2008年08月04日

7/21 東北(その2)


20080721_0120080721_02 東北の旅の2日目になりました。昨夜は早く寝てしまったこともあり、6時前には目が覚めてしまいました。昨日コンビニで買った朝食のおにぎりを食べて、着替えを済ました後、GR Digitalを手にして、早朝の会津若松の街へうろうろと出歩きに行きました。ところが6月のSUGOのテスト走行で負傷した左肘が痛くて、カメラを構えるだけで激痛が走ります・・・・こんな状態で写真を撮れるのかという心配より、バイクの乗れるのかという心配がよぎります。怪我の治りも遅くなったものです、さすがに歳でしょうか・・・・

<左の写真>市内になる増田屋さんというお店、まだ開店していないのでちょっと期待はずれ
<右の写真>ホテルの真正面にあった古くて雰囲気のある建物、確か看板には薬局と書いてあったハズでしたが・・・・


20080721_0520080721_04 まだ7時頃なので、街中は殆ど誰もいないしお店も閉ったままで、ちょっと素っ気無い感じでしたが、1時間くらいうろうろしてホテルに戻りました。空は厚い雲に覆われて曇り空ですが、蒸し蒸ししていて汗びっしょになってしまいました。シャワーを浴びて荷物をまとめて、ホテルをチェックアウト。
 今日の予定は、午前中に会津若松の街中と、国の重要文化財の旧滝沢本陣という武家屋敷に行く予定です。午後から喜多方へ移動して夜までには山形県の酒田に行く予定にしています。ところが左肘の痛みで写真どころか、バイクどころじゃない状態で、市内の病院をいくつか探してみましたが、生憎21日は祝日で、救急病院以外には診察してもらえなさそうでした。ホテルのフロントで薬局の場所を聞いて、薬とシップ薬を買うことに。

<左の写真>会津若松では有名な酒蔵の末廣、昨日やって来たカメラ博物館もここです。
<右の写真>殆ど人も車も通らない道のど真ん中でパシャ


20080721_0620080721_07 薬局に向かう途中に、ちょうど旧滝沢本陣があるので、先に寄ることにしました。小さな建物ですが、とてもいい感じでした。
 左の写真は旧滝沢本陣の入り口、右の写真は屋内の様子です。ここは戊辰戦争の時に、かなり激しい戦闘が行われたらしく、壁や襖に弾丸が貫通した跡が至るところにありました。
 左肘の痛みを気にしながら滝沢本陣で暫く写真を撮った後、やっと薬局が開店する時間になったので、すぐそばの薬局へ。シップ薬と痛み止めを購入して、とりあえずシップを貼って様子を見ることにしました。この日は酒田までの長距離を走らねばならないので、念のため痛み止めも手に入れておきました。

<左の写真>旧滝沢本陣を入り口から見たところ、雰囲気はばっちりです。
<右の写真>室内の様子です、残念ながら持参したGR Digitalの調子が悪くて、この先ずっと苦労が続きました。


20080721_0920080721_08 薬局の後にして、滝沢本陣から再び市内中心地に戻りました。しょっぱなからVCメーターの電池が無くなってしまったので、カメラ屋「三原時計店」さんで電池を購入。この時に立ち寄ったカメラ屋さんがレアなアイテムの宝庫! 今でもOMシリーズのズイコーレンズのデッドストック品があったりして(今では随分数が減ったとのことでしたが)、全国から多くの愛好家が買い物に訪れるそうです。PENTAX MGの新品が陳列してあり、私も思わず手を出してしまいそうでした(汗) そして私が持参したライカCLとRollei35の話でカメラ屋さんと話が盛り上がり、随分長い時間、カメラ屋さんと立ち話をしてしまいまいした。

<左の写真>立ち寄ったカメラ屋さん「三原時計店」の店頭に陳列してあるPENTAX MGのデッドストック
<右の写真>三原時計店さんのお店の様子、レアなデッドストック品がまだ少し残っているそうです

 


