嗜む程度に自転車を

不定時・不定休の職種の為、打ち込む程は深入り出来ていないですが、自転車が大好きです。ゆるくポップに自転車に乗っています。




第1話はこちら
第2話はこちら


見えちゃイケナイ物が見えた。


2017-11-13-12-47-12

 
「暗峠」


もう本当に色んな意味を内包したであろう名称。
ついに足を踏み入れてしまった…。

まぁとは言え。
平均斜度20%、最大斜度37%
という信じられない数字が並ぶのは、大阪側からの登り。

信貴山界隈をご存知の方以外に説明すると、
私たちは大阪側から葡萄坂を登って奈良側に下り、
そのまま奈良側を北上して奈良側から暗峠にアクセスしたんだよね。


BlogPaint


奈良側の斜度だなんだは全然知らない。
まぁ何とかなるんじゃない?
と、安易に構えつつ、頭の中はお昼ご飯のことで一杯w

お腹減った!!

を連呼しつつ、二人の後ろを着いて行く。
着いて…
つ…


2017-11-13-12-49-22

2017-11-13-12-56-42


ちょっと待って。
延々とこの急坂の証である丸印の滑り止めが付けられた坂。
途中で止まってしまっては、再発進出来ないかもしれないレベル。
ギア5枚ぐらい足りないんだけどヽ(#`Д´)ノ

道中、ハイキングかな?小さな男の子に励まされつつw
息も絶え絶え何とか…


2017-11-13-12-59-39

2017-11-13-13-04-51

2017-11-13-13-04-59


おぉぉ。
ナイスロケーション。


2017-11-13-13-17-31


ええやん。
カレーも美味しい。


2017-11-13-13-48-01

2017-11-13-13-06-59


ヤギやヒツジも可愛い…。
うん…。

実は私、猫以上のサイズの動物によう触れないw

怖いという感情が先立つんだよなぁ。
まかり間違って攻撃されてしまった場合、
致命的なダメージを負うイメージをしてしまうんだよねぇ。
ヤギの目怖いしw


お昼を食べて作戦会議。


大枠では暗峠を奈良側から越えて大阪に帰る。
そんなつもりだったのだけれど。
ここまでの登りで面食らったw
正式な?奈良川暗峠ルートならもう少しマシだったのかもしれないけれど。
このカレー屋さんに来るのに通ったルートが凄まじかった。

さぁどうしようと。

連続アップダウンのフラワーロードを引き返す気にもならない。
かといって、半分程度?進んだ暗峠を登るのも気が進まない。

結局。

「ブログ映え」
「せっかくやから」

の殺し文句で暗峠を登ることに…。


最初はね。
延々と続く激坂に、ギャーギャー文句言いながらも、
ある意味楽しんでましたよ。

最初はね。

ものの数分後…



BlogPaint



まぁ画像が全てを物語るよねw
ロミオは無事に「暗峠」を登頂できるのか!?

ブログ応援の1ポチお願い致しますm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




BlogPaint


えぇ。
何の躊躇いもなく。
自転車を降りましたよ。


無理無理無理。

緩急織り交ぜて延々と坂。
まぁそれは当たり前なんだけれどw
調べてみたらば、
平均斜度11%、最大斜度25%。
ゴールまでの500mは15%超えが延々と続く。

無理をしない!がモットーですからw


先の展開の分からない登りは苦手。
とにかく余力を意識しつつ、息も絶え絶えになりがらも…w


2017-11-13-14-15-45


ゴーーール!!!


BlogPaint


問題はこの後。
登りよりも辛かったかもしれない。

下り。



2017-11-13-14-30-47

image

2017-11-14-14-47-12


フルブレーキでタイヤは完全にロックしているのに、
53kg程度の私の自重ですらズルズル滑り落ちていく。
平均斜度17%、最大斜度37%!?の恐ろしさ。

私ね、自転車に乗ったままウインドブレーカー着たり、
脱いで畳んでポケットにしまったり。
多少のカーブがあるぐらいの周回コースなら、
疲れるまで手をハンドルから離して回り続けられたり。
バニーホップやスキッドも、まぁそこそこ。
な程度に、バランス感覚はあるのだけれど。

1度バランスを崩して落車しかけた。

大阪側の下りは、冗談半分で下っちゃいけない。
これは、振りってやつじゃなくてね。
本当に危ないよ。
行くならば、充分に気を付けてね!!



