2017年02月05日

スマホの無料ナビアプリを使い倒して節約できるか? Vol.2


・ポータブルナビはもう買わない! 無料のスマホアプリ「Yahooカーナビ」を使い倒して、これからはナビを買うのをやめられるか?どうかの実験のその2です。
以前、Yahooカーナビが実用になるかどうかを試してみたことがありますが、結論は充分に実用になるものという結論になりました。

以前のYahooカーナビの実験結果はこちら

その時、Google MapsとDeNAのナビローも試してみたくなりました。 しかも今回はバイクで試してみます。
ちなみにバイクは125cc以下のバイクで使用します。
今回は横浜の自宅を出発して静岡県方面へ、2度の実験を行ってみました。


2017-01-31 19.39.05
・Google Mapsの実験結果は、Yahooカーナビ同様に充分に実用になるものという結論になりました。 そこで、前回実験したYahooカーナビとの違いについて、私の感想をまとめます。もしかたら私が間違っているかもしれません。

1.動作がキビキビしている。
2.動作が早いのでリルートの動作も早くて好感が持てます。Yahooカーナビはかなりのんびりして、リルートにも時間は掛かります、ただし実用上は個人的には問題無いレベルです。
3.YahooカーナビはパソコンのYahoo地図と連携して地点登録が出来ます。Google Mapsは、私の知る限りではスマホでは地点登録が出来ますが、パソコンから連携出来ません。しかし、スマホでは地点登録出来ます、しかし登録した地点が座標で表示されているので、後で見た時にに、一体どこなのか全く分かりません。
4.Google Mapsの地点登録機能はイマイチですが、その代わりにパソコンのGoogle Mapsで作成したルートをスマホに連携が出来ます。通りたい道や経由地が明確になっている場合には、とても便利な機能だと思います。


・Yahooカーナビ、Google Mapsのいずれにも言えることで、おそらくユピテル製のナビでも同じことが言えると思いますが、125cc以下のバイクの場合には注意が必要です。 YahooカーナビもGoogle Mapsでも、高速道路を使用しないルートを検索することは可能ですが、注意が必要なのは、
  125cc以下が通行出来ない有料道路(例えば箱根新道)

125cc以下が通行出来ない一般道(例えば伊豆縦貫道)
です。
Google Mapsは「高速道路を使用しない」と「有料道路を使用しない」の2つ設定ができます。ただし、その設定をしてしまうと、125cc以下のバイクが通行出来る有料道路はルートから外されます。
ちなみに「高速道路を使用しない」と「有料道路は使用する」に設定すると、かなり積極的に有料道路を使用する傾向があるようです。ナビの案内の通りに進んで行ったら、125cc以下は通行不可の道へ案内されて、元の道に戻るということもありました。
また、Yahooカーナビは、ルート検索の結果から「おすすめ」「高速優先」「一般道優先」のいずれかを選ぶようになっています。 Google Mapsと同じように、高速道路は使わないけど、有料道路は使う傾向があり、125cc以下のバイクでは注意が必要です。

ちなみに私の知る限りでは、ナビローが125cc以下の二輪車通行禁止に対応しているようです。 機会があれば実験してみようと思います。


・私なりにYahooカーナビとGoogle Mapsの使い分けを考えてみました。

 地点登録がパソコンから登録出来るのを重視して、Yahooカーナビをメインに使います。自宅にいるうちに、パソコンで予め行き先を登録しておくのが、私には合っていると思います。
 続いてGoogle Mapsは遠征先で新たな目的地を決めてそこへ行くというような場合、例えば出先で食べログ見ながらお昼ごはんのお店を探してそこへ行くような時、地図を表示して、そのままナビ開始すれば、道案内がスタートします。これはとても便利だと思います。
 ちなみに先日、沼津で急遽ワークマンへ行かなくてはならなくなった時、まずはインターネットで店舗を調べて、ワークマンのサイトの地図を表示、そのままナビ開始して出発、とてもスムーズでした。
 またパソコンのグーグルマップで詳細な道順を作成して、それをモバイル端末に送信、それを使うのも便利だと思います。だだし、私の場合は詳細な道順まで作るのがちょっと面倒かなぁ。そういう機会に遭遇した時には使います。
 いずれにせよ、YahooカーナビでもGoogle Mapsでも125cc以下でなければ、充分に実用になるものと思います。
 
※掲載内容は全て訪問時点のものです、最新情報とは異なる場合がありますので予め御了承下さい。


rollei35 at 16:17|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2017年01月07日

iPhone7に機種交換 カメラの進化に驚き

(2016年10月にiPhone7に機種交換した時のレポートです)

2016-10-18 20.24.44
iPhone7のカメラで撮った夜景、かなりの出来栄え
・知人の中に、「iPhoneSEとiPhone6PlusとiPhone7とiPad mini」を持っているオタクな人がいます。「なぜそんなに沢山のiPhoneを持っているのか?」尋ねてみると「必要だから」と答えが返ってきます。それでは「「なぜ必要なのか?」と尋ねてみても、私にはどうしても理解出来ませんでした。「欲しいからなのか?」と確認してみても、毎回のように「いやそうじゃない、必要だからだ」と答えが返ってきます。ただし、この知人の立派なところは、必要である理由にあいまいなところが無いとこです。私には理解は出来ませんが、理論には矛盾がありません。

・さて、私はこれまで使っていたiPhone5Sに不満があったわけではありませんが、多くの画像を保存しているせいで、慢性的にメモリが足りない状態でした。なら、画像を整理すればいいだけのことですが、本体メモリに残しておきたい画像が増えてきたせいで、頻繁に画像整理をするのが億劫になってきました。

・メモリがもっと多ければいいなと思うようになってきました。
ちょうどその頃、iPhoneSEが登場、メモリを今までの2倍の64GBにすればちょうどいいのでは?
と思いましたが、そんなに急いで機種交換する必要は無いし、iPhone5Sはまだまだ充分につかえるし。
・また、別の方法として、格安SIMと安いアンドロイドのスマホに変えるのも1つの選択肢としていいなぁと思い、いろいろ調べ始めましたが、種類が沢山ありすぎて、選びきれないまま月日が経っていました。

・そんな2016年10月のある日、発売直後のiPhone7を使っている知人がいました。色さえ妥協すれば、近くのSoftBankに在庫があるとのこと。ちょっと興味はありました。今回から防水になりました。これならポケットに入れたままでもあまり神経質にならなくてもいい、100均のジップロックをいつも持ち歩かなく必要も無くなります。イヤホンジャックの形状が変更になっていますが、私にはあまり影響はありませんでした。

・インターネットでiPhone7を調べてみたら、内蔵カメラのレンズがf1.8であること気づきました。これで一気に欲しくなってしまいました。あとは「欲しくなった」という理由ではなく「必要だから」と納得できる理由さえそろえば、すぐにでも手に入れることになります。
・ここで冒頭で引き合いに出したiPhoneオタクの知人の話に戻りますが、なるほど、こういう屁理屈で「欲しい」という理由から「必要だから」と理論をすり替えればいいのだと、やっと理解できました、なるほど。

・iPhone7が欲しい、と思ったその翌日、仕事帰りにSoftBankに寄ってみました。在庫はありましたが、手続きに時間がないからダメだと言われて諦めて帰宅・・・
・そして翌日はもう少し時間に余裕をもって再びSoftBankへ、何人も順番待ちしていたので、前日と同じように時間切れになるかもな・・・と思いましたが、この日は無事に機種交換まで完了。

・ところが・・・その日は帰宅してからずっとWiFi接続していたので、全く気づきませんでしたが、翌日になって外出すると、とにかくモバイル通信がすぐに切れてしまうことに気づきました。
冒頭のiPhoneオタクの知人によると、iPhoneはつながりやすくなるまで時間がかかって、学習みたいなことをするので、最初はつながりにくい、とのこと。しかし、私がiPhoneは「すぐに通信が切れる」ということでした。
翌日、再びSoftBankへ行くことになりました、初期不良なので本体交換をお願いしたのに、それにはアップルへ行ってくれと言われ、ちょっとムッとしましたが、この日はSIMカードのみ交換して様子を見ることにしました。しかし、しれも改善せず、4日目に銀座のアップルへ。 予約が一杯だから云々と言われましたが、初期不良みたいなので、サササと本体交換して欲しいと伝えたところ、サササと無事に本体交換。今度は通信がすぐに切れるということは無くなったようです、これで一安心。

