2006年04月15日

皐月賞予想

◎フサイチリシャール
○フサイチジャンク
▲アドマイヤムーン
△サクラメガワンダー
△キャプテンベガ

 ここ2走惜しい競馬が続いているがここを目標に仕上げられてきたフサイチリシャールに◎。共同通信杯は2桁馬体増でやや太め残りだった上、アドマイヤムーンを待って追い出したための切れ味勝負で負けたもので、スプリングSは新馬戦以来初めて4コーナーを番手で回る競馬で馬体を併せての競り合いで負けたものだった。どちらもフサイチリシャールが得意としない形の競馬になったのはすべて皐月賞のために馬に経験を積ませるためにやってきたこと。もちろん早め先頭がベストの形だろうけど過去2走のような形になっても見劣りはしないはず。なんといっても中間に非常に中身の濃い調教を積んできているので太め残りということはもうないだろうし、すべての面でパワーアップしてきている。問題はこの1番枠ということだが過去にはナリタブライアンがこの枠から勝っているがラガーレグルスがゲートを出なかったりワンダーファングがゲート内で暴れて除外になったりしてる不吉な枠。引いてしまったものは仕方ないからこの枠を最大限に生かす競馬を。ユイチの牡馬クラシック初勝利を期待。
 フサイチジャンクは最初は切ろうと思っていたんだけどデータや他の人の予想を見ていると切れなくなってきた。過去4戦すべて2000mを使っているのは好感が持てるしいろんな競馬を経験しているのもいい。多頭数と速いペースに対応できるかが問題だがそう難しい馬じゃないのでそれほど苦にはしないかもしれない。なんといってもこのレースはサンデーサイレンス産駒が圧倒的に強いレース。去年まで3年連続で勝っていて合計7勝。ここまでくると何かがあるとしか思えない。今の世代がラストクロップでもあるしSS産駒で最有力のこの馬が勝つ可能性も十分。
 アドマイヤムーンはラジオたんぱ杯に負けただけでほとんど傷のない戦跡でマイナス点の少ない馬。逆にこれといって押せる材料もないので頭では買いづらい。この枠だと相当外を回らされることになりそうで差し届かないと見る。
 サクラメガワンダーは弥生賞はレース前イレ込みスタートで出遅れてこの馬のレースをしていない。叩いた上積みも見込めるし一番変わり身がありそうな馬。この馬の場合も展開が向くかどうか。
 キャプテンベガは本当に強くなるのは先だと思うがSS産駒は無視できない。
  
Posted by roman_empire at 23:47Comments(2)競馬

今日の騎乗結果

2回阪神7日
1R 3歳未勝利 クリスタルタイム 7着/15頭(4人)
2R 3歳未勝利 グランプリゲイト 1着/14頭(1人)
3R 3歳未勝利 タニノバロン 3着/16頭(2人)
4R 3歳未勝利 アグネスチャンス 8着/18頭(7人)
6R 3歳500万下 グランプリシリウス 14着/15頭(2人)
7R 4歳以上500万下 ジャイロスコープ 4着/16頭(6人)
8R 4歳以上1000万下 クリアヴィジョン 1着/16頭(10人)
9R れんげ賞 マルカシリウス 6着/16頭(5人)
10R 難波ステークス ジョウノビクトリア 6着/14頭(9人)
11R マイラーズカップ アルビレオ 7着/11頭(7人)

グランプリゲイト…勝ちきれないレースが続いていたがキングカメハメハの下という良血馬がようやく初勝利。
ジャイロスコープ…ロスのない完璧な競馬だったがやはり最後の切れで見劣る。
クリアヴィジョン…最後方から大外ぶっこ抜いて勝ってしまった。このクラスは少し壁がある感じだったが今日は展開がはまった。
  
Posted by roman_empire at 23:24Comments(2)競馬

2006年04月09日

今日の騎乗結果

3R 3歳未勝利 カリオンツリー 1着/16頭(1人)
4R 3歳未勝利 ブライアンズイーラ 6着/16頭(9人)
5R 3歳500万下 ウインレジェンド 1着/13頭(2人)
7R 4歳以上500万下 シルクスクランブル 4着/16頭(7人)
9R 忘れな草賞 パーフェクトジョイ 4着/16頭(3人)
10R 梅田ステークス ゼンノパルテノン 8着/13頭(5人)
11R 桜花賞 エイシンアモーレ 12着/18頭(15人)
12R 4歳以上1000万下 アイアムリーサム 14着/16頭(10人)

 カリオンツリーの前走は直線で不利を受けての惜しい3着だっただけに今回はいい勝負になると思っていた。まさか一番人気になっているとは思わなかったが。
 ブライアンズイーラは一度は4番手まで上がったんだが最後バテた。休み明けで息が持たなかったんだろう。
 ウインレジェンドがようやくの2勝目。この馬の能力を考えると遅すぎるくらいだ。2戦目でエムエスワールドに負けてから歯車が狂ってしまい、その後は引っかかってはゴール前失速という競馬を繰り返し、前走は初ダートも前半の暴走で終わっていた。そこから立て直して今回だったわけだが、今日は強かった。勝ち時計の1:21.9は昨日の阪神牝馬Sと遜色ない。これでもう少し抑えが効けば距離も持つんだろうけど、現時点ではこのぐらいの距離が一番良さそう。
 シルクスクランブルは勝負所で置かれたが直線盛り返した。
 ゼンノパルテノンは距離が長かったのか?
 エイシンアモーレは4コーナーでもう手応えがあまりない感じだったから距離が長かったかな。もう少しペースが落ち着けばもっと粘れたんだろうけど力不足だった。  
Posted by roman_empire at 21:54Comments(4)競馬