ロルフィング®のたちばな【目的地があれば“必ず”たどり着く】

ロルフィングとは手技療法を活用した計10回のセッションを通して身体を整えるボディワークです。【運動制約仮説:運動を行っている当事者が意識的に制御しようとして邪魔しない限り、人間の運動システムは効率的に機能する:書籍「注意と運動学習」より】に則ったロルフィング®&ムーブメントセッションを一般の方からアスリート、ダンサーまで提供中☆

【トップページ】セミナー/イベント情報

2017-02-03-00-17-39












「ロルフィングのたちばな」ではスポーツやダンスでも通用するパフォーマンス向上の視点でロルフィングを提供しています。

image「ロルフィング」とは10回の施術で全身を整えるボディワークです。一般の方からダンサー、アスリートまでセッションを提供しています。身体に対する悩み(痛み・姿勢・パフォーマンス)を解決します。是非ご相談下さい^ - ^


【施術テクニック各種】
🔸骨膜リリース
🔸スクラッチ・テクニック(筋膜、骨膜)
🔸関節、内臓、頭蓋ワーク
🔸ボウエン・テクニック
🔸シナジーポジション・リリース

【ムーブメント各種】
🔹脱力筋トレ(シナジー・トレーニング)
🔹シナジー・テクニック
🔹重力ワーク
🔹軸トレーニング


【骨膜リリースセミナー】
①骨盤帯
②肩甲帯
③脊柱&胸郭【2日間】
④頭部&下顎骨
⑤アームライン
⑥レッグライン
⑦スクラッチ・テクニック&知覚

セミナー/イベント情報

--------------------------------
⚫︎骨膜リリースセミナー「脊柱・胸郭・頭蓋」【残り3枠】
9月22日(土)〜24日(月)10:00〜17:00:3日間
http://blog.livedoor.jp/rolfing_touch/archives/53974024.html

--------------------------------

※セミナーは施術系、ワークショップ(WS)はムーブメント系内容になります。
※過去開催のセミナー&ワークショップは2名から開催可能です。
ご要望がありましたら告知して2名集まりましたら開催という
流れになりますのでご遠慮なくご要望下さい。
※開催決定後のキャンセルはキャンセル料100%が発生します。
少人数制の為ご了承ください。




◆ロルフィング

⚫︎骨意識を通す“骨膜リリース”を中心とした施術を提供します。
⚫︎各セッションにテーマがあり10回で一つのシリーズになります。
⚫︎単発セッションも承ります(事前にお伝え下さい)。
⚫︎ロルフィング(10回)修了後の定期的セッションも承ります。
⚫︎場所:東京都JR大崎駅より徒歩数分
⚫︎ロルフィング:15,000円(100分/1回)
⚫︎アスリート・ダンサーのためのロルフィング:15,000円(100分/1回)

◆お申込み
ロルフィングのお申込みの際は下記項目を記載してメールにてお申込み下さい。

rolfing.touch@gmail.com

タイトル「お名前:セッション希望」
①名前(ふりがな)
②メニュー名
③希望日・時間帯(第3希望まで)
④メールアドレス
⑤携帯番号
⑥セッションを希望される動機(簡単にでけっこうです)

【メニュー詳細↓】
http://rolfing-touch.link/post/149911920755/ 
【お問合せは↓】
http://rolfing-touch.link/post/149911829840/


2017-02-03-00-17-51









 

自己投資をするか・しないかの選択の結果

【痛み】【バランス】【動作の質】の改善
ロルフィング&ロルフ・ムーブメント
パフォーマンス志向の
アドバンスロルファー“たちばな”です^ - ^
---------------------------------------------------------

