ギター三昧

ギター三昧な日々。ギターで遊びましょ。

お話する・・・



私は、友達は殆ど居ないような・・・

つまり、いつも誰かと居なくちゃいけないってのが苦手。(笑)

3年に一回くらいの友達が良いかなってね。

しかし、お話する人は何人か居てなんでもお話してしまう。勿論家族じゃない。
本当になんでも話をしてしまうから、相手のお話もなんでも聞いてしまう。

本当の心って言うのは、自分でも見えないようなものだから、自分と関わってくれた人を善く善く思い返してみたら、自分が善く善く・・悪くかも、見えてくる。

一生懸命に生きても、早く死んでしまう人もいる。それも自分から。やはり、生きている事は苦しいことも多いし、身を裂く。。。なんてい言うことも起こったりもするし、それは仕方の無い事なんでしょう。
あの人は今は・・・なんていう人も居たりしますが、もうこの世の人じゃないかも知れません。判りません。

過ぎてみれば楽しいばかりじゃなくて、思い返したくも無い事も多いですが、兎に角、まだ生きてました。
と、話せる人が居るって有りがたいですね。

これはやっぱり、友達っていうものでしょうか。

お花に囲まれて楽しい一日でした。


◆沢山あるギター・・・一本、生徒の元へ。

事件です。。。(古っ・・・笑)



午前中よりレッスン。出張故に10時前に出発。

宅急便の午前指定を忘れて受け取れず。事件その1

カルチャーで暖房効かず。部屋の移動。事件その2

秘密の事件 (笑) 事件その3

帰ってリハーサル。無難に終了。カブチーノ相方さんに年賀切手の当たりが有ったら下さいとお願いしていたら、随分古いものから沢山頂いてしまった。 嬉しい事件 その4

そして夜のレッスン。

2人と思っていたら一人インフルエンザでお休みになり、レッスン終了。そして練習中。
宅急便を受け取りに成功。リサイタルのフライヤーの追加。

さらに練習していたら、「ピンポーン・・・○○ですぅ・・・。」
おっと、もう一人レッスンだった・・・。  事件その5


何気に、事件の多い日。

頭の中で、たけくらべ が、画像で再現されている一日。インパクト有りました。
舞台挿入用の曲のイメージがなんとなく出来たかもしれません。

もっと、作品他見てみようと思います。


 

RF モデルとは。。。

DVC00566














25年もたっているせいか中のラベルが読みにくいので、モデル名を今日もう一度聞いてみた。

なんと、RF ラミレス・フォーク なんだそうです。なんか日本人的・・・みたいな。(笑)

そんでもって、私のラミレスと並べてみたら、成程。

ボディがラミレスの形らしいですが、ネックのジョイントは、12フレットと15フレットなのでサドルの位置がかなり違います。やはり足台を使うと弾きにくいです。

音色としては、やや低音が甘めのアコギと言う感じがしますが、高音は普通ですね。

ネックが細いのは、ギブソンかエピフォンの様です。ヘッドに近いほど細さが際立ちます。
アコギとしてはかなり弾きやすいです。弦も0.11なので細めですけど、十分鳴っています。

最近は、弾かなくなってしまったラミレスですけど、時々弾いてみると良い音です。

今日は、お店にギタリスト斎藤先生がいらしていまして、ラミレス談義で盛り上がりました。

私のラミレスは、横板単板もでるなんですが、またお店に入荷したみたいです。こちらも良い感じです。
年代が少し違いましたが殆ど同じ。私のは96年。

ネック幅が51.5なので弾きやすいです。しかし、664なので弾いてると、ズーンと重さが・・・みたいな。

ハウザーとラミレス、マックスと、並べて弾いてましたが、どれも音色と大きさ、弦長が違うので、演奏会で一緒には弾けないですね。どれも、個性的で楽しいです。





馬喰町へ・・・

状況一変です。。。

5月頭に朗読の音楽のお仕事を依頼されました・・・。これは大変です。(笑)

去年も頼まれて、依頼主宅は馬喰町でした。

今日は、またギターを一本仕入れ。93年のジャパン・ヴィンテージと言う年代になるか1993年の楽器。
K Yairi の中級品。5〜10万円位の楽器。
学生の頃は、5万円は大金でその上の楽器は高値の花でたした。
今日の楽器も、弦を弾いた後の感じが安定しています。これより廉価品になると何となく弦の振動に楽器が負けている様な頼りなさがあるのですが、これはしっかりしています。
何気に・・・25年前と言えるほど自分もヴィンテージ化とているという・・・(笑)

この楽器を背負って新大久保から馬喰町へ一足延ばしました。

JINEN GALLERY

女子美術大学の版画関係の学生&卒業生&講師陣の方々総勢28名のグループ展

若い人たちの作品展。思考錯誤が見てとれますけど、中にはアグレッシブな作品もあって、そんな作品の作者にはファンもついているのだそうです。

Garden Hisaeさんのお嬢様も出展。これを楽しみに出かけてみました。
なんだか、最近は、絵を見に行くことが多いのですけど、縦長の画廊にある種のエネルギーが充満している感じですね。趣味じゃなくて、プロになりかけの人たちの純粋なエネルギーなんでしょうか。
普通の展覧会とは、ちょっと雰囲気が違って、楽しめました。

楽しんだ後は、駅まで大きなハムたまごをガシガシと食べながら向かいました。

アートっていうと、有る程度の感じがあるのかな・・・と思いのますが、インパクトと個性を持つことって難しいのですね。

また明日も新大久保なり。







K.Yairi RF-60 1993




スリー・フィンガー・・・



メロ被せてみた。



日本のアコギも中々行けてます。

10万しませんから、大変リーズナブル。

そしてユーズドなので、さらにお得ってことで、レッスンレンタル用に購入しました。。。

楽しいウィンドウ・ショッピング



今日は、夜だけレッスンなので無くなりかけている百貨店を散策。

本屋さんは楽しいが、読む前に内容が判る物にばかり目が行ってしまう。難しい本は疲れるのでだめですし。(笑)

