ギター三昧

ギター三昧な日々。ギターで遊びましょ。

空雲風



寝る前に山海塾・・・。久しぶりに怖い夢を見てしまった。(笑)

心の内面を抉るような、舞踏とは、ダンスと違って楽しめる物とは違うのかな・・・。

神秘性のあるものは、残像が頭に焼き付く。それが寝ているうちに脳の中で反芻されていたしまうのか。

目覚めたら、部屋の隅にしまってある折り畳みテーブルのバネが、「バチーン」と音を立てている。

先日は、森を歩いてきたので、今日は、海。

晴れ間が出ていて気持ち良かった。

人間の個性は、それぞれ・・・



声は、不思議な魅力がある。天の授かり物か、全盛の余得か、素晴らしい声、楽しい声、アニメらしい声と、メディアで聞く声は、楽器の様でもあります。

楽器は、ブランドがあり、それは音と弾き心地と、特徴がある。しかし、音の出ない楽器は無い。(笑)

とは言え、特徴のある音の楽器は、どれくらいあるものか。

と言っても、楽器が勝手に音を出すわけじゃない。誰かが弾いて音になる。

そして名手とは、何弾いても同じ音に聞こえる。まるでその人が話しているように。そうじゃなければ、ピアニストなんていう人は居なくなってしまうかも。自分の楽器を持ち歩く、。そんな人は、殆どいないのだから。

ただ、人に相性があるように、楽器と弾きての相性、これが一致する、一致して欲しいと・・・。(笑)

色々なギターを買って、CDで残っている音、やっぱり違う。
しかし、自分にはラミレスが良いみたいだな。

エレキで持ったことない楽器、モズライト。これも個性の塊。一度は、持ってみたい。

心は見える



心の中で鳴っている音、メロディー、景色、食べ物、通りすがりの人、昔の事。
絵を描く人。

人を描くとき、骨格、筋肉、皮、そんなものが、過去の経験と、情景、音、言葉になるまでの時間は、とても長かったり、一瞬だったり。
自分の思いを形にする。

そんな時でさえ、躊躇う(タメラウ)ものがあるか
段々分かって来ている。

それが、形に出来るまで、生きてるかなぁ・・・。(笑)

螢ルチャー 充実の講師

歌手 永盛健二郎さん。

作詞講座 (東京音楽アカデミー) の仕上げ、完パケ(完全パッケージCD発売用、発売は日本クラウン)、の、音源制作をしていた時、録音の歌手として来ていた方で、幾つかのライブを一緒にしました。この写真は、ライブ後の懇親会の時の物。

先日、四街道カルチャーの講座紹介で講師登録されていて驚きました。
最近は、歌手というイメージも無いくらい、バンドやシンガーソングライターが活躍されています。

永盛さんは、歌手として本当に上手い。
カルチャー講座で指導頂けるとは、驚き・・・。

カラオケ、歌を心から歌いたい、という人には超お勧めです。

これは・・・20年前位かなぁ・・・。(笑)

イメージ (4)

すべてに終わりはある



今日は、模擬自然を感じてきた。しかし、50年前、まだ、車も少なく歩くだけの道路も沢山あったころ、今日見た小さい川、ドブの流れのなかにもエビや小魚も居た。

自分の命も長くはないと思うけど、人類の存続・・・。

世界中の天候の異常。

遺書を書いても人類滅亡、じゃ何の意味もない。

戦争があっても、明日この地球に人が居なくなる。
そこまでは、考えなかったのかと思う。

現実は・・・。映画のとうり。

少し運よく生き残っても、食べ物、水、何もなく、太陽の光も届かず、すべて消えるのか。

オゾンに包まれて

千葉市、青葉の森を散策してきました。
今度のコンサートは、副題が「森を奏でる」 なので、森の空気を感じて来ましょう。

なんていう感じ。自然生育、自然林に近い処もあります。
広すぎず、荒れすぎずで、都会の喧騒から離れるにはいい感じかもしれません。

子供の頃は、こんなところが沢山あったのに、今は本当に開発しすぎです。

一周したら、結構疲れた。そのうえ、駐車場を間違えてさらに500メートル・・・。疲れましたが、気持ち良かった 。


嘘を見抜く

日々の命の営みが・・・
最近、南アフリカ〜黒人さんの生徒さんが入会されました。
ウクレレを弾いてます。(笑)
色々な人をレッスンしましたけど、優しいオーラ、穏やかなオーラ。日本人からも感じられない。身構えたり、駆け引きがあったり、本音は言わなかったり、まあ、全部を語る人も居るはずありませんけどね。
今生の課題、それはあるはず。