恐怖の下を終えて一安心。
大阪側を南下して。

2017-11-13-15-14-08

2017-11-13-16-27-06

2017-11-13-16-22-25

十三峠近くにオープンした噂のカフェにイン。
店内2階へ続くスロープを押して上がれば、
直接自転車を持ち込めるという素敵な作り。
めちゃくちゃ広いんだね。

まぁコンビニや激安グルメのお店と比べると、お値段は張るのだけれど。
街にあるお洒落カフェの様に店内は非常に綺麗だし。
メニューも充実してるし。
まぁまぁそんなもんじゃないかな?
オーナーさんが!?自転車大好きなのがビンビン伝わって来るので、
私は好きなお店になるかもしれない。


ここでかなりゆっくりして。

2017-11-13-16-45-26


夕方のええ時間を狙って、ヌンクイカレーさんへ向かう。
NKZ cervelo R3さんのアトリエがすぐ近くにあり、
そこに自転車を入れさせて頂き、美味しいコーヒーをご馳走になっちゃって。


2017-11-13-18-22-31


2017-11-13-18-22-19


ヌンクイカレー美味しかった。
夜にスパイスカレーを食べられるお店の選択肢が一つ増えました(*゚∀゚)
この日は昼夜ともにカレーやんw


行きも帰りも辛いライドだったけれどw
新しい仲間とギャーギャー笑いながら走る事が出来て、
まさか自分が近寄ることは無いと思っていた場所に近寄れてw
今回もハッピーなライドとなりました(´∀`)
くるはーさん、NKZ cervelo R3さんありがとうございました!!


寒くなって来たので、徐々に活動が鈍るw
次はいつどこにライドに行くのか!?
全く計画がありませんw

ブログ応援の1ポチお願い致しますm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



第1話はこちら


「ブログ映え」
この言葉に思わず反応しちゃうヾ(´ω`=´ω`)ノ
ブログの為なら!! 頑張ります!!(笑)


まぁまずはリビエールにて小休止!?
お手洗いや飲み物の補充。




ここでひろやんさんとバッタリ(=゚ω゚)人(゚ω゚=)
平日休みなもんで、こうしてバッタリ会う経験ってあまり無いので、
何だか嬉しい気分になる。


ここで改めてNKZ cervelo R3さんの愛車をマジマジ。
ハンドルネームにもある通り、cerveloのR3なんだけど。
見所は何と言ってもカラーリング。
別オーダーでカラーしたそう。


2017-11-13-10-48-51


ステムもお揃いのカラー。
「miraco」の文字が。

こちら。
こちら2。



そう。
NKZ cervelo R3さんは服飾デザイナーのお洒落兄さん。
某ファッション通販サイトでも取り扱いがあったり、
某ファッションアプリにもコーディネートがいくつもあったり。
デニムパンツ可愛い!!
北は青森、南は鹿児島。取り扱いショップは全国にある様ですので、
気なる方は是非♪



2017-11-13-10-49-04



リビエールで一息入れたらば、いよいよライド本番。
まさに期待と不安が入り乱れる感情を抱きながらスタート。


まぁここに来たらば、まずは登るよね。


「葡萄坂」


大阪では初級の峠とされているけれど…
相変わらず納得がいかない!!!
もうね、テンションだだ下がりw
スタートの九十九折の所で早くもハートブレイク。

道中も長いし、無理せずマイペースでのどか村まで。


2017-11-13-11-47-37

2017-11-13-11-54-53


首輪は付いているけれど、野良になるのかなぁ?
のどか村で飼われていると言うのかなぁ。
くるはーさんは「村長」と呼んでいるニャンコ。

もう少し、人間の悪意の可能性も考えた方がええやろ。
ってぐらいに無防備w
アビシニアンかなぁ?
だったら捨てされたのかな…。
色々考えちゃうんだけれど。
今の振る舞いを見る限りは、のどか村に訪れる人から愛情を一杯受けているんだね(*゚∀゚)
無事に冬を越すのだよー!!


のどか村で一息入れたら…。
いよいよ地獄への入り口w
まずはフラワーロードで北を目指します。


2017-11-13-12-04-17


ポケモン的な像をゲットしたのを最後に。
この後はひたすら続く容赦ないアップダウンを何とか耐え忍び…。
一旦途中のコンビニで小休止。

まぁしかし、本当に良く小休止を挟む。
食事や休憩も含めたらば、走行時間より長かったんじゃない?w
私はそんなライド好きだけどねw

小休止中にくるはーさんはしっかりルート確認。
こういう部分で人間性の差がハッキリ出る。
私はその間、ただただヘラヘラしていただけだものねぇw
彼とは比較的一緒に仕事をする機会が多くて。
いつも本当に助けられていますm(__)m
この場を借りてなんとかかんとか。


で。
一行は改めてスタートするのだけれど。
「ええ所でカレー食べる」
と聞いていたんだけどね。


そろそろ…と言う所で。
見てはイケナイものを見てしまったんだよね。


2017-11-13-12-47-12



「暗峠」


ロードバイクに乗っていて、峠を愛する人なら、
一度は耳にしたことがある名前だと思う。

Google検索はこちら。
Wikipedia先生はこちら。


日本最恐と言われる峠の名前が見えるんですけど…



生きている間に足を踏み入れることになるとは思って無かった。
人生何が起こるのか本当に分からないねw
しかしロミオ生きて帰れんの!?

ブログ応援の1ポチお願い致しますm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

このページのトップヘ