2016-10-18 20.26.57
・帰りに銀座の街並みを撮ってみました。
・慣れてしまえば問題にはならないと前置きしますが、本体が大きいので、指が届かないことが何度も。
・カメラは随分進化しているように感じです。暗い場所での余力はモリモリで、手ぶれ補正も効いているようです。
・バッテリーの保ちもとてもいいです、これは本当にありがたいです。 
 
2016-11-20 16.05.55
2016-11-20 16.07.43
2016-10-22 10.47.15
・iPhone5Sの時も、すごく綺麗な画像だと思いましたが、iPhone7では更に進化を遂げて、私の旅やお出掛けの使い方であれば、条件付きでデジカメの代わりになりそうな感じです。特に自然な感じな写りになったと思います。

2017-01-01 12.56.20
2017-01-01 14.25.30
・何枚かiPhone7で撮った写真を何枚か。遠くに富士山が写っているのですが、分かりますかね・・・


※掲載内容は全て訪問時点のものです、最新情報とは異なる場合がありますので予め御了承下さい。

rollei35 at 17:22|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)mixiチェック カメラ【それ以外】 

2016年12月23日

おやぢSW.8 お得な「みさきまぐろきっぷ」でマグロとレジャー三昧

(訪問日:2016年2月)
【お得な「みさきまぐろきっぷ」でマグロとレジャー三昧】

2016-02-20 12.06.31

・自宅からそれほど遠くないので、三崎まぐろは何度も食べに来たことはありますが、京急の「みさきまぐろきっぷ」を使うのは初めてのことです。電車+バス+お食事券+レジャーorお土産の4特典が付いているお得なきっぷで、私の試算では往復の電車+バス料金がほぼほぼ1000円以下になり、とてもリーズナブルです。画像は京急のまぐろきっぷのパンフレット、「ま」の字のイラストが秀逸です。
・2016年2月某日、いつ雨が降り出してもおかしくないあいにくの天気ではありますが、三崎港へ向かいます。バイクや車の運転が無いので気が楽です。
・まずは駅の自動券売機で「みさきまぐろきっぷ」を手に入れます。きっぷを購入すると1)往復の電車+バス乗車券 2)お食事券 3)レジャーorお土産きっぷ の3枚が券売機から出てきます。
・きっぷを手に入れて、電車に乗って三崎口駅へ。電車で三崎口駅へ行くのは何年ぶりだろう?駅前の様子は以前から少し変わっていました。ここからバスで三崎港へ向かいます。


2016-02-20 12.56.02
2016-02-20 11.43.52
IMG_3412

・三崎港に着いた頃、雨は本降りになってきました。とりあえずお昼までお茶しながら一服。ここで1つ失敗したのは、この三崎港には思っていたより訪れる人が多いということです。お昼ご飯の時間を調整して、少しでも早めにお昼ご飯を食べるほうがいいと思いました。11:30頃にお昼ご飯のお店に向かうと、既にお目当てのお店には行列が出来ていました。だいたい30分くらい待って、やっと席に着くことが出来ました。
・今回訪れたお店はみさきまぐろきっぷでお食事が出来る30店舗の中から「立花本館」です。このお店には何度も訪れたことがありますが、こんなに混雑しているのはあまりありません。ちなみに「立花本館」には、おやぢSW.2 三浦半島(横須賀〜三崎港)でも訪れていますが、この時はみさきまぐろきっぷは使わずに通常のランチメニューで食事をしました。単純には比較出来ないと思いますが、みさきまぐろきっぷのお食事券で食べられるのは、通常ランチメニューの1200円(税込み)くらいのものと同じだと思います。
・さて、私が今回注文したのは「赤身とびんトロの二色丼」です。注文してから食事が出て来るまで20分くらい待ちました。お店に到着してから1時間弱待つことになってしまいましたが、楽しみにしていたマグロにニンマリ。この二色丼には、丼ぶり、小鉢、マグロの竜田揚げ、お新香、お味噌汁、デザートのコーヒーゼリーが付いてきます、なかなかです。
・マグロは赤身より中トロあたりが一番好きですが、ここのお店の赤身は美味しいです。ああ、赤身もいいなぁと改めて実感。それにびんトロも良しであります、口に入れるととろとろ・・・と溶けていくような感じ。ここのお店に限らず、三崎港周辺でマグロを食べられるお店の殆どはそれなりのお値段だと思います。そしてこちらのお店もそれなりのお値段なのですが、このランチメニューに限っていうと、そこそこリーズナブルなのにとても美味しいです、質は落ちていないです。だからこのお店が好きなんですけどね。ちなみに、こちらの立花本館のすぐ近くに別館があります。またみさきまぐろきっぷでいくつかのメニューから好きな料理を選べます。


IMG_3418
IMG_3414

・マグロで胃袋を満たした後は、レジャーきっぷを使い「にじいろさかな号」という観光船に乗ります。船が苦手な私が食後におやおや(汗)、ではありますが、ほぼほぼ湾内なのでそれほど揺れないだろうという想定で乗ることにします。ちなみのこのにじいろさかな号は、船底がガラス張りになっていて、海中を様子を見ることが出来る半潜水式の船なのです。ちなみににじいろさかな号の料金は大人1200円です。みさきまぐろきっぷがお得なのがわかりますね。
・さて、船の揺れは若干気になりますが、船に乗り込みます。船が出港して、まず最初は観光船あるあるの定番の「カモメのえさ」を体験(笑)


2016-02-20 13.41.14
IMG_3431

・しばらくカメモのエサで盛り上がり、船の下の階へ移ります。三崎港のすぐそばの城ヶ島の海岸沿いを見ると、大きな岩がゴロゴロしていますが、船から見える海中の様子は砂浜のような白い砂のような海底で、ちょっと意外でした。
・あいにく天気が良くないので、海中の透明度は高くありませんが、多くの魚の群れを目の前で見て、ちょっとテンションが上りました。ただし…しばらくしたら船の揺れで気分悪くてなってきました、ある程度予想はしていましたが、上の階へあがることにしました。
・幸い戻る途中、すぐに船の揺れは収まったので助かりました。私は船が苦手ですが、また乗って見たいと思います、楽しかったです。


IMG_3441

・次はこのブログで何度も紹介しているカフェ「ミサキプレッソ」へ向かいました。みさきまぐろきっぷとは別料金です。こちらのお店は、とても優しくて、スローなオーナーが営業しているカフェで、私のお気に入りです。軽食も食べられますし、お酒も飲むことが出来ますよ。
・うっかり、この画像しか撮っていなかったので、下に以前訪れた時に撮った画像を追加します。カフェオレに描かれる模様が秀逸なんですよ、もはやアートです。

2015-11-21 15.10.13
※以前訪れた時の画像


IMG_3442

・最後にお土産を買いに行きました。まさきまくろきっぷのチケットは使い切ったので、お土産は別料金です。お土産屋さんではない、地元の魚屋さんがいくつかあるので、今回はこちらの魚屋さんでマグロのお刺身を購入しました。こちらのお店は主にお刺身を扱っていますが、近くには干物屋さんもあります。
・この日はあいにくの天気だったので足を運びませんでしたが、すぐそばに三崎銀座通り商店街がありますので、そこでお買い物するのもいいと思います。以前はシャッター商店街だった頃もありましたが、ここ最近は少し活気が戻ってきたように感じます。


