IMG_5860
2018年7月大魔道杯in夏の祝祭覇級使用デッキのご紹介です。
強制進行光属性弱体化をもたらす反動攻撃が特徴の今回の覇級。

現在開催中のまどマギコラボガチャでも登場する、チャージ型の光残滅大魔術が大活躍です。

しかも、同型スキルであれば3属性どれでも使えるというチャージ残滅を猛プッシュしたような構成になりました。

ところが私はこのスキルは3属性とも縁がなく…。

蓄積大魔術・聖なども含めて3属性で検討を進めましたが、ひとまずこのデッキに落ち着いたところです。

それにしても強制進行、なかなか面白い敵スキルですね。
トーナメントには今回初登場だったと思います。

チャージスキルなどのターンカウントが早まるなどのメリットがある一方、強化系スキル精霊強化はターンが進んでしまい、効果が切れるというデメリットもあります。

これまで一般的なデッキとはまた違ったデッキになることが多いです。

今後登場する精霊も強制進行の存在を念頭に置いて評価する必要があるかもしれませんね。

動画




デッキ

FullSizeRender

<潜在結晶>

カヌエA(正月2018)→神族攻撃+200、複光攻撃+100    

ルドヴィカ(覇眼3)→多弾+5、神族HP攻撃+150

カヌエB(正月2018)→きゃっつ、ディスチャージ無効

ガトリン(ウィズセレ)→闇チョコ、反動+150

カヌエC(正月2018)→アドヴェリタス、ゾラスヴィルク

※全てフル覚醒

<解説>

解答1問の6ターンデッキです。
道中は左からスキルを使うだけのお手軽デッキです。

道中のHPが低めなことで、道中スキル抜けが実現しました。

最後のボス戦の乱数は確認しきれていません。

ウィズセレのガトリンは珍しくトーナメントでの起用です。

スキルディスチャージ無効0ターン発動可能全体攻撃と珍しい組み合わせが今回のデッキにマッチしました。

ボス戦は水吸収を貼られるので、多層バリアを剥がすには複属性攻撃が重要になります。
その点、雷で手数を稼げるガトリンがいい働きをしてくれます。

立ち回り

<1戦目>SSのみ

FullSizeRender

カヌエA→SS2(特効大魔術)

<2戦目>SSのみ

FullSizeRender

ルドヴィカ→SS1(多弾魔術)

<3戦目>SSのみ

FullSizeRender

カヌエB→SS2(特効大魔術)

<4戦目>1ターン

FullSizeRender

ガトリン→SS1(反動大魔術)

<ボス戦>1ターン+SS

FullSizeRender

ALL→中ターゲット殴りで多層バリアを剥がします。

IMG_5866
反動攻撃で光属性弱体化状態になるのでカヌエCを叩き込みます。

FullSizeRender
5体をワンパン。


FullSizeRender
6ターンクリアですが、1問解答で済みます。

最後に

チャージ型の残滅大魔術、まさかトーナメントで活躍する日がくるとは思いませんでした。
私は3属性とも持ち合わせがなく、序盤は悩みどころでした。

それに代わる蓄積聖も充実しているわけではなく、やや苦しいデッキ構築だったと思います。

近頃はガチャも控えめにしていますので、何かと重要パーツを取り逃がすことも多いですが、今回もなんとか組めてホッとしています。

話は変わりますが、前回魔道杯の蘇生デッキ
あれには度肝を抜かれました。

どう考えても一閃斬撃大魔術を活躍させる環境が設定されていたにも関わらず、です。

今回もチャージ残滅推奨の設定がされていますが、何か別のアプローチがあるのかもしれません。

まだ今回の魔道杯に取り組み初めて間もないのでなんとも言えませんが、ボードプレイヤーは蓄積聖メインで残滅は使ってないんじゃないかなと考えています。

それ以外にも驚きの戦略はあるのか、まだまだデッキ構築の楽しみは残っているかもしれませんね。



今回はここまでです。

お読みいただきありがとうございました。
ウィズブログランキングに参加しています!
魔法使いと黒猫のウィズ ブログランキングへ
ウィズブログアンテナに参加しています!
猫ウィズあんてなに参加しています。