2007年10月20日

10/13-14 郡上八幡撮影会【前編】

20071013_0220071013_01 郡上八幡のイベントに参加された方々、お疲れ様でした。また、今回は都合が合わず、参加出来なかった方々、とても残念でした。また来年も行きますので、次回こそ是非ご一緒しましょう。

 今回の郡上八幡は、昨年のイベントに続き今回で2回目、私は通算で3回目になります。3回行ってもまだ、いいなあ〜と思えるこの小さな街は、毎回違った魅力を感じます。

 ここのところ、仕事が難航していて、ずっと徹夜や早朝帰宅、休日出勤が続いて沈没船状態(苦笑)、かなりしんどいなあと思っていたところでしたが、お陰様で気分転換出来て、とてもリフレッシュしました。その代わり、月曜日は頭がボケまくりでした(苦笑)

 ずっと寝不足が続いていたので、深夜の運転には若干不安がありましたが、金曜日の深夜、RYUさんと色川さんのお二人と新橋で待ち合わせ、てつの車(別名ちょい撮り号)に乗り込み0時半頃に都内を出発しました。途中の車内では、いろいろとお話ししたり、仮眠しながら一路郡上八幡へと
向かいます。
 途中雨が降ったところがあり、もしや雨男(えっ?誰のこと?)の接近によるものなのか?と車中大爆笑(^^: 
 むかーーし、栄養ドリンクのCMで「5時から男、5時まで男」というのがありました、私はいわゆる「5時まで男」で、それまで順調に運転してまいりましたが、またしても5時の壁を越えられず、早朝5時頃にRYUさんに運転を交代してもらったりしながら、ちょうど6時頃に郡上八幡に到着しました。集合時間は12時半ですので、6時間くらいの空き時間ができました。到着するのが早過ぎますー(笑)

 せっかくですので、ちょっと寒い中、早速上着をはおって郡上八幡城へ向かい、かる〜く撮影を開始しました。当然ながら辺りには全く人気は無く、シーーンとしてました。心配していた天気は曇り空ですが、僅かな雲の切れ目から日が差し込んでいました。予報は、晴れ時々曇り、徐々に回復することを期待しましょう。観光地というのに全く人通りの無い郡上八幡城でかる〜く写真を撮った後は喫茶で朝食、その後はkenさんととらさんがやって来る郡上八幡駅へ。
 お二人がやって来るまでには、まだまだ相当な時間があるので、車の中で仮眠しましょか、ということになりましたが、いざ郡上八幡駅に到着すると予定は一転し、レトロな雰囲気の駅舎を目にした我々はスイッチが入ってしまい(笑)けっこう本気モードで写真を撮ってしまいました(笑) 眠気はどこに行ってしまったのかしら??
 郡上八幡駅で1時間程度、私は早くもコダクローム1本とロール1本を撮影。それから今度こそクルマで2時間弱仮眠したところで、とらさんとkenさんのお二人がいらっしゃいました。宿にクルマを駐車して、街中へ向かうことに。宿の女将が美人だぞとRYUさんがえらく喜んでいらっしゃいました(笑)
RYUさん曰わく、今回の宿の選定において「最も重視した点」とのこと(笑) まだ宿泊していませんが、宿の選定は間違いなかったようです(^^)

<左の写真>
kenさん、とらさんのお二人が電車でやって来るまでの間、雰囲気のいい駅舎で撮影しているところ。

<右の写真>
左からとらさん、いろかわさん、RYUさん、kenさん、全員集合して郡上八幡駅の前で記念写真。


20071013_0320071013_04 さて街中の観光名所、宗祇水(そうぎすい、と読みます)でのこと。環境庁の全国名水100選にも選ばれている、っという宗祇水で、私がカメラを構えてシャッターを切ろうとしたその瞬間、背中のほうからびっしゃーという音と共に、水しぶきが舞いまいた。振り返ると、そこには良く知る某氏と、ズボンと靴がびしょびしょに濡れた姿が(苦笑) あっちゃー・・・ ズボンと靴がびしょびしょになっただけで、カメラは全て無事だったのは幸いでした。本人はちょっと落ち込んでいましたが・・・
 お昼前に1時間弱の時間がありましたので、皆で辺りをちょろちょろと写真を撮影。昨年も訪れた酒屋さんに寄り、RYUさんとてつの二人はお気に入りの日本酒を右手にコップ、左手の甲に塩を置き、ゴクゴク〜と飲み干してしまいました(汗) 一方、とらさんは「鮎の塩焼き」を、とても美味しそーーーにお召し上がりになられていました(笑) 
 日本酒でご機嫌になったところで、昼食になりました。この日の昼食には、むぎとろご飯、朴葉みそ、古地鳥のさしみにビールの飲み、さらにご機嫌になったところで撮影再開です。
 郡上八幡の中でも有名なスポット「いがわのこみち」へ向かいます。ここは本当にいい感じの良い所なので、楽しみにしていたところです。鯉のエサ100円、大人気ないかな?と思いましたが、買ってしまいました。鯉にエサを与えると、水のなかでは鯉たちが大暴れ! 恐らく子供だったら、かなりビックリすると思います。