IMG_3444

・いろいろお店を歩いて周るのが苦手な人は、「うらり」でお買い物すると良いと思います、ここならなんでも揃います。とにかく沢山のお店がありますので、全部見て歩くだけでも、それなりの時間がかかると思いますけど。私はここでマグロのカマ焼きを購入しました。
・お土産を買った後は、再びバスに乗って三崎口駅へ向かい、電車に乗って帰宅しました。天気がイマイチだったのが残念ですが、自宅からはそれほど遠くないですし、またみさきまぐろきっぷを使って訪れようと思います。 三崎港のすぐそばに城ヶ島がありますので、そちらに渡って温泉に入るのもいいかなと思います。


※掲載内容は全て訪問時点のものです。最新情報とはことなる場合がありますのでご了承下さい。

【関連リンク】
おやぢSW.2 三浦半島(横須賀〜三崎港) マグロと大根に舌を鳴らす
三崎港(三崎銀座通り商店街界隈)

rollei35 at 06:05|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)mixiチェック お出掛け・写真 

2016年12月17日

おやぢSW.20 シャッター商店街と化した「下町人情キラキラ橘商店街」

(訪問日:2016年11月)
【おやぢSW.20 シャッター商店街と化した「下町人情キラキラ橘商店街」】  

IMG_8830
・2016年11月某日、この日は前編で亀戸駅近くの「砂町銀座商店街」を訪れた後に、「下町人情キラキラ橘商店街」へ足を運びました。歩いても移動出来る距離ですが、僅かに小雨が降り始めたので、砂町銀座商店街からバスで亀戸駅へ、バスを乗り換えて下町人情キラキラ橘商店街に移動します。正式名称は「向島橘銀座商店街」という名称で、インターネットで調べてみたところ、TVドラマのロケ地にしばしば使われているそうです。
・今回、この商店街に訪れたのは、スカイツリーの開業の影響で、すっかり客が減ったシャッター商店街のひとつとしてTVなどで紹介され、以前から興味があったからです。 


IMG_8835
P1180191
・正直なところ、先に訪れた砂町銀座商店街とのあまりの違いに驚きました。人はほとんどいないし、まるで活気がない、とても静かでした。商店街の入り口付近は、それなりにお店が営業していますが、とても地味な印象です。少し先へ進むと、シャッターが閉じられた店舗がいくつかならんでいました。
・話は変わりますが、ここへやって来る前に、友人のおやぢに「自分の好みの商店街は・・・」について話をしました。
(1)道幅が細いこと
(2)アメ横のように混雑していないこと
(3)アーケードはあってもいいけど(買い物するには便利だし)、できればアーケード無しがいい
この3点については、下町人情キラキラ橘商店街は全て条件を満たしています。
 
P1180225
・商店街を途中まで歩いて気付いたのは、八百屋さんやお惣菜屋さんのような食品を扱うお店は、それなりに賑わっているお店が多いと感じました。一方で和菓子屋さんや佃煮屋さんのようなお店、食品以外のお店は厳しそうに感じました。


P1180201
P1180216
・商店街から少し路地に入ってみると、なかなか趣があっていい感じでした。少しテンションが上がりましたが、静かにシャッターを切りながら先へ進むことにします。


P1180217
・途中で見つけた魚屋さん、若い店主さんで、とても愛想よく、写真を撮らせてくれました。ところが・・・画像はありませんが(なぜかというと、怒られたから)、とあるお店で店主さんに声をかけたら、他愛もないことで怒られてしまいました。一瞬、言い返そうと思いましたが、「ごめんなさい」と謝罪して、その場を立ち去りました。しかし、どうして怒られなきゃならんのか・・・言いがかりをつけられたような感じでした。
・ちなみに、商店街の端まで行って戻って来た時に、(さっき写真を撮れなかったので)同じお店の前で写真を撮ろうとしたら、「うちは写真お断りだよ」と、今度は店主の奥様と思われる人に怒られてしまいました。どうして1日に2度も同じお店の人におこられなきゃならんのだと思いましたが、今後は私が写真を撮ろうとしたのが原因なので、2度目も「ごめんなさい」と謝罪して立ち去りました。
・この時は、地元の人以外でふらふら歩いている我々のような訪問者にはすごく冷たい街なのかと感じました。冒頭に書きましたが、TVドラマのロケなどで、この商店街が使われているとのことなので、それを理由に訪れる外部からの訪問者に対して、特に年配に人は、とても閉鎖的なところがあると思いました、この時は。さっきの魚屋さんの若い店主はすごく愛想よかったですから。ただし、この後、いろいろと考えが変わります。


・もう一つ気になった出来事があります。この商店街では決して多くない新しくてお洒落なお店があり、店員さんは、若い女性のでした。そして、すぐそばにいた10名くらいのカメラを持ったグループ、年齢は我々おやぢ達と同じくらいのいわゆる中年で、カメラを持って写真を撮っているのは我々おやぢ達と同じです。私はたまたま一部始終を見ていましたが、そのグループの1人か2人がお洒落なお店に入って買い物を始めると、買い物もをしない残りの人が数名、どかどかと店内に入って、一斉にバジャバシャと写真を撮っているのを目の当たりにし、あまりのマナーの悪さに正直なところのけ反ってしまいました。床に座り込んで写真を撮る人もいました。
・さっき、とあるお店の店主に怒られたことを思いだしました。これは私の想像ですが、このカメラを持ったグループが、我々おやぢ達より一足先にマナーが悪いとか云々で一悶着やらかしたので、店主の機嫌が悪かったのではないか?(あくまでも想像です)
・これだけ閑古鳥が鳴いているのですから、商店街の人が偏屈(へんくつ)になってもおかしくないと思います、まるで長谷川町子さんの「いじわるばあさん」みたいですが、気持ちはなんとなく理解できます。また、商店街の八百屋さんのおばちゃんに「あんたは客じゃなくて、カメラマンか」と言われました。私は「カメラマンじゃなくて、ただの客ですよ」と返事して、その場を立ち去りましたが、あからさまにカメラマンを毛嫌いしているのは、(もしかしたら)この、カメラ持ったグループが何かやらかしていたのでは? あくまでも私の想像ですけど・・・・


2016-11-19 15.49.58
2016-11-19 15.50.08
・砂町銀座商店街の暴食でいっぱいになっていた胃袋が、やっと少し落ち着いてきたので、「すみまめカフェ」というお店で休憩します。こちらのお店も、この商店街の中ではとてもお洒落なお店ですね。店員さんたちはとても明るく、親切だったので安心しました(汗)


P1180243
・だんだん日が暮れてきました。驚いたことに、この時間から開店する食品関係のお店がいくつもあって、夕食の支度で買い物をする人で少しだけ賑わっていました。商店街の出口まで来て、今日はここまで。
・なんだかあまりいい印象が残りませんでした、たまたまだったのか分かりませんが、商店街の人たちが感じ悪かったし・・・。もしかしたら、前述のカメラマンのグループのマナー問題の煽りを食らっただけなのかも知れません。そして、この商店街が閑古鳥なのは、商店街の人たちのせいなのか、そもそも感じ悪い人たちなのかも分かりません。これは機会を見つけて、もう一度訪れて再調査が必要です。
・それからアマチュアのカメラマン達のマナーの悪さは何度も見てますが、少しはマナーのこと考えて下さい。こういう人たちは、いつも我が物顔です。カメラマンだけでなく、バイクも同じですよ、もういい歳なんですから。
・自分たちも全部をちゃんと出来ているとは思っていません。だからもっともっと注意しなきゃといつも思っていますし、友人のおやぢとも、お互いに注意しています。無神経だったり、迷惑になるようなことには、これからも注意しようと思います。マナーについて改めて考えるいい機会になりました。


※掲載内容は全て訪問時点のものです、最新情報とは異なる場合がありますので予め御了承下さい。

【関連リンク】
(おやぢSW.20 前編)


rollei35 at 06:39|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)mixiチェック お出掛け・写真 

