ギター三昧

ギター三昧な日々。ギターで遊びましょ。

チャーハンみたいなもの(笑)

DVC00270


午前中、出張レッスン。

午後、カブチーノ・リハーサル。

夜、自宅レッスン。


リハーサル後、チャーハンみたいなものを作った。(笑)

出張の行き帰りでおにぎりを二つ。買うまいとした、大きいおにぎり。いざ食べようとしたら、大きかった・・・。これ、大きくて味も握り具合いも好きじゃない。帰りは、小ぶりな梅で美味しかった。


と、これからレッスン。


やっぱり手も休まなくてはいけないのだけど、やはり、夜は練習。
色々と話をしてみたら、捻挫も含まれているらしい。

火曜日は、都内でリハの予定だったけど、台風みたいで延期にした。
明日もカルチャーだけど、風とか強く無いと良いのですけど。

自然の猛威。

風は生きとる  雨も生きとる 海も生きとる   と、生き物に囲まれているわけです。


「俺も生きとる、ンガァーーー・・・ッ」 (笑)

いんちきでも、チャーハンて美味しいです。

チャーハン、食べたい・・・





中華鍋を打つ音、芸術だぁ・・・。



チャーハン食べたい。



無性に・・・。(笑)

不条理・・・




今日は、お休み。

9時を待つ、なんとも言えない時間。

この世の無常。

哀れな母を容赦なく追い詰めていく。。。



祖父祖母を車で旅行に連れて行った。長野まで行って、松本城など巡ってきた。

祖父宅前まで送り届け車を降りて、深々と頭を下げていた、、、そんな光景が目に焼き付いている。

親、祖父祖母、子供に頭を下げて・・・そんな瞬間は、とても神聖な瞬間に思えてしまう。

命、生命の尊厳、そんなものを軽視するような事ばかりが目立つこの頃。


時代がどう変わろうとも、なにがどう進歩しようとも、心を持って人が生きている、それしかないと思う。



人を人として、尊重出来ない人、それも有るのがこの世と改めて思った。



アマテラス・・・ならぬ



アンドレス・セゴビア

やっぱり、セゴビア。
 

ラミレスMT  ハウザー   マヌエル・ラミレス

それぞれ、一世〜サントスやら、、いわくはあれど、使っては見ました。

今、デッドストックにラミレス664、スペシャル・・・何故か、横板が単板モデル。664は、弾けないよ・・・と
判っていながら、3本目。

マヌエル・ラミレスは、1908だと思いました。
多分練習用とかいう、モザイクが適当なヤツ。しかし、買って即効で手放して、ルビオ68。さらにハウザーと変遷。

いま、ハウザーを使っています。

しかし、セゴビアを見ると、ラミレスも良い。

1959年、来日の時のハウザーを使ってのテレビのビデオも有りますが、これを見たら、ハウザー持ってて良かった。。。みたいな。(笑)

たまには・・・

聞くとしたら、セゴビアなんです。





生きたあかし・・・















音楽の原初・・・


500年も前の外国の曲に、日本語の詞がついた。

凄く自然。響きも言葉も自然。

さてさて、ふくやん (福田さん) の誕生日。
なんとなく、共通な響き、感じます。

おめでとうございます。


良い曲は、何百年と変わりない見たいです。

魂の年齢からしたら。。。

億という年月か、人間の深み、心の深み、また、感じて生きたい。

千葉駅周辺で事件です。

◆23日午後5時過ぎ、千葉市中央区弁天2丁目の路上を歩いていた中学3年の少女(14)が、自転車に乗った男に刃物で右の脇腹を刺されて重傷を負った。1時間半後には12キロ近く離れた千葉県船橋市内の路上でも、大学生の女性(19)が自転車の男に腰を刺されてけがをした。県警は連続傷害事件の可能性があるとみて調べている。


このあたり、千葉駅を山側にコンコースを抜けて行くところで、千葉のレッスンでは駐車するところの周辺です。

千葉近辺の方は、要注意です。

私の記憶が確かならば・・・(笑)



対決するわけじゃありませんが、本日の質素なる素材。

DVC00269













味付けは、お酒、コンソメとオリーブオイルだけ。塩も胡椒もしませんけど、味は濃い。やはりトマトの威力って凄い。酸味もありますし。ベーコンには塩も胡椒も入ってるはず。甘塩シャケも良い味だしてます。キノコがうまみをまします。なんちゃって・・・な割に美味しいみたい。(笑)材料はトマトとピーマン以外は半分だけ。それでも3人前は出来ます。つまり、後、二度食べることになります。

