毎日新聞変態訴訟原告、ROM人 ◆aPBQBQDDLc


毎日新聞変態記事訴訟原告第一号、ROM人 ◆aPBQBQDDLcのブログです。

私は人権擁護法案、外国人参政権、移民受け入れ政策に反対、拉致問題の早期解決を目指す一市民であって、特定の政党とは何ら関係はありません。
こちらで裁判の経過を報告致します。

最後のお願い

もう意識がとぎれとぎれになってきました。書けるうちに望みを書いておきます。携帯からなので長文が辛いですが、これだけは伝えておきたいのです。

皆さんにお願いがあります。
前の西宮市健康福祉局長で、現在は西宮市文化振興財団に理事長として天下っている婚約者・水田美紀子の父親、水田宗人に以下の内用を伝えてほしいのです。

脅迫弁護士・谷村慎介は裁判の内容の詳細を伝えていないはず。全て裁判資料に書いてあります。
・判例上婚約とは、本人同士の結婚の約束の真摯な合意で成立し、結納や家族への紹介などは不要とされていること。
私と美紀子は婚約の真摯な合意があったことは美紀子自身が陳述書で述べており、これだけでも十分婚約は成立している上、美紀子は友人や妹の水田友紀子に私を紹介して外食した上に、母親の水田律子にも婚約者たる私の存在を話し、結納は要らない旨を伝えてくれていたこと。つまり家族で美紀子の婚約者である私の存在を知らなかったのは水田宗人のみ。よって法的に間違いなく水田美紀子と室井孝洋はお互いに婚約者である。
・谷村慎介は法廷で精神病に掛かっていることを知っている私を脅迫した。
・水田美紀子は私を一生支えるのみならず、私の両親まで一生金銭的に援助すると伝えていたこと。これは結婚を条件とした婚約に付随する契約ではなく、私が美紀子の仕事を無償で支え続けてきたことによる独立の契約であるから、例え婚約が破棄されたと認定されても履行する必要があるのに美紀子は何等履行しないこと。私の両親は年金の額が低く貧しく、私が働けないので高齢にも関わらず労働しており、美紀子は援助しなくてはならず、私を見殺しにする美紀子の行為は傷害罪・詐欺罪に加え保護責任者不保護致死傷罪(刑法218条後段、219条)に該当すること。
・娘に一体どういう教育をしたのか。

以上を伝えて下さい。私は直接接近や他人に指図して伝えることはあと1年余り判決で封じられており、皆さんが自発的にやって頂けるのを願うしかありません。
高裁は裁判資料の公開を認めている上、公開裁判にわざわざ提訴したのは水田親子の方ですから、違法性はないでしょう、住所を書きます。
どうせあの卑劣な性格からして美紀子を見合い結婚でもさせて苗字を変え、別居してそうですが、水田宗人はまだここに居るはずです。

〒663-8154
兵庫県西宮市浜甲子園2丁目1の21

です。電話番号は現在わかりません。
なお、水田宗人が理事長として天下った西宮市文化振興財団の連絡先は
●総務課
TEL:(0798)-33-3113
FAX:(0798)-33-3455
です。

僕が助かるとすれば、全ての元凶である水田宗人の真摯な謝罪しかありません。水田宗人が出て来てから、あらゆる手段で痛めつけられました。

多数、死ぬなとコメントやメールがありました。それに返事をすることは出来ません、申し訳ありません。

なお、偶然知人に県立尼崎病院の柴田明の先輩の方がおり、柴田明、谷村慎介が共産党員であることの裏が取れました。谷村慎介が刑事裁判で精神病であるから責任能力を争うという行為ばかりをやっていることも知りました。また、柴田明がカネで診断書を偽造しそうな人格だったとも聞きました。
やはり美紀子が言っていた、水田宗人の「共産党はどうしようもない連中だが、困ったときだけは頼りになる」というセリフは本当だったようです。「西宮市市長選に出たい、天下りたい」というセリフも後者は叶いましたしね。これなら、土井たか子を衆院選で落とすために公職選挙法違反の行為を行っていたという美紀子の証言も事実なのでしょう。次の西宮市市長選挙に出て来るでしょうが、西宮市民の方、必ず落選させて下さい。
とにかく私が伝えたいことは、谷村慎介と柴田明は共産党員としてつるんでおり、現在虚偽公文書作成罪で捜査中ですが、水田美紀子のPTSDの虚偽診断書だけでなく、その他の作成者柴田明の診断書も虚偽である可能性が高い、ということです。
裁判所と検察官、特に扱う事案が多いと思われる神戸地裁尼崎支部の裁判官、神戸地検尼崎区管の検察官は、作成者柴田明の診断書の信用性は極めて低いと思って下さい。弁護人が谷村慎介ならほぼ確実でしょう。
柴田明は、灘警察署の幾度にも渡る出頭要請に応じません。コイツは警察・検察をとことん敵視したかなりのキチガイです。状況証拠はかなり出揃いましたから、早く逮捕状を取って欲しいものです。