2016年12月10日

スマホの無料ナビアプリを使い倒して節約できるか? vol.1


・ポータブルナビはもう買わない! 無料のスマホアプリ「Yahooカーナビ」を使い倒して、これからはナビを買うのをやめられるか?どうかの実験です。

【Yahooカーナビの詳しい情報はこちら】

・Yahooカーナビは、2014年に一度試しに使ったことがありました。以前、画面の縦横の切り替えが出来ない問題ありましたが(アンドロイド版は切り替え可、iPhone版は縦固定)、それは改良されていました。ただし、iPhoneが壊れてしまうのでは?と思うくらい、本体が異常なほど熱くなってしまいました。しかも充電しながら使用しているのに、30分くらい使用したところ、バッテリー残量が100→80%まで減ってしまいました。遠出に使用するつもりなので、これでは実用には耐えらそうにありません。


2016-12-05 18.45.47

・2016年の秋、この時の最新版(1.24.0)で再度試しに使ってみることにしました。
・アンドロイドのスマホを使う知人によると、アンドロイド版は熱とバッテリー消費の問題はないらしいのです。インターネットで調べてみると、以前、iPhone版ではバッテリー消費の問題が話題になっていたようです。もう改良されているかも知れません。


・2016年11月におやぢ旅で車の移動に使いました。気になっていた熱の問題は、概ね大丈夫だと思います、若干本体が熱くなっている感じはありますが、問題はないでしょう。そしてバッテリー消費量もそれほど多くないようです。以前のように充電しながら使用しているのに、バッテリー残量がどんどん減っていくようなことはありませんでした。

・Yahooカーナビから話がそれますが、車のダッシュボードにiPhoneを固定出来るように、アマゾンで1000円くらいで買える車載ホルダーを購入しました。ところが、強度が弱いのか、グラグラして、ずっと首を振っているような感じです。

・あくまでも無料アプリであるという前提で、ナビゲーションは充分に実用範囲内だと思います。ちょっと癖があって分かりにくいところはありますが、慣れれば問題ないでしょう。

・連続で右、左へ曲がるような場合、次の次まで案内してくれるとありがたいのですが、案内が出ない場合があるような気がします。
例えば高速道路の料金所出口で、料金所を越したら右なのか左なのか、料金所を越してから案内が出たので、「料金所の先を右方向」というように案内を出してくれるとありがたいと思います。

・それから自分の位置の最新情報が若干遅れているような気がしますが、慣れれば大丈夫かと思います。
・リルートの速さはGoogle Mapsほど早くはありませんが、実用範囲内だと思います。

・高速道路の複雑な分岐でも、右へ左へと正確に案内してくれますし、拡大表示されるので分かりやすいと思います。ただし一般道の交差点では拡大表示されません。その代わりに大きな矢印が強調表示されます。慣れれば大丈夫だと思います。

・ちょっと困ったのは高速道路を走っているのに、下道を走っていると認識していることが度々ありました、このあたりの癖を予め知っておく必要はあると思います。

・高速道路の料金所では、ETCレーンの位置がちゃんと案内されます、これは良く出来ていると思います。ただし、行き先を案内する道路標識のイメージ表示はありません。

・オービスの近くになると、速度を警告する案内する機能が付いています。

・VICS情報はとても役立ちました。ただしルートにはちょっと癖があります。恐らく最短時間か最短距離のどちらかの道順を優先して案内してくれるので、意外なところから高速道路に乗るように案内したり、数百メートル戻れば高速道路の入り口があるのに、あくまでも最短距離のルートを案内します。
土地勘があるところであれば、自分の頭の中で考えている道順とは異なることに気づきますが、基本的には土地勘のない遠征先で使うものなので、これはいいでしょう。

・データの通信料はインターネットで調べてみると、1日ずっとナビで案内しても80MBくらいだったという情報がありました。週末だけ、ひと月に何度か使うだけであれば、それほど気にするほどではないでしょう。

・トンネルが連続する場所では、マップの更新が追いつかないことがありましたが、そもそもトンネルではなかなか正確な案内は出来ないで、許容範囲でしょう。

・自宅にいる時に、行き先の登録(キープ)が出来るのは便利です、ちなみにYahoo地図の「お気に入り」と連携しているので、例えば自宅のパソコンからYahoo地図で地点登録をしておけば、Yahooカーナビで使えるのもとても便利です。
・Yahooカーナビに限らず、ポータブルのナビの場合は予め地点登録が出来るのがとても便利です。車に固定されているナビの場合は、予め地点登録をするのにはあまり便利ではありません。

・出発地の指定が出来ます。私が使っていたユピテル製のナビではこれが出来なかったので、これは便利です。そしてルートの登録機能もあります。

・まだ使っていませんが、駐車場情報もあるそうです。


・あくまでも私個人の感想なので、人によっては「これでは全然ダメだ」という意見もあると思いますが、私には必要充分だと思いました。 私は積極的に使っていこうと思います。

・週末だけ、ひつ月に数回だけ使うという前提で、どんな人なら合うのかを、私なりに考えてみました。
1.高価(高性能)なナビは不要は人
2.ナビのマップが古くなって更新が必要な人
3.複数の車(私の場合は車とバイク)でナビを付け替えて使いたい人
4.まだナビを持っていない人
5.いろんな機能(ワンセグや音楽再生)は不要な人
は、候補にしてみてもいいと思います。無料なので、まずは使ってみて、それでダメならポータブルナビを購入したらいかがでしょうか?

・次はバイクで実用になるかの検証が必要です。バイクの場合は基本、音声中心になります。
そしてバイクで使用する前提だと、防水だとすごく助かります。
→iPhone7にしたのは防水が欲しかったからです。

・これだけ無料で使えるスマホアプリが実用になってくると、Google Mapsも試したくなります。
それからDeNAからも無料のナビアプリが出ているようです。あと数年先になると、デジカメのようにスマホに立場を譲ることになりそうですね。


※掲載内容は全て掲載時点のものです、最新情報とは異なる場合がありますので予め御了承下さい。


rollei35 at 07:06|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)mixiチェック その他 

2016年12月04日

おやぢSW.20 昼飯無しでひたすら買い食い 砂町銀座商店街で健康アンバランス11品目を完食

(訪問日:2016年11月)
【昼メシ無しでひたすら買い食い 砂町銀座商店街で健康アンバランス11品目を完食】


IMG_8751
・今回は砂町銀座商店街へ出掛けることにしました。以前から砂町銀座商店街のことは知っていましたが、訪れるのは今回が初めてです。
・砂町銀座商店街は「都内の活気ある商店街」、「都内で人気のある代表的な商店街」、「食べ歩きの商店街」として、しばしばTVや雑誌、インターネットで紹介されています。
・「食べ歩き」と言うと、なんだか洒落た感じがするので、我々おやぢは使いません。「買い食い」と言うことにします。 今回は、この砂町銀座商店街でひらすら買い食いして、健康バランスを一切考えず、ただ11品目を買い食いすることを目標にしようと思います。
・2016年11月某日、小雨の降る中、いつもの友人のおやぢと西大島駅で待ち合わせ、ここから20分くらい歩いて砂町銀座商店街へ。この商店街は最寄り駅から離れたところにあり、あまりアクセスが良くないのですが、雨天にもかかわらず、そこそこ賑わっている様子です。いよいよ商店街に突入します、いくつか事前に食べたい物を調べてありますが、ちゃんとお店を見つかれれるのか若干不安です。


IMG_8753
IMG_8755
IMG_8757
【1品目】
・幸先良く、お惣菜屋「松ばや」さんを発見、こちらのお店では煮玉子を食べます。このお店の煮玉子は、通算で600万個売れたそうです。事前の調査では220円と書いてあったので、随分なお値段設定だなぁと思っていましたが、5個で220円でした。っということは1個あたり44円です、決して高くはないですね。
・5個入りを購入して早速実食することに。なるほど、これは確かに美味しいです、出汁が効いているのかな? とんこつラーメンなんかに入っている煮玉子とは違う感じで、おでんの玉子に近い感じです。友人のおやぢも開口一番「美味しい」と言ってました。
・ちなみにこのお店のすぐお隣に「肉まん」のお店があったのですが、まだこの先の道のりは長いので、断腸の思いでスルーします。


