強くそのアナログが人の心を刺激しているのは、そこに直接あるモノコトが想像でき、目には映らなくても元ある姿が想像出来るからじゃないでしょうか?

何にも加工されない本質みたいなものの大切さ。
それは食材にだって言えることだと思うし…。

どうなっていくんだろう…、世界は地球は時代は…。
野球の球数制限は…(また野球 笑 )
でも後先ではない、もう戻ることの出来ないその一瞬に賭ける情熱だってありなのが人間だと僕は思う。

AIに支配されてはいけないと思うけど、ロボットが涙するそんな時代が来たら確かに人間はラクして幸せに長生きできる平和は訪れるかもしれないけど…、果たしてそれで良いのかな?って思う人はどれだけいるんでしょうか?

少なからず僕は自分の喫茶店という仕事を通して、大それた考えかもしれないけど、そういうことを皆さんに感じてもらえる空間を作り続けたいと思う…。

IMG_20190525_101603


僕はね、商いっていうのは店主がこだわりを持ち続けること、働いてる人がやりがいを持てること、そしてお客さんがそれを感じれて、互いに皆が少しでも笑顔を持ち帰ることが出来たらそれだけで良い場所になっていくんだと思う。

後はそこに居場所や居心地という良い時間がうまれるかで続いていけるんだと思う。

お店のカタチは様々だけど、そこにはやっぱり主役は“人”なんだっていう感覚がある。

悲しいことも嬉しいことも

大事なことも大切なことも

後悔なことや無情だとしても

そして子供でも大人でも

なぜ絵本は心の扉を素直に開いて開放してくれるのだろう。

IMG_20190502_051418


このページのトップヘ