2007年04月22日

4/21-22ちょい撮り「房総」パート2(前編)

20070422_01 暖かくなって、やっとバイクシーズン到来です。
今回のちょい撮り「房総」は、私が新しく購入したバイクで走りたいから?昨年の11月に開催したちょい撮り「房総」のリピート開催です。
 さて今回のちょい撮り「房総」は4月21〜22日の2日連続開催となりました。初日の参加者ははまさん、のぶさん、いんでんさん、れてんさん、Yoshiさん、RYUさん、てつの7名。10:00に君津バスターミナル付近に集合して、車組とバイク組に分かれて亀山湖を目指します。バイク組はてつとRYUさんの2名が参加、当初参加予定だった木戸屋さんは体調が悪くて残念ながら欠席になってしまいました(残念)
 てつとRYUさんの二人は君津の鹿野山へ向かいました。ところがちょっと問題が発生、予定していた入り口が土日一方通行に規制されていた為、仕方なく一度出口まで行って、逆回りすることにしました。
 鹿野山には展望台のようなところがあって、眼下を見下ろせるところがあります。上の写真は、その展望台でのRYUさんのカットです。ここにやって来たのはバイク組の二人だけなので、ちょっとニンマリ(笑) ちょっとだけ曇っていたのが残念でしたが、風が心地良く、凄く気持ち良かったです。
 ついでに下の写真は、試しに景色を左から順番に撮ってみました。

20070422_0220070422_0320070422_04








 展望台を後にしたてつとRYUさんの二人は、緩やかな下り道を気分良く走ってまいりました。先にも申しましたが、この日は一方通行の規制が掛かっていたので、対向車のことを殆ど気にしなくてよかったので、本当に気分良く走れましたよ!


20070422_05 鹿野山を後にしたてつとRYUさんと二人は房総スカイラインで亀山湖へ。房総スカイラインは路面もそれほど悪く無いし、道幅もそこそこ広いので、ちょっと(いえ、かなりです)ペースを上げて走ってみました。その途端、対向車線で白バイに捕まっている車を発見(汗)して大ブレーキ。流石にそれからは普通のペースで走りました、いやいや、ちょっとビックリ(汗)
 亀山湖に到着したところで、高速道路の渋滞で集合時間に間に合わなかったれてんさん、無事に合流しました。ここでれてんさんの愛車、ダイハツのコペンが大人気に! ボタン一つで屋根が外れてオープンカーに早変わり! 「忍法屋根隠しの術」という新しい技が話題になりました。
 左の写真は、愛車の話題で盛り上がって、ニンマリのれてんさん、本当にカワイイ車ですね、私も1台欲しいです。


20070422_0620070422_07 亀山湖では、殆ど写真を撮れるようなところが見つからず、一行は養老渓谷へ向かいます。
 電車でやってくるいんでんさんと養老渓谷駅で待ち合わせしていましたが、約束の時間までは充分な時間があったので、駅周辺で写真でも撮りましょう、っということになる前に、お昼まで腹が持たぬと、まずはちょい喰いから(笑) 養老渓谷駅前のYoshiさんの知り合いの雑貨屋さんでコロッケ、メンチカツ、からあげ等を買ってきて胃袋を満たしました。
※左の写真は、ちょい喰いの真っ最中、左からRYUさん、Yoshiさん、れてんさんです。ちなみにいつもならここでビール! ですが、今回はバイクや車を運転しなきゃいけない人が多いので、意外にも?真面目にお茶とかコーヒー。ノンアルコールビールを選択した人もいました。
 さて昼飯前にちょい喰いで胃袋を満たしてしまった我々は、カメラを取り出して駅周辺を撮影。これが期待していた以上にいい雰囲気で、皆さんけっこう本気モードで写真を撮っていました。
※右の写真は、廃線になった線路脇で(ウソです、現役です。廃線ではありません)、本気モード?で撮影中のRYUさんです。
 そんなこんなとちょい喰いと撮影で、あっと言う間に1時間経過して、いんでんさんが到着。全員が揃ったところで駅前の蕎麦屋で昼食をとりました。


 昼食の前にメンチカツとコロッケで胃袋を満たしてしまったため、ちょっとお腹が満腹になっていしまいましたが、昼食後は山の中へと向かいます。

20070422_0820070422_0920070422_10 Rollei35owner'zのイベントで、今回のような自然の中で撮影をするのは、実は稀なことです。こういう場合は写真を撮るぞ!と身構えるよりも、ハイキングか散歩のつもりで歩いてみるのが良いようです。

左の写真は、石の上をぴょんぴょんと飛んで、向こう岸まで川を渡っている様子です。石に飛び乗ったら、グラッと動いてヒョエーと奇声を上げる人も(笑)

真ん中の写真は山道をひたすら登る人達です、この後、一体どこまで登るのか?引き返さないのか?とか、そんな話になって、結局引き返すことに。もしこのまま進んでいたら、日が沈んで真っ暗闇の山中を歩くハメになっていたと思います(苦笑)

右の写真は断層の様子です。ここでは○○○さんが、忍法よじ登りの術を使ってあらビックリ! いえ、本当は冗談です。そんなことはしていません。


 さて、無事に山から帰って来た我々は、養老渓谷の温泉に入りに行くことになりました。ただ昨年の失敗?の教訓からか、温泉選びに細心の注意をはらうはまさん、ところがお目当ての温泉は、この日の営業が終わってしまってました、がーーーん。そこで偶然見つけた「滝見苑けんこう村 ごりやくの湯」という、なんとも高貴なお名前の温泉を発見! ここが名前に劣らずなかなかのところで、湯は透明で綺麗だし、風呂も清潔、しかも露天風呂付という名所でありました、これには皆大満足!
 風呂に満足して悪乗りしたてつとはまさんの二人は、風呂上りに牛乳とコーヒー牛乳を2本も飲んでしまいました。皆からは「やめておけばいいのに・・・・」という目線を浴びながら・・・・しかし、この2本が強烈にお腹に堪え、この夜のすき焼きでは、はまさんとてつの二人は早々に箸を置くことになってしまうのでした、あう。


 ごりやくの湯でごりやくを被った我々は、この日の宿泊地のはまさんの奥様の実家のある岬町へと向かいます。道は殆ど渋滞も無く順調に進んでまいりました。日が暮れた頃に岬町に到着、スーパーで買出しして、いよいよすき焼きの開始です!
 前回好評だった例の牛肉を今回も2キロ調達しまして、旨い肉と旨い酒を胃袋に押し込み?お腹がはち切れるのではないか?というくらい胃袋を満たし、この夜は更けてまいりました。

 ちなみに翌日の朝、目が覚めた時には、二日酔いにもまだまだ程遠い状態、いわゆる「まだ酔っ払っています」でした、ああ、自己嫌悪・・・・
 詳しくは後編でお伝えします。

教訓 : 翌日もイベントがあるのだから、飲みすぎるなよな、まったく(オレ)

 



rollei35 at 20:53│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック バイク | ちょい撮り

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字