20080721_1020080721_11 VCメーターの電池を入れ替えて、今度こそ街中をうろうろして写真を撮ることに。
 街の大きさはそれほど大きくは無いので、早足で歩けば1〜2時間で一通り歩いて周れそうです。街中には古くて雰囲気のある建物が数多くありました。特に七日町通りに古い建物が集中していて、この通りの端から端まで歩くだけでも、かなり楽しめると思います(^^)
 残念なことに、今回持参したGR Digitalの調子がイマイチで、設定を変更しようとすると、すぐにフリーズしてしまう現象が何度も起きてしまい、なるべく設定を変更しないようにプログラムモード、ISO400のスポットAFに固定して使うことにしました。
 会津若松を街中を2時間くらい歩き回って、汗ダラダラ。汗を拭いて、ヘルメットを被ってバイクに跨って喜多方に移動することにしました。幸いにして左肘はシップ薬を貼ったおかげか、随分痛みが和らいできました。これなら酒田まで充分に走っていけます。

<左の写真>七日町通りの端のほうにある渋川問屋さん、特にこの建物は目立ってました。
<右の写真>殆ど街の中心地にあります、ナニ屋さんだったか忘れてしまいまいたが、とても印象に残ってます。


20080721_03 会津若松を後にして、猛烈に暑い炎天下のもと、喜多方へと向かいました。手持ちのゴッセンのデジシックスの気温計を見ると、なんと34度もありました。ちょうど14時を回った頃、喜多方へ到着しました、せっかくなので今日のお昼は喜多方でラーメンでも食べる予定です。
 喜多方ラーメンというと、板内食堂が一番のお気に入りですが、いつも板内食堂ばかり行っているので、今回はちょっと違うお店に行ってみることにしました。この日は豚バラチャーシューが有名な「さくら亭」というお店に行くことにしました。画像をご覧頂くと一目瞭然です、厚さが2センチちかくもある豚バラチャーシューが2枚、さすがにもの凄いボリュームでしたよ(^^)  味は老舗の板内食堂をお奨めしますが、ボリュームでは完全に上回ってました。
 
20080721_1220080721_14 ラーメンで胃袋を満たした、っというより豚バラチャーシューで胃袋を満たした後、喜多方の蔵が密集するあたりへ移動して写真を撮ることに。しかしこの日は特に暑くてバイクの水温もリミットいっぱいまで上がりっぱなし。駐車場を探すためにゆっくり走ると、冷却ファンは回りっ放し、相当暑い証拠です。
 喜多方の蔵の街というと、てっきりお酒の蔵が多いのかなと思いこんでいましたが、実際には味噌・醤油、それに関連して佃煮なんかのを作っているお店の蔵も沢山あることが分かりました。
 そして甲斐本家蔵屋敷というところへも行きましたが、ここも味噌や醤油を作っていた商店の蔵とのことでした。

<左の写真>とても雰囲気の良さそうなお店、ところがここは蔵ではなくて喫茶店でした。
<右の写真>こちらは甲斐本家蔵屋敷、室内は予想通りとても豪華でした。


 喜多方の街には、もっと沢山の建物の撮影スポットはありますが、この日はこれから酒田への長距離移動があるので、少し早めに移動することにしました。
 少し日が傾いてきたので、少しは涼しくなるのかも?とちょっとだけ期待していましたが、ちっとも気温は下がらず、相変わらず前身汗びっしょりで、バイクに跨って酒田まで200キロ以上移動します。米沢を抜けて山形市内までやって来たころに日が沈み始めはじめました。まだまだ先は長いです・・・・。月山を過ぎてひと山越した頃にはすっかり日が暮れていまいた。酒田に着いた頃は、8時前になっていました。いやあ・・・・それにしても遠かった。
 この日は、お昼にボリューム満点のラーメンを食べてしまったので、夜は質素に?コンビニ弁当で済ませてしまいました。
 明日は1日ずっと酒田の街中をうろうろする予定です。



rollei35 at 00:04│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック お出掛け・写真 | TDM900

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字