IMG_8769
IMG_8766
IMG_8767
IMG_8768
【2品目】
・次にやって来たのは中華料理屋の「永昌園」さん、こちらのお店で食べるのは「餡餅(シャーピン)」というグルメ、230円。この砂町銀座商店街ではTVや雑誌で何度も紹介されて、芸能人も訪れているようです。
・インターネットで「餡餅」を調べてみると、「餡を中にいれた餅」ということになりますが、こちらのお店の餡餅は、餅の中に餃子のような具が入ったものです(※ちなみに昔はギョーザ焼慢という名前だったようです)。ちょっと珍しい食べ物ですが、これは確かに美味しいですね。珍しい食べ物というだけでは人気は長続きしないと思いますので、これは納得です。友人のおやぢも納得のご様子でした。なかなかのボリュームなので、それなりの食べごたえです。この日は11品目完食を目標にしているので、序盤はなるべく胃袋に余裕を持たせておきたかったのに、けっこうな食べごたえでした。


IMG_8776
IMG_8773
【3〜4品目】
・続いてやって来たのは「やきとり おか田」さん、こちらのお店のやきとりの殆どが100円で分かりやすいです。私は鶏皮のタレぼんじりの塩の2本をいただくことに。インターネットで沢山紹介されているお店だけあって、なかなかでした。
・ちなみにこちらのお店は「食べ歩きはお断り」です。一瞬おやっ?と思いましたが、ゴミやマナーの問題などを考えると、むしろそのほうがいいでしょう。でもお店の脇に小さなテーブルスペース(立ち食いスペース)が用意してあって、このお店で買ったやきとりをいただくことが出来ます。お酒もちゃんと売ってます(持ち込みはNG)ので、焼き鳥にビールをグビグビというのもいいでしょうね。


IMG_8781
IMG_8779
2016-11-19 12.00.58
【5〜6品目】
・次に訪れたのは「みどりのおかず」というお店、お惣菜とお弁当を販売しているお店です。事前の調査では全くノーマークでしたが、コロッケ38円、うずら串フライ56円というリーズナブルなお値段と、私の好きな「うずら串フライ」に惹かれました。店内のレンジで温めさせてもらって、コロッケとうずら串フライを完食。こちらのお店の魅力はとにかく価格でしょう、こういうお店は家のすぐそばにあると嬉しいです。
・また、今回はこの先の道のりが長いので諦めましたが、巨大なチキンカツ(200円)がとても美味しそうでした。かなり大きなチキンカツなので苦戦が予想されますが、また来る機会があれば是非試してみたいです。


IMG_8782
・ここまでの6品目で使ったお金は568円、お惣菜屋さんの隣にあった中華屋さんの定食メニューを見ると、580円で定食が食べられて、しかもライスお替わり無料でした。一瞬、我々おやぢ達はいい歳してなにやってんだと思いましたが、むしろこの先は迷いが吹っ切れました。目標11品目を目指します。


IMG_8788
IMG_8806
・商店街を歩いて先に進みます。途中で見つけた古いお店と細い路地がものすごくいい雰囲気でした。いつもなら入念に写真を撮りますが、この日は11品目を目指すために先に進みます。
・この商店街は、私の印象では他の商店街よりも洋服屋さんが多いかなと感じました。
・ここで嫌な予感が的中、昨夜から調子がイマイチだったお腹が痛くなってきました・・・しかも、しばらく写真を撮っている間に、満腹になってきました。11品目完食できるのか・・・


IMG_8800
IMG_8797
IMG_8799
【7〜8品目】
・ちょうど商店街の反対側までやって来ました。お腹の不安は残りますが、買い食いを続けます。次に訪れたのは「竹沢商店」さんという焼き鳥屋さんです。こちらのお店ではシロ100円とタン120円をいただくことにしました。いずれもかなりのボリュームでした。タンは分厚くて歯ごたえがよく、シロは咀嚼(そしゃく)するのに時間がかかり、アゴが疲れてしまうほど、ホルモン好きの私はとても気に入りました。
 
IMG_8807
・【9品目】
・砂町銀座商店街を折り返して、途中でみつけたおでん屋さんに向かいます。その途中で「フランクフルト 50円」の看板に友人のおやぢが引き寄せられ、私は串カツ100円にすることにしました。ケースの中に作り置きしてあったので、もしかしたら暖かくないかも?と思いましたが、予想を通り越して「もはや冷たかった」のがとても残念でした。これでは美味しいのかどうかも正確には分からないので、お店の名前は伏せておきますが、インターネットで調べてみると、人気のあるお店のようですよ。


IMG_8812
IMG_8821
【10〜12品目】
・串カツでテンションが下がってしまいましたが、目標のおでん屋「増英蒲鉾店」さんまでやってきました。インターネットで調べてみると、おでん屋、かまぼこ屋と諸説あるようですが、人気のお店のようで、行列が出来ていました。ここで私は(魚の)すじ70円、はんぺん40円、ダイコン120円(時価)の3品を注文しました。はんぺんが40円というのはとてもリーズナブルですが、ダイコン120円はちょっと微妙な感じがします。インターネットで調べてみると、とにかくコスパ良しとのことです。コンビニのおでんはなんだろう?と思ってしまいます。ちなみにダイコンはすごく芯があって、おでんの具にはちょっと珍しい食感でした。魚のすじは練り物のようです、牛すじほどではありませんが、これはなかなかでした。


IMG_8827
IMG_8825
【13品目】
・既に目標の11品目を達成しているので、もうやめても良かったのですが、事前の調査でチェックしていた焼き鳥屋さんがあったので、最後に1品目追加することに。次にやって来たのは「地鶏のうまい店 鳥光」というお店、こちらのしゃも皮160円にひかれました。お腹は満腹で、すこし苦しい感じはありましたが、一口食べたら、皮なのにジューシーで、気に入りました。もう1本食べたいくらいでしたが、さすがにやめておきました。


IMG_8760
・この日の健康バランスを一切考えない「健康アンバランス11品目を完食」はここで終わり、私は13品目を完食して、合計1,130円、友人のおやぢは10品目でギブアップでした。
・全体的にすごくリーズナブルな商店街でした。都内で人気があったり、活気がある商店街として知られていますが、単にリーズナブルというだけの理由では人気にはならないと思います。このあたりの理由には興味があるので、いろいろと商店街に足を運んでみようと思います。面白い商店街なのは間違いないと思います。
・ちなみに砂町銀座商店街を後、「キラキラ橘商店街」という商店街へ足を運びました。そのレポートはまたの機会(後編)にします。


※掲載内容は全て訪問時点のものです、最新情報とは異なる場合がありますので予め御了承下さい。

【関連リンク】
(おやぢSW.20 後編)
おやぢSW.20 シャッター商店街と化した「下町人情キラキラ橘商店街」



rollei35 at 08:47|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)mixiチェック お出掛け・写真 

2016年12月03日

おやぢSW.6 出世の石段で知られる愛宕神社へ季節はずれの初詣

(訪問日:2016年1月)
【おやぢSW.6 出世の石段で知られる愛宕神社へ季節はずれの初詣】

2016-01-23 11.39.07
・2016年1月某日、今更ですが愛宕神社へ初詣に出掛けた後、品川宿へ向かいます。 この日はあまり写真を撮らなかったので、画像に限りがありますが、とても内容の濃いお出掛けになりました。


2016-01-23 11.43.15
・愛宕神社は東京都港区のオフィス街のど真ん中にある人気のスポットです。お正月にお参りにくるとものすごく混雑するそうですが、すでに1月末日なので全く混雑していません。この愛宕神社は画像の通り「出世の石段」というのが有名で、参拝に訪れたらこの階段を登るのがしきたりのようです。ちなみに参道の真ん中は神様の通り道なので、中央を避けて歩くのが良いそうですよ。また、帰りは出世の石段を下るのではなく、脇道を通って帰ります。