先日、友人の結婚式参列の為久しぶりに岡山へ向かいました。

C7BAB11A-AD30-4F38-B75C-4BF5B16455FA

岡山への大学の4年間、就職して5年の計9年間住んでいましたが
大学から就職しての前職時代のことが自然と思い出された
のですが色々な違いに気がつきます。

元々身体が緊張体質でスポーツが好きではありましたが、
運動自体が上手く行えず苦手としていました。

そこで誰でも労力に見合った上達ができる方法論を
見つけようと大学では健康関連ではありますが体育学を
学びました。

その大学当時はこの世の中に既に誰でも身体運用を高める
効率的なメソッドがあると考えており、そのメソッドを
見つけてネットで公表しようと考えていたわけです。

今になってみるとそんな簡単なことでは無いことが
わかります。

文章や動画で懇切丁寧に説明したとしても
わからない人にはわからないものです。

まず身体への考え方・捉え方を変える必要がありますが
それが実際にセッションをしてもその認識を変えるのに
数回のセッションが必要となるケースが多々あります。


就職して運動指導の仕事についていた当時では
身体について試行錯誤する為にダンスを学び始めました。
ロルフィングの10セッションを受けたのもこの前職時代です。

思い出すのはDVDやレッスン、ロルフィングなどで気づいた
方法論が直接仕事では使えないという制限があったこと。

その方法論自体は効果が期待される可能性は
高かったのですが、ストレッチと自重やチューブでの筋トレ
しか認めていないスタッフや会社ではその方法論を
現場で実施することは禁止されていました。

勉強会を開催して少しづつスタッフの意識改革を
始めたのですが全スタッフのいる場で平然と

「興味が無い」

発言するスタッフもおり思うようには行きませんでしたね。

現在では自分の仕事(ロルフィング)のアイディアを
もらえそうならセミナーなどに積極的に参加しており
1つでも新しいアイディアが貰えれば元が取れたと
感じますが、以前は費用対効果を厳格に考えていました。

その値段に対する恩恵は100%あるのかと。

このような考え方だと当然進歩は遅々と進みません。

まぁ、なんらかのセミナーに参加してよい方法論があった
としてもそれを直ぐに仕事に反映できないならば、
そもそもそれほど外部で学ぶモチベーションは高くは
なりません。

今は何かアイディアを思いつけばそれを翌日のロルフィングで
試すことができますし、自分主催のセミナー&WSを開く
ことができます。

アイディアが直接に収入になるわけですから
積極的に学びに行けますし、面白そうな道具やDVD、書籍も
衝動買いし易いですね。

やはり自分の収入になる可能性が高いとなると
自然に学ぶモチベーションは高くなります。

今週末も天才希山愛さんの所属する“ばってん少女隊”の
Liveに参加する為に長崎と熊本に遠征します。
※今ツアーではその他に山口、広島、宮城に参加しています。

さすがに、どんな好きだったとしても仕事と無関係だと
飛行機や新幹線を使ってび遠征まではできません。

僕の場合はやはり『ロルフィングの上達に繋がる』かつ
『学べたことがロルフィングに即反映できる』という
大義名分があるので遠征ができるわけです。

どんなに学びがあったとしても前職のように即試すことが
できないならなかなかコストをかけての遠征は難しいですねf^_^;

ありがたいことに定期的に通っていただいているクライアントさん達
からはこの1年で、

『たちばなさんの身体が大きく変わった』
『ロルフィングが進歩していますね』


との声を頂けています。


ちなみに、前職の職場の状況ですが元々30数名ほどいた
スタッフですが現在10数名になり、半々ほどだった男女比は
現在男性2名しか居なくなったとのこと。

スタッフの多くもパートタイム契約のようでビジネスとしては
かなり苦戦を強いられている様子が伺えます。

提供している方法論もヨガのクラスを作っているようですが、
基本はストレッチや自重の筋力トレーニングで
10年ほど前僕が所属していた当時と大きな変化は
ないようです。

もし、新しい発想を模索していたらどうなっていなか
非常に興味があります。

例えば、僕が学んだり開発してきた、

⚫︎シナジー・テクニック
⚫︎シナジー・サポーター
⚫︎ロルフィングの知覚ワーク
⚫︎関節リリース
⚫︎重力ワーク

などを多少アレンジするだけで通常のストレッチや筋力トレーニング
の効果が変わってしまいますが、こうした新しい視点を導入していたら
多少は変わっている可能性があります。

知名度がない僕ですが、1セッション15,000円という安くない
料金のロルフィングを毎月継続的に受けていただいている
クライアントさんが多くおられます。

遠方からわざわざ飛行機や新幹線で通って下さる方も
おられます。
※クライアントさんの地方率がかなり高いと思いますf^_^;

