2017年09月24日

iPhone7でナビアプリを使ってるけど、なかなかすんなりいかない(その1)

(2017年4〜5月の出来事を掲載しています)

【ライトニングポートの変換アダプタ問題 その1】

・これまで、スマホのナビゲーションアプリを使って、「これからはポータブルナビを買わずに節約出来るか」という検証をやってきました。 ナビゲーションとして実用上は充分な機能だという結論に至り、ずっとバイクでも車でも使っています。しかし、バイク遠征でiPhone7をナビで使うためにはちょっとした工夫が必要でした。というのは、iPhone7からイヤホンジャックがなくなり、ライトニングケーブルの端子が1コだけになってしまいました。よって、iPhoneでナビアプリを使用する場合、充電しながらナビの音声をイヤホンで聞くことが出来なくなりました。
→ちなみに車で使用する場合は、イヤホンは使わないので問題にはなりません。


iphone7-01
そこで手に入れたのはライトニングケーブルの端子をオーディとライトニングポートの2つに分割する変換アダプタ。アマゾンで890円くらいで購入した安物ですが、2017年の1月から3ヶ月くらいは問題無くずっと使っていました。ところが、2017年のGWの遠征(その1)出発の前日の夜に問題が発覚します。
・遠征出発の前夜に一通りの配線、設置の確認をしたところ、このアダプタを使うと「このアクセサリはiPhoneでは使用できません」という旨のメッセージが表示されて、充電は出来るけど、音声が聞き取れないという現象が発生しました。少し調べてみたところ、iOS10.2あたりにアップデートすると、使えなくなるということが判明しました。
この時、アマゾンのカスタマーレビューも見ましたが、評価に大量の「星1つ」がついていました。私が購入した時は、こんなに悪い評価はほとんど無かったのに、変なものを手に入れてしまったと後悔しました。


まさか遠征の前日にこんなことになるとは・・・トホホです。出発までに時間がありません、そこで考えた代替策は2つ。

1)以前使用していたユピテル製のポータブルナビを使用する。 

2)iPhone7では音声が聞き取れないので、以前使用していたiPhone5S(SIMなし)をテザリングで使用する。

・スマホのヤフーカーナビとナビロー(DeNA)には、GW中に訪問予定の行き先を全て登録済みだったので、今更ユピテルのポータブルナビを使用するために、もう一度行き先を登録するのも何だし、そもそもマップがすごく古いのネックでした。それから、このGWの遠征中にDeNAのナビローを試してみたかったので、今回はiPhone5Sをテザリングで使用することにしました。iPhone5Sなら、ライトニングポートとイヤホンジャックは別々なので、音声は聞き取れるようになります。本意ではない苦肉の策でしたが、いちおうこれでGWの遠征(その1)には出発しました。音声の問題は回避しましたが、この後も何度も問題が発生ることになります。

・今更ですが、これまでにアマゾンでは安い買い物を何度もして、良かったこともあれば、悪かったこともありますが、良くなかったことのほうが多いような気がします。正直なところ、1000円程度のものであれば、使い物にならなくても仕方ないと諦めますが、出発の前日に突然問題が出たりしてジタバタするのはもう懲り懲りです。実は、GWの遠征(その1)の遠征中に、アマゾンで最新のiOSでも使用出来るという変換アダプタ(しかも懲りずにまたまた安物)を購入しましたが、これもうまく動作しませんでした。これからはもう少し考えようと思います。 

・次回は「バッテリー問題」を掲載します。
 
※掲載内容は全て訪問時点のものです、最新情報とは異なる場合がありますので予め御了承下さい。

rollei35 at 04:33|この記事のURLコメント(0)mixiチェック アクセサリー 

2017年09月18日

おやぢのとんかつ(3) 神奈川県川崎市 とんQ

(訪問日:2017年7月)

2017-07-07 11.46.05 - コピー (2)
・神奈川県川崎市のとんかつ屋さん「とんQ」は、川崎駅周辺の人気のとんかつ屋さんの1つです。京急の川崎駅から5分くらい歩いたところにありました。


2017-07-07 11.26.41
2017-07-07 11.31.32
・こちらのお店は50年以上続く老舗とのこと、私の想像では古い建物に油が染み込んだ壁と天井を想像していましたが、ご覧の通りとても新しくて清潔なお店でした。
・開店時刻の11:30頃にお店に到着、この時は1階にはまだお客さんはおらず、私が一番乗りのようでした。席について、ロースカツ定食 1,950円を注文して、そこそこ待つことになりました。


2017-07-07 11.46.03 - コピー (2)
2017-07-07 11.46.19 - コピー
・15分くらい待って、やっととんかつとご対面です。第一印象は「ものすごいボリューム」。お肉の揚げ加減は、絶妙の具合で赤身が残り、衣はサクサクというよりはカリカリ、お肉はものすごく柔らかくてジューシーでした。


2017-07-07 11.46.44 - コピー
2017-07-07 11.50.49 - コピー
・見て下さい、この肉厚! 少しだけ赤身を残すのが美味しさの秘訣の1つでしょうか、流石に美味しいです。いつもは必ずご飯をおかわりするのに、このボリュームのおかげで、おかわり出来ませんでした。途中で味に飽きることもなく、最後まで一気に完食しました。正直なところ、1,950円は少し高いかな?と思いましたが、これなら大満足です。
・店内を見ると、数々の著名人、有名人が訪れているようです。
 

※掲載内容は全て訪問時点のものです、最新情報とは異なる場合がありますので予め御了承下さい。

rollei35 at 07:00|この記事のURLコメント(0)mixiチェック お酒・食べ物 

2017年09月09日

おやぢの焼きそば(2) 神奈川県横浜市 やきそば磯村屋

(訪問日:2017年8月)