我慢していること、出来ないで躊躇していること、そんなことがクリアされるべきな事として、乗り越えていかなくては行けないのだけど。
志半ば・・・みたいな、何か、もやもやとしている。

我慢・・・。どこも一緒なのだと。(笑)

昔、ベックが接触不良にいらついて、ギター壊す、そんな映画もあったけど、ギター壊しても仕方なし。

さらに年輪は増える。。。



遂に59歳。。。
7〜8歳位からギター弾いてますけど、運の良い人生だったのかな、と思う今日この頃。悪い処も楽しくなりました。(笑)

中学の時、安藤君。高校で星野君と出会い、ギター仲間に連れられて行ったところには、スタジオ・ミュージシャンの卵の方たちがいて、レコーディングにつれて行ってもらったコロムビア・スタジオでは、香津美氏録音中で。。。

同級生のJazzDrの人には、ライブハウス、アケタ他に出演させてもらい、ジャズも少し齧らせてもらった。千葉にも沢田俊吾氏が教えていて習えた。

20代半ば、アニメ堀江美津子さんのバックの仕事にはタコシさんがつれて行ってくれて、さらに西島三重子さんの仕事に繋がり。そこでは、素晴らしすぎるメンバーと仕事しました。

と、それが続かなくてクラシックを再開。
最初、子供の時に習ったていた中山駅前の教室に行って、しばらくして建先生の処に紹介して頂きました。そしてコンクール入選。その後、オリジナルでCD発売。結婚・・・離婚。(笑)

この録音には、最初に見学したコロムビアのスタジオ。
この後、何度かこちらのスタジオで録音の仕事もしました。

これから、何があるんだろうか。。。と、占いによれば60代に入って良くなる、という・・・。

久しぶりに録音の写真見ました。
随分色々な人に助けを頂いてきたな・・・と。

お世話頂いた皆様へ、ありがとうございました。

女王様・・・



もりとんかつ、いずみにんにく、かーこんにゃく、まれてんぷら、しずかにんじん、ねむーるんぺん・・・

GS、私の最初のレコード・収集。
タイガース、スパイダース、ピンキーとキラーズ、荒木一郎。8歳か少し前か、こんな音楽にしびれつつ、ギター教室に通っていたころです。(笑)
他にもあったのですけど、後から買ったものは、亜麻色の髪の乙女。。。

コロムビアでCD出した時、担当プロデューサーの隣の机に、ヴィレッジ・シンガーズの方がいたと思います。制作に回ったのですね。

この頃からエレキブーム。しばらくしてアコギを自分で買って、中学に入ってエレキ買ってもらいました。アンプは、ラジオのAUX端子。当時、ラジオは万能グッズでした。深夜放送含め、本当によく聞きました。

イルカはじめ、日曜のポップスベストテンとか、あおい君さとう君、オールナイトニッポン。

このころから深夜3時就寝。今だ変わらず・・・。(笑)

思い出した・・・2年生の時、タイガースのシーサイド・バウンドのB面、星のプリンスをなんか教室で歌ってたら、なんか怒られた。(笑)


眠りは霊界のお散歩



11月、久しぶりに朗読とコラボの仕事。小さい場所らしいけど、どうなるか。楽しみ。主催の方にもコンサートのお知らせをしたので電話が来た。30分位色々とお話したけど、随分現実ではご無沙汰。拘りの強い人だから、喧嘩もあるけど楽しい。

今日は、二人の方と色々とお話した。

気の交流。一人の時は、気が散らないようにすることで、練習も進む。

気を読む、人間として隠せないのは、気。

森を奏でる  と、気の発するもの、木、大木、大木は、数百年と生きている、或いは千年以上。
古民家、230年とも。楽器では、300年前に製作。

ギターは、製作から50年を過ぎると、音質が変わると感じている。(個人的な経験)

今持っているハウザーの材木、100年ストックして94年に作られた。でも、50年経った頃には、私はこの世にいないと思う。

人間の生きている時間の短さ。その中で何が出来るのだろう。
文学的な、愛情と友情の違い。
手が届かない方が美しいと、何かもどかしい現実。
Profile

sakucham

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
Archives
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