当然、これは積極的に学んだ結果身につけたテクニックだったり、
知識だったりするので、コスト(労力、時間、お金)をかけずに
手に入れることはできません。

そして、コストをかけても必ず手に入る保証もありません。

こうした未知なる方法論に投資する覚悟があるかどうかは
ある意味一つの賭けです。

但し、現状維持のままではジリ貧であることは100%確実。

なので収益をあげる企業では新しい商品や技術開発に
成功の保証が無い状態で投資をします。

前職の会社はこの投資を全くしないことを選択
していたわけです。

そして、今の現状。

結果が明確になっています。

当時の僕の予想がかなり的中しており、
色々と考えさせられました。。。

====================
ロルフィング&ロルフ・ムーブメント
「ロルフィングのたちばな」
http://rolfing-touch.link/
==================== 

スポーツ分野でロルフィングができること

【痛み】【バランス】【動作の質】の改善
ロルフィング&ロルフ・ムーブメント
パフォーマンス志向の
アドバンスロルファー“たちばな”です^ - ^
---------------------------------------------------------

ロルフィングのテーマの1つは【重力との調和】です。

ロルフィングの創始者であるアイダ・ロルフは

『重力がセラピスト』

という言葉を残しています。

これは人の身体が重力と調和すると自然に身体の不調が
解決するという考え方です。

個人的にもこの考え方は多いに賛同しています。

但し、ロルフィングの問題点の1つとして【重力との調和】
を具体的に評価する方法が無い点が挙げられます。

なので【重力との調和】という言葉はロルフィングでは頻繁に
使用しますが、本当にロルフィングの結果として【重力との調和】
を身につける助けとなっているのかはかなり曖昧になっています。

この点はロルファーの中ではあまり問題視は現在されていない
のですがスポーツ分野にロルフィングを浸透させようとすると
問題が現れてきます。

アスリートは現実主義なので具体的に何が変わったかが
分からない場合にはそれを信用しません。

競技レベルが高くなればなるほどその傾向は強くなるのでは
ないかと思います。

個人的にはスポーツの分野でも通用するロルフィングを追求
してきており、ロルフィングをスポーツの分野で当たり前のように
したいという思いもあります。

そこで色々な評価方法を考えているのですが、
その一つが『重心移動』です。

【重力との調和】が身につくと『重心移動』がスムーズになりますが、
この『重心移動』が適切にできているかの評価として

⚫︎ローキック
⚫︎前蹴り
⚫︎突き

が使えるのではないかと考えています。

一般的な打撃は表面で威力が散ってしまい衝撃が浸透することは
ありませんが、重心移動が1センチでも起こると
相手の身体に浸透するような打撃になります。

面白いのは一見軽く蹴っても身体が持って行かれるような打撃に
なるということ。

こうした方法だと筋力の強さは全く関係なく
重心が移動できているかが明確にわかるのがメリットです。

具体的な方法としての1例は下記の動画のようなローキック
が挙げられます。
※Tweetの動画はYouTubeからの抜粋です。

重心移動(入り身)ローキック編
https://youtu.be/6oNYVGyVgww
 

この重心移動を利用したローキックはYouTubeの
この動画を見て初めて知ったのですが、理屈は
かなりイメージできたので柔道家の方への
ロルフィング個人セッションで試して見ましたが
初めてのチャレンジで成功しました。

