October 01, 2008

ペットについての勉強をした理由。

ちゃっくん
ただ今、我が家のちゃっくんが行方不明です。
詳しくはこちらを見て下さい。
我が家のほかのブログもよろしくです。
ちゃっくんの大冒険。

キャッツ☆スタジオ+ワン
オーダー専門のペットウエアのオンラインショップはじめました。
フォスフォフィライトもぜひ♪
私がペットについて勉強しようと思った理由は今、行方不明になってるちゃっくんが体が弱かったからです。
生後すぐだと思うのですが、背中に直径1儼蠅あいてました。
その翌日、運良くも獣医さんに行く予定もあり、即連れて行きました。
6匹兄弟として産まれたのですが、生き延びれたのはちゃっくん1匹のみ。
私の中で茶トラ長毛の彼だけは絶対生かすという風に思ったのも覚えてます。
兄弟の中で唯一しっかりミルクを飲んだのが結局は生きて行けた理由でしょう。
朝、獣医さんに行くまでの間に兄弟が1匹1匹と息を引き取る中、彼だけはミルクたっぷり飲みました。
その後獣医さんで消毒してもらい治療してもらい、尻尾は1センチほど切れかけてたので鋏で切られ、背中の傷はおうちでも消毒するように言われて毎日何度も消毒しました。
2日に1回は1時間かけて獣医さんに行き、獣医さんで1時間位待って診てもらってました。
怪我が治ったのはいいのですが、今度は大きくなっても体の弱い事。
ちゃっくん2
離乳の頃はミルク&デビフの離乳食、それ以降はミルク&ロイヤルカナンのキトンフードを与えてました。
ですが、それでも月1で高熱を出し、結構危険な状態になるのです。
そんな時に見つけたのがrienさんのキャットフードのセミナーです。
運良くmixiで見つけたのです。
すっごく勉強になり、結局その後の手作りセミナーなども参加しました。
すごく勉強になりました。
ちゃっくんは手作りにして病院知らずになりました。
ほんとあれだけ体の弱く毎月インターフェロンを使ってたのが嘘みたいに発熱も出さなくなりましたし、安定しました。
若干体温が低いこと、ちょっと気を抜くと具合が悪くなりやすくなること以外は何も問題がなかったです。
手作りをはじめて、自分でも本を読んだりネットで見たりと勉強を続けました。
たまにセミナーに出たりもしてます。
私は犬猫じゃないので犬猫の体についてしっかり知ってる訳ではないですし、きっと先生達もそうなんだと思います。
少しずつ少しずつわかって来てる事もあると思ってます。
そういう意味で信頼できるセミナーに出るということは有効ではないか?と思ってます。
獣医さんの多くはペットフードの方がいいとおっしゃります。
私はうちの獣医さんには手作りにしてます。と宣言してますが、先生は栄養バランスさえ考えればいいっておっしゃってます。
ロンメル
ちゃっくんで勉強した手作りとフードのことはロンメルやメルダースのためにもなってます。
ロンメルとメルダースはうちに来たその日から手作りです。
来て3日で明らかに毛艶がよくなりました。
運良くも手作りのあう子だったのかなと思ってます。
メルダースは今のところ問題が出た事がありませんが、ロンメルは便秘がちだったり、耳介辺縁壊死症が出たりとちょっと問題が出てます。
ですが、あれこれ試して今はすっごく良くなってます。
運動も前よりは明らかにしてますし、うんちもしっかり出てくれてます。
なんだかんだ言って手作りでいくら頑張っても新鮮な水と運動で入る酸素ほど必要なものはないのかなと思ってます。
犬を全速力で走らせた時の呼吸ってすごく大事なんだと思いますが、正直この運動を人間がさせてあげるのってリードつきじゃ不可能だなと思ってます。
だいたいこの犬種速いですしね。
メルダース
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

《メルダースの成長記録》
体重 2.00キロ。
《朝》
鶏むね肉(生)、牛肉(生)、豚こま肉、青梗菜、さつまいも、トマト、なめこ、かぼちゃ、もやし。
散歩 40分位。
《昼》
特になし。
《昨日の夜》
鶏むね肉(生)、牛肉(生)、豚こま肉、青梗菜、さつまいも、トマト、なめこ、かぼちゃ、もやし。
散歩 40分位+夕方40分位。
《メルダースの訓練記録》
いつものごとく、フセをさせて落ち着かせてから訓練です。
テンションが高いのでとにかく落ち着かせて抑えての訓練をしてます。
ロンメルの時はとにかくテンションをあげてあげてなのでまったくタイプの違う子です。
この子のテンションをあげるのはほんと簡単ですが、テンションを落とすのにはすごく苦労します。
途中で思いっきり褒めちゃうとハイテンションでシャレにならなくなりますから。
ある程度テンションが落ち着いたところでフセ。
実はスワレよりフセの方が安定感があります。
そこからスワレ。
どうもやはり寒くなって来たせいか、今日は片手をあげてしまい、そのたびに両手をつけるということを教えました。
これ、寒くなるとやはりやるんですねえ。
ちょっと注意が2匹とも必要かなと思ってます。
そのあと、脚側停座させてから脚側行進です。
テンションをあげないようにゆっくりゆっくり歩きます。
いつも通り、停止とUターンを繰り返しての練習です。
メルの練習というより私の練習です。
メルはつき合ってくれてます。
だいぶ脚側行進中にアイコンタクトするようになって来てます。
楽しそうに歩き出すとあとが大変なのですが。
でも訓練=楽しいと思ってくれてるのがすごくありがたい事です。
ただ、ロンメルの訓練をはじめると自分だけ注目されたいメルはちょっと吠えるのが問題ですが、それでも最初の頃に比べてだいぶ良くなってます。
静かになったら褒める、うるさいと叱るを繰り返して基本的に無視してます。
《ロンメルの訓練記録》
ロンメルは最初から脚側停座です。
その位置でフセです。
フセをすんなりするものの、勝手な判断でスワレに移行することがあるのでしっかりフセって念じながらフセさせてます。
たまに失敗するのですけど。。。
フセからスワレをさせたら、やっぱり片手あげ。。。
これ今直してます。
どうも寒くなると出るのでしっかり直そうと思います。
今日はタッテをたっぷり練習しました。
タッテは最初一緒に1歩前に出て練習しオーバーな位褒めてます。
そのあとは膝だけでできたらまたオーバーに褒めての繰り返しをしました。
それから脚側行進で停止とUターンの練習をたっぷりです。
午前中の時にはマテ→コイをたくさんやりました。
マテはだいぶいいですが、コイは走って来るようになったのはいいのですが、あと1歩前まで来るように今修正中です。