隣の楽器店。大きい楽器店より少ししかないと、何か宝物の様な錯覚。。。
ディスカウントショップや、質流れの店の天井から吊るされたギブソンとか、良く眺めたものです。

ロフトは、食器とかも楽しい。壊れるまで使ってますけど、時々総入れ替えとかしてるのかな普通は。
明るい店内をふわふわと歩いているだけでも楽しいものです。

しかし、70年前には戦争をしていたのですから、それを思えば良い国になったと思うのですが、逆に引き籠りとかニートとか、いじめとか殺人、事故、国際紛争 テロ、もめごとは尽きないのですね。

映画では、当時を疑似体験出来ますが、気持ちまでそこには行かないのか、戦争も無くなりません。

これからどうなるか、変化は起こっていくのでしょう。
自己の葛藤、これは日々起こりますが、他人とは争いたくないものです。

無常感というものから逃れられず、楽しいようで何が楽しいのか判らず、苦しい様で何が苦しいのか判らず、日々の在り様は不思議の世界です。

明日、雪かも・・・てすが新大久保。
帰りに展覧会に寄れたら・・・ですね。

Give me chocolate・・・




DVC00565










小学生の生徒に卒業式で何歌うのか聞いてみた・・・国家も仰げば尊しも歌はないそうだ。
学生たち、卒業間近か。
私たちの頃は、卒業と言えば、国家、仰げば尊し 校歌 で、女の先生は泣いている・・・みたいな。

パンと言えば、占領政策でパンを食べるように・・・みたいな。

高校卒業して暫く何もやることないし、ギター弾くかって言ってもバンドのライブは金な成らないし、兎に角免許だけは学校の休みの間にとって、4月には交付になっていたと思う。

そして、夜7時〜朝7時までアルバイト。ヤマザキ・パンの工場で、洋菓子の製作ラインに配属になって4カ月位は仕事をしていたと思う。

一般企業で働いたのはこの時だけで、後は音楽関連で今に至る。
良品廉価な製品の提供・・・・朝礼で唱和する 他にもあったけど忘れた・・・。
面白い作業だったが、途中から深夜の3時とかで作業終了は帰れないので困ったものでした。

今、パンを食べるのは帰りの電車。晩御飯の代わりみたいなもの。今日は、レッスンで時間が空いていたので久しぶりで定食屋さんにしてみたけど、時々なら美味しく食べられるみたい。

チョコレートは、お酒を飲まなくなっら甘いものが食べたくなったので、良く食べている。

クロサワ行脚、三種の神機器
ハムたまごパン チョコレート ジャスミンティー 

やっぱり、卒業式は 「仰げば尊し」 今になってこんな良い曲か・・・と思う。
二十四の瞳  高峰秀子 さん 良いですね。。。(笑)

時にはシャンソンも宜しいかと・・・



意味が判らない方が良い時もありますよ。

って、聞かせてよ・・・位の事は知ってますけど。(笑)
聞きたい時も有りますよ。それは。


しかし、導きは色々な処にあって、びっくりする位によく出来ているみたいです。

今は、道半ばで模索中ですけど、これも、ある日の出来事から突然始まっていたりするので、また、次も有るかも知れないと、密かに思いも込める事が有ったりして、本当に息を抜いてる間が惜しい位です。

去年転んだ怪我も、いつの間にか良くなってます。
初めての厄除けの御祈祷を頂いて解放に向かったか、色々な方に心配して頂いて有り難いことこの上もなく勿体ない事です。

人は勿論、周りの精霊が見守ってくれているようにしか思えませぬ。
そんな出来事が幾つもあって、今に至らんと。

左手小指の脱臼もいつの間にか回復しました。
具合の悪いことも、何かの予兆と気付きの為に起こっているようで、自分の中、頭の中、心の中。

絵にかいたような雲。
色々な事を考えながら、表に出てみてびっくり。日本の空も青い。(笑)

DVC00564

やっぱりご飯です

DVC00563














本日の夕食。
肉入りワンタン野菜スープ。えのき ジャガイモ 玉葱 長ネギ
うずらとアジのフライ
ツナサラダ 胡瓜 キャベツ 

こんなもんでお腹一杯・・・

リーズナブルなアコギ希望者がいるので、古本屋併設の楽器を見に行ってみたが・・・だめだこりゃ・・・・
やっぱり楽器は楽器屋さんですね。
さらに併設の洋服やさんで、セーターとシャツ。
新しい服は良いですね。まあ、安物ですけど・・・(笑)

ダーーーー!!!



DVC00562


















去年の夏、面白がって種を蒔いたら芽が出たゴーヤ。食べるほどには成長しなかったけど、3センチくらいにはなって、そのままにしていたら種が残っていた。
これをハイビスカスを植えている鉢に撒いておいたら、また 芽が出てきた。

寒いので部屋に入れているけど、命が繋がってる感じ、なんとなく楽しいです。

リビングに防音室二つ・・・で部屋らしきがないものの、窓際は日当たりが良いので3分くらい日向ぼっこしていたら、写真撮りたくなりました。

日々、色々なことと格闘していますけど、新しいギターは新鮮に響くし、また、刺激になっています。

まだまだ、次を目指して芽を出しませんと。(笑)

ベートーベンは、力強い。

ルービンシュタイン、、、先代の巨匠、天才の方々の演奏は、セゴビア、カザルス含め、空前絶後・・・

信じ難き素晴らしさです。
Profile
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
Archives
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