image
※画像はイメージです。

6月の八百万魔道杯、皆様お疲れ様でした。

今回はどこでポイントを稼がれたでしょうか。

私は久々にイベント覇級中心にポイントを稼ぎ、総合報酬を獲得することができました。
使用デッキは別記事でもご紹介したとおりです。
2017-06-25-19-27-29
▲八百万魔道杯覇級使用デッキ

最終的なデッキは上記デッキになりましたが、序盤はアリエッタ(GW2017)がデッキの中心的存在でした。
image

最終的にはアリエッタは抜けていきましたが、試行段階ではアリエッタ2枚やツクヨ(正月2017)など、近頃出番の少なかった印象のチェインアタッカーが活躍した環境でもありました。

ランカ―などのデッキにも、アリエッタツクヨをはじめとしたチェインアタッカーが多く採用されており、サクヤマトイといったチェイン付与精霊の採用も多くみられました。

最近ではあまりない傾向だと思います。

直近のイベントトーナメントを私のデッキで振り返ってみましょう。


image
▲クウガライズ魔道杯

チェインパネルがデフォルトで付与される高チェイン環境。
例外的な立場なので今回は無視。

image
▲覇眼戦線魔道杯(対水属性デッキ)

チェインアタッカーはイスルギのみ。
3チェインと比較的早い始動も持ち味だが、ステータスアップがメイン。

2017-03-27-13-09-52
▲4周年魔道杯(対火属性デッキ)

見事に全員ノーチェイン。

2017-03-27-13-09-07
▲4周年魔道杯(対水属性デッキ)

ヒーラーのミカエラが起用できてしまう余裕。

2017-03-27-13-08-48
▲4周年魔道杯(対雷デッキ)

ピピアの初動とSSに助けられました。
トゥス&レノックスは一応3チェイン精霊。

※ショコラフォレスト魔道杯はほぼ陸式

2017-01-20-19-05-34
▲魔轟三鉄傑魔道杯

道中HPの低さからチェインアタッカー&ヒーラーを積む余裕がありました。


今年に入ってからはこんなところでしょうか。

意外とチェインアタッカー使ってますね。笑

しかし、チェイン付与精霊はどうでしょうか。
今回の最終的なデッキには入りませんでしたが、序盤はサクヤを使ってチェイン補助をしていました。

昔は多用していたスキルですが、最後に魔道杯で使用したのはいつだったでしょうか…。

振り返ってみると、昨年11月の陸式でのエリアナ(バレンタイン2016)、10月のレディアント魔道杯でのリンカ(クロマグⅤ)以来でしょうか。

今年のイベントトーナメント道中HPが低めの傾向で、ボスのHPが高いという構成が多かったように思えます。

それ故に、動きが早く4~5ターン目に高火力を出せる精霊が重宝されていました。

道中の火力に関しては、ヒーラーを入れる枠があるほど余裕があった魔道杯もあります。
(今回の魔道杯も入っていますが)

ところが今回、道中ボス戦共にHPが高く、非常に高い火力を要求されました。

特に2戦目
殴って抜けるには相当高い壁となる30万のHP

これを抜けるにはアリエッタツクヨ×3キュウマ(だったかな?)クラスの火力が必要だったようです。

アリエッタはリーダースキル付きの4チェイン特効ツクヨ5チェイン特効なので並の火力では打ち抜けません。
ダメージスキルを使って1ターン抜けするか、2ターン抜けの方が多かったのではと思います。

ここに環境の変わり目を感じました。

最近は単色精霊推しが著しいですが、属性反転対策だけが単色の利点ではないと思います。

今回のようなダメージブロックの対策。
複属性と異なり、ステータスが高く、主属性一撃のダメージが大きい単属性は高いダメージブロックを撃ちぬくのに秀でています。

また、複属性精霊では主+副属性の攻撃でようやくワンパンのところを、単属性であれば主属性の攻撃でワンパンなど、状況によってはターゲティングの削減にも繋がります。

最近の環境から、アリエッタのような4チェインアタッカーはもう重いとすら登場時には感じていました…が、今回の魔道杯でチェインアタッカー復権の気配を感じます。

それに伴い、若干優先度が下がり気味であったチェイン付与精霊チェインブースト精霊の立場も向上するのではないかと思っています。

こうして時流を読むことも、ガチャの引き時判断の材料になると思っています。

あくまで今回の覇級を見ての考えですので、今後の環境については正直運営のさじ加減です。

しかし、単色精霊3~5チェイン精霊チェインサポート精霊等々は今後注目の存在となりそうな気がします。

【まとめ】

▼今後注目の精霊?
・単色アタッカー
・3~5チェインアタッカー
・チェイン付与&チェインブースト

もちろん、既存の強力精霊の色違いバージョンも見逃せません。

果たして、来月の魔道杯の環境やいかに。
勢いで書いたので支離滅裂ですがすみません。

以上、次期環境についての考察でした。

以上になります。お読みいただきありがとうございました。
ウィズブログランキングに参加しています!
魔法使いと黒猫のウィズ ブログランキングへ
ウィズブログアンテナに参加しています!
猫ウィズあんてなに参加しています。