ギター三昧

ギター三昧な日々。ギターで遊びましょ。

それは、困る事

芝居(ミュージカル)の音楽を担当した時の事、アマチュア公募の舞台だが、主役はプロ。作・演出家より名の通って居る役者。

ある日の事、音楽にクレーム。しかし、演出家を飛ばして偉そうになってしまうのです。このプロの役者さん。
この時、司令塔がなくなってしまう。

そんな事は、音楽教室の発表会、合奏、そんなところでも良く起こります。

プロデューサー、指揮者の指導にクレーム、これをやられてしまうと、全体の流れが可笑しくなります。

コンサートの場面でも、それは起こります。一部の不手際についてのクレームを言い建てる。立場も何もなく、自分の感情の収まる処まで。
仕事とは、全体、運営と場所、お客様とのすべての満足を得るように、プロデュース、でデイレクトしますから、その責任を負わない人の意見は、一部の場面しか見ていない、これは、結局、そのイベントの継続を無くしてしまいます。

そんな事も、随分経験しました。

場を納めるとは、容易なことではないと。

KYとか言いますけど、利他とも言い変えられると。自分の気持ちを抑える、それが学びの一歩なのかも知れません。

言霊

無題













行って来ます・・・
   行って戻って来ます・・・。
行ってらっしゃい・・・
   行って戻っていらっしゃい・・・
言葉の奥に有る意味かぁ〜。

最近、読みたいと思う本を見つけられなくて、売り場を眺めているだけだったけど、今日、見つけた本

何気ない言葉の真意。

あ い う え お 
それぞれの一語に有る意味が広すぎる。

大丈夫・・・
これは、良く唱えます(笑)。

言葉には、良く考えると、それだけでなく、先代からの積み重ねと、自分の積み重ね、それらが積み重なって乗り切れると確信する、そこに乗り切れない要素が一つでもあれば・・・大丈夫は、無くなる。

小さい言葉の意味の深さを考える、愛おしむ・・・。

雑なる日常を深みのある物にしたいと思います。

鳥居の先にあるもの

日々の喧騒に惑わされず・・・。

有り難い事、強者が天国の世界ばかりじゃないでしょ。
と、そんな事しか思い浮かばないですね。情けない。

今日は、床屋さんに行きました。
代が変わりましたが、、、50年という時間。この床屋さんに通ってますね・・・。

気持ちの良い場所と空間って、さりげない物なんでしょう。

人生勝ち負けじゃない。

12月は・・・

「風さそふ 花よりもなほ 我はまた 春の名残を いかにとやせん」

忠臣蔵 特攻隊 忠義と言う物をそれとなく、年末には見て来たな。。。なんて思います。

バンザーーイ・・・は、出兵かぁ。

謙譲とまで行かずとも、師匠、先達、やはり、頭を垂れて礼拝するもの、と、そんな気分は何処から来るのでしょうか。

武士の情け

最後の最後まで、追い詰めるのは止めて欲しい。

日本人て、不思議なDNAだと改めて思う処です。

ホロ酔いでお弁当・・・明日は、美味しく始めたい。(笑)
ホーロー、アルマイトのお弁当箱・・・、今日、レッスンの前に探して見た。

高い・・・びっくりです。(笑)

24の瞳 に出て来る、バラの絵の付いたアルマイトのお弁当箱、、、
家にもありました。

私は、平たい物でしたけど、アルマイトでした。

DVC00871

日本に響く音



んーーーー、凄いな・・・。
最近の、駅前の下手糞なストリートなんだか、弾き語りも辟易だ。

前に、ネズミーランドの正面のレストランばかりのビル。

そこに、大道芸人系のグループが集まって、30分で4件の店を回って演奏する、という仕事に直面。ギターとバイオリンで行ったのだが、まさか大道芸的な仕事と知らずに行ってしまい、一日だけやって、後は御断りとなった。本当は3日だったらしい。

ラーメン屋に、行き成り楽器もって入り、「音楽をお届けしまーす」 と言って演奏始める・・・御客は、ポカーンみたいな。(笑) 確か、焼き肉屋と洋食レストランとか回った気がする。帰りは、12月で雪だった・・・。寒っ!!!。