2017-08-05 11.15.03
・ネットで横浜のやきそばを検索すると、ほぼ1番最初に検索されるのが、こちらの「やきそば 磯村屋」さんです。こちらのお店は横浜橋というところにあり、最寄り駅は横浜市営地下鉄ブルーラインの阪東橋駅、そこから徒歩で15分くらいです。
・インターネットの情報によると、横浜では老舗のやきそば屋さんであること、おばあちゃんが作っているらしいこと、おでんも美味しくて格安、というようなキーワードが話題にあがっているようです。


2017-08-05 11.25.17
2017-08-05 11.27.19
・お店の外観は画像の通り、私のようなおぢさんが子供の頃、近所にあったたこ焼き屋さんやお好み焼き屋さんのような雰囲気です。


2017-08-05 11.06.39
2017-08-05 11.14.26
・店内はこじんまりとした感じで、テーブルと椅子がレトロ感満載でした。私が訪れた時は、年配のおばあちゃんお二人と、おじいちゃんの3人で、スローな感じで営業していました。
・メニューを見る限りでは、やさい(そばとキャベツ・もやし)が基本になっているようで、大盛りが300円、小盛りが250円。これにポテト、肉、玉子をトッピング出来るのですが、メニューを見ても、どれをトッピングするといくらになるのか分かりにくく、常連のお客さん向けなんでしょうか。唯一分かりやすかったのが、三色(にく、ポテト、玉子の全部トッピング)が大盛り400円、中盛り350円、小盛り300円で、もちろん大盛りを注文しました。3種類トッピングして、しかも大盛りにしてもたったの400円!? ものすごい価格設定に驚きです。
・それから楽しみにしていたおでんは、夏季はやってないとのこと、ちょっと残念でした。


2017-08-05 11.15.17

・大盛を注文しましたが、あれ?これで大盛り?と思ってしまうくらいのボリュームでした。お値段のことを考えると全然OKですが、中盛り、小盛りはいったいどれくらいのボリュームなんだろう?というほうが気になりました。
・お店の外観は、子供の頃に近所にあったたこ焼き屋さんやお好み焼き屋さんのような雰囲気と申しましたが、お味も正にそんな感じで、とても懐かしいお味でした。「昭和の味を今も残すお店」として、インターネットや雑誌で紹介されていますが、その通りだと思います。そして、ご近所のお客さんでしょうか、持ち帰りのお客さんが何人も訪れていました。
・ジャガイモ入り焼きそばというものが、栃木のソウルフードになっていますが、焼きそばにポテトの組み合わせはなかなかだと思います。昔の懐かしい味をリーズナブルに楽しむには良いお店だと思います。


※掲載内容は全て訪問時点のものです、最新情報とは異なる場合がありますので予め御了承下さい。

rollei35 at 18:27|この記事のURLコメント(0)mixiチェック お酒・食べ物 

2017年09月03日

おやぢの焼きそば(1) 野毛焼きそばセンターまるき 野毛本店

(訪問日:2017年8月)

2017-08-06 14.17.51
・このブログで少し前から掲載し始めた「おやぢのとんかつ」で、とんかつのお店をいくつか回っているうちに、焼きそばのお店に回ってみたいと思いはじめました。自宅では、焼きそばを自分で作る機会が何度もあり、美味しい焼きそばはどんな感じなのか知りたいと思ったのが表向きのきっかけ。んでは裏のきっかけというのは・・・今は公にはせず、おいおい明らかにすることにします。
・さて、今回訪れたのは、横浜市中区の「野毛焼きそばセンター まるき 野毛本店」というお店です。たまたま私の知人の焼き鳥屋さんのお客さんに教えて貰ったお店で、ぜひオススメですよ、とのことでした。


2017-08-06 14.30.40
2017-08-06 14.12.40
・最寄り駅は京浜急行の日の出町駅、そこから徒歩で5分くらいのところにある野毛本通り商店街のすぐそばにあります。
・お店の営業は14:00からということで、お昼ご飯の時間にはちょっと遅めの開店時間です。私の印象では、焼きそばを食べるのもよし、焼きそばや鉄板焼きをつまみにしてお酒を呑むのもよし、でもどちらかと言えば、居酒屋営業寄り、というのが私の印象でした。


2017-08-06 14.18.10
2017-08-06 14.10.29
・画像はスペシャル(目玉焼き、豚バラ、かいわれ、きざみのりを追加)875円を、プラス200円で大盛りにしたものです。麺は太麺でしっかりした食感でした。青のり、マヨネーズ、紅しょうが、からしマヨネーズ、天かす、塩コショウはテーブルに置かれているので、自分の好みで味付けします。流石に人気のお店ですね、美味しいです。
・さらにトッピングの具増しのウルトラが993円、ハイパーが1414円というメニューがありました。今回は初訪問だったので、スペシャルにしましたが、次回挑戦してもいいかな。
・ちなみに普通の焼きそば(こちらのお店では「素焼きそば」)はたったの399円で、常連のお客さん達は、素焼きそばに自分のお好みのトッピング具を追加して、お酒と一緒に楽しむのが定番のようです。


2017-08-06 14.12.59
・余談ですが、芸能人の「出川哲朗」さんの実家(海苔屋さん)の海苔を使っているそうです。


・こちらのお店、なかなかいいですね、私は気に入りました。また訪問したいと思いますし、友人達と呑みに来るのもいいかなと思います。それに、更にトッピングの具増しにも挑戦してみたいと思います。
 
※掲載内容は全て訪問時点のものです、最新情報とは異なる場合がありますので予め御了承下さい。

rollei35 at 14:15|この記事のURLコメント(0)mixiチェック お酒・食べ物 

2017年08月26日

おやぢのとんかつ(2) 横須賀市 とんかつ勝 追浜本店

(訪問日:2017年6月)

20170618_021148649_iOS
・以前から名前は聞いていましたが、実際に行くのは初めてです。横須賀ではとても人気のとんかつ屋さん「とんかつ 勝 追浜本店」です。ちなみに京急上大岡駅には支店があるそうです。
 
20170618_022752136_iOS
20170618_022804181_iOS
・こちらのお店は「ミシュランガイド 横浜・川崎・湘南 2015年度版」に掲載されています。