<左の写真>
鮎の塩焼きをお召し上がり中のとらさん、うまそーーーな食べ方でそそられました。

<右の写真>
「いがわのこみち」という有名なスポットで撮影中のとらさんの様子です。


20071013_0620071013_05 いがわのこみちを後にして、次のスポットの「古い町並み」へ。街中のいたるところに水路が流れ、宗祇水、いがわのこみちに続き、この街は本当に「水の街」であることがよく分かります。
今でも水路で野菜を洗う人、洗濯する人がいて、昔と変わらない生活がそのまま残っています。私は、某氏が撮影に夢中になって、再び水路に落ちてしまうのでは? と少しだけ不安になってしまいましたが、そんな心配は無用だったようです、以降は全く大丈夫でした(笑)
 古い町並みのをゆっくり歩きながらぐるっと一周したところで喫茶で休憩しました。この日はそれほど多くの距離を歩いている訳ではありませんが、けっこう疲れてしまいました。

 休憩の後は、「やなかのこみち」というスポットと、郡上八幡のメインストリートとも言える商店街へ足を運びました。商店街には意外にも被写体が点在しており、ここでもかなりの枚数の写真を撮って、初日の撮影は終了になりました。
 宿泊先の宿へ向かいます。今回宿泊したのは「民宿 ふきのゆ」という、街の中心地からすぐそばで、とても綺麗な旅館でした。まずはよっこいしょー、ふーーっと座布団に座り、お茶飲んでしばし休憩、その後はバサーっと一っ風呂浴びました。昨夜は出掛ける前にさささとシャワーを浴びただけだったので、湯に浸かると極楽でありました。
 風呂から上がって夕食です、朴葉味噌、飛騨牛、その他・・・(忘れてしまいました)、凝ったものが多く料理もいいですね、女将は美人で宿も綺麗、風呂も綺麗で、RYUさん大喜びでした(^^)
 食事が済んでお腹一杯になりました、皆今朝は早くから(っというか、私は昨夜遅くからですが)イベントに参加される為に遠路はるばる旅して来ていますので、今夜は早く休んで・・・っとならず、「予定通り!」に夜の街へうろうろと出掛けて行きました(笑)
 行き先にアテがあったというワケではありませんが、昨年も訪れたお店へ・・・・これから、この日のクライマックスへと一気に向かいます。

<左の写真>
商店街の様子を撮影中のてつ(私)です。 ※kenさん提供画像

<右の写真>
「やなかのこみち」という有名なスポット、綺麗な水の流れを特徴的な地面です。


 私といろかわさんとRYUさんが注文したビールは「わさビール」という、ワサビ入りの「刺激的なビール」、お腹の中で何かが駆けずり回るような、そんな刺激の強いビールで、最後まで飲みきったのは私だけ(笑) さらに刺激的なビールに追い討ちをかけたのが、「この日のために関西からやって来た!?」というバンドの破壊的なライブ(苦笑) 音程はどこも合ってないし、ボーカルは歌っているというより、ただ怒鳴っているだけというような・・・・上手い下手を論ずるより、「まずは練習してから来いよ」と言いたくなるような、そんな滅多にお目にかかることが出来ない貴重なライブを拝見しました(笑) ライブの途中で我慢できずにお店を出て来てしまいました・・・・
 イベントの初日の締めくくりがコレかよ! とは言え、1日で喜怒哀楽全て満喫出来たということで、我々はヘロヘロになりながら宿に帰り、大人しく?床に就きました・・・それから朝までは一直線、一度も目が覚めず?グーグーいびきをかきながら寝たのでした。
 



rollei35 at 08:12│コメント(1)トラックバック(0)mixiチェック イベント | お出掛け・写真

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by いろかわ   2007年10月27日 10:06
てつさん、こんにちは。
名水100選の宗祇水にダイブした某氏こといろかわです。おかげで水の街を誰よりも満喫できました。落ちた直後、みなさんが当人よりもまっさきにカメラの心配をしていたのはさすがだなーと思いました。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字