超格差社会・韓国小説・ハゲタカ2

2009年09月27日

仕事で使える!Twitter超入門

小川浩氏の「仕事で使える!Twitter超入門」を読む。新しい道具の解説だが、本書だけだと、ちょっとわかりづらいので、実際のTwitter利用をみてみた方がよい。

Twitterは、ブログをより短くして、140文字以内で、つぶやく。そうすると、フォロワーからのコメントがつくというもの。

有名人や企業は、それを使うこと自体が宣伝なのでよいが、個人はどうか。公開されたチャットのような感じはする。

また、企業のTwitterをいくつかみてみた。朝日新聞、Dellなど。企業のサイトのWhat's Newのような感じになっている。その後、多くはPDFになったりすることが多いが、この場合は、通常のページに飛んでいくというものだ。

細々とブログをやっているものからすると、余り関係ない感じはする。

ただ、著者も述べているように、i-phoneが普及してきているので、ケータイでちょこっとやるには、ブログよりTwitterの方がいいのかもしれない。特に、ブログほど、主題を意識しなくてよさそうだから。

いずれにせよ、自分の理解は不十分だな。

【新品】[本] 仕事で使える!Twitter超入門 / 小川浩
【新品】[本] 仕事で使える!Twitter超入門 / 小川浩


個人的なTwitterと企業が使うTwitterは目的が異なると思う。




ron222 at 08:05│Comments(0)TrackBack(1) 書籍 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ブロガー執筆書籍紹介 仕事で使える!「Twitter」超入門  [ 事務局だより ]   2009年10月15日 12:00
オルタナティブ・ブロガーの執筆書籍をご案内する本シリーズ、第31回は「Speed

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
超格差社会・韓国小説・ハゲタカ2