20170618_022720105_iOS
・休日の開店11:00を少し回った頃に訪れましたが、もう何人かのお客さんがいました。早めに来て正解だったと思います。
・お店の外見、それから店内もとても綺麗でした。長年営業しているお店なので、壁はシミだらけなのかも?想像していましたが、全然違いました(汗)
 

20170618_021332092_iOS
・画像は特上ロースカツ定食 1,600円です、ちょっと高めの価格設定ですが、お肉はとてもジューシーでサクサク、肉厚もなかなかのボリュームでした。流石に人気のお店ですので、美味しいですね。また、ソースの味付けは、とても個性的でした。また、ご飯、みそ汁、キャベツはおかわり自由でした。
・厚切りロースカツ定食 2,000円というのもあるので、次回訪れることがあれば、是非挑戦してみたいです。


※掲載内容は全て訪問時点のものです、最新情報とは異なる場合がありますので予め御了承下さい。

rollei35 at 06:35|この記事のURLコメント(0)mixiチェック お酒・食べ物 

2017年08月20日

おやぢのとんかつ(1) 新宿西口 豚珍館

(訪問日:2017年8月)

【はじめに】

・先日、遠方に住む知人から「ちっともブログが更新されないね」と意地悪みたいなことを言われたので、「そんなにこのブログのことを楽しみにしているのか?」と意地悪返しで尋ねたら、(私が)どこに出かけたのか、興味があるので、月にほんの数回だけど見てるよ。と言われました。(なんだかちょっと嬉しい)
・そして、そもそもブログ更新が遅いのは、お出掛け1日分をまるごと画像選んで、文章を書いたりやってると、なかなか完成しないのだろう、と指摘され、これがまさにその通りで、それなりの長文にを書くことになるので、負担になります(なら止めればいいのですが)。
・ならば単発ネタにしてみては?と助言されピンときました。要するに1ネタ=1投稿にしたらどうか、ということで、これまたおっしゃる通り。わざわざ1日分まるごとでなくても、単発ネタならいくらでもネタはある。
・もともとブログに掲載するのは、1日単位のお出掛けレポート(というか、自分のための記録)にしようと思っていたので、どうしても1件の投稿が長文になりやすかったのですが、これからは混在にします。
・特に自分の研究のため、とんかつ屋と焼きそば屋に何度か訪れているので、このあたりの食べ物と、建物、カメラ、バイク関係の単発ネタを掲載しようと思います。


・かれこれ20年以上前から訪れているとんかつ屋さん「豚珍館」、新宿の西口にあります。その頃から人気のお店としてテレビや雑誌でも紹介されていました。私が就職する前からテレビで紹介されているのを見たことがあります。
 
2017-08-09 19.24.41
2017-08-09 19.24.04
・新宿西口のヨドバシカメラから、もう少し歩いて行った先の路地のビル2階にあります。階段を登って2階に上がります。この日は行列はありませんでした。が、お昼時はいつも行列、夜でも行列が出来ることがあります。待っている間に店員さんがオーダーを聞きに来てくれるので、席に着くと、ほとんど待たずに注文したものが出てくるのがありがたいです。


2017-08-09 19.04.47
2017-08-09 19.05.36
・この日、私が注文したのは「ロースかつ(上)定食 1,100円」、ちなみに普通のとんかつ定食は950円です。違いが何なのかは正確には分かりませんが、私はこれが一番のお気に入りで、これ以外殆ど注文しません。
・かつはかなりの肉厚で2センチくらいはあると思います、そしてお肉は肉汁、脂がたっぷりでとてもジューシーです。このお肉の違いが950円のとんかつ定食との違いだと思います。また、こちらのお店の揚げ物は衣に特徴があって、とても濃い味付けがカラッとしているのが私は好きです。お肉の揚げ加減は、しっかりと加熱されています。 
・ソースには甘口と辛口、そして塩も用意されています。それからキャベツに使うイタリアンドレッシングもあり。


2017-08-09 19.06.55
・私が以前からキャンプやBBQでしばしば披露したことがある、「肉と大根だけで作る豚汁」というのは、こちらのお店の豚汁を参考にしたものです。こちらのお店の豚汁には、肉(肉というより肉汁)、大根、細切れの参が入っていますが、たったこれだけの具だけなのに、驚くほど美味しいです。この豚汁もご飯もおかわり自由です。   


・基本的にはとんかつ屋さんですが、メニューを見ると、揚げ物全般が用意されています。ちょっと珍しいのは「紙かつ」というもの、紙のように薄いかつですが、これがなかなか美味しくて驚きます。
・人気のとんかつ屋さんは他にも沢山ありますが、こちらのお店は少しだけリーズナブルな価格設定だと思います。それをよく考慮して、私が特に好きなとんかつ屋さんの1つです。これから、いろいろとんかつ屋さんを紹介しますが、このお店を基準にします。それから、歴代の従業員さん全員に共通しているのが、とにかく全員が親切で好感触です。さすがに人気のお店だと思います。 


※掲載内容は全て訪問時点のものです、最新情報とは異なる場合がありますので予め御了承下さい。

rollei35 at 07:55|この記事のURLコメント(0)mixiチェック お酒・食べ物 

2017年07月08日

おやぢの丼ぶり:人気の鮪専門店で「特選鮪三昧丼」を喰らう(静岡県静岡市) 19.府中宿

(訪問日:2017年6月)

20170617073320iPhone 7
・久しぶりに「おやぢの丼ぶり」を再開します。今回は東海道の19番目の宿場「府中宿」を訪れます。新幹線の停車駅、JR静岡駅のすぐ近くです。
・今回は大型バイクのTDMで行くことにしました。高速道路は使いませんが、原付二種バイクが通行出来ない有料道路や一般道を使うと、どれほど時間短縮が図れるのか、すごく興味があります。
・いつもより少しゆっくりの7:30頃、自宅を出発しました。実際のところ、有料道路が使えるとかなりの時間短縮をはかることができました。少し想定外でした。
・今回のお目当の丼ぶりのお店「清水港みなみ」に11:00開店の30分くらい前に到着、既に行列が出来ていたのは驚きでした。早く現地に着いたのはラッキーでしたが、ここから駐車場が見つからずに大苦戦することになってしまいました。予め大型バイクが駐車可能な駐車場を調べてありましたが、実際に駐車場へ行ってみると大型バイクはNG、それからたらい回しになって、6件目でやっとバイクを駐車できました。時刻は既に11:15、40分くらいぐるぐる回っていました。


