FullSizeRender

ザ・ゴールデン2018ガチャ(GW2018)の評価記事です。

本ガチャの概要

4月30日16時から開始した本ガチャ。

期間は5月18日まで。

新規精霊は6種類。

同時開催はウィズセレクションガチャ(新メアレス)、高橋留美子コラボガチャです。(4/30現在)


新登場のスキルは間髪入れず投入してくるのが最近の傾向となりつつありますが、それが顕著なのが今回のガチャでしょう。

前回のメアレス4ガチャと4種が同型の精霊で構成されています。

その中で新型の純属性強化が登場。
これも次回以降の目玉となっていきそうな予感がします。



精霊評価

エニィ

IMG_5331

絶引指数:優

3属性揃い踏みとなった蓄積解放大魔術・聖

種族も戦士ですので、結晶でHP攻撃共に上げやすいです。

火光はステータスアップの魔道ガール、複属性ダメージ強化のリヴェータ、撃破強化のルシエラ、複属性回復のシエオラ&プラーミャなどなど相性の良さそうな精霊も多く、デッキも色々と組めそうです。

複数枚あると様々な展開で楽になります。

単体で使うのであれば、しっかりと回復手段を用意しなければ火力不足に陥ります。

ラディウス・レヴィス

IMG_5332

絶引指数:可

一閃斬撃大魔術を与えられたのは2回目というラディウス(喰牙RISE2)
ただ、今回の方が一閃斬撃のあるべき姿と言えるかもしれません。

ASは15-30チェインになっていますが、敵が5体であれば30チェインは一発クリア。

6ターン目から最大火力で殴ることができます。

似たような自身でチェイン付与→ASの高火力殴りができるシリスと比較するとAS始動の早さが魅力的です。

ただ、一閃斬撃大魔術はどうしても3体クエストでは使いづらく、出番が限られてしまいます。

さらになぜか従来の一閃斬撃より低いダメージ効果値。

SS2になってもダメージ効果値がやや上がるのみでチェインの増加量は変わらず。
あまりSS2まで温存する理由もなさそうです。

複属性10連撃なので、高めのダメブロは破れませんが、鉄壁や多層バリア対策にもなりますし、ダメージを効率的に与えることができるのは利点でしょうか。

エーファ・ベルツ

IMG_5333

絶引指数:優

こちらも3属性揃った蓄積解放大魔術・邪

不調大魔術との組み合わせなど、聖に比べて戦術的なパーツとして使いやすいです。

雷闇は最近徐々に勢力を伸ばしつつある属性。

中でも特に不調大魔術メーベルとの組み合わせには期待ができます。

15%自傷は貴重ですので、HP調整に重宝する精霊です。

もちろん連撃による鉄壁、多層バリアの処理や、対光三色ガード等の対策にも有用です。

サクト・オオガミ

IMG_5334

絶引指数:優

新型の純属性強化が登場。

既存のタイプと比べて、攻撃強化の効果値を失った代わりにステータス効果値を高めたものになっています。

SS1は+3500、SS2は+5000です。

初ターンから+3500というとインパクトは大きいですが、実際は既存型のレッジと劇的に差があるわけではありません。

むしろ、AS等々も加味すると序盤はレッジの方が有効と言ってもいいでしょう。

逆に終盤の高効果値のSS発動の際などは、攻撃力の上昇値の大きいサクト型が有効です。

私はこのスキル最大の強みはSS2の+5000にあるんじゃないかと考えています。

魔道杯でよくある道中緩めボス高HPのような環境にマッチしやすいです。

総評としてはレッジの立場を奪う存在というよりは選択肢が増えたといった感じです。

環境によりレッジを起用あるいはサクト、あるいは併用ということもあるかもしれません。

4チェインとはいえ、連撃というのも好印象です。

ただ、4チェイン確保という面で相性のよいクレティアや、ステアップの恩恵を受けやすい高効果値SSのエリアナなども連撃で、飽和している感は否めません。

将来性を考慮して、今後の純属性環境に是非欲しい1枚だと思います。

キシャラ・オロル

IMG_5335

絶引指数:優

レッジ(メアレス4)と同様の統一パネル変換精霊。

統一変換を使うには4ターンかかるので、そこが少々ネックですが、水火精霊にはミク&ルカアリエッタ(アルティメットハロウィンガールズ、トナメ等)などのスキルチャージ役がいますので発動の短縮も可能です。

トーナメントでの今後の活躍は環境次第な面がありますが、イベント攻略などでは持っていれば非常に楽になると思います。

水火精霊が一通り揃っている方は是非引いておきたい一枚です。

トート・タピーロ

IMG_5336

絶引指数:可

非常に久々な登場のトート。

GA2017のアルドベリク、メアレス4のミリィと同型です。

SS2を活かすにはどうしても特殊な環境、専用の構築が必要になってきます。

4月の魔道杯でもありましたが、盗む→フルスキルチャージされたタイミングでダブルスキルを付与すれば即座に3倍激化を撃ち込むことができ、強力です。

AS1、SS1共に連撃ですのでそれを活かした使い方をしたいですが、AS、SSの連撃を分離して考えればデッキ構築の上でトートである必要性はさほど高くはないと思われます。



ガチャ総合<絶引指数>優

FullSizeRender
環境を賑わせる蓄積&統一変換の三本柱に新型純属性強化が注目の今回のガチャ。

引いておいて損はなさそうです。

ちょうど今回で蓄積も各属性出揃いましたし、引き時的にも悪くなさそうですね。

となると残るガチャの軸は火闇の不調大魔術雷水の統一変換火・雷の新型純属性強化火・水の単体融合大魔術などです。

まだ他にもあるでしょうが、これらの面々を見てどう考えるかです。

私は今後の融合統一の未来に期待しているので、蓄積に関しては無理しない方針にしています。

既存スキルのモデルチェンジなども増えてきた昨今、ガチャの予測も立てづらくなりました。

どこで強力な新スキルが登場するかも分からないので、慎重な行動が必要になりそうです。



以上になります。お読みいただきありがとうございました。
ウィズブログランキングに参加しています!
魔法使いと黒猫のウィズ ブログランキングへ
ウィズブログアンテナに参加しています!
猫ウィズあんてなに参加しています