2007年10月16日

神田うの 婚姻届で結婚実感

8日に挙式したタレントの神田うの(32)とレジャー産業グループの西村拓郎社長(37)が13日、東京都内の区役所に婚姻届を提出した。また、テレビ朝日の石井希和アナウンサー(29)は、プロ野球・楽天の島田亨(とおる)球団社長(42)と都内で挙式。大安吉日らしいおめでたい話題が相次いだ。

 8日の大安に総額6億円をかけた豪華披露宴から5日。再び巡ってきた吉日に「神田うの」が「西村うの」になった。

 午前中に2人で区役所を訪れ、結婚会見での“口約”通り婚姻届を提出。午後には自身の公式ホームページで「本日10月13日午前11時40分、素晴らしい秋晴れの中、晴れて正式な夫婦となりました」と喜びを語った。

 実は、前日までドキドキ状態だったという。当該区役所への婚姻届には届け書、本籍が同区内にない場合の戸籍謄本、夫婦および証人2人の署名押印が必要。このうち、うのの戸籍謄本が12日まで手元にそろっていなかった。関係者も「13日と言いましたが、できるかどうかは分からない」と語ったほどだった。
引用(Yahooニュース

無事、婚姻届だせてよかったですね。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
楽天市場