・ところでこの愛宕神社の階段が「出世の石段」といわれるようになったのは、その昔(江戸時代)、時の徳川家光の前でこの急勾配の石段を馬で駆け上がり、一躍日本一の馬術の名人を呼ばれるようになった話に由来しているそうです。

・愛宕神社の御利益は、愛宕神社の公式HPによると
1.火に関するもの、防火、防災
2.印刷・コンピューター関係
3.商売繁盛
4.恋愛、結婚、縁結び
と記載がありました。「出征の石段」とは言いますが、会社で出世するとか、そんな感じではないような感じですね。恋愛関係の御利益まで入っているのは、さすが人気の神社ですね、したたかな感じがしますけど。


IMG_2817

IMG_2820

IMG_2818
・愛宕神社の後、品川宿へ向かいましたが、このブログで何度も紹介しているので、今回は画像を少しだけ掲載します。
・1枚目の画像は品川宿にあるゲストハウス、よく外国人のお客さんが泊まっているようです。
・2枚目の画像は以前から気になっているcafeです、まだ一度も訪れたことがないのですが・・・
・屋形船の船着き場、ここは何度も訪れている私のお気に入りの場所です。


※掲載内容は全て訪問時点のものです、最新情報とは異なる場合がありますので予め御了承下さい。

【関連リンク】
おやぢSW.4 品川宿 新たな発見に驚き!
東海道紀行No.1(品川宿)

rollei35 at 16:38|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)mixiチェック お出掛け 

2016年11月28日

おやぢSW.5 鶯谷(書道博物館)から谷中のメンチカツを喰らう

(訪問日:2016年1月)
【おやぢSW.5 鶯谷(書道博物館)から谷中のメンチカツを喰らう】


IMG_2746
IMG_2749

・鶯谷駅の近くに「書道博物館」があるそうです。以前、この近くに職場がありましたが、全く知りませんでした。香川から上京している知人が書道家なので、今回は書道博物館に向かった後、人気の谷中を案内して、最後はビールメンチカツを食べようと思います。
・2016年1月某日、鶯谷駅へ向かいます。素人の私は全く存じ上げておりませんでしたが、こちらは中村不折さんという著名な書道家さんの記念館になっていて、多くのコレクションが所蔵されているそうです。
・この日は【顔真卿と唐時代の書】という展示を見に来ましたが、書道ど素人の私にはもはや理解の範疇を超えておりますので、コメント・感想はご勘弁下さい。


IMG_2754
IMG_2753

・この書道博物館の向かいに正岡子規のゆかりの地「子規庵」があり、ここで正岡子規が多くの作品を残したそうです。ここは一般に解放されていて、見学することが出来ます。室内は撮影出来なかったと思いますが、玄関とお庭の写真を撮っておきました。


IMG_2756
2016-01-10 11.40.47

・「子規庵」の後は、日暮里駅まで歩いてきました。。ちょうどお昼時間だったので、私のお気に入りの「馬賊」というラーメン屋さんへ。ここのラーメンは手打ち麺で、お店の入り口で店員さんがバッタンバッタンやってるのをよく見かけます。私が食べたのは、おそらく「みそねぎ拉麺」だったと思います、これもとても美味しかったのですが、こちらのお店の人気は「担々麺」のようです。また画像はありませんが、手打餃子も人気で、私もとても気に入っています。友人もとても気に入ったようで、今度は奥様を連れて来たいと言ってました。


IMG_2759

・日暮里でお昼ご飯を食べた後は、谷中にやって来ました。谷中にはお気に入りのスポットは沢山ありますが、この日は香川から来てる友人のために、なるべく定番のスポットを重点的に案内することにします。こちらも谷中の定番スポット、なかなかの雰囲気に喜んで頂けたようです。


IMG_2768

・谷中の中で私が気に入っている場所の1つがこちらです。ただし、ここには多くの人が訪れた結果、地元の住民の方々に迷惑になっているようです、申し訳ないです。よって場所は明かしません、我々おやぢ達もここを訪れる時は、少人数で静かにしながら、サササと写真を撮って、通り過ぎるように立ち去ります。ちなみにここには看板が立ててありますが、「営利を目的とした撮影を一切禁ずる。」と書いてあります、ご注意下さい。


IMG_2769
IMG_2775

・谷中で見つけたちょっと面白いもの、おちゃめなもの2つです。この看板の文面をその通りに解釈すると、「ドウボウ は、ここまでは侵入してもOK」と思えてしまうのは屁理屈ですよね(汗) また電信柱はおちゃめですね(^^) 最近こういう洒落っ気のあるものあまり見なくなりました。


IMG_2780
IMG_2783

・谷中には今でもいくつか井戸があります、その1つがこれです。この辺りは井戸があったり、細い路地がなかなか雰囲気のいい場所なのですが、場所は明かしません。ちなみにこの日の朝から、ここにやって来るまで、ずっとカメラの設定を間違っいて、少し写りがおかしいです、なにやってんだか(汗) ここから先の画像は普通に撮った画像です。


IMG_2788
IMG_2789

・壁一面、オレンジ色の建物に、オレンジ色の上着を着たおやぢが保護色になって分からなくなるかどうかの実験。結果はご覧の通りです。


IMG_2800

・おそらく飼い猫だと思いますが、人間慣れしていて、沢山写真を撮らせてくれました。


IMG_2804
IMG_2808

・谷中銀座の近くまで歩いてやって来ました。井戸や細い路地があった場所とは雰囲気が一転します。
・この日の最後の目標、谷中銀座で予定通り「メンチカツ」を喰らいます、友人もとても喜んでくれたので一安心です。香川の友人は、この日のフライトで香川に戻ります。 


2016-01-10 16.03.27
IMG_2810

・羽田空港へ向かう友人を品川まで見送り、いつもの友人のおやぢと二人で品川の居酒屋へ。どこにでもあるチェーン店の居酒屋ですが、お祭りの雰囲気が満載でした。
・居酒屋で飲んで帰宅する前に、品川の港南口の近くにある細い路地を少し歩いてみます。周りはちゃんとしたオフィス街ですが、その中にこんな路地があるのは驚きです。友人のおやぢも喜んでくれました。
・もう少し谷中の辺りの紹介をしたいのが本望ですが、「観光地」と「観光地ではない人が住む場所」とはある程度区別して考えなければなりません。この辺りはとてもナーバスな問題で、それを無視してネット上に掲載されていることをよく見かけます。この問題については、これからも注意しようと思います。


※掲載内容は全て訪問時点のものです、最新情報とは異なる場合がありますので予めご了承下さい。



rollei35 at 21:04|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)mixiチェック お出掛け・写真 

2016年11月16日

おやぢSW.4 品川宿 新たな発見に驚き!