DVC00268

北千住とブラジル




オリンピックも終わりました。
ブラジルと言えば、ショーロ・ボサノバ・サンバ。

私も、一時期、ショーロを勉強したくて、ブラジル音楽の巨匠、佐藤正美 先生に師事しました。

といっても、クラシックに出てくるショーロで、バリオス作品ですが、習いに行ってみると、「この譜割り、ショーロだね」
と、軽くいなされてしまい・・・。

ボサノバの基本のリズムは・・・と、その時、耳コピーしていた、「そよ風のショーロ」 レッスンして頂きました。

暫くして、ジスモンチ、ブラジルの巨匠、この来日ライブで、会場ですれ違い、「あっ!!」 と、私が言ったら。佐藤氏も「おっ!!」 と、それだけでした。(笑)

記憶にございません。

まあ、2か月、4回 のみですから。しかし、中身の濃い4回、ボサノバの極意、頂きました。(本当かよ・・・)。

孤独のグルメ ブラジル料理編。
成程な、肉満載。

レストラン、ブラジル

群馬県、大泉、ちょっとしたドライブには、良い距離かも。

オリンピックを回想しながら、日本でブラジールも楽しいかも。

孤独のグルメ より、デュエットが良いと思いますけど・・・。(笑)

オリンピックも閉幕

大きい事件もなく、無事終了。なにより。

日本も大活躍、楽しめました。


台風が来てますが、明日朝一で通院。


良くなれば弾く、弾くと悪くなる・・・って、結果を見るまでもなく、しかし、大丈夫と言って欲しいだけです。(笑)


金メダルじゃないですけど、小学校の時は、100メートル走とか負け知らずでした。
地区対抗のリレーとかも出たりしてました。

やはり、勝つのは気持ち良いのか。
しかし、先頭を走ってる時、前に誰もいないので、一人で走っている見たいです。

一人で走ってるのって。。。KY とか、大人の世界では・・・(笑)。


明日、昼からのレッスンて、無理じゃないかな・・・。


のんびり、リハーサルの日。
カブチーノは楽しい。


生きてる事の不思議

生きてる事は、死ぬようなことに会うと、実感できるか。

若いころ、「死」という言葉に異常に反応していた時季がある。死ぬ瞬間 という、末期のがんの患者との対話を通して、死のイメージを和らげて、穏やかに、自分らしさを取り戻して旅立つ、その手助けをする医師の本。

病気の事実を知り、否認と隔離 怒り 取引き 抑鬱 受容 希望・・・

病気に限らないと思うことも有ります。


怪我も同様。やはり、同じように、何で怪我、、、患部の状態は。。。本当か、、、何で自分に、、、何かと引き換えに、もとに戻らないか・・・、やはりだめか。。。諦めるしかないか。。。いや、出来ることを最後まで・・・


なんか、こんな道筋ですけど成程と。何か重大事項が起こると、大体がこんな流れの思考になるものか。


死ぬを前提・・・と言えば特攻隊。こちらの本やビデオも沢山見ました。


まあ、コンサートや発表会なんかでも本番が迫ると、似たような思考になるか・・・


今日見た展覧会、女子学生の絵に、金魚の死骸を何十匹と撒いている中心にいる自分は髪を切っている、背景に・・・理容店とかありましたけど、自我の目覚め始めた時、自分を抹殺してしまいたい衝動・・・あるように思います。

いじめや人との違いや能力の違い、こういう刺激が人間の本質に刺激を与えて、さらに自分の世界の発見につながるかも。そうすると、今のいじめも何も、大人が助けるということは、さらなる発展の扉を閉じているかもしれない。

諸刃の刃ですね。


死ぬ瞬間 の著者。

いくつもの死に直面して、対話して、勇気を取り戻させて・・・。

しかし、自分が死ぬと判って、やはり、患者の立場に戻ってしまい、全く準備も何も出来ていなかった・・・と。

死ぬつもりで生きなさい、という本も多い。しかし、本当に、死ぬ、が現実にならない限り、死ぬ気にはなれないのが人間かもしれない。

空海のような、即身成仏は、究極としても、死ぬと覚悟は、持てたら怖いものもなくなるか。


やはり、そかな緊張感が、オリンピックとかの大きい舞台では見られる。

そんな厳粛なムード。心地良いです。
Profile
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
Archives
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