キックミット越しに軽く蹴って見たところ
体重が一気に伝わり、クライアントさんは
かなりビックリされていました。

僕自身、大学時代にフルコンタクト系の空手を
齧っていたので通常のローキックは蹴れては
いたのですが運動構造がまるで違います。

重心移動を利用としたローキックの運動構造としては
“体当り”になります。

体験してもらった後でクライアントさんに通常のローキックを
指導して練習してもらいました。そして、重心移動を加えた
ローキックを実施。

これが中々難しいようです。

もちろん、クライアントさん自身は空手もキックボクシングも
未経験で柔道に足の刈り技はあるとは言え、蹴り動作に
慣れていないということもあります。

ですが、セッション後にこの慣れというものはあまり
関係がない事が判明しました。

ロルフィングの施術と重心移動を引き出すムーブメントを
行なった後に再度試して見ると当たり前のようにできるように
なってしまったからです。

まだ完全ではありませんが重心が移動できて浸透力が
高まっていました。

キックミットに当たる感触は非常に弱いのですが、
こちらの身体が浮かされるという重心移動ができた時、
特有の現象が見事起こりました。

そして、そのローキックの蹴る姿が見事に様になっているのです。

如何に重心移動ができるか、できないかで技術の習得度合いが
変わってしまうかを表すわかりやすい事例でした。

重心移動ができない身体を専門的に言うと『居着いた身体』と
いいます。

身体が居着いていると支持基底面に重心が引っ張られた状態に
なり、無意識で重心を支持基底面上に置こうと身体の反応が
起こります。

この時、身体に余計な力みが生じるので何か技術を
練習していてもその力みの為に上手く行きません。

それが、居着きが少しでも解消することにより
力みも無くなるのでそれまで上手く行かなかった
技術が途端に呆気なくできるケースが多くあります。

この柔道家のクライアントさんのセッションでは
ローキックの他に前蹴りと突きも試してみました。

前蹴りも上手く身体を浮かすほどの浸透力がでましたが
突き動作ではこのセッションでは上手くはできませんでした。

どうやら突きの場合には腕の操作も関係してくるようです。

上肢の専門的なムーブメントを行うとできるようになるのでは
と思います。

実はスポーツの動きでは重心移動を活用した技術が数多く
存在しています。

⚫︎スローイング
⚫︎バッティング
⚫︎フットワーク
⚫︎ボディコンタクト
⚫︎ラン

など

今回のセッションが示す通り、特定の技術を練習しなくとも
重心移動を根本的に運動学習できれば自然にその身体の使い方が
適応されます。

つまりは、重心移動のローキックや前蹴り、突きができるように
なれば他の動作でも重心移動が適切に使えるようになるという
ことです。

大事な点はこの『ある動作ができれば他の動作でも重心移動は
できるようになる』という点です。

上記の動画ではテクニック的な視点での指導をされて
いますが、これだと汎用的な効果は望めません。
つまり、ローキックに限定されるということ。
空手の前蹴りには応用がされにくいということです。

それがロルフィングではより根本的な部分にアプローチするので
日常の何気ない動作から変わるので、練習をあまりしなくとも
その動作の習得が容易になります。

そして、この動作をある程度できるようになってから
練習を繰り返すことによって効率的にその技術を学ぶ
ことができるわけです。

また、重心移動による浸透力というのは
アスリートの感覚言語としての【パワー】そのもの
です。
※物理学的には【パワー=力×速度】ですがここでの
意味合いは物理のパワーでは無いので感覚言語と
表現しています。

この【パワー】は筋力とはまた異なった概念です。

よく

「身体が細いのにパワーがすごい」

と表現されることがありますが、そうした場合の
パワーとは重心移動による浸透力と考えると
納得が行くケースが多いと思われます。

重心移動による浸透力がわかりやすい動画を
ご紹介します。

体格差に差があれば別ですが同じような体格で、
しかもよろけた状態で真正面からのタックルを
弾き飛ばすことは筋力だけでは不可能です。

疾走する伝説、ジョナ・ロムーの華麗なトライ RWC1995
https://youtu.be/zbvkBAGu278


ロルフィング界全体ではスポーツなどのパフォーマンス向上に
関心のあるロルファーは多くは無いのですが、個人的には
スポーツやダンスなどの分野でも通用するロルフィングを
探求しています。

こうしたローキックや前蹴り、突きのようにキックミット越しでも
その衝撃が体感できる評価方法はスポーツの分野にアピールする
一つの道具になるのではと考えています。

EBED3328-A794-4545-B9FE-83572BB980C1
AEB90C00-EBA6-497D-9297-E6C690BEBE54

キックミットやパンチングミットは随時ワークルームに
置いているのでもしこの重心移動を利用したローキック、
前蹴り、突きに関心があるクライアントさんは遠慮なく
ご要望下さい。

