2008年01月26日

1/19-20 ちょい撮り京都 Part2

200801180120080119012008011902 待ちに待った待望のイベントです、2008年1/19〜20日の2日間に渡り、ちょい撮り京都が開催されました。 昨年に引き続き、京都でのちょい撮りは2度目の開催になります。
 私は万全を期して金曜日の夜に京都入り。っとは言うものの、実は1週間前に不慮のアクシデントで古傷の左膝を亜脱臼していしまい、実際のところ歩行が厳しい状態でした(汗) 前日入りしたのは、当日の朝の移動で集合時間に間に合うのか確信が無かったからでした。金曜日の夜、京都在住の金魚さんと祗園で合流し、二人だけでちょい撮り京都の前夜祭?を楽しみ、土曜日を迎えるのでした・・・・

<左の写真>金曜日に京都に前日入り。祗園の夜景です。
<中央の写真>ちょい撮り京都の初日に参加したみなさんです。
<右の写真>西陣界隈の路地裏で撮影中のRYUさんの様子です。


 さていよいよ19日(土)になり、待望のちょい撮り京都の初日であります。参加者は幹事のとらさん、地元京都の泳げない金魚さん、DaYeさんご夫妻、お初のkenclipさんと督助さん、そして関東から私と遠征したkenさん(関東じゃないけど)、RYUさん、それから私です。この日は北野天満宮を中心に平野神社、西陣、上七軒、千本釈迦堂を撮り歩きしました。それ程寒くなく、穏やかな天気に恵まれて1日ゆっくりしたペースで撮影を楽しみました。京都の独特の雰囲気はイイですね、上品で落ち着いた感じでした。
 北野天満宮は高校の頃?の遠足だったか(高校生で遠足かよ!っというツッコミはやめてちょ!)何だかで行って以来、10〜20年ぶりくらいだったかな。それから西陣、上七軒方面へ。実は昨年のちょい撮りの時に、このあたりに行きたいな・・・・と密かに思っていたのを幹事のとらさんが配慮して下さった?おかげで今回行くことに、嬉しかったですー。るるぶのような旅行雑誌で紹介されているのとはちょっと趣きが異なりましたが、むしろそれが良かった!です。夢中になってシャッターを切りました!

(後記)
 ちなみに、この日はエイ出版社から発刊されている、フィルムカメラを主なテーマとして扱った人気雑誌「カメラマガジン6」(2008/2/15発刊)の取材が同行しました。カメラマガジンはとても息の長いシリーズで、今回で6冊目になります。私たちとカメラマガジンとのお付き合いは長く、まず創刊号に私(てつ)が掲載され、次にカメラマガジン3でRollei35owner'zのイベントが紹介されました。今回でなんと3回目! 毎号、紙面には著名な写真家の方々や有名なアマチュアの写真愛好家の方々が紹介されています。その記事の中に混じって、いつも相変わらずの、喋る、喰う、呑む、そしてようやく撮る(笑)という我々のイベントの様子が掲載されるのですから・・・・流石にちょっと「不安」でもありますが、編集担当さんの見事な記事のまとめ方で、今回もとてもいい記事を掲載して頂きました。
 また、今回のカメラマガジン6では「撮り歩きカメラ」とか「撮り歩きの七つ道具」というテーマで記事が掲載され、我々も取材当日には「普段から使っている七つ道具」を皆が持参し、記事にも掲載されました。普段使っている七つ道具・・・・というハズだったのに、中には「おや??それっていつものイベントの時から使っていましたっけ?」(爆笑) という新兵器や珍品まで出て来て(笑)、イベントの時にはあまり使わないが、普段一人で撮る時にはいつも使っているのだ、という説明ありで(笑)、まあこだわりの七つ道具であればヨシということで一件落着(^^)
(後記終り)

 日が傾いて来ると日中はあまり感じなかった寒さが増してまいりました、とりあえず初日の撮影は終了し、夜の部へと移動しました。東京から取材でやって来たエイ出版社の編集担当さんとkenさんのお二人は新幹線で帰宅されました。残った面々は夜の部の会場へ向かい、これまた待望の?夜の部の始まりです。京都のおばんざいに鍋と美味い酒で、すっかりいい気分になりご機嫌になったところで初日のイベントは終了しました。
 が、呑み足りない?若干3名は更に夜の夜の部へ(汗) 0時頃まで呑んだところ、眠気で1名脱落、残りの2名で更に夜の夜の夜の部へ(爆笑) 2時頃まで呑んでお開きになりました。それにしても長い長い1日でした、とても充実していて頭の中に全ての記憶が納まりきりません(^^)


20080120012008012002 さてちょい撮り京都の2日目になりました。朝起きた時は、まだ明らかに「酔っ払って」(汗)おりましたが、シャワーを浴びて、出掛ける頃にはすっかり復調しておりました。この日はミッキーさんが加わり、昨日と同じく賑やかな雰囲気でイベントスタートです、最初に向かったのは東福寺で、午前中いっぱいはここでみっちり写真を撮って楽しみにました。

<左の写真>東福寺で撮影の様子。こんなに人がいないのは珍しいそうです。
<右の写真>この日参加したメンバーで記念撮影。

 昼食をはさんで午後は三十三間堂〜宮川町〜建仁寺へと向かいました。残念ながら午後からは傘を手放せない天気になってしまいましたが、むしろ京都の街はしっとりした雰囲気になり、正に「モノクロ日和」になりました。もちろんカラーでも、とてもイイ感じが出たかと思います(^^)
 三十三間堂では、残念ながら撮影は出来ませんでしたが、1000体のもの観音像は圧巻でした。1000体の観音像には、自分が探している人に似た顔があると言われています。私は誰を探しているのか?自分でも分かっていませんが、もしかしたら昔のガールフレンドに似た顔かな?と思うことが何度か(大笑)
2008012003 宮川町では雨がすっかり本降りになってしまいましたが、これがまたしっとりしたエエ雰囲気で(^^) ここでも夢中でシャッターを切りました。そして次に向かった建仁寺は、殆どが室内での撮影になったので、雨の影響は全くナシでした。ここの室内も沢山の写真を撮りましたよ! ここもとてもいい雰囲気でした!
 建仁寺を最後にして2日目の撮影は終了しました、近くの喫茶でお茶をして暖を取りました。それにしても2日間ずっと楽しいことばかりで、私の小さな頭のミソでは全てを記憶するのが大変です(汗) それにしても、今回の京都も良かった! 充実してました! お茶の後は関西のみなさんと再会を約束して新幹線で横浜へ戻ってまいりました。座席に座ったとたんにグ、グ、グ・・・・横浜まであっと言う間の旅でした。
 
<左の写真>雨降る京都の街で撮影中、ここは宮川町です。何人か舞妓さん達が通り過ぎて行きました。



rollei35 at 11:02│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字