20170617115142iPhone 7
・お店は既に開店時間を迎えていましたが、行列の長さはそのまま、結局1時間くらい待ってやっと席に着くことができました。「清水港みなみ」は、昼は鮪丼の専門店、夜は居酒屋営業しているとのことです。ランチ営業の鮪丼は大変人気なのは、行列の待ち時間の通りです。


20170617121910iPhone 7
20170617122018iPhone9,1
20170617122153iPhone 7 (2)
20170617122229iPhone 7
・私は日替わりランチの「特選鮪三昧丼」を注文することにしました。本鮪中トロ、トロびんちょう鮪、本鮪赤身、本鮪ハラモ漬け炙り、鮪すき身、叩きの6品が入って1,380円、いちおう大盛りにしてプラス150円でした。具がマグロばかりなので、途中で飽きてしまうかも?と思いましたが、そんな不安は全く無用で、内容、味、お値段のどれも大満足です。

・この界隈には徳川家康ゆかりのスポットがいくつかありますが、この日は次の目的地へ向かうことにします。 

・次の目的地、旧東海道の「由比宿」は別の機会に掲載します。


※掲載内容は全て訪問時点のものです、最新情報とは異なる場合がありますので予め御了承下さい。

rollei35 at 15:16|この記事のURLコメント(0)mixiチェック お酒・食べ物 | お出掛け・写真

2017年06月25日

おやぢの丼ぶり:田子の浦「生しらす丼」と岳南電車全駅を制覇(静岡県富士市)14.吉原宿

(訪問日:2017年5月)

2017-05-01 10.57.17-1
・極寒の寒さの1〜2月に原付二種バイクで「丼ぶり静岡3部作」として、沼津、清水、焼津の3箇所を訪問しました。とりあえず最初の目標は達成して、1,050キロを走りましたが、続きは暖かい季節になってから再開する予定にしていました。そしてGWに入り、「おやぢの丼ぶり」遠征の再開です。

※前回の「丼ぶり静岡3部作」はこちら
1.おやぢの丼ぶり:清水漁港で「選べる日替わり5品丼」を喰らう(静岡県静岡市) 18.江尻宿
2.おやぢの丼ぶり:沼津港の人気店「魚河岸丸天 魚河岸店」へ(静岡県沼津市) 12.沼津宿
3.おやぢの丼ぶり:焼津港「びっくり穴子天重」を喰らう(静岡県焼津市) 22.藤枝宿


2017-05-01 10.51.40
2017-05-01 11.07.49
・この春の目標としているのは、漁期に入った桜えびしらすの丼ぶりと、富士市の岳南電車全線制覇です。GWに名古屋方面に遠征した帰りに、目的の「しらす丼」を食べに、静岡県静岡市の田子の浦漁港を訪れました。桜えびとしらすと言えば、由比漁港も馴染みがあります、そこで私は「桜えびは由比」、「しらすは田子の浦」と勝手に決めています。
・GWの2017年5月某日、今回は大きいほうのバイクTDM900でやって来ました。11時前に田子の浦漁港に到着、バイク用のジャケットを着た状態では汗が滲んでくるほど暖かく、極寒の寒さだった数ヶ月前のことは一体なんだったんだろ?と思うほどでした。
・お目当てのお店は田子の浦漁港にある、「田子の浦漁協食堂」で、ここはほぼほぼ「しらす一本」で営業しています。営業期間は漁期に入る4月1日から12月28日まで。4月から漁期の終わる6月までは、その日の漁で捕れたしらすを、その日のうちに漁協食堂で出しています。しらすがなくなり次第、営業終了となるので、週末に行く場合は、なるべく早い時間に行くのが良いでしょう。また天候が悪い日は漁に出られないため、食堂は休業になります。私は漁期が始まる4月までお店が開店するのを待っていました。


2017-05-01 10.57.29
2017-05-01 11.04.38
・この田子の浦漁協食堂は漁港の建物の中にあるので、少し驚きました。丼ぶりものは釜揚げ、生のいずれも650円でした。が、私は「富士山盛り850円」にすることにしました。ご飯は同じ量ですが、生しらすが増し増しです。その日の漁で捕れたしらすは、さすがに鮮度と透明度がぜんぜん違います、これは美味しいですね。釜揚げのしらすには、釜揚げの良さはあります。生しらすには生の良さがありますので、どちらが良いというものではありませんが、この生しらすは、とても気に入りました。


2017-05-01 11.47.43
2017-05-01 11.49.47
・生しらす丼を食べた後は、吉原本町の吉原商店街と岳南電車の沿線を周る予定です。どこかでコーヒーでも飲みながら、岳南電車と吉原商店街を調べようと訪れたアピタで、スタンドコーヒーのお店よりも先に寿がきやを発見。少し迷いましたが、なかなか機会はないので、思い切って生しらす丼→寿がきやラーメンのハシゴをすることに。普通のラーメンは320円、これを肉入ラーメンにしても、たったの400円。そしてソフトクリームは150円、さすがに既に生しらす丼を食べているので、ソフトクリームを諦めることにして、その代わりに肉入ラーメン400円にしました。寿がきやのラーメンを食べたのは何十年ぶりだろう? スープも肉もとても懐かしく感じました。たったの320円で食べられるラーメンですので、それなりではありますが、充分に美味しいと思います


