FullSizeRender
空戦のシュヴァルツガチャの評価記事です。

本ガチャの概要

5月18日16時から開始した本ガチャ。

期間は5月31日まで。

新規精霊は6種類。

同時開催はウィズセレクションガチャ、名探偵コナンガチャ(5月29日まで)です。

新スキル「捕食大魔術」が登場。

残り5体は既存スキルです。
統一大魔術はガチャ産では初登場になります。
(初出:5周年魔道杯総合報酬・フラクタル)


絶引指数とは

「絶」対「引」いておくべき 精霊・ガチャを評価する「指数」です。(造語)
・ガチャ全体の評価
・精霊単独の評価
以上2点について評価する記事になります。

評価は優→良→可の三段階とします。



精霊評価

ジーク・クレーエ

IMG_5495
絶引指数:優

闇型の不調大魔術。鉄板ですね。
これで3属性揃いました。

ASは分散攻撃で、効果値アップの結晶があるのも頼もしいです。
光型の不調大魔術と比べ、対ダメブロに優れています。

基本的には火光の不調大魔術であるミリィとの使い分けになると思います。

蓄積聖や光型の不調大魔術を止めるために、敵が光対策スキルを使用するというケースも容易に想定できます。

蓄積邪はASが自傷ですので、多少デッキの縛りが発生しますが、蓄積聖は単純に並べて強さを発揮してしまいます。

安直な蓄積聖艦隊環境になることを阻止するため、今後光対策が多く取られると読んでいます。
それに対して非常に有効な闇攻撃

元々強力なスキルではありますが、今後の環境を考えた時、是非とも確保したい1枚です。

ロレッティ・カナラ

IMG_5496
絶引指数:良

新スキル「捕食大魔術」持ち。

フィニッシャーとしての性能が非常に高いです。

これまではクエストのラストを不調、純属性、融合、蓄積などで締めてきた環境でしたが、新たな選択肢が加わったという印象です。

SS1、2ともに同一スキルで初回6ターン
トーナメントではスキルチャージが必要でしょう。

ただ、捕食大魔術の仕様スキルチャージは相性がいいので、無駄がないです。

ぱっと見の性能は純属性デッキ向きですが、高い攻撃力高効果値からあらゆるデッキで起用できると思います。

ただ、ASは完全に純属性性能ですので、純属性少なめのデッキは他でAS火力は補いましょう。

一撃が非常に重い全体攻撃ですので、ボス戦を捕食大魔術のみでフィニッシュといったことも可能で強力です。

ただ、高効果値を叩き出すには環境やデッキ構築によって大きく変化するため、万能とは言い難いのでこの評価としました。

ローヴィ・フロイセ

IMG_5497
絶引指数:優

雷水属性待望の統一パネル変換です。

初回発動に課題を抱えるも、雷水にはスキルチャージ役もいますので、解消できそうです。

トーナメントクエスト攻略に幅広く活躍できる精霊です。

雷水属性の手持ちが充実しているなら是非引いておきたいです。

ケーニギン・ブルンヒルト

IMG_5498
絶引指数:可

ガチャ産では初登場の統一大魔術

現環境ではフィニッシャーを担うには効果値750は火力不足。

SS1の初回発動も4ターンなので、トナメの道中使用も難しい。

フィニッシュスキルの前座にしても統一大魔術に拘る理由も少ない。

雷光統一デッキであれば、良くも悪くも安定したスキルなので、爆発力は期待できない。

リスクを背負う必要はないので、使いやすいといえば使いやすいかなと思います。

フェリクス・シェーファー

IMG_5499
絶引指数:良

パネルスキルチャージ
この系統は随分久々な気がします。

ウィズセレのハローラと同型ですね。

このタイプのパネルスキルチャージは通常のスキルチャージより1手遅くなります。

トーナメントなどの短期戦では通常のスキルチャージが優先されるでしょう。

長期戦では難易度ダウンの潜在は嬉しい。

中長期戦のクエスト攻略で無難な働きをしてくれそうです。

リクシス&キャナル


IMG_5500
絶引指数:可

クエスト攻略向けの精霊。

一閃斬撃の宿命ですが、5体クエスト以外ではどうも使いづらいのが難点です。

逆に5体クエストであれば、6ターン目からは最大火力のASで殴ることができます。

複属性10連撃鉄壁多層バリアに有効ですので、高チェインデッキに1枚投入すると頼もしいかなと思います。



ガチャ総合<絶引指数>:良

FullSizeRender

優:ジークローヴィ
良:ロレッティフェリクス
可:ケーニギンリクシス&キャナル

ジークローヴィの両輪は抑えたい。
ロレッティをどうしようかというガチャです。

雷水がさほど充実しておらず、火光のミリィがいるのであれば思い切ってスルーでもいいかもしれません。

とはいえ、ミリィでカバーできない範囲も必ずあるでしょうから、その際ジーク不在は痛手になりそうです。

ただ、闇攻撃が欲しいならば同じ火闇属性のイスカという選択肢もなくはないです。
ミリィイスカを持っていれば、ジーク最適解の場面でも次点のデッキは組めそうな気がします。

逆にヴィクトリアユッカミライまで持っていればローヴィ狙いで引かない理由はないかなと思います。


さて、今回のガチャで統一変換と不調大魔術はそれぞれ出揃いました。

今後の軸は新型の純属性強化単体融合大魔術に加え捕食大魔術になってくるでしょう。

これらの目玉をどう見るかで今回のガチャを引くか引かないか決めてもいいのかなと思います。

魅力を感じるようであれば程々に、感じなければ可能な限りジーク狙いでいいのかなと。

ちなみに私は80連でジークのみ引けていない状況です。

ジーク単騎待ちでこれ以上突っ込むのは厳しいです。

単体融合捕食大魔術には期待をしているので、この辺りで撤退の予定です。

不調大魔術はこれまで漏れなく集めてきましたが初の欠員。
今後どう響いてくるでしょうか。





以上になります。お読みいただきありがとうございました。
ウィズブログランキングに参加しています!
魔法使いと黒猫のウィズ ブログランキングへ
ウィズブログアンテナに参加しています!
猫ウィズあんてなに参加しています