rommelmolders at 21:42│Comments(9)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by yuko   October 01, 2008 22:40
ちあきさんの愛情伝わってきます。
私は恥ずかしながらぜんぜんホクと
アアマに教えていなかった分、今
一番困っているのが彼ら自身なんだと
つくづく思い知らされています。
散歩も、アアマ体が弱いからといって
あまりお外に連れて行かなくて、パパ
さんにホクとなにが違うか話したとき
”あっ”アアマは運動あまりしていない
それに、お外も出ていない〜。
自然の空気、大地の恵みみたいな。。
なにかが、あるのかも〜と、、、
そして、水と運動で入る酸素が大事と
書かれていて、、今考えている事が
見えてきました。
はじめは、だっこからスタートして
いまは、ほんの少し散歩に出られるようになっています。
少しづつ、時間を長くして、ロンメル
ちゃん見たく颯爽と走ってもらえたらと
おもっています。
2. Posted by だい   October 02, 2008 11:09
5 やっと昨夕、お散歩にいきました。やれやれです。
それにしてもチアキさんはしつけだけじゃなくて運動、食事の管理も本当に丁寧にキチンと考えてやってますね。凄いです。勉強になります。

3. Posted by スー   October 02, 2008 12:18
5 ちゃっくん、生まれてすぐに背中に穴ってビックリです。
でも、ちあきさんのたっぷりの愛情で、元気になったんですね。
他の兄弟は、今頃ちあきさんと一緒に
ちゃっくんの捜索をしてくれていることでしょう。
もうすでに、見つけてくれて早くちあきさんちに帰るよう促がしてくれてるかも。
ちゃっくん、寒くなる前に帰っておいで。
4. Posted by ワチ   October 02, 2008 22:07
うんうん、ちゃっくん大変だったよね〜覚えてる(´Д⊂ヽ
ちゃっくん今どうしてるんだろ…今でもワチの携帯の待ち受けはちゃっくんなんだよ〜
自転車の車輪のやつ!季節が変わってもずーっとあのちゃっくんにしてる。
5. Posted by だい   October 03, 2008 09:50
ちあきさんリンクを貼らせてもらってもいいですか。もしも不都合があるようでしたら、云って下さい。
よろしくお願いします。

6. Posted by soraboo   October 03, 2008 22:12
ちゃっくんの生まれは、そんなことがあったのですね!!
体が弱かったのは知っていましたが。。。

もう〜行方不明になりどのくらいたちますか?早く帰ってきてくれること祈っています!!
7. Posted by Riaka   October 04, 2008 01:01
ちゃっくん、早く帰ってきてくれるといいですね。
どこかでお散歩しているのでしょうか・・・

私はちあきさんほどクルムに手間をかけてあげられず、申し訳ないなといつも思います。
ミニピンらしからぬ神経の太さと身体の丈夫さに救われていますが、
これから先、彼女だってどうなるかわかりませんよね。

ちゃんとちあきさんのところで勉強して、毎日につなげたいです。

8. Posted by ちあき   October 04, 2008 21:33
>yukoさん
犬や猫に教えなかったことが結局彼らに帰っちゃうんですよね。
なのでうちの猫達は若くなればなるほど社会化を気をつけてます。
やはり自然って偉大だなって思ってますよ。

>だいさん
ほんとお天気悪いと困りますよねえ。
犬猫のためにできることはできるだけやってあげたいですよね。

>スーさん
ちゃっくんの弱い冬が来る前に帰って来て欲しいと常に思ってます。
さっきもちょっとスーパーに行ったついでに声をかけながら行ってきました。
早く見つかって欲しいです。

>ワチさん
ちゃっくんはほんと大変でした。
あれほど苦労した子、今までにないです。
でもすごく勉強になりました。
それがほかの子に生きてると思ってます。
でもそろそろ帰って来て欲しいんですけどねえ。
ワチさんの待ち受けちゃっくんなんて嬉しいです。
9. Posted by ちあき   October 04, 2008 21:35
>sorabooさん
もう行方不明になって2ヶ月。。。
そろそろ帰って来て欲しいと願う毎日です。
早く帰って来て欲しいです。
あの低体温で低気圧の時が不安です。

>Riakaさん
体が丈夫というのはありがたいですよね。
ほんとこれほど素晴らしいものはないと私は思ってます。
勉強は私のところではなくて色んなとこでするといいですよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