できるようになるには色々な前提条件があるので
直ぐにできるようになるのは難しいですが、
行う側も受ける側も体験はしていただけます^ - ^

ミット越しで加減すれば全く痛みは無いのでご安心下さい。

====================
ロルフィング&ロルフ・ムーブメント
「ロルフィングのたちばな」
http://rolfing-touch.link/
==================== 

美輪明宏さんのコンサート

【痛み】【バランス】【動作の質】の改善
ロルフィング&ロルフ・ムーブメント
パフォーマンス志向の
アドバンスロルファー“たちばな”です^ - ^
---------------------------------------------------------

先日、

【美輪明宏の世界~愛の大売り出し 2018~】

を観覧してきました。

8AF9F9AC-414C-4251-B40E-EB1A0B842060

きっかけは“関ジャ二∞”の番組でゲストで美輪さんが
でており、年齢が80歳を越えていると知って
今のうちじゃないとLiveで見れなくなると感じた為です。

会場は池袋西口にある東京芸術劇場(プレイハウス)。

客席が800席強の会場でした。

これぐらいの規模の会場がコンサートでは1番良いですね。

確かにコンサート中、足腰がよたよたとする場面があった
のですが83歳とは思えない声量は見事としか言えませんでした。

2部構成となっており、例年は1部にシャンソン以外の曲を
行い、2部にシャンソンをするけども今年は1部、2部とも
シャンソンで行うとの説明があり、

『ああ、ヨイトマケの唄は歌わないのか、、、』

と残念に思っていましたが最後のアンコール曲で
ヨイトマケの唄が歌われ最高の演出でした。

シャンソンは全くわからないのですが、
何か技術を越えているのはわかります。

芸事では【守破離】という学びの段階がありますが、
美輪さんの歌は「離」の段階というのが強く実感できました。

スケールがやはり大きいですね。

ある曲の中で手をひらひらとさせる
振付(?)があり、見事だなと驚きました。

体幹と腕が繋がっているので非常に美しい。

友人と二人で行ったのですが、友人もその表現が
すごいと感じていたようです。

83歳であの声量を維持しているのとこの腕と体幹の
つながった身体運用は無関係では無さそうです。

ももクロの逸話ですが、ボイストレーナーの指導を
守ると自由に動けない、という話がももクロの振付師の方
の著書に書かれていましたが、実は本質的に
正しい発声をするには逆なんではないかと
改めて感じました。

適切な身体運用をすると発声も身体表現も自由で
居られる筈なのに、目の前の小手先の技術に
こだわるとトレードオフとなりどちらか
1つしか選べなくなるということ。

しかも、それは見た目の体裁を整えるだけで
魅力が付いてこない。本物ではない。

もちろん本物になるにはそれ相応の労力や時間が
かかりますから、全てのコストとベネフィットを
天秤にかけて選ぶ必要はありますから、
難しい問題ではありますが。

必ず本物になれるという保証もないので、、、。

こんなことを考えながらコンサートを堪能しました。

相変わらずマニアックな視点ですf^_^;

58C179FD-2713-4647-B6D2-8C793278E8F2

本物を生で味わえる貴重な体験でした☆

====================
ロルフィング&ロルフ・ムーブメント
「ロルフィングのたちばな」
http://rolfing-touch.link/
==================== 
ギャラリー
  • 【トップページ】セミナー/イベント情報
  • 【トップページ】セミナー/イベント情報
  • 【トップページ】セミナー/イベント情報
  • 自己投資をするか・しないかの選択の結果
  • スポーツ分野でロルフィングができること
  • スポーツ分野でロルフィングができること
  • スポーツ分野でロルフィングができること
  • スポーツ分野でロルフィングができること
記事検索
自己紹介
名前: 橘 隆徳         (たちばな たかのり)
『ロルフィング』という「施術」&「動作教育」を板橋区高島平、品川区大崎にて提供しています。バックグラウンドは「ストリートダンス」「ロルフィング」「武術的身体操作」。趣味は英語学習と新聞コラムの書き写し。
プロフィール

タッチ

メッセージ

名前
メール
本文
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