(訪問日:2016年1月)
【おやぢSW.4 品川宿 新たな発見に驚き!】

P1060880

品川宿には足繁く訪れているので珍しいことではありませんが、それでもまだ新しい発見があります。今回は香川から友人が上京しているので、私のお気に入りの品川宿を案内することになりました。
・同行する人が変わると、いろいろ新たな発見あって新鮮です。ようするに興味や視点が違うからです。逆に私の興味と視点でこまごましたところまで案内すると、友人はとても喜んでくれました。
・2016年1月某日、京急品川駅で待ち合わせして、南方向に向かいます。駅でいうと「北品川駅」になりますが、品川駅より南にあるのに「北品川駅」というのも何だか違和感があります。


P1060902
P1060900
P1060898

・品川宿に来るのはいつも夕暮れから夜ですが、今回は珍しく休日の日中にやって来たので、なんだか雰囲気が違います。
・品川宿の街道からちょっと離れた場所にある船着き場へ向かいます。ここは運河があって、屋形船や漁師船が停泊する向こう側に品川のオフィス街が見えるという、少し珍しい場所です。友人も運河の向こう側にオフィス街が見えるのが面白いと言ってくれました。


P1060904
P1060907

・細い路地を抜けて、砲台跡へ向かいます。この辺一帯は品川のオフィス街とは全く雰囲気が違います。小学校の入り口に砲台跡はありますが、そもそも小学校には見えない校舎に少し驚きました。それから小学校なのに砲台跡なの?と思わなくもないのですが、まあいいか。


P1060914
P1060918
P1060915

・さらに細い路地をくねくね進むと、パンを焼くすごくいい匂いが漂ってきました、私の胃袋センサーにスイッチが入る・・・その匂いにおびき寄せられて、お店に入ってみることにしました。こちらのお店は「いのパン店」というお店で、ちょうどお昼前だからでしょうか、焼きたてのパンが店内に並べられ、そして店内にはテーブルとイスが4席くらいある。お茶しながらパンを食べるにはちょうどいいです。ここで私は塩コッペパンと紅茶をいただくことにしました。温かい焼き立てだから、という理由もあるかもしれませんが、これは美味しかったです。もっと他のパンも食べてみたいと思いましたが、またの機会にします。


P1060921
P1060928
P1060930
P1060932

・この日は品川宿の街道ではなく、私の好みで細い路地へ友人を案内します。観光地ではないので場所は明かしませんが、品川宿の街道沿いには細い路地がいくつもあります。また井戸が残る場所があり、今でもいくつかの井戸は水が出るようで(ただし飲料には適していないようです)。


P1060935

・新馬場駅の付近は「品川神社」があり、この辺の商店街は昔の参道の雰囲気がまだ残っているようです。商店がいくつも立ち並びますが、画像のような長屋もあります。この辺りは再開発が急速に進んでおり、建物の建て替えも頻繁に行われているので、徐々に古い建物が減っています。もし可能であれば、古い建物はいつまでも残して欲しいと思います。


2016-01-09 12.41.31

・この日のお昼ご飯は、焼き鳥屋さん「とりいち」でやきとり丼をいただきました。さすが、焼き鳥屋さんなので焼き鳥が美味しいのはもちろんですが、ネギがすごく美味しかったです。ネギだけおかわりしたいくらいでした。


P1060937
P1060939
P1060942

・昼食の後は、再び細い路地を友人に案内します。先程も申しましたが、再開発が急速に進んでいるため、このような路地は減りつつあります。何だかとても残念ですが、仕方ないですね・・・。案内した友人もそこそこ喜んでくれました。


P1060943
P1060946

・この品川界隈の地ビール「品川縣ビール」を友人に勧めました。お店は以前にもお邪魔したことがある「西田酒店」さん、こちらのお店の方にはいつも大変親切にして頂いてます。「品川縣ビール」とは、日本で最初に作られたビール工場で製造され、日本で最古の「酵母」を使ったビールとのことです。
品川縣ビール → http://www.touch-i-love.co.jp/berr/beertop.html
・味はとても濃厚です、黒ビールとのハーフ&ハーフのような、またはキリンブラウマイスターやシメイなどに似ている感じです。アメリカの薄いビールはあんまり好きではないので(飲まないわけではないです)、私はこういうビール、とても好きですよ。友人もとても満足していました。
・品川宿はここでおしまいです、この後、二人で六本木の国立新美術館へ向かいます。


IMG_2742
IMG_2733
IMG_2740

・品川宿を青物横丁まで歩いた後、我々は六本木の国立新美術館へ向かいました。友人が出展している「第64回独立書展」の展示を見に行くためです。友人とその知人の素晴らしい展示作品と、著名な先生方の作品を拝見し、皆さんの独創的発想にただただ驚きました。書道ど素人の私が唯一得ることができたのは空白とのバランス、モノクロ写真にどう活かせるものか。


2016-01-09 20.02.48

・友人と夕食を済ませた後、おっさん二人で品川プリンスホテルの最上階のラウンジに来てしまいました。おっさん二人で来てる客なんて我々だけ(汗) 最上階から見渡す景色は素敵でした、友人は奥様を連れてきたいと言ってました、私も女性と一緒がいいなぁ(笑)


※掲載内容は全て訪問時点のものです、最新情報とは異なる場合がありますので予めご了承下さい。



rollei35 at 23:32|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)mixiチェック お出掛け・写真 

2016年11月12日

おやぢ旅 vol.10 旧中山道(その3)

【おやぢ旅 vol.10 旧中山道(その3)】 奈良井宿・妻籠宿・馬籠宿
訪問日:2016年5月

2016年GWのおやぢ旅 vol.10 in 旧中山道 の その3 を掲載します。


2016-05-05 04.54.28

・おやぢ旅の3日目になりました。この日の予定は、朝は馬篭宿に滞在して、その後は近くの宿場に寄って帰路へつきます。
・この日はいつもより少し早い5:00前に目が覚めました。トイレに行った後、タバコを吸いに宿の外に出てみると、外は少し明るくなり始めていました。


P1170238 (2)
P1170360 (2)
P1170270 (2)

・部屋に戻ってもう一人のおやぢに声をかけて、二人とも早朝の馬篭宿へ出掛けることにしました。宿場には我々おやぢ達以外には殆ど誰も歩いていません、もの好きな人はそれほどいないようですね。
・まもなく日が昇ってくるようです。以前、日の出の馬篭宿には来たことがありますが、空が明るくなり、街道に陽が射す光景はなかなかでした。


2016-05-05 07.01.03
2016-05-05 06.38.06

・6:00過ぎまで街道を歩き、宿に戻って来ました。宿の外はとてもいい光が射してきましたが、7:30の朝食まで、まだ時間があるので、おやぢ×2は二度寝します。


2016-05-05 07.29.42 (2)

・朝食の時間になりました、早朝からウロウロ、ゴソゴソしているのでお腹がとても減ってました。朝食は出汁巻き玉子、鮭の塩焼き、それにコロッケ。おや?朝からコロッケですか? 外国人の宿泊客が多いからなんでしょうか? 私はコロッケが好きなのでウェルカムですけど、ちょっと珍しいですね。ホテルの朝食のビュッフェみたいな感じです。


P1170391

・9:00頃に荷物を整理して宿を出発、再び馬篭宿の街道を歩きます。早朝より随分日が昇ってきました。ついさっき民宿で朝食を食べたばかりですが、お気に入りの五平餅をいただくことにしました。こちらのお店、実際には民宿「白木屋」さんというところで、お食事も出来ます。今回は宿泊先の候補の1つでした。こちらの五平餅は、独特のお味噌の味付けで私のお気に入りです。ホームページには「おばあちゃんが作る自家製五平餅」と書いてあります。画像のように、まるで串団子のようにコンパクトで、これくらいなら朝食後でもぜんぜんイケました。


P1170397
P1170411 (2)
P1170413
P1170422

・馬籠宿のスポットの1つ「水車小屋」へ向かいます。この水車小屋は僅かながら発電を行っていて、水車小屋のライトアップや室内の照明、夜灯などに使われているそうです。
・ちょうどこの辺りは宿場の枡形になっていて、馬籠宿の見どころの1つになっています。馬籠宿の坂の下にある駐車場から歩いてすぐのところです。限られた時間で馬籠宿を訪れる場合は、坂の下から桝形を通って、藤村記念館辺りまで坂を登って行くのが宜しいかと思います。坂の上からの景色を見たい場合は、おやぢ達が宿泊していて「馬籠茶屋」辺りからの景色がオススメです。


IMG_5585
IMG_5579

・次に「清水屋資料館」へ向かいました、正式名称は「木曽馬籠清水屋資料館」というところです。この馬篭宿は島崎藤村ゆかりの地として知られています。この清水屋は島崎藤村の作品「嵐」に出てくる「森さん」こと原一平さんの家のことです。1枚目の写真は1階の様子、2階の資料館ですが、奥のほうに2枚目のように私達おやぢのお気に入りの部屋があります。


