2007年01月20日

マーケットタイミングと損切り

バリュー投資というと、相場の動きに関係なく企業価値に基づいて株式を購入し、損切りすることなくバイ&ホールドする、といったイメージがあると思うのですが、別段それにこだわる必要もないと思っています。

以前にも書いたことがあるような気がしますが、グレアム自身も『賢明なる投資家』の中で、相場が上がったらポジションを減らし下がったら増やすことを主張していますので、マーケットタイミングを取ることを否定していないのは明らかです。(解説のツバイクはそうでもないようですが(笑)

また損切りについても、いったん切っておいてまた買い直すことに何の問題もないと思います。

いったん売ってしまうと買い直しにくい心理的傾向があるのも事実ですが、バイ&ホールドで損失を長期間我慢できるほどの根性(?)があるなら、買い直しはそれほどむづかしくもないはずです。

特に現在は様々なツールが発達しているので、たとえば25日線や13週線に達したらという条件でアラームをセットしてメールが届くようにしておけば、買い直しを忘れる(?)こともないでしょう。

長期保有していれば必ず儲かるという主張も耳にしますが、それは保証されていることではありません。アメリカという国の20世紀のデータで株価が右肩上がりなのはたしかですが、インフレの影響もありますし、アメリカという国の特殊性もあります。

そうしたことを考えてみると、バリュー投資ではあっても損切りは必須だと思うのです。

romantische_schule at 12:11│Comments(3)TrackBack(0)グレアムに学ぶ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by bun   2007年01月21日 01:45
こんばんは!

bunが読んだ記事では、損したまま持ちつづけることを
思いっきり否定していました(笑)
どんな企業でも倒産の可能性も否定できないっていうのもありますよね!

損キリも早く切ってエントリーしなおすほうが
確実にいいことがわかってきました!

でもなかなかできなくて結局一番安い(高い)ところで
自らカットしているのに

「ほら、きらないほうがよかった」

というのは、あくまで後付けだと思います。

余力が一杯あるなら、両建てにしたり、買い下がり・・・
売りあがり・・・もありだと思うし
ずっとザラバを見れる人ならばこまめな回転も可能でしょう。

でもサラリーマンである私にとっては無理な話で
両建てはそもそも好きじゃないし(つなぎは別です)
買い下がる余力はないし(−−;

長いので分割で投稿♪
2. Posted by bun   2007年01月21日 01:45
勝ち組みのデイトレーダさんたちの多くが
「ロスカットが一番大事」だと言ってるのをアチコチで見て
だいぶ、ロスカットもさらっとできるようになりました。

バリューでも、そうでなくても、やっぱりロスカットは大事。
最近、すこーしだけ、お勉強できたようです(^-^)

特に常に監視し、バーチャルトレードしている先物は
ロスカットを恐れていては即死ですから・・・w
バーチャルは仲間に都度報告してます、後だしじゃ嫌だから♪

儲かる方法だけじゃなくて「損をしない、小さくすませる方法」
これが大事ですよね!
3. Posted by 浪漫   2007年01月21日 08:23
ブンさん、おはようございます♪

本当にロスカットは大事だと思います。でも、それを本当に理解して実行するには、(苦い?)経験と訓練(というか慣れ?)が必要なのかもしれません。

いろいろな投資家やトレーダーの成功談を見聞きして、誰にも共通していると思うのは、やはり当初の苦い経験とそこからの復活です。

失敗がなければ学ぶことはできませんし、そこであきらめては復活もできません。失敗を経験したなら、今度はあきらめずにいて復活する番です。お互いに頑張りましょうね☆

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