20歳前に先輩ミュージシャンから聞いた話。仕事を頼まれて現場に行って、今日はこのカツラ付けて・・・って、チンドンの仕事だったらしい。やったのかどうか忘れたけど。(笑)

人生、カッコ良い事は少ないかもなぁ・・・って思う。

ネズミーランド・・・その時知りあった人は、フランスに音楽留学していた時に見た、大道芸人音楽家に感動して、バイオリンとアコーディオンという、動けるスタイルで活動している。

目の前の人に音楽を届けたい、そんな気持ちなんだろうなと、それは素敵な事だと思う。

日本は、芸人には優しくないかもな・・・。

発表会のブログラム入稿

発表会のブログラム完成。入稿。ちゃんと出来て来るか心配。(笑) 

今回は、20名弱なので、余裕です。と言う事で、私も沢山弾く事にしました。生徒さんも繰り返しをカットしなかったり、休憩も入れられるかと思っています。

色々な事が色々とありまして、落ち着かない日々。
2月は、運気の変わり目なので、運勢も気になります。
まあ、今までの結果としての今後と思えば、日々頑張って居れば何の心配もなーい。となりますが、それほどの優等生ならず・・・。

来年早々、アマチュアコンテストの審査員をやる事になりました。
このすぐ裏に母校ですけど、埋立地。起伏の無い平坦な場所です。

無題122

今は太古より・・・



モンゴル・・・

自然の無い国は無いのですけど、そのままであり続ける方が良いんじゃないかと。。。

神社・・・

昔、のままに佇むその空気の中で一瞬太古へ想いを馳せてみる・・・

日本人は、優しいはずです。

自分のスタイル



基礎練習は大切です。

しかし、初心者と30年の経験者が同じ基礎練習で良いのか・・・と。同じで良いと思います。(笑) 

自分流・・・。ギターを習っている時に、たとえば手が届きません・・・と言うとしましょう。届く先生は、はぁ? と、なります。これは、解決できる事では無いのですね。届かない物は届かない。

そこで自分流を考えなくては行けなくなります。

音楽理論から、省ける音を探してみたり、和音を組み替えたりと、試行錯誤を自分でする。
そんな事の繰り返しと、沢山の曲を見た経験から、違う方法も見つかったりします。

毎日が同じ事のくりかえしですけど、同じ事を繰り返していると、違う物が見えて来る、人間とは不思議な者です。

機会は、100回でも1000回でも、同じは同じ。人間は、100回と1000回では、変わってしまうのです。

出来れば良く変わりたいですけど。999回と1000回の違い。一回足りないために出来ないとか・・・。
最後の一回・・・で、3時間とか。(笑)

青い空に思う・・・

こちらが心を尽くしたとしても、相手から帰ってくる物に心が感じられないとしたら、やはり、原因は自分かな・・・。

有り難い・・・と、心から有り難いと思った瞬間に、実は、そんな事は相手の心には無くて、仕事上の取り繕いだった。

そんな事が多い。

自分の不徳、それが今の現実かと思う。

心中は、穏やかではないけど、諦めるしかないんだろうな・・・。



御人好しに見えているようで、自分の慢心に辟易。


神様は、優しくは無い・・・(笑)

日々の思いを・・・



高校卒業して、数か月バイトした後、パブのバンドの仕事を頂いた。
その当時、ジュークボックスが店にあって、良く掛かって居たのは、そんな女のひとりごと。増井山、元関取のヒット曲。

この店は、今はないカウンターバーの大きい店。

ある日の出来事。所謂チンピラなる3名位の客が、バーテンと問答を始めたと思ったら、ビール瓶を持ちあげカウンターに叩きつけて割ろうとしている、それをボーイに付き付けるつもりか、しかし、一瞬早くボーイ数名、カウンターを乗り越えて、あっという間に袋叩き、気絶つ。
そこへ、店長が来て、カツ、を入れて正気に戻り、また暴れ出したが、今度は、店長も加わりあっという間にボコボコ・・・。気絶・・・。電話で、組み事務所へ通知。

なんだか、今話題のニュースで思い出した。

学校を卒業して、どうなるか不安一杯な中、初めて音楽と言う物の仕事の底辺の端っこで見たもの、壮絶なる世界。

阿修羅・・・

この場所のエネルギーと、醜悪な空気、妖気漂うとはこういう世界か。
Profile
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
Archives
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