P1170428
P1170433

・お土産屋「槌馬屋」さんに寄ります、こちらの人気No.1のお菓子が「栗ふく」です。このブログでも何度も紹介していますが、TVや雑誌でも紹介されているので、かなりの人気商品です。タイミングによって品切れの場合がありますので、ご注意下さい。栗ふくは丸いカステラの中に栗あんと栗がまるごと1つ入っているとお菓子だと思って下さい。


2016-05-05 11.06.50
2016-05-05 11.07.01
2016-05-05 11.10.03

・お土産屋で買い物をして馬篭宿を後にします。次は落合宿「石畳の坂」へ向かいます。観光案内によると、1つお隣の落合宿には石畳があり、これに一番興味を持ちました。
・Webサイトに掲載されている通りの住所をナビに登録して現地に向かいました。が、どんどん山の中に向かい、着いたところは画像の通り。この時は間違った場所に来てしまった思いましたが、帰宅してから調べてみたところ、ほぼほぼ場所は合っていたようでした。
・バス停があるので、ここをバスが通過しているようですね、ちょっと驚きです。すぐ近くに落合宿の本陣があるのかと思っていましたが、こんな山の奥ではないだろうと思い、次の中津川宿へ向かいました。


IMG_5592

・中津川宿の脇本陣だった旧森家の建物の一部「上段の間」が再現されて見学出来ました。殆ど事前に調べずに中津川宿へやって来ました。ご飯だけでも食べられればと思いましたが、中津川宿の中心には食事が出来るような場所は殆どありませんでした、国道沿いに行くべきですね。


IMG_5614
IMG_5622
IMG_5623

・少し歩いているうちに、ほんの僅かですが、古の宿場の雰囲気を残す場所にやって来ました。ここには、日本酒「恵那山」の酒蔵「はざま酒造」さんがありました。じつは「恵那山」という日本酒はなんとなく知ってはいましたが、あまり馴染みがありませんでした。酒蔵さんには「酒遊館」という日本酒ギャラリーがあって、せっかくなので見学することにしました。ちょっと意外だったのは、とてもお洒落で素敵なギャラリー、お酒もさぞ美味しく飲めるのだろうと思いましたが、あいにく運転があるので・・・我慢することにします。

 


2016-05-05 12.20.10
2016-05-05 12.20.31

・どうしてなのか・・・本当に偶然ですが、おやぢ旅の最終日のお昼は、何故かラーメンと餃子になることが多いのです。本来は地元の名産などを食べるのがよいのですけどね。せいぜい良くても蕎麦になります。
この日は「華香園」という道すがらで見つけた普通の中華料理店へ。台湾風のタンタン麺、見た目はそれほどでもないのに、しっかり辛いし、お味もなかなかです。そして餃子は不思議な形で、紅虎餃子房の餃子を思いだしました。この餃子はなかなか美味しい餃子でした。
・中津川宿までもう一人のおやぢと一緒でしたが、ここで別行動になります。私は一人でもう少し旅を続け(名付けて「独りぼっち旅」)、恵那市の岩村城下町へ向かいます。もう一人のおやぢはここから帰宅します。

 


P1170457_thumb_thumb
P1170465_thumb_thumb
P1170478_thumb_thumb

・中津川からは30分くらいで岩村に到着、駐車場もすぐに見つかり、観光マップを手に入れて岩村城下町を歩きます。それにしても暑いです・・・。初めて訪れたところですが、古い感じの商店街が長く続き、城下町の雰囲気と古い商店街の雰囲気が入り交じったような印象です。さっき、友人のおやぢとは別れてしまいましたが、ちょっと失敗したかなぁ・・・もっと早く調べておくべきでした。他で時間を取らずここへ来ても良かったと思いながら、では次回はここに来ると決めました。私は、あまり観光地化されていない感じ好みなので、岩村はとてもいいバランスだと感じました。


IMG_5626_thumb_thumb
IMG_5629_thumb_thumb
P1170481_thumb_thumb
IMG_5651_thumb_thumb

・江戸時代から続く旧家が資料館としていくつか解放されていましたので、さっそく足を運びます。最初は「木村邸」に向かいます。木村家は江戸時代に栄えた問屋で、藩の財政困窮のたびに御用金を調達して危機を救ったほどの豪商だったそうです。建物はとても立派で、玄関は広く、敷地も広大で、本当に裕福な旧家だったことがよくわかります。


P1170494_thumb_thumb
IMG_5661_thumb_thumb
P1170495_thumb_thumb

・岩村のカフェ「豆cafe」で少し休憩することにしました。よく探せば他にもcafeはあると思いますが、チラッと店内を覗いてみたら、店員さんが素敵な笑顔でこっちを見ていたので、そのままスルスルと店内へ引き込まれてしまいました。結果的にはこちらのお店で正解でした、すごく清潔で可愛らしい店内でアイスティーをゴクゴク飲んで涼を取ります。こちらのお店は「手作りケーキ」と「挽きたてコーヒー」がオススメとのことです、私はアイスティーを頂いちゃいましたけど。


P1170503_thumb_thumb
P1170506_thumb_thumb
IMG_5684_thumb_thumb
IMG_5703_thumb_thumb

・cafeで休憩の後に向かったのは「土佐屋」、 今から約260年前に染物業を営んでいた商家です。現在は「工芸の館」として営業しています。こちらの土佐屋も大変立派な建物で敷地も広く、古の繁栄の様子がよく分かります。2階の部屋から眺めた敷地の様子も素敵で沢山写真を撮りました。


P1170541_thumb_thumb
IMG_5724_thumb_thumb
IMG_5727_thumb_thumb

・続いて「勝川家」へ向かいます。こちらの勝川家も江戸時代の商家で、藩の財政に大きく貢献したそうです。こちらは特に驚くほど広い敷地です。記憶が曖昧なところがありますが、2階にあった「娘の部屋」が私の一番のお気に入りです。敷地内を広く見渡せて、三方がガラス戸で囲まれ、開放感が最高でした。
 


P1170550_thumb_thumb
IMG_5745_thumb_thumb
P1170594_thumb_thumb

・もう少し岩村の街並みを歩いてみることにします。時間の都合で岩村城下町の半分くらいしか歩いて回れませんでしが、ここはまた来ることにします。
・この日は多治見のビジネスホテルで一泊して、明日の天気次第で行き先を決めるつもりです。 時間の都合があり、後ろ髪を引かれる思いで岩村を後にしました。


2016-05-05-20.39.42_thumb_thumb
2016-05-05-20.53.07_thumb_thumb

・バイクで無事に多治見のビジネスホテルに到着、数日間溜めた洗濯物を近くのコインランドリーで洗濯します。この日のうちに洗濯を済ませておかないと、明日から着るものがありません。ほぼほぼ1時間半かけて洗濯から乾燥まで終わらせて、ホテルに戻ったのは19時半くらいでした、これから夕食に出掛けます。食事が出来ればファミレスでも全然いいと思っていましたが、驚いたことに駅の周辺を40分歩いたのにファミレスが1軒も見つかりません。これは駅前よりも国道沿いが栄える田舎独特のあるあるです。
・途中、食事が出来るところはありましたが、ファミレスを探していたのでスルー、ぐるっと駅の周辺を一周して、結局駅前に戻ってきてしまいました。この際、食事が出来れば居酒屋でもなんでもいいので、2軒ほどのぞいてみましたが満席で入れず、結局宿泊先のホテルの隣の居酒屋まで戻って来てしまいました。なんとか夕食にたどりつきました。もしかしたらコンビニ弁当になるかも?と半ばあきらめていましたが、ラッキーでした。
・大ジョッキのハイボールと唐揚げ、気分良くて随分呑みました・・・ 油断しました。このお店に行った後、立ち呑み屋のようなお店へ更にもう1軒。このあたりから記憶が曖昧です。
・翌日は郡上八幡に立ち寄った後、名古屋の姉宅に向かいます。



※掲載内容は全て訪問時点のものです、最新情報とは異なる場合がありますので予め御了承下さい。



rollei35 at 11:34|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)mixiチェック お出掛け・写真 | バイク