2017-05-01 12.39.39
2017-05-01 12.28.18
・寿がきやのラーメンを食べてしまっておかげで、コーヒーもお腹に入らなくなりました。とりあえず、事前に調べておいたコッペパンの有名な日東ベーカリーでコッペパンを手に入れて岳南電車の始発駅「吉原駅」から順番に沿線を周ろうと思います。
日東ベーカリーは全国的に有名なコッペパンのお店です、昭和の懐かしい味を楽しめます。画像のコッペパンはトッピング無しですが、自分で好きなトッピングを選べます。定番はアンホイップとのこと。トッピング無しでも、焼きたてのコッペパンにバターを少し付けるだけで充分に美味しいです。こちらの日東ベーカリーさんは、創業昭和10年からドイツ製の石窯でパンを焼いているそうですよ。人気のお店ですので、売り切れの場合があるそうです。早めに行くか、電話で取り置きするのがオススメとのことです。


・コッペパンを手に入れたちょうどその頃から、少しづつポツポツと雨が降り始めました。 いったん吉原商店街のアーケードに避難しようと思ったのは我ながらファインプレーでしたが、 雨はポツポツどころか、あっという間に本降り、そして更に土砂降り、そして氷まで降ってきました。 アーケードで小一時間待っているうちに、トイレに行きたくなってしまいました。 しかし商店街にはトイレは見当たらず、しかもシャッター商店街なので、トイレに行けそうなお店も無く・・・
・雨が少し小降りになったすきに、再びアピタへ。ギリギリでトイレに駆け込みなんとかセーフ。 スマホで雨雲レーダーを見ると、いったん雨はあがるようですが、その後に大きな雨雲が近づいているようです。 1時間後、2時間後の静岡や横浜の雨雲レーダーを見ると、今なら雨に降られるに帰宅できると判断して、 この日は諦めて帰宅、岳南電車はまたの機会にすることにしました。 この日の出来高は、生しらす丼、寿がきやのラーメン、コッペパンの3つ、まあまあでしょう。続きは続編で。  



※続編

20170514110549iPhone 7
20170514111029iPhone9,1
20170514111835iPhone 7
・岳南鉄道のリベンジのため、2017年5月のGWが明けた某日、再び静岡へ遠征。三島のどんぶり屋さんで丼ぶりを食べた後、岳南電車の沿線にあるつけナポリタンをはしごして、岳南電車の全駅を訪れる予定です。岳南電車の全駅を訪れるため、機動性の良い小さな原付二種バイクで遠征することにしました。いつも通り、自宅を7時過ぎに出発、暖かい季節になったので、遠征がとても楽になりました。横浜から3時間弱で三島に到着、お店の開店まで、まだ時間があるので、近くで冷たいコーヒーを飲んで一服しました。
・そして、今回訪れたお店は「すみの坊 どんぶりも家」は、静岡県三島市にあります。地元では名の知れたうなぎ屋さんが、リーズナブルで美味しい丼ぶりのお店として営業しています。私が食べたのは天丼です、チェーン店の濃い味付のタレとは異なり、上品な味付けと、フワフワの天ぷらは評判通り美味しいですね。ちなみにお店は限りなくセルフサービスに近い営業です。


20170514123825iPhone 7
20170514123838iPhone 7
・三島から吉原へ移動します。40分くらいで移動できました。ちょうどお昼の時間の12時過ぎに到着。吉原本町の吉原商店街にある「元祖つけナポリタンのお店アドニス」は地元の活性化に一役を担っているお店です。吉原商店街にありますが、商店街そのものはシャッター商店街で、ほとんど活気がありません。しかし、こちらのお店はデート中の若者や家族連れで賑わっています。おぢさん独りなのは私だけでした(汗)
・このつけナポリタンは商店街を活性化するために生まれたご当地グルメとのことです。お店は賑わっていましたが、私は運良く待たずに席につけました。後のお客さんはそれなりに待っていたようです。
・私はつけナポリタン 1,200円を注文、メニューを見ると、麺大盛りが50円増、替え玉が180円、桜えび入り替え玉が230円、〆ご飯180円、ちょっと高めの値段設定のようにも感じますが。20分くらい待って、やっとつけナポリタン登場、食べ方の説明が書かれたカードの通りに食べてみます。
その一、よくつけて食すべし
その二、チーズをからめて食すべし
その三、半分食べたらレモンを麺にかけるべし
なるほど、いろいろ味を変えて食べるのはいいアイデアですね、良く考えられてます。確かに美味しいです、充分にオススメ出来るのは間違いないです。そして地元の活性化の役割は充分に果たしていると思います。また食べたいか、については、いずれ機会があればかな。


・丼ぶりとパスタのはしごを達成して、かなり満腹になりましたが、予定通り岳南電車の全駅を周ります。その前に、吉原商店街にある老舗の和菓子屋さんへ行きます。つけナポリタンのお店の真正面にあります。小さなお饅頭というのがあってお土産にちょうどいい、ということなので、購入することにしました。
・ただし、それなりに暖かい季節になり、バイクのリアボックスに入れて半日持ち歩くのであれば、取り置きしてもらい、夕方もう一度来る旨をお店のおじさんにその旨を伝え、代金の支払いは後でいいと言うので、次の目標の岳南電車に向かいました。
・先に顛末を書きますが、夕方になって終点駅の江尾駅から岳南電車のほぼほぼ全線を戻って来たのに、お店のおじさんは取り置きしておいてくれず、今日は団体さんが全部買っていってくれたので売り切れた、ありがたい、ありがたい、みたいなことを言うのです。先に訪れたつけナポリタンのお店は、地元の活性化のために尽力しているし、実際に集客もしているのに、結局のところ商店街全体の足並みは揃わず、こういう嫌なことがあると、おのずと客足は遠のくと思います。この店だけのことなのか、商店街全体なのかは定かではありませんが、シャッター商店街となっている理由、全部は分かりませんが、なるほどなと納得してしまいました。わざわざ名前は明かしませんが、検索すればすぐに分かると思います。帰りの道中、けっこう不機嫌だったのを覚えています。