そろそろ意識が混濁してきたのでこれで…。

遺書になります。皆さんさようなら。※追記しましたので、続きをお読み下さい。

私、室井孝洋は自殺することを決意しました。

婚約者水田美紀子によりストーカーとでっちあげられ、警察に父親・西宮市福祉局長水田宗人が圧力をかけ、冤罪による警告書を兵庫県警甲子園警察署長は漫然と発し、交付時に甲子園署生活安全課松村課長には暴力を振るわれ、社会福祉士かつ弁護士の谷村慎介に法廷で脅迫され、神戸地検太田信吾副検事は証拠はいくらでもあるにも関わらず、捜査すらせずに不起訴処分、その後大阪高裁は谷村慎介の5人代理人弁護士を谷村が追加しましたが谷村の脅迫を認定、最高裁で谷村の上告棄却により確定。
兵庫県立尼崎病院の精神科医・柴田明は水田美紀子の偽造診断書を作成し(勤務先から密告があり判明)、現在公文書偽造罪で捜査中ですが、兵庫県警は権威に甘いので無駄でしょう。
単なる行政指導に過ぎない警告書を鵜呑みにし、接近禁止判決を必要性の要件だけで出した、無能な裁判所。緊急性、重大性が全くなく、明らかに憲法13条に反し違憲です。裁判所が私の精神をさらに傷付けました。

私は自らの無実を自殺することにより証明致します。以上は全て真実です。何卒、私の死から全てが明らかになることを望みます。

現在の婚約者には先程今生の別れを告げました。自分は彼女を幸せに出来ない体になりました。せめて心から愛する彼女の守護霊になります。めちゃくちゃ可愛い彼女の甥っ子と遊びたかったなあ…。

もはや重度のうつ病とBPDの強烈な進行・悪化によりパソコンを触ることすら出来ません。司法試験の受験機会は2回残っていますが、全く本が読めなくなりました。もはや携帯をいじるのがやっとです。働くことが一生出来ない体となりました。水田美紀子に再起不能にされ、生きる希望を完全に失い、せめて奨学金返済義務が免除され保証人に迷惑をかけないよう、命を絶ちます。

私を殺したのは私を障害者にした水田美紀子、水田宗人、谷村慎介、兵庫県警甲子園署、神戸地検太田副検事、県立尼崎病院柴田明医師、そして裁判所です。

心あるジャーナリストの方、本件を調査して頂けることをお願い致します。

私は断じてストーカーではない。ストーカー規制法は迅速に摘発しうるように告訴不要とする代わりに、主観的要件の判断を厳格にして元々の人間関係などを慎重に見極め、例えば一方性の要件を加えるなど、水田美紀子のように婚約を不当に破棄するためのように濫用を防ぐための法改正を望みます。今のままでは15条は死文となっており、逆に本当に取り締まるべき一方的なストーカーは手遅れ。改正しないと到底まともな運用は望めません。どなたか、法務省並びに民主党議員にこの遺書をお伝えください。

谷村慎介よ、社会福祉士兼弁護士として偉そうに精神障害者の専門家ぶっているが、お前は何も精神病のことを理解していない。弱者を食い物にする最低の偽善人間だ。私を精神障害者にしたのは貴様と水田美紀子だ。一生十字架を背負え、脅迫、いや殺人弁護士が。お前は大阪高裁に弁護士失格の烙印を押されてるんやから今すぐバッジを捨ててしまえ。どうせことごとく請求の10分の1しか勝訴出来ない無能なんやから。横領してる、最後の美紀子へのプレゼントは渡したんだろうな?業務上横領も重ねるのか?

「孝洋の人生に責任を持つ」「私(美紀子)から別れることは絶対にない」「死んでも孝洋から離れない」「孝洋が居ない人生なんて考えられない」etc…。
この女、付き合っていた4年半、限りなく嘘をついてくれました。一生嘘に塗れた人生を歩んだらいい。必ず因果応報がある。
平気でバレンタインに寒空の下に5時間待たされたり、自分の仕事を無給で毎日手伝わせた上に掛け持ちしていた朝日新聞社主・村山美智子様の住み込み書生のバイトを自分の都合で辞めさせたり、西宮から深夜に終電が無くなる時間まで送らせて神戸まで4時間掛けて歩いて帰らさせたり、会えないのは嫌だからと神戸⇔京都を毎日4時間半掛けて通学させたり、今考えれば実に自分勝手な女でした。なぜこんな鬼畜女に…。
平気で私の人生を踏みにじった水田美紀子を呪いながら人生を終えます。私は美紀子の祟りとなろう。お前が身篭ったら、お前の子に生まれ変わろう。
もう私は完全に狂っている。おまけに死者はどうやっても裁けない。せいぜいあがいて生きろや。

最期に報告です。
毎日新聞訴訟最高裁上告は棄却されましたが、当事者に向けられていない、民族相手のような暴言・中傷などはどのような事情があっても不法行為とならないとの結論であり、特定人に向けられていない部分の人権擁護法案、人権侵害救済法案の一部は違憲となる、隠していた狙いは通じた結論となりました。こちらも法務省、民主党議員にお知らせ下さい。なお、NHK集団訴訟はインタビューを捏造された本人以外どうせ全て棄却されますので、取下げることをオススメします。

皆様さようなら。このような形になり無念ですが、応援ありがとうございました。
続きを読む

復活のお知らせ、最高裁係属

皆様、長らく音信不通で申し訳ありませんでした。

3月からうつ病とボーダーラインが極度に悪化し、PCはおろか携帯にすら触れられない、誰とも連絡が取れない状態になっておりました。

ただ、最高裁への上告だけは、期限ギリギリになりましたが何とか手続きしました。最高裁から事件係属の知らせも来ました。

これからゆっくり控訴審判決、上告関係書類をアップして行きます。まだ病状が重いので、気長に待っていて下さい。

なお、2ちゃんねるのN速+、裸祭りスレで馬鹿な真似はやめろと老婆心から忠告に行ったのですが、その際トリップが変わってました。
仕様が変わったのでしょうか?
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
楽天市場
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