20170514131140Canon PowerShot G7 X
・さて、本題の岳南電車です。そもそも岳南電車とは、静岡県富士市のローカル線で、昭和23年に設立され、全長は9.2Kmです。路線は工場地帯を走ったり、畑の中を走ったりして、始発から終点までの所要時間は約20分。鉄道ファンの間では、電車の中からしか見ることが出来ない工場地帯の中を走る景色が人気とのことです。特に工場地帯の夜景が綺麗とのことです。また全ての駅から富士山を見ることが出来て、各駅には「富士山ビュースポット」の表示があります。
・まずは始発の「吉原駅」へ。JRの駅と一緒になっているのは知っていましたが、あまりにも立派な駅に見えたのでこの時はバイクから降りずに次の駅へ向かいました。


20170514132152Canon PowerShot G7 X
20170514132304Canon PowerShot G7 X
・2番目の駅「ジヤトコ駅」へ向かいます。この駅は無人駅で改札口すらありません。駅舎もなく、駐車場のカーポートの屋根みたいなもののみ。
・ちなみに「ジヤトコ」とは、ジャトコ株式会社という自動車部品の企業のことで、私の記憶ではもともと日産自動車だったと思います。


20170514132913Canon PowerShot G7 X
20170514132941Canon PowerShot G7 X
20170514133317Canon PowerShot G7 X
20170514134742Canon PowerShot G7 X
・3番目の駅「吉原本町駅」へ。この駅には駅舎があり、ちゃんと駅員さんがいました。つい先程訪れた、ご当地グルメの「元祖つけナポリタンのお店アドニス」がある吉原商店街への最寄り駅です。この駅は商店街や民家のすぐ近くの駅なので、人気の工場地帯の雰囲気とは異なりますが、どこか古い駅舎の雰囲気がありました。この日は、全駅をバイクで移動していますが、この駅で1日乗車券を手に入れます。


20170514135251Canon PowerShot G7 X
20170514135312Canon PowerShot G7 X
20170514135346Canon PowerShot G7 X
・4番目の駅「本吉原駅」です。この駅のすぐそばに岳南電車の本社がありますが、こちらの駅は無人駅でした。この駅あたりから工場地帯の雰囲気になってきます。また、コッペパンで有名な日東ベーカリーの最寄り駅はこちらの駅です。


20170514140344Canon PowerShot G7 X
20170514140435Canon PowerShot G7 X
20170514140906Canon PowerShot G7 X
20170514140642Canon PowerShot G7 X
20170514140748Canon PowerShot G7 X
・5番目の駅「岳南原田駅」です。駅舎はありますが、無人駅でした。週末だからでしょうか?駅舎にはうまい、早い、安いと評判の立ち食いそば「そば うどん めん太郎」があります。鳥ささみ天ぷらが人気とのことです。胃袋に余裕があれば是非・・・と思っていましたが、この日は既に丼ぶりとつけナポリタンをハシゴしていたため、まったく余裕無し。でも夕方になればなんとかなるかもとは思いましたが、そもそもお店はお休みでした。ちょっとほっとしてたりして。また、岳南電車で人気の「工場地帯のど真ん中を通る場所」は、この岳南原田駅から次の比奈駅の間にあります。


20170514142123Canon PowerShot G7 X
20170514142347Canon PowerShot G7 X
20170514142242Canon PowerShot G7 X
・6番目の駅「比奈駅」です。駅舎はありますが、無人駅でした。駅舎にはコアな鉄道ファンをも唸らせる鉄道模型専門店「スタジオ501」があります。この駅の辺りから、畑や空き地が増えてきます。


20170514144526Canon PowerShot G7 X
20170514144224Canon PowerShot G7 X
20170514144457Canon PowerShot G7 X
・7番目の駅「岳南富士岡駅」です。この駅に車両基地があるので、いくつか歴史ある車両が見られます。その1つがED50形(車番501の車両)があります、1928年生まれ、上田温泉電軌、名古屋鉄道、岳南鉄道と渡り歩いた名車とのことです。まだまだ走れたのですが、岳南電車の貨物事業が廃止され、2016年に廃車となってしまったそうです。


20170514145324Canon PowerShot G7 X
20170514145351Canon PowerShot G7 X
20170514145412Canon PowerShot G7 X
・8番目の駅「須津駅」です。無人駅のようです。この駅の辺りから、沿線の景色がのどかな風景に変わり、ローカル線らしくなってきます。


20170514150249Canon PowerShot G7 X
20170514145648Canon PowerShot G7 X
・9番目の駅「神谷駅」です、無人駅のようです。新しくされた屋根とベンチだけのシンプルな駅で、本当に何も無いですね・・・


20170514151556Canon PowerShot G7 X
20170514151508Canon PowerShot G7 X
・10番目の駅、終点の「江尾駅」です。無人駅のようです。私が訪れた時は8000形、「がくちゃんかぐや富士」という愛称が付けられた車両がありました。定期運用には使用されずに、現在は予備車両として保管されているそうですが、イベント等で臨時運行する場合があるそうです。ちなみに岳南鉄道の沿線にはかぐや姫伝説ゆかりの地があることから「かぐや」という名前が使われているそうですよ。この駅にバイクを駐めさせてもらい、電車で始発の吉原駅まで電車で行って、また戻ってこようと思います。


20170514151831Canon PowerShot G7 X
20170514160858Canon PowerShot G7 X
・電車に乗って吉原駅〜江尾駅間を往復中の車中、岳南電車は1両編成でワンマン運転です。


20170514154528Canon PowerShot G7 X
20170514154628Canon PowerShot G7 X
・始発駅の吉原駅までやって来ました。最初にバイクでやって来た時の駅の印象とは全然違います。
 

・「工場地帯のど真ん中」を走る区間の動画です。


・終点の江尾駅まで戻った後、取り置きをお願いした小まんじゅうを買いに行きましたが、取り置きしておいてもらえなかったのは先程の通りです。仕方なく帰路につきました。最後の最後に嫌な気分になりましたが、なかなか楽しい一日でした。この春のうちに、あと3回の遠征を予定しています。
 
※掲載内容は全て訪問時点のものです、最新情報とは異なる場合がありますので予め御了承下さい。

rollei35 at 18:46|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)mixiチェック お酒・食べ物 | お出掛け・写真

2017年06月23日

おやぢの丼ぶり:焼津港「びっくり穴子天重」を喰らう(静岡県焼津市) 22.藤枝宿

(訪問日:2017年2月)

2017-02-12 12.16.13 (2)
・静岡県遠征3部作の3回目、今回は静岡県焼津市まで足を伸ばします。これまでの沼津港や清水港よりも距離があるので、移動に時間がかかります。
・静岡県遠征の1.2回目はいずれも海鮮系の丼ぶりを食べたので、今回は少し志向を変えて「穴子天重」にする予定です。
・いつも通り7:00頃自宅を出発して、順調に箱根の手前のコンビニまでやって来ました。前回までの遠征の反省を活かして充分な防寒を施しているはずなのに、今日はやけに寒いなと思っていたら、いつも防寒の為に着ているフリースを着ていないことに気づきました、まさかの大ちょんぼです。自宅に洋服を取りに帰ろうかと考えましたが、このまま進んで、三島のワークマンに行くことにしました。前回の沼津遠征で立ち寄ったところです。
・ワークマンに着くと、前回来た時と同じ店員のおばちゃんがいました。今日はフリースを着て来るのをうっかり忘れたことを伝えると、いくつか防寒になるものを用意してくれました。その中から防寒用のインナーウェア1,600円くらいのもを購入。「まさかまた来るとはね、またいつでもいらっしゃい」と言われて、嬉しいような恥ずかしいような、でもとても親切にしてもらえました。でも、まさか2回連続でワークマンに救われるとは、全く想像していませんでした。
 
2017-02-12 12.37.05 (2)
・少し予定外の寄り道をしたので、先を急ぎます。が、またまた不測の事態に陥ります。スマホのナビ問題です。静岡県のこのあたりには、125cc以下のバイクが通れない一般道、いわゆるバイパスがいくつもあります。ナビでは高速道路、有料道路は使用しない設定にしていますが、どうしても125cc以下のバイクでは通行出来ない一般道へ誘導されるので、何度も大回りとUターンを繰り返して、かなりの時間をロスしてしまいました。
「焼津さかなセンター」に着いたのは12:00頃、予定よりも到着は遅れてしまいましたが、お目当てのお店「焼津さかなセンター 大食堂渚」へ向かいます。観光バスで多くのお客さんが訪れていて、、お店には行列が出来ていましたが、幸運なことに10分程度で席につくことが出来ました。


2017-02-12 12.15.22 (2)
2017-02-12 12.03.49 (2)
2017-02-12 12.37.57
・今回のお目当ての「びっくり穴子天重」と、予想通り温かい汁ものが欲しくなり、追加で「ミニうどん」を注文しました。後で知ったことですが、カニ汁がセルフサービスでおかわり自由でした。それならミニうどんは無くてもよかったのでは?ということになりますが、カニのアレルギーがあるので、ミニうどんにしておいて正解です。
・ご覧の通り、びっくり穴子天重はお重からはみ出るほどのボリュームです。これを最後まで食べると、途中で飽きてしまうのかなぁ・・・と若干の不安はありましたが、 人気の天丼のチェーン店のような濃い味付けとは違い、とても上品な味付けで最後までスルッと完食しました。ちなみにこちらのお店のイチオシは「焼津富士山丼(1,300円)」で、富士山の世界遺産登録を記念したもので、駿河湾の名産、しらす、釜揚げしらす、釜揚げ桜えび、まぐろの赤身、ネギトロ、卵焼きが入ったボリュームたっぷりの丼ぶり、とても美味しそうでした。


IMG_0818
・胃袋を満たした後は、焼津から島田市まで移動、次に訪れたのは島田宿(大井川川越遺跡)です。
・江戸時代、旅人が大井川を渡るためには、人足に肩車してもらうか、輦台(れんだい)というみこしのような乗り物に乗り、担いでもらっていました。その「川越し」の料金所(川会所)や人足の待合所(番宿)などの風景を再現したのが、この大井川川越遺跡です。昭和41年に国指定史跡に指定されました。
 
IMG_0828
IMG_0840
IMG_0859
IMG_0889
・博物館がありましたが、展示物をじっくり見て周るより街並みを見たかったので、この日は時間の都合もあり、博物館をパスしました。この川越遺跡の中で、幾つかの建物は中を見学することが出来ます。
・大井川を渡る料金の説明や当時の番宿を再現した展示などがあり、なかなか面白いところでした。


IMG_0876
IMG_0885
島田市博物館分館は明治時代の旧家をそのまま残した資料館です。残念ながら屋内の撮影はNGだったので、建物の外観のみですが、当時の趣きを残して復元されているのが良く分かります。昭和の頃のものかと思いますが、古いミシンや三種の神器と言われた、当時の冷蔵庫、テレビ、洗濯機など、昔なつかしい電気製品や生活用具などが展示されています。
・また同じ敷地内には海野光弘版画記念館が併設されていて、静岡生まれで版画家として第一線で活躍しながら若くして急遽した版画家・海野光弘さんの作品が展示されています。


・大井川川越遺跡を見て歩いた後、まだ15時過ぎでしたが、少し早めに帰路につきました。島田市から横浜の自宅まで再び一般道で4時間かけて帰宅しました。ワークマンで防寒着を手に入れましたが、さすがに寒くて。そして125cc以下のバイクが通行出来ないバイパスでは時間が掛かりましたが、行きの時のように道に迷ったり、迂回することが無かったので時間ロスは最小限でした。まだこの先の宿場へ行く場合は、大きいほうのバイクを使うか考えます。とりあえず、静岡どんぶり3部作は無事終了です。暖かくなったら、遠征を再開します。


※掲載内容は全て訪問時点のものです、最新情報とは異なる場合がありますので予め御了承下さい。

rollei35 at 20:19|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)mixiチェック お酒・食べ物 | お出掛け・写真

2017年05月27日

おやぢの丼ぶり:沼津港の人気店「魚河岸丸天 魚河岸店」へ(静岡県沼津市) 12.沼津宿

(訪問日:2017年1月) 

2017-04-07 09.30.13
※知人から提供していただいたメガ盛り「海鮮かき揚げ丼」の画像
・静岡県丼ぶり遠征3部作の2回目です。今回は沼津港へ出かけます。沼津港ではとても有名な「魚河岸 丸天 魚河岸店」に行くことにしました。こちらのお店で有名なのはメガ盛りの「海鮮かき揚げ丼」ですが、残念ながら私はアレルギーがあるため、別のどんぶりにします。出発前に丸天のHPを見て調べたところ、私が食べられそうなのは「わいわい丼」というどんぶりを見つけ、今回はこれを食べようとお店までやって来ました。
・自宅から沼津への移動中、ちょっとしたハプニングがあり、急遽ワークマンで冬用グローブとネックウォーマを購入することになりました。簡単にお話すると、コンビニで休憩中にグローブとネックウォーマを盗られてしまったわけです。恐らく同じバイク乗りの仕業だと思います、酷いことをする人がいるもんですね。 ちなみにワークマンで購入した冬用グローブ、バイク用ではありませんが、充分すぎるほど暖かく、1,500円程度でネックウォーマは400円くらい。本当に助かりました。


2017-01-28 11.05.26 (2)
2017-01-28 11.13.16
2017-01-28 11.11.31
・途中、ワークマンに立ち寄ったせいで少し予定より遅くなりましたが、11:00過ぎにお店に到着、幸いまだ行列は出来ていませんでした。店員のおばちゃんには当然のように「海鮮かき揚げ丼」をすすめられました、あんたなら楽々食べられるから心配するなと(笑) 一方、私が心配しているのはどんぶりのボリュームのことではなく、どんぶりの具のことです。いちおうアレルギーがあるので、わいわい丼にしようと思うと伝えると、それなら「宝石丼(1,250円)」するのがよろし、とのこと、宝石丼にすることにしました。
・店内で一番目立っていたのは「かさごの唐揚げ」の山、この日も丼ぶりのハシゴを企んでいたので少し迷いましたが、このかさごの唐揚げも注文しました。


2017-01-28 11.12.44
2017-01-28 11.15.27
・宝石丼は数量限定のメニューで「海の宝石箱」がその名の由来、とにかくいろいろ入っているのが特徴とのこと。仕入れ状況により内容が変わる場合があるそうです。お味噌汁付きで1,250円です。
・注文した宝石丼がやってきました。ちらし寿司の具がご飯の上に全部乗っているような感じで、とにかく具がいろいろ入ってます。流石に美味しいです、具が混ざっているのがいいのかもですね。
・正確な記憶ではありませんが、まだ小学生くらいの頃、滅多にあったわけではありませんが、母に連れられてお寿司屋さんに行って、ちらし寿司を注文した記憶があります。恐らくにぎり寿司よりリーズナブルなちらし寿司を私が気に入っていたので、少しでも安く済ませたい母が、お寿司=ちらし寿司 で、しかも私の好物という図式が出来上がったように気がします。確かに具が混ざっていると、味が豊富になると思います。
・かさのの唐揚げも出てきました。以前、伊東の民宿で食べて以来、すっかり気に入っています。サクサクで、頭から全部食べましたよ。これで、かなりお腹いっぱいになり、この日の丼ぶりのハシゴは諦めることになりました。


IMG_0758
IMG_0761
IMG_0770
IMG_0789
・胃袋を満たした後は、「沼津御用邸記念公園」に向かいました。昭和44年まで御用邸として使われていましたが、現在は沼津市に無償貸与されて、沼津御用邸記念公園として開園されました。明治・大正・昭和を通じで皇族方がご静養され、外観、庭園、室内は歴史的価値の高いものばかりです。


2017-01-28 14.30.48 (2)
IMG_0798
IMG_0800
・沼津御用邸記念公園の次にやって来たのは「韮山反射炉」、平成27年に明治日本の産業革命遺産の1つとして世界文化遺産に登録されました。反射炉とは、金属を溶かして大砲などを鋳造する炉のことで、実際に稼働してもので現存するのは、日本ではここだけとのことです。
・韮山反射炉だけに限ったことではありませんが、世界遺産に登録されると道路や駐車場が一斉に整備されますね。


IMG_0814
2017-01-28 15.30.45
・韮山反射炉を次は私の好きな海沿いの道を走ります。天気が良いと、美しい富士山と海を眺めながら、田舎道をゆっくり走ります。気持ちいいですね。


2017-01-28 15.38.21
2017-01-28 15.38.53
・西伊豆にある「煌めきの丘」というスポットです。太陽の位置によって、海面がキラキラと煌めいて見えるため命名されたそうです。


2017-01-28 17.53.45

・西伊豆から伊豆半島の反対側、宇佐美まで、お目当てのとんかつ屋さんにやって来ましたが、すっかり日が暮れました。残念ながらとんかつ屋さんは閉店していたので、宇佐美駅でトイレを済ませ、この日は家に戻ることにしました。
・前回の遠征(静岡遠征3部作の第1回目)では、あまりの寒さに心折れそうになりましたが、今回は少し対策を施して良くなりましたが、グローブとネックウォーマを盗られてしまったのは想定外でした。でも、ワークマンのアイテムには本当に救われました。バイク用品ではありませんが、格安で手に入れた冬用グローブは、今後もずっと使えそうです。でも、バイク乗りのマナーは問題ですね。


※掲載内容は全て訪問時点のものです、最新情報とは異なる場合がありますので予め御了承下さい。

【関連リンク】
おやぢの丼ぶり:清水漁港で「選べる日替わり5品丼」を喰らう(静岡県静岡市) 18.江尻宿


rollei35 at 07:04|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)mixiチェック お酒・食べ物 | お